• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

むらっち2のブログ一覧

2016年10月31日 イイね!

Def busta 第一章・第四話

 Def busta 第一章・第四話








      決戦


3日後、K A M U I 社 は T S W (十勝スピードウェイ)を借り上げ、K A M U I 零 の最終テスト走行を行っていた。
K A M U I 零 は、合計で3台の車両が造られていたため、最後の1台が襲撃の難を逃れていたのだ。そして最終テストがここ、TSWで実施されることとなったのである。


飛行機のジェットタービン音にも似た、全開で走るKAMUI零のモーター音は、サーキット内に軽快なドップラー効果を響き渡らせ、順調に周回を重ねていた。乗り手はもちろんレイである。
K A M U I 社 の作業員達は、サーキット内の各部に散り、その様子を見守っていた。


そしてピット内では、アウトドアチェアに腰掛け、コーヒーを飲んでいる下村と堀井の姿があった。その近くには下村の愛車Z1000MK2が置かれてある。
堀井は、顔じゅうガーゼの絆創膏だらけで、ふて腐れた下村を愉快そうに眺めてい
た。




「しかしこっぴどくヤラレたもんだのう」

随分と暢気な調子だ。更には。


「しかしそれほどヤラレて、ただの打撲程度とはのう。お前さんの身体はそのバイクと同様に、随分と頑丈なようじゃのう」


などと感心した様子でZ1000MKⅡを見つめる。
それからまた下村に向き直り、今度は真面目な表情となった。


「それにしても彼奴ら、《 零 》 を破壊したばかりに止まらず、レイお嬢様に怪我まで負わせおってからに。許せんのう ! 」


怒りの言葉を吐き捨てた。





『ズズ…』言葉を失い、コーヒーを黙って啜る下村。


「だがお嬢様の怪我が、大したことなかったのは幸いじゃわい。それに零も最後の1台は無事じゃったしのう…。その場に居合わせなかったのは不幸中の幸い…。小さな僥倖(ぎょうこう)じゃったのう」




顎髭を撫でながら、難しい顔をして堀井は続けた。どうにも痛い所を刺激され、忌々しげに堀井を見つめる下村。

「あいつ等 『ツギハコロス』 なんて言いやがったが、そりゃこっちの台詞だ」




また難しい表情で下村を見つめる堀井。

「いや…、確かに。これ以上キミは関わらん方が良いのかもしれんのう」




が、即座に鋭い視線で堀井を睨む下村。その眼光の鋭さは、堀井を一瞬たじろがせるほどだった。

「ふざけんな !! こんな状況で二宮を放っておけるかよ !! 」




「ふう~」と、一息吐き、腕を組む堀井。




それから下村は急に寂しそうな表情になり小さく呟いた。

「俺が死んだって誰も悲しまねえよ。それに唯一生きてる親父だって…居ねぇも同然だ…あんな奴…」


何かを思い、次の言葉は深く飲み込んだ。それから右拳を左掌に一度打ちつけてから、語気を強め堀井に言った。

「だけどよぉ、俺は友達をゼッテー見捨てねぇ。次はきっちりケリをつけてやる !! 」





そんな下村の言葉に呼応する様に、K A M U I 零 の軽快なモーター音がピット内に響き渡る。




堀井はその音を聞きながら、遠くを見つめゆっくり頷く。

「しかし何故じゃろうのう?今日はパパラッチの空撮ヘリが、1台も飛んでいないのう。サーキットを借り上げた時は、五月蠅いくらいに飛びまわるんじゃがのう…」














同時刻、TSW・南パドック付近。






そこには物影に潜み、ストップウォッチを構える2人の人影があった。その2人組は K A M U I 社 の作業員と同じツナギを着ているが、明らかに周りとは違う空気感が漂っている。

バックストレートを駆け抜けて行く K A M U I 零。
ストップウォッチを押す人影。

そんな時、コース外のエスケープゾーンを見回っていた3人の K A M U I 社・作業員が、その不振な連中を発見した。
最初に声をかけたのは、稲葉という作業員だった。

「オイ何やってんだ !? 」

その声に振り向く2人の不振な作業員。それは、K A M U I では見た事もない人間の顔であった。
稲葉が詰め寄る。

「お前ら誰だ !? 」




するとその偽装作業員は “クルリ” と向きを変え、パドックの出口方向へ逃走を始めた。

「オイちょっと待て !! 」

その場にいた稲葉、大谷、中田の3人は、その2人を追いかけようとした、が、辺りの茂みや物陰から、4名のアラブ系外国人・フロントサイト、グリップ、トリガー、バレルが現われ追跡を阻んだ。
そしてニヤニヤと、薄笑いを浮かべる外国人達。稲葉は驚いた様子で叫ぶ。

「あっ !! お前らこの前の !? 」

「オイッわかっているのか ! お前達のやっている事は犯罪だぞ !! 」





更に稲葉は、怒鳴りながら不審な2人を追おうとするが、外国人達に行く手を阻まれる。そんな騒ぎを聞きつけ、近くにいた数名のKAMUI社・作業員達が、その場に集まって来た。しかし、それでも“ニヤニヤ”と薄ら笑いで余裕を見せる外国人達。
それから程なくして、その余裕の理由を知ることになる。それは、まだ他に強力な増援がいたのだ。
なんと、またもや4名もの外国人が集まって来たのである。その中には下村を痛めつけた、ハンマーとブリッドの姿もあった。





突然ハンマーが、アラブ語で短く号令をかけた。

「●×▽~」

外国人達は、一斉に K A M U I 社 の作業員達に殴りかかった。
稲葉が自分の仲間に大声で伝えた。

「オイ ! あの逃げていく2人を捕まえろ!たぶんコイツ等の黒幕だ !! 」

「お前等ぁーーー !! 」

「応援を呼べーー ! 」





K A M U I 社 ・作業員達の怒声が飛び、その場は乱戦模様となっていった。














更に同時刻TSWピット内。




堀井がアウトドアチェアから立ち上がり、ピットボードを用意していた。

「さて、そろそろレイお嬢様をピットインさせるかのう。キミも走る用意をしておいてくれ。やはり一般人のデータも欲しいでの」




「わかった」


下村は短く答えた。それから着替えのため、その場でTシャツを脱ぎ放つ。するとそこには均整がとれ、しなやかながらも力強く、引き締まった肉体美が現われた。それからスキンズのアンダーウェアーを着用し、走り出す準備をする。




堀井は、思わずその肉体に魅せられていた。そして感嘆の言葉を呟く。

「ほほぉ~、惚れ惚れするのう。見事なまでの身体じゃわい」




下村は、さも面倒臭そうに言った。

「まったくうるせぇジジィだなぁ」




愉快そうに笑う堀井。

「ふぉっふぉっふぉっ」




その時、突然無線が鳴った。

『ピーガガ、南パドックに応援頼む!例の外国人達が暴れている !! 』




「なにぃ !? 」

堀井が叫び、急いで無線を取る。

「わかった今すぐ応援を出す !! 」




そう答えながら、その場で下村の方へ振り返る。が、そこに下村の姿は既にない。

「下村く…ん…」




突然 Z1000MKⅡのセルが回り、KERKER KR管から炸裂音にも似たエキゾーストノートが激しく吐き出され、ピット中に響き渡った。そこにはバイクに跨る下村の姿があった。

数度アクセルを捻り、少々荒っぽくクラッチを繋ぎ、暴れるリヤタイヤをコントロールしながら、ノーヘルのまま走り出す。
ピットを抜け、コースに入った途端、フル加速でタイヤスモークと共に走り去る。






バタバタと慌ただしくなるピット内。堀井はおもむろに、南パドック方向を見た。

「うむ…。頼んだぞ下村君」







南パドック付近では8人の外国人と K A M U I 社 の作業員10名が、双方入り乱れての乱闘となっていた。
しかしながら、K A M U I の作業員達は押され気味で、外国人側が優勢な状態となっていた。その中、主だって暴れているのは、例のハンマーとブリッドのコンビである。





そこでハンマーが、K A M U I の作業員・大谷を捕まえ、片腕のみで空中に吊りあげた。足をバタつかせ、その拘束から逃れようとする大谷。しかしハンマーの手は、まるで万力のような握力で、獲物を捕らえて離さない。
ブリッドが跳躍の構えに入る。大谷に跳び蹴りを見舞おうと、膝を曲げて溜めをつくる。が、そこで突然、2人の視界の端に、一台のバイクが映り込んできた。
そこに響き渡ったのは、凶悪なエキゾーストノート。Z1000MKⅡが、ハンマーとブリッドの間に突っ込んできた。

ブリッドは辛うじて後方に跳び退けたが、ハンマーは尻餅を付き、大谷への拘束を緩めてしまった。彼は息が詰まりそうな状態であったのだが、咳き込みながらも間髪を入れず、怪力のハンマーから必死で逃れた。

リヤブレーキでタイヤを滑らせながら、車体を横にして停車する下村。バイクを降り数歩、ハンマーとブリッドに近寄り、無造作に顔の絆創膏を“バリッ”と剥がした。




睨み合う3人。下村が静かに語る。

「お待ちどうさん…。さあ、ケリをつけようぜ」





『ペッ』唾を吐き、ブリッドが一歩前に出る。しかしそれを、ハンマーが太い腕で制し、下村に受けた顎の傷を、わざとらしく撫でてみせる。ブリッドはその様子を見て軽く頷き、後ろに下がった。 が、その一瞬だった。右足で地面を力強く蹴った下村が、鋭い動きで一気に間合いを詰め、ブリッドに強烈な右のコークスクリューブローを放った。

「っだらぁーーーー !! 」






下村必殺の右拳は、唸りを上げてブリッドの顎を正確に捉えた。生木が折れる音にも似た骨が砕ける音と共に、ブリッドは顎を歪めたまま後方に転げ回り、そのまま動かなくなる。それは一瞬の出来事であり、あまりにも強烈な一撃だった。

「ふんっ」




一息吐き、次に下村は、ハンマーの方へ向きを変え、右手で『来い』というジェスチャーをして、サウスポーのヒットマンスタイルに構えた。
ハンマーは眉間に深くしわを寄せ、凶悪な表情で片言の日本語をつぶやく。

「オマエハコロス…」







今度はハンマーが、鈍重なフットワークで下村との間合いを詰め、強烈な右ストレートを放ってくる。
下村はそのパンチを、左ダッキングで交わしつつ懐へ掻い潜り、同時に腰を鋭く回転させ渾身の左ショベルフックを、相手の右脇腹・レバー目掛けて打ち込む。しかしハンマーは、右膝を持ちあげた脚のブロックで、容易くブローを止めてしまった。だがそこで攻撃の手は緩めない下村。間髪を入れず、右のブーメランフックを顔面に向け打ち込むが、それもブロックされてしまう。






そこからハンマーの反撃が早い。ガードした左腕で下村の右拳を払い退け、そのまま左フックを飛ばしてくる。大きく弧を描く左拳。それをスウェイバックで軽くいなす下村。だが次には、ハンマーの右フロントキックが下村の胸元に飛んだ。
それは流石に避けきれず、両腕のクロスガードで蹴りを直接受ける。しかし余りにも力強いその威力は、地面に踏ん張っている下村の身体を、易々と約1メートルも後方へ押し下げたのだ。
強烈な一撃だった。バックステップで間合いを取る下村。両腕に痺れの残るガードの隙間から、ハンマーを睨みつける。






右の口角を吊り上らせ、歪んだ笑みを漏らすハンマー。そしてまた、サイのように重たいフットワークで力強く詰め寄り、フェイントである左右のワンツーと、右ローキックを放った後、大本命である、地を這うような低空から、左アッパーカットのコンビネーションブローを放ってきた。
右ローのフェイントを、脚でガードした下村は、目を“カッ”と見開き、今度は左足で鋭く地面を蹴り、自分の身体を右前方へ瞬間移動するかの如く飛ばし、間欠泉の様に吹き上げてくる凶悪なハンマーのアッパーカットを交わす。その拳は唸りを上げて空を切った。
そして下村のしなやかな肉体が、宙へと舞った。






そこからはハンマーが感じた、長い長いスローモーションのような瞬間。破滅への序章であった。
血走った目を “ぎょっ” と見開く。そこで目にしたものは、下村が自分の横で、木綿布の如く軽やかに “フワリ” と跳び上がる様だった。


『ムリダ…カワセナイ…』 ハンマーは心の中で呟き覚悟した。


「っだらぁーーーー !! 」





下村の気合一閃!!





その声は、全てのものに喝を入れ、半ば強制的に、ハンマーの刻をも動かし出した。
交わし切れないそのスピード。驚異的な全身のバネから繰り出される、強烈な右の跳び膝蹴りが放たれた。







ほんの一瞬だった。瞬き数回にも満たないくらいの短い瞬間。下村の右膝はハンマーの顔面に深くめり込み、嫌な音が彼の頭の奥に響いた。それからその巨体は、フラフラとその場を漂った後に膝が折れ、土埃を舞い上がらせながら、前のめりに地面へ倒れ、真っ暗な闇の中に意識が沈んでいった。








下村は、地べたで小さく痙攣し、失神したハンマーを見下ろしていた。

「ふんっ」




それからゆっくりと周囲を見渡す。K A M U I 社 の作業員達は、多少の怪我をしているものの、大事は無い様子で、外国人達全員を取り押さえていた。

「ふう」一息つき警戒を解く。

「皆なかなかヤルじゃねーのよ」




そんな独り言を言ったその時、下村の背後で、口から血を流し、顎が外れた状態のブリッドが、ダガーナイフを手に、幽鬼の如く“フラリ”と立ち上がった。
ブリッドは、言葉にならない叫び声を上げ、ナイフを振りかざし下村に襲いかかる。

「アガアアアーーーー」

「 !? 」 振り返る下村。

「ヤベェ!」




残心を解いてしまった後の、一瞬の出来事。完全に不意を突かれた。そしてダガーナイフが下村に振りおろされる。

「ガアアアーーーー」





刹那、音もなく、突然ブリッドの横面に、バイクのフロントタイヤがめり込み、派手に弾き跳ばされる。それはまるで、糸の切れた凧のようだった。宙を飛んだ後、回転しながら何度も地面を転げ回り、最後はボロボロになり沈んでいった。今度こそ、立ち上がってくることはなかった。




下村は少々驚いた様子でガードを解く。そこで目にしたのは、KAMUI零に乗ったレイの姿だった。ヘルメットを脱いだレイは怒りの表情で、瞳に涙を溜めていた。




「零の仇よーーー!!」


誰とはなくそう叫び、今度はぼろぼろと大粒の涙が頬を伝った。

「うっ…うっ…うっ…」




緊張が切れたのだろう。いろいろな感情が込み上げて来る。
下村はそんなレイを、そっと抱き寄せ、優しく抱擁した。

「もう大丈夫だ…。大丈夫だよ」

何度も何度も優しく語りかける。レイは下村の胸で、小さく震えていた。










つづく

Posted at 2016/10/31 15:02:20 | コメント(0) | トラックバック(0) | Def busta≪デフバスタ≫ | タイアップ企画用
2016年10月30日 イイね!

来年の得物!

来年の得物!

さっきウッカリ携帯の画像をすべて消去してしまった

ガビーンなむらっち2です…



いーもんねーべつに ヘヘーンだ(;へ;)










さて、狩猟のシーズンは始まったばかりですが

早々に来期の目標設定をしておこうと思うのですよ!



コイツです!!







美しい有鶏頭のサイドロック式・水平2連銃です






クラシックな外観ですが、最新の素材、最新の技術が投入され

職人さんが手組みしている至高の一品です♪






そう! 数ある銃の中で、当方がもっとも魅せられているのが “有鶏頭水平2連銃”
コレ1丁ですべての狩猟と射撃をこなせないかなぁ~と。 そう考えているのです

ある時には華麗にクレー射撃をこなし、またある時には捕った獲物のみで数日間山中キャンプ!
自分でリロードした1発弾とバラ弾を持って山々を渡り歩き、ジビエでのみ生活をする
そんなのを目標としたいのです!





が、「言うは易し」 解決しなければいけない問題も多数存在します



 強装弾であるスラッグ弾(1発弾)を撃つためには、現在所有しているボックスロック式の
 水平2連をやめて、より堅牢なサイドロック式のものに買い替えが必要!



 リロードに関する知識は一朝一夕にはいかないので、名人への弟子入りの必要がある



 自作でリロードした弾が横倒れせず真っ直ぐ飛ぶよう、バランスのとれた弾作りが必要



 弾用の鋳型と、弾の素材である錫(スズ)の購入が必要  ※北海道は鉛弾禁止です!!







まだこの世界では当方はルーキーだし、こんな事を言っては生意気かもしれませんが
ツルシの銃と弾を買ってきて獲物を捕っていても、それは当たり前にできる事なんですよね

だいたいどの銃にも相性が良いように作られた弾で、だいたい真っ直ぐ飛んでいく銃で
一丁前なスコープ付けて獲物を捕るってさ… なんかね、違うなぁ~って思うようになってきたんです


それなら一番好きな銃を自分用にカスタマイズして、その銃にピタリと相性の良い種類の火薬と薬量、
1発弾とバラ弾の重量を研究して、高相性の弾頭重量を導き出し、その弾を自分でリロードして
狩猟と射撃で使用する! そういう方が100倍楽しいし、満足度も非常に高く、自分の業を磨くのに
もってこいだと思うのです!





あとは、スコープ無しの水平2連銃で、100m先の獲物を仕留めれるようになったり
または、獲物の50m手前まで忍び寄る技術を身に着けたりと、銃の性能勝負ではなく
人間の方の技術勝負みたいな事をしたいのです!







この辺は、当方がクラシックバイクに乗る気持ちと似通っています
バイクの性能勝負ではなく、人間のスキル勝負的なw




















あとは大切な相棒を待つだけ…




カワイイ(//▽//)~♪


















ごめんなすって








Posted at 2016/10/30 21:35:24 | コメント(3) | トラックバック(0) | 狩猟 | 日記
2016年10月26日 イイね!

肉の食べ放題!

肉の食べ放題!
ども! ハンティングしながら

物書きなんかもしちゃってる

ヘミングウェイむらっち2ですw







ええ。ええ。 チョーでかい牡鹿獲れました!

今日は肉の食べ放題です(///∇///)



いいトコだけ取ってもこんなん♪





ちょびっとしか取れないはずの内ロースも



デカイ!!



とりあえず



内ロースをシャリアピンステーキ猟師風で頂きます!

市場に出回らないような貴重な部位を
新鮮な内に食べれるのは、猟師の特権だね♪










あとは、念願のディアトロフィーも作ってみる




薪割りして





煮るw





一晩かけて煮ます!

ちなみに、この鹿、滅多に捕れないくらい大きくて
角の長さは 80cm に及びます!

60cm を超えていたら価値アリ
70cm 超えは大三段てぇーー呼び名になり
80cm 超えは特大大三段!!


これを、当方の狩猟用腰刀の刀置きに加工しようと思います








余談ですが… この鹿、明らかに100kg 超えの個体で…

一人でこの荷台に積むのは… 至難の技でした



しかし、山の中では一人なので…

気合いで引っ張り上げましたw

お陰で腰が砕けそうなほど痛みます(。>д<)





何とか本日ぶんUPできたので

今日はロキソニン飲んで、もう寝ます…







ごめんなすって(´・ω・`)



Posted at 2016/10/26 22:06:42 | コメント(2) | トラックバック(0) | 狩猟 | 日記
2016年10月24日 イイね!

Def busta 第一章・第三話

Def busta 第一章・第三話








      K A M U I


次の日、十勝管内OT町に位置する MBM十勝研究所。そのテストコースが広がる広大な敷地内に、レイは下村を招待した。

北海道は、まさしくテストコース王国である。日本車はもちろん外国車、その他、世界各国のタイヤメーカーまで。先進国のあらゆるメーカーが、この地でテストを行うのだ。
そんな MBM社 K A M U I 第三格納庫内で、下村、レイ、堀井が、白いツナギを着た作業員達に整備されている 《 K A M U I 零 》 を見ながら話をしていた。
堀井は深く刻まれた顔の皺と、長い眉毛に年輪を感じる老人であるが、その瞳の奥底には、只ならぬ雰囲気も兼ね備えている人物であった。


 
「下村くん。キミも 《 零 》 に惹き付けられてしまったようじゃな」




若干白みを帯びた堀井の眼は、何とも用心深い様子で、下村を見つめていた。しかし下村は何も臆することなく、自分の本心を真っ直ぐに伝えた。




「ああ。それもある。でもそれ以上に、二宮が困ってたから助けたいんだよ」




実に下村らしい、実直で痛快な答えだった。それを愉快そうに笑う堀井。




「ふぉっふぉっふぉっ。僥倖(ぎょうこう)じゃのう。君のことはレイお嬢様から聞いておるわい。仲間思いで、バイクが大好きなガキ大将 《Def busta下村 》 。そんな風に呼ばれておったんだってだってのう。ふぉっふぉっふぉっ」




どうやらこの老人に気に入られた様だが、思わず苦笑いの下村。

「そんな事は別にどうでもいい。それより二宮がお嬢様って、一体どういう事なんだよ?」




堀井はちょっと不気味とも思える “ニッタリ” とした妖しい含み笑いを浮かべ、下村の肩にぽんと手を置いた。

「なんじゃ知らんかったのか?レイお嬢様はのう、過去にワシと零戦開発に携わった、MBM社4代目社長・南條輝彦の落とし種。つまり、我社の跡取りとなる方なんじゃよ」





【回想始まり】

そして、格納庫の大きな扉の外に見える青空を見つめながら、堀井は若き頃の自分と、南條輝彦が、大空で編隊飛行する零戦を、満足げに眺めていた事を思い出していた。

【回想終わり】






その時レイが、堀井の横で慌てて両手をバタつかせながら言った。

「ちょ、ちょっと待ってよぉ。確かに子供がいなかった本家は、うちのお母さんが亡くなったあと、私を温かく迎え入れてくれて、今は南條姓になったけど…」

 それからレイは、俯き加減で下村を“チラリ”と見たあと、小声で続けた。

「うちのお母さんは…いわゆるお妾で…その子供の私が跡取りなんて…いくらなんでも荷が重すぎるよぉ…」




それを聞き、大声でレイに喝を入れる堀井。

「んなぁ~にを言っとるんじゃあー- ! ワシは現当主代理の洋子様から、レイ様を頼むと言われとるんじゃあ ! いま南條家の血筋は、レイ様唯一人! これからはレイ様が MBM社を背負って立つんじゃあーーー !! 」




そんな大声に気押され、困った表情で下村を見つめるレイ。しかし下村はそんなレイを見て、心底安心した様子で言った。

「そっか…、なんか事情は色々あったんだろうけどよ、良い人達に巡り合ったんだな、二宮」




屈託なく微笑む下村に見つめられ、頬を赤く染めるレイ。




堀井もその様子を見つめ、何か納得したように何度か頷いた。

「下村くん、キミはレイお嬢様の恩人じゃ。ゆっくりして行きなさい。なんなら暫く滞在していっても構わんぞ」




それを聞き、急に子供のように瞳を輝かせる下村。

「マジでかジっちゃん !? なんだったらよぉ、俺もその 《 零 》 に乗ってもいいか !? 」




そんな下村の勢いに、少々引き気味の堀井は、額に一筋の汗を流していた。

「うう~む…お前さん…、少々厚かましいのう…」


本音がポロリと出た。しかしそんな事は関係なく、下村は更に瞳を輝かせていた。













      C r i s i s


翌日のS峠。そこで深夜の公道テストが行われようとしていた。2台の K A M U I 零 に跨る下村とレイ。
なんと下村の希望が、そのまま通り、《零》 に乗る事が許されたのだ。
K A M U I 零 に跨った下村は、昨日、堀井に聞いた、このバイクのスペックを回想していた。






【回想始まり】


堀井は非常に興奮した様子で下村に語った。

「このバイクに名付けられた 《 零 》 とは、我社の 《 零式艦上戦闘機 》 を指し、軽量コンパクトでハイパワー、旋回性と航続距離に特化した、新たなるバイク。始まりの 《 零 》 でもあるんじゃ!!」




《 零 》 を見つめる下村と堀井。

「零の心臓は 902cc、水冷2バルブ2気筒、ツインプラグエンジンと、強烈な電気モーターが内蔵されておる。それに、新開発のバッテリーパックとダイナモは、超短時間で充電を完了させる。モーターに切り替えた時の凄まじさは、もう見ておろうに」





黙って頷く下村。堀井は真面目な顔つきで話を続ける。

「その強烈なパワーを受け止めるシャシは、クロモリ鋼で形成された、強靭かつしなやかなトラスフレームじゃ!!このデザインはのう、レイお嬢様の提案なんじゃ。ギミックの効いた未来的デザインも良いが、バイクがもっともバイクらしく、美しいデザインを採用したんじゃよ」




少々いぶかしげな表情の下村。

「ふ~ん。しっかし 902cc ってよう、まさか KW社 の “マジックナイン” の真似かよ?それに今の時代2バルブって、どうなのよ?」




そんな質問を見透かしたように、妖しく “ ニッタリ ” と笑う堀井。

「単に他社を真似したんじゃないぞ。何十年も世界中の技術者達が、ガソリンエンジンを研究した結果、1気筒あたり450ccくらいが、綺麗に上まで回って、下でもパンチの効く最適値だと分かってきたんじゃ。もちろん我が社でものう。そこでスリムかつトルクの出しやすい、直列2気筒エンジンを採用し、×2 で 902cc としたんじゃよ。それにのう。時として2バルブエンジンは、4バルブエンジンを凌駕することがあるんじゃよ」


堀井の眼光に、更に妖しさが増す。

「その秘密はツインプラグじゃ。知っての通りツインプラグエンジンは、多少の粗悪ガソリンを入れても、ノッキング等の異常燃焼を起こさないよう、セッティングすることが可能じゃからのう。言い換えればのう、セットアップをちょいと変えるだけで、世界中の道のどこででも、容易に走ることができるんじゃよ」




苦笑いの下村。今度は一言皮肉を言ってみた。

「アンタ等の親会社は、最近ずいぶんと萎れているように見えたけど、なかなか面白れぇことやってんじゃねーのよ」


それから堀井は、また妖しく“ニッタリ”と笑って見せた。


【回想終わり】







そんな昨日の事を思い浮かべながら、下村はKAMUI零のタンクの辺りを撫でていた。
その時だった。何者かが靴で小砂利を弾いた音が右後方で聞えた。ほぼ本能的にその音に反応した瞬間、そこで何かの影が宙に跳び上がった。

反射的に右腕のガードを上げる下村。しかし、そのガードは完全には間に合わず、何者かの跳び蹴りを、首筋に受けてしまった。その蹴りで体勢を崩した下村は、K A M U I 零 と共にけたたましい音をたてながら、路面に転がった。




「っだらぁーーー !! 」

下村の戦闘スイッチが入る。転がりながら体勢を整え、片膝をつき相手を見据えると、そこには小柄なアラブ系外国人・ブリッドが立っていた。







「っんだらテメェーーー !! 」




吼える下村。が、次の危機が迫る。視界の端に巨大な左拳のアッパーカットが、迫り来るのを見た。
間一髪、辛うじてその拳を両腕でガードしたのだが、その怪力の持ち主、大男のアラブ系外国人・ハンマーは、パンチの力だけで下村の身体を軽々と空中に舞い上がらせた。








「ぬぁっ」

思わず叫ぶ下村。それと同調するように、小男のブリッドが、見事なまでの跳躍力で空中に跳び上がるのと同時に、鋭く回転し強烈なローリングソバットを、下村の腹部に深々とめり込ませる。

「がぁはっ!」

息を激しく吐き出す下村。地面に叩きつけられ、転がりながらも、必死に体勢を立て直そうと、再度立て膝になった時だった、間髪を入れず、大男の右フックが下村の顔面を捉えた。
その威力、それはまるでスレッジハンマー(大型のハンマー) にでも殴られたような衝撃だった。その破壊的な一撃は、脳髄にまで突き抜け、痺れる身体ごと、派手に吹っ飛ばされてしまった。 
しかも、それでハンマーとブリッドのコンビネーションは終わらない。追い討ちは、下村が吹っ飛ばされた先に待ち構えていた。まず、ブリッドの左ハイキックが、強烈な炸裂音と共に右の首筋を捕える。
そこで遂に下村は、意識が飛びかかった。目からは光が失われ、酔っぱらいのように、足元がふらつき千鳥足となる。それから数歩進んだ後、急に膝が “ ガクン ” と折れ、崩れかかった時だった。非情なまでのハンマーのパンチが強襲する。
それは打ちおろしの右ブーメランフック。止めとばかりに、下村目掛けて放たれた。巨大な右拳が弧を描き襲いかかる。








「いやぁぁぁぁーーーー !! 」


その時、遠のきそうになる意識のなか、レイの声だけがはっきりと聞こえてきた。


「二…宮…」


下村の身体はその声に呼応した。切れかかった意識が再び戻ったのだ。眼に光が宿る。瞬時にいま置かれている状況を理解した。
歯を食いしばり、一歩前に出た足に踏ん張りを利かせる。それから近寄って来たハンマーの顎にめがけて、渾身の力を振り絞り、右脚を鋭く跳ね上げた。

「っだらあーーーー!!」




が、惜しかった。決まればカウンターとなる必殺の一撃だったのだが、その爪先は相手の顎をかすめただけで、虚しく空を切ってしまった。




そして一瞬止まった時間のなか、ハンマーと眼が合う。

「くそったれ…」




“ ボゴッッ ” 巨大な右拳が、下村の顔面に直撃し、そのまま身体ごと路上に激しく叩き付けられる。 それで終わりだった。




ハンマーとブリッドが、倒れている下村を見下ろしていた。もう完全に体がいう事をきかない。下村は薄れゆく意識の中、ブリッドが片言の日本語で、自分への警告を発しているのが聞き取れた。

「シロウトガコレイジョウカカワルナ。ツギハコロス」




周囲はKAMUIの作業員と、数名のアラブ系外国人達が入り乱れ、乱闘模様になっていった。












「はっ…」


目を覚ました下村。視界が狭い。左目は瞼が腫れあがり開かず、固まりかけている大量の鼻血は、顔面を赤く染めていた。

「イテテ…クソッ…」


後頭部を押さえながら、バキバキと音を立てるように痛む体に鞭を打ち、やっとの思いで起き上りながら周囲を見渡した時、驚愕の事実を目の当たりにして、思考が固まってしまった。

そこには、KAMUI社の全員が顔に痣を作り、道路上に座り込む姿と、バラバラに破壊され、屑鉄と変わり果てた、無残なKAMUI零の姿があったのだから。




「いやぁぁぁーーー」


レイは口元から一筋の血を流しながら、破壊されたKAMUI零のパーツを手に、悲痛な慟哭をあげ続けていた。

「どうして…どうしてなの…こんなのいやだよぉ…」


流れる涙から、痛々しいほどの想いが伝わってくる。




「くそったれが…」


激しく歯軋りをした下村は、やりきれない想いで一言吐き捨てた。










つづく

Posted at 2016/10/24 20:41:45 | コメント(0) | トラックバック(0) | Def busta≪デフバスタ≫ | タイアップ企画用
2016年10月22日 イイね!

秋の夜長に動画とかw

秋の夜長に動画とかw
最近、好きなユーチューバーは

ラファエルさんです!…



ども!北海道の美白男むらっち2ですw







まあ、いつもは読書の秋なのですが、タマには動画なんぞも

インスピレーションですよインスピレーション!


またまた 「ガレージガール」 を観てたり









キレてるハーレー乗りを観てたり









today魂を観てイメージを含まらせたり








そんなこんなで… 夜も更けてゆく…










ごめんなすって(ーーメ)
Posted at 2016/10/22 23:40:10 | コメント(0) | トラックバック(0) | You Tube | 日記

プロフィール

「Def busta 第三章 ~legacy~ 第5話 http://cvw.jp/b/381698/39329981/
何シテル?   02/17 15:48
☆ドシロウトの作家モドキです。誰か拾って下さいw   ハンティングしながらマンガの原作や小説なんかを書いています   目指すはヘミングウェイ! ☆『R...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2016/10 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

リンク・クリップ

MAD MAX! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/10/01 10:43:51
すべては仲間との絆から 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/03/29 21:28:55
サクシードバァン!のクロスミッションについて詳細 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/11/04 07:00:49

お友達

バイクとクルマと鉄砲が好きです。
物語を創造するのが好きです。

よろしくど~ぞ^^
105 人のお友達がいます
銀狐銀狐 * elo50gtelo50gt *
MOTORHEAD☆ケン太郎MOTORHEAD☆ケン太郎 * 忍者が一番忍者が一番 *
yocchi.yocchi. * 太田哲也ドライビングレッスン事務局太田哲也ドライビングレッスン事務局 *

ファン

39 人のファンがいます

愛車一覧

カワサキ Z1000 Mk2 Def busta 號 (カワサキ Z1000 Mk2)
◎1980年式 “ KZ1000Mk.Ⅱ (北米仕様) ” ☆ブラックデビル改め ...
スズキ ジムニー 神威號 (スズキ ジムニー)
当方の狩猟道! あらゆる願いを込め 「神威號」 と命名する! こだわりの4型ワイルド ...
ホンダ トゥデイ 藍飛蝗號(アオバッタゴウ) (ホンダ トゥデイ)
トゥデイRs(JA4) MTREC   命名! 藍飛蝗號(アオバッタゴウ) なんと ...
三菱 パジェロミニ タートル號 (三菱 パジェロミニ)
パジェロミニ・ハンティング仕様。 捨ててあったクルマをオコした(笑) 登録はH56A( ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる