• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

むらっち2のブログ一覧

2013年08月27日 イイね!

モンスターカラーな…

モンスターカラーな…おニューのランニングシューズとウェアー!



…そして靴ズレちう…(┳◇┳)イタイ
Posted at 2013/08/27 10:08:13 | コメント(9) | トラックバック(0) | モブログ
2013年08月25日 イイね!

MADMAXを現代風にアレンジすると…②


DRIFTシリーズ第3弾
相変わらずキテますね~~♪

オマーリさんもステキw
こういうのスキスキwww










この番組は面白かったよね~♪

まさにバイク乗りが考える冒険の旅!

DVD出てるのかな? 出てたら買うどーーーー!!!


Posted at 2013/08/25 12:46:06 | コメント(5) | トラックバック(0) | You Tube | 日記
2013年08月22日 イイね!

こんな日はアレでw

こんな日はアレでw山間から抜け、不意にパカーンと延びたストレートとゴキゲンな空

思わずアクセルを開けたくなる瞬間だ!


風も心地良く火照った身体をクールダウン





が、しかし一つ問題が…




なぜ今日はバイクじゃなくクルマなんだ…









う~ん…  アレだ…






さ、おシゴトしましょ(≧ヘ≦)
2013年08月17日 イイね!

むらっち劇場32 ≪The Unusual≫② 完結

K さん曰く、むらっちさんの昔の彼女が遠い彼の地で事故に遭ってしまい
すごく心配していたが安否確認できホッとしたのだそうだ
お互い惹かれあっているのに別れる道を選んだ二人。 しかし互いの成功を喜び称え合いながらも
決して再会しようとしない二人… そこには二人だけの逢えない深い理由がある






そして弱い自分は見せたくないと見舞いを拒む彼女…
彼女の想いをよく知る彼は、ただただ電話口で無言の涙を流したのだとか…






それからむらっちさんと K さんは二人で彼女の安着祝い… そう、この場合 「無事到着」 ではなく
生死に関わる方、つまり 「生還した歓び」 に感謝し宴を行ったのだそうだ






バイク乗り達は転んだ痛みをよく知っている。だから人に優しくなれるのだろう。
下手をすればそく 「 死 」 に繋がる非日常を生き、時には降りゆく仲間を見送る悲痛…
バイクは強くなければ乗り続けることは出来ない
だからこそ深い部分で繋がった仲間とバイクで走る歓びを称え合うのだ






「所詮はバイク乗り、コケたら自分の脚で立ち上がるしかない!」
そんな言葉を使う彼等は人生における教訓すら悟っているかにも思えてくる



そう、たとえ失敗しても自分で立ち上がる精神的な強さが必要なのだ
私はそんな彼等を心の底から尊敬している。 だからこそ私もバイクに乗っている
いや、乗っていたい! バイク乗りで在りたいのだ!!








「オエ~~~…」





また遠くからむらっちさんの声が聞こえた(笑)












時間は21時を少し回った頃。

休日を楽しんだ人達が家路に着き団欒を過ごしている時間だ
そこには一瞬のスウィートスポットが生まれる
つまり道路を走るクルマが少なくなる時間帯だ




マンションの地下駐車場… タイガーシャークの姿は既にそこには無い
ついに獰猛な獣が野へ放たれたのだ








逸る心を押さえるのはいい加減限界だ!
私もまた極上の獲物を捕えるためE46・CSLに火を入れた







国道●●号線。 そこが私達の棲息域




「カアアアアーーーーン!」



タイガーシャークがドップラー効果を残し私のCLSを後方から抜いていく




こちらも最初から戦闘モード! 床が抜けそうなほどアクセルを踏みつけた!!







etc…





















22時。私達は共にマンションへ戻って来た

そこに勝敗などは無い。非日常からの生還… ただただ安堵と興奮
交感神経と副交感神経が交互に交わりあう不思議なトリップ









ヘルメットを脱いだ T の顔は明らかに上気していた
いや上気しているのは彼女だけではない。私もそうなのだ
そして私は彼女を荒々しく抱き寄せ、紅く染まった彼女の唇に自分の唇を重ねた







これが私達の祝杯

生きている事を悦び、お互いが激しく求め合い、祝宴は深夜に及ぶ…








日常という一般社会においてそれなりの地位を築き上げた私は
本音を見せない J という仮面を被ったただの虚像にすぎない
しかしこの日常があるからこそ、非日常の中では初めて自分の素面を曝け出すことができる







捨ててきたものと拾ってきたもの… それは捨ててきたものの方が遥かに多く
知らず知らずのうちに多くの人達を傷つけてしまっていたかもしれない…
そんな私は罪人なのだろうか?

罪人でもいい。せめてここにきて拾った小さな幸せだけは手放したくない
きっと彼等や T となら理解しあえる。 あの最高の瞬間に向かって… 









私はいつまでも走り続けたい!




J より











あとがきのようなもの



あーーー恥ずかしかった^^;


顔から火が出そうですw


当方は代弁者なり!





またよろしくどーぞm(=^▽^=)m
Posted at 2013/08/17 08:13:13 | コメント(5) | トラックバック(0) | むらっち劇場 | 日記
2013年08月16日 イイね!

むらっち劇場32 ≪The Unusual≫

私の名前は J 。 今回は私の愛する非日常をここで語らせてもらう





今、私は美しい女性 T と共に朝食を食べている
土曜の夜は必ず T が私の部屋を訪ねて来るようになった





彼女は私の淹れたコーヒーをとても美味しいと褒めてくれる
それもそうだろう。これ(コーヒー)は酒も煙草も止めてしまった私の唯一の嗜好品なのだから
拘りの豆と水である。 ミルで手挽きした豆と温度管理をしっかりとした軟水
最高の味と香りを導き出せた事に感謝しゆっくりとそれを愉しむ



朝の柔らかな陽射しのなか、美しい女性を目の前にコーヒーの香りに包まれる至福のひと時
優しく微笑む彼女の表情に心のゆとりと深い安らぎを感じる



だがその時、パジャマ替わりに私の白いYシャツを着た T が椅子の上で自分の膝を抱え
突然 「どうする?」 と色気のある表情で尋ねてくる





ふふふ。天使が微笑み、悪魔が囁きゴングを鳴らす… ん? 笛だったかなw!?


まだ私の身体には昨夜から続く彼女と共に味わった心地よい倦怠感が残っていたのが
そんな事などものともしない! 私は再び彼女の要求に応えることにした!!


私もまだまだ若いw 




な~んてねwww 



実はこの場合の彼女が言う 「どうする」 は 「バイクに乗る?どうする?」 なのである(笑)






マンションの地下駐車場。 そこには私のBMW・E46CSLとR1200GSが駐車してある
そしてその隣には T のタイガーシャークが息を潜め停車… いや鎮座している
小さな車体だが、ただの機械とは思えないこの存在感。 このバイクの荒らぶる魂の波動は
私の五感はもちろん、それを超え六感にまで訴えかけてくる





それは私にアドレナリンの大量分泌を促し
同時に渇きに似たある種の抑えきれない欲望までもが湧きあがる



私は手足に小さな震えを感じていた… いやいや違うな! これは武者震いなのだろう!!
だが、今はまだその時ではない。 その欲望をグッと堪え、私達は2人でR1200GSに乗り出掛けた






バイクを運転するのは T である。確実に私より上手い
私はタンデムバーにしがみ付きながら彼女のライディングを観察する



アクセルのON・OFFや繊細なタッチのブレーキング 
それによる姿勢作りが彼女は絶妙に上手い



確実丁寧なその操作とリズム感がとても心地よい
そうこれはラリードライバーのドライビングを連想させる



一見、荒々しくハードに見えるラリードライバーのドライビングは
その実、繊細かつとても丁寧なものなのだ



幼い頃よりモトクロスで慣らしたという彼女 
きっとオフロードバイクの操作もクルマのダート走行に通ずる繊細さが要求されるのであろう



私はヒラリヒラリと揺れる彼女の細い腰に抱きつきたい衝動にかられたがそれはやめる事にした
何故ならこの心地良い彼女のライディングの妨げになってしまうからだ


私は暫くこの心地良さを味わっていたかったのだ










私達2人は、しばしタンデムツーリングを楽しんだ後、 K さんの店に立ち寄ることにしている
それが最近の休日の過ごし方だ…  が、おっと!
店の扉は開け放たれているにも関わらずドアには「CLOSE」の文字が…




「こんにちは~」


顔を見合わせた私と T は不思議に思いつつ、店内に歩を進める



店の奥、そこのカウンター席で K は煙草の煙を燻らせていた
甘く香るヴァージニア葉の芳香。それはかつて私も喫していたショートピースの紫煙だ
ついその香りに酔いしれそうになり、思わず苦笑してしまう


そしてK は眉間に深い皺を寄せ思慮深く俯いている… かのように見える、が、これはw




「K さん、こんにちは。おじゃましますよ」




「ああ、J さん、T もいらっしゃい。お二人とも仲睦まじいねぇw  いや~昨夜呑み過ぎちゃってさ…」



二日酔いだ(笑) T も少し困ったような表情で優しく微笑んだ




「もう~、やぁ~ねぇ~K さんたら。もう一人いるんでしょ?」



こんな時は決まってあの人もいるはずだがw




「うはは。むらっち もいるけどトイレから出てこられないんだ(笑)」





「オエ~~~… 」





遠くでむらっちさんの声が聞こえたw




「どうしちゃったの二人とも? そんなになるまで… 」




「はは… まあ、ただただ呑みたい時もあるんですよ」






つづく
Posted at 2013/08/16 19:11:40 | コメント(1) | トラックバック(0) | むらっち劇場 | 日記

プロフィール

「Def busta 第三章 ~legacy~ 第5話 http://cvw.jp/b/381698/39329981/
何シテル?   02/17 15:48
☆ドシロウトの作家モドキです。誰か拾って下さいw   ハンティングしながらマンガの原作や小説なんかを書いています   目指すはヘミングウェイ! ☆『R...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2013/8 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

リンク・クリップ

MAD MAX! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/10/01 10:43:51
すべては仲間との絆から 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/03/29 21:28:55
サクシードバァン!のクロスミッションについて詳細 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/11/04 07:00:49

お友達

バイクとクルマと鉄砲が好きです。
物語を創造するのが好きです。

よろしくど~ぞ^^
105 人のお友達がいます
苺野しずく苺野しずく * 忍者が一番忍者が一番 *
yocchi.yocchi. * MOTORHEAD☆ケン太郎MOTORHEAD☆ケン太郎 *
銀狐銀狐 * orborb *

ファン

39 人のファンがいます

愛車一覧

カワサキ Z1000 Mk2 Def busta 號 (カワサキ Z1000 Mk2)
◎1980年式 “ KZ1000Mk.Ⅱ (北米仕様) ” ☆ブラックデビル改め ...
スズキ ジムニー 神威號 (スズキ ジムニー)
当方の狩猟道! あらゆる願いを込め 「神威號」 と命名する! こだわりの4型ワイルド ...
ホンダ トゥデイ 藍飛蝗號(アオバッタゴウ) (ホンダ トゥデイ)
トゥデイRs(JA4) MTREC   命名! 藍飛蝗號(アオバッタゴウ) なんと ...
三菱 パジェロミニ タートル號 (三菱 パジェロミニ)
パジェロミニ・ハンティング仕様。 捨ててあったクルマをオコした(笑) 登録はH56A( ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.