• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2017年02月12日

幌ジープで雪中泊 その②(ジープ、ジバニャンになる編)

幌ジープで雪中泊 その②(ジープ、ジバニャンになる編) うん、大丈夫、なんとか凍死せずに済んだ。(笑)
って言うか、想像してたより全然寒くなかったよ。
コレは寝る前に入った温泉効果もあるかもね。
さて、車内は大丈夫だったけど、車外はどうかな?
確認しようにも、窓は雪と結露で外が見えない。
車の背丈ほど雪が積もってたらどうしよう・・・。
ちょっとドキドキしながらドアノブに手を掛けた。
写真をクリックすると大きくなります。
表示されない場合は再読み込みしてください。

※スタイルシート変更により、写真の右端が表示しきれませんので、
 画面下の横スクロールバーで右スクロールしてから読み進めてください。



車のドアが簡単に開いて、すぐに車の背丈ほどは積もって無いと分かって一安心。(笑)

ジープに積もった雪から判断すると、寝ている間の積雪量は20~30cmくらい?!




成りかけのスノーモンスターに「おはよう!」。



そしてジープの前に周ってみると・・・・。


な、な、なんと、コ、コレは・・・・・・、『ジバニャン』じゃん!!(爆)

まぁ、私には↓そう見えたってことで。(^^;

画像はネットより拝借


それにしても、ホントにココで自縛霊にならなくて良かったよ。(笑)



そして『悪魔の右手』はどう成長したかな?

よ~く見ると、透明な氷が伸びて、爪みたいになってた!!(@o@)


そこに朝陽が差してきた。

目の前の景色がもの凄く神々しい世界に思えたよ。

悪魔と神の対決か?!(笑)

その対決はやっぱり神の勝ちって感じかな。




早朝撮影を終え、また荒神の湯でひとっ風呂。



風呂で十分に温まったら、このすぐ近くにある蛍の湯(足湯)に移動。
足湯に浸かりながら、珈琲を湧かして、朝食を取る。
でも、昨日八ヶ岳PAで買ったパン、クロワッサンは問題なかったけど、
ベーコンボパンはカチカチだった。(笑)


雪がほとんど降らない県に住んでる私、雪の中に居るのはとっても楽しい。
出来れば雪の中でもう一泊したいところだけど、そろそろ帰らなきゃ・・・・。

帰りは白骨の『ムンクの壁』を見て帰りましょうかね。

しかし、そこには衝撃の事実が待っていた!!

その事実とは写真の通り。↓

なんと、『ムンクの壁』に、ネットが張ってあって良く見えない・・・。

この状況に私が『ムンクの叫び顔』になっちゃったよ。(--;

でもね、時は流れるもの・・・。
景色だって変わるさ。
いつまでも昔の記憶や、古っるい写真の景色に縛られてたら、
そこで歩みを止めちゃってるって事だよね。
そしたら、新しい発見もなくて、面白くもなんともないよ。
また新たな心震える景色を探さなきゃ!!



そして今年見つけた新たな景色。(^^)

土曜ワイド劇場の殺人現場に使われそうなツララで、心よりも身が震えたよ。(笑)


白骨温泉からは乗鞍高原へ抜ける上高地・乗鞍スーパー林道B区間を行く。

乗鞍岳を望み、白骨温泉を見下ろす展望台にやって来たけど、残念、乗鞍は見えず・・・。


残念ねぇ~と車に戻る時、目の前に薄っすら乗鞍岳が現れた!!




この道は秋も素敵だけど冬も素敵だね。




お昼はみん友のカールさんが常宿にしているコチラ。

『ティー アンド グリル アルム』
住所:長野県松本市安曇4306-1 プチホテル アルム
TEL:0263-93-2951
営業時間:11:00~14:00
定休日:火曜・水曜
https://alumu.com/cafe/


季節野菜とベーコン・タラコ入りのアルム風スパゲッティ 950円とカニ&トマトピザ 950円。



イチゴのタルト450円とレギュラーコーヒー420円。


スィーツも食べれたし、とっても満足。(^^)



アルムの店内に貼ってあったポスターを見て、善五郎滝へ行って見る事にした。



滝には上の写真の入り口から、こんな雪道を650m、時間にして約15分歩く。



普段車撮り以外ではほとんど歩かないけど、雪とこんな空があると歩きたくなっちゃう。(^^)



ただ、それも入口から200mくらい。
そこから先は、山あり谷ありで結構本格的なスノートレッキング状態。
沢に降りる道が急な九十九折りの下り坂になってて、
普通のスノーシューズだと滑りまくりだったよ・・・・。


ほぼ案内板の時間通りに歩くと、目の前にドーンと凍結した善五郎滝が現れた!


実はこの滝、写真の真ん中部分は表面だけが凍っていて、
近づくと氷の裏で水の流れる音が聞こえてきて、水飛沫も飛んでくる。
そして足元の氷も薄い様で、近づいたら「バキッ!」だって。
近づき過ぎは要注意!!だよ。



毎年ココに来ていると言う女性カメラマンに話を聞くと、今年のブルーはイマイチなんだって・・・。



でもね、私は初見だったので思ってた以上に感動した。



善五郎ブルー、見に行く価値あると思うよ!(^^)





滝から戻ってきて『悪魔の右手』を確認。

何と指が2本折れて無くなってた!

『悪魔の手』だけど『Oh! My God!!』(笑)
やはりコレは神の仕業なのか?!
と言う事で、これにて『悪魔の手』の観察終了・・・。



前日来た梓湖を見下ろせる野麦街道旧道にまた寄ってみた。




昨日とは全く違う冬景色に感動!



白い雲、白い雪、白い木(白樺)、白いモノ大集合!(笑)



日陰の道を行くジープ、陽の光を受けて輝く梓湖。

光のコントラストがとても印象的だった。



伊那に用事があったので、帰りは権兵衛峠越え。

途中の奈良井ダムは全面氷結していて、道も所々凍ってった。



権兵衛峠のトンネルを抜けると、南アルプスが綺麗に見えてたのでUターンして撮った。

でも、道の上の白いのは、雪じゃなくて塩カルなんだよね・・・・。
帰ったら良く洗車してあげようっと。


伊那での用事と言うのは、このお店でジープステッカーを作って貰いたかったんだ。

『有限会社オートレック』
住所:〒399-4511 長野県上伊那郡南箕輪村神子柴8856−1
TEL:0265-74-1855
http://www.autrek.co.jp/sticker_annai.html

「1時間ほどで完成するよ。」と言われたけど、帰りの事もあったので、郵送してもらう事にした。
完成したステッカーは後日整備手帳に載せるとしよう。



高遠のお風呂へ向かう途中、たまたま通り掛かった貯め池が『六道の堤』だった。

ここは桜の時期、中央アルプスと堤と桜のコラボがキレイな場所なんだよね。


そしてココから国道361号に出て高遠城址方面へ向かうも途中通行止め!!
なにやら斜面崩落があったらしい・・・・。
開通は2月中旬の見込みだってさ。



かなり遠回りしてやっとこ着いたのはコチラのお風呂。

写真はHPより拝借
『さくらの湯』
住所:〒396-0211長野県伊那市高遠町西高遠928-2
TEL:0265-94-3118
営業時間:10時~21時(入館締切20時30分)
定休日:第2・第4火曜日(祝祭日の場合は営業) ※年末年始は要問い合せ
料金:大人600円(JAF割で500円)
http://www.ina-city-kankou.co.jp/cms/modules/tinyd1/index.php?id=2



この後、杖突峠を越えて諏訪ICから中央高速にイン。

双葉SAでラーメン・チャーハン食べて、御坂峠越えで帰って来た。


今回のことりっぷでは、幌ジープの雪中泊が意外にイケる事を確認。
これからジープでのスノードライブ&雪中泊が多くなるかも。
出来れば今シーズン、もう1回くらい行きたいねぇ~。

でも、ジープ旅の翌日は、相変わらず軽い筋肉痛・・・・。(^^;
ブログ一覧 | ことりっぷ | 旅行/地域
Posted at 2017/02/16 19:12:23

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

この記事へのコメント

2017/02/16 19:51:04
こんばんは。

いつもいつも、素晴らしい写真を拝見しています。
ジープで雪降る中の車中泊とは、ビックリすることをしますね。
余り寒くなかったとのことですが、外気温は何度くらいですか。
私は車中泊用に、マイナス20℃に耐えられるシュラフを購入しましたよ。

ひとつ、レンズについて質問させて下さい。
昨年、AF-S NIKKOR 24~70ミリ F2.8を購入し、今度は80~400ミリ F4.5~5.6があればいいのかなと考えています。
80~400ミリのレンズって、総合的にどうなんでしょうか。

コメントへの返答
2017/02/16 21:07:36
たつランクルさん、こんばんは。(^^)

今回は外気温どれくらいだったんでしょ??
感覚として、マイナス10℃は行っていない様な・・・。
まぁ、北海道の冬にくらべたら可愛いもんですね。
私も一応耐温度マイナス15℃の寝袋ですが、今回は薄手の毛布を中に入れて寝ました。
あとダウン上下にダウンソックスです。

レンズについては人それぞれ好みがあるのでどうなんでしょ?(^^;
でも24-70mmを持っているのであれば、70mm~上のズームレンズが1本あるとイイですよね。(^^)
あとはたつランクルさんがどの位の画角の画を一番撮って、どこまでが必要だと思うかだと思います。
購入まで悩んでる期間が一番楽しい?!ので、一杯悩まれてください。(笑)
2017/02/16 20:03:59
アガサさん♪
こんばんはぁ♪( ´θ`)ノ

雪国!良いですね〜♪
僕は小学生の頃 毎年叔父に連れられて
スキー学校に行っていたのですが
雪国のなんとも言えない雰囲気が大好きです(╹◡╹)
途中の「風景は変わり続ける」の言葉に
アガサさんの素敵な写真の訳をみた気がしました
今回も素敵な作品達をありがとうございます

ヾ(๑╹◡╹)ノ"
コメントへの返答
2017/02/16 21:26:46
hさん、こんばんは。(^^)

毎年スキー学校ですか?
ではスキーの腕は相当なもの?
スキー上手く滑れるとカッコいいですよね。
私はイマイチ上達しなくて・・・・。
でももう歳だし、スキーをやるなんて事もないなぁ。
それよりも雪見温泉に行きたいですもの。(笑)

あっ、あの風景のくだりは、情報はアップデートが必要って意味も入ってます。
2017/02/16 20:50:00
しかしニュースにならなくて良かったです。
「厳寒の幌ジープ車中拍で凍死者」
冒険家ですねー、本当に寒くなかったんですか!?
やはり無理をすれば人が撮れない写真が撮れますねー!
朝日の写真がいいですねー。
善五郎ブルーも見てみたくなりました!
コメントへの返答
2017/02/17 10:40:26
ロビンさん、おはようございます。(^^)

実は凍死よりも心配になってたことがあって、それは、ドカ雪降ったら幌潰れないかなぁって。(笑)
ホントに寒くは無かったですよ。
家で布団で寝てるのと変わらないくらい。

善五郎ブルーはそこへ行くまでの行程も楽しめます。
林の中を歩くので、野鳥ウォッチングも出来るかもしれません。
おススメですよ!(^^)
2017/02/16 21:21:29
こんばんは、相変わらずの安定した美しい画像、素敵ですね!
天気も良くて最高ですね、このルートは流石に自分の車じゃ無理だなぁ!
暖かくなったら、行って見よう〜!
コメントへの返答
2017/02/17 10:49:32
りんむぅさん、おはようございます。(^^)

2日目は時々青空が広がるといった天気で、その時折目の前に現れる銀世界がとっても素敵でした。
今回ブログに出てきた野麦街道の旧道、ココは野猿が一杯るエリアで、道端に一杯猿がいます。
以前にココを通った時、車で猿のう○こを踏んでしまってえらい目に遭いました。
猿のう○こってメチャクチャ臭いんですよね・・・。
お気を付けてください。(笑)
2017/02/16 22:58:29
アガサさん、こんばんは!

うっわ~!
目覚めた時の雪景色は感動的ですよね!
凍死&ニュース沙汰にならなくって良かったですね!

同じく雪のあまり降らない地域なので、雪はワクワクもしますが、周りに無知故の無謀運転&未整備人間&無装備車の3拍子なので、積雪時にはAIGLEの膝まで長靴を履いて歩く事にしています。

コメントへの返答
2017/02/17 10:57:29
cananaさん、おはようございます。(^^)

そうそう、目が覚めたら雪景色って私達雪のほとんど降らない・積もらない地域に住む者にとっては、滅多に経験できないですものね。
あれはホント感動します。

運転する際はいつでもどこでもそうなのでしょうが、特に雪道は危険がいっぱいなので、万全を期して安全運転しないといけませんね。
今旅では2回もタコ踊りをしてしまったので、もっと注意しなければと改めて思いました。
2017/02/16 23:54:29
こんばんは。

ジープで車中泊…過酷そう(´Д`;)。
普通の乗用車と比べて温度とか不利になったりしないのでしょうか。
とても気になります。
雪上に直接設営するテント泊はぶっちゃけ地獄なんですが、雪上とは触れずに距離が開く車中泊のほうが快適なのかなあ。
コメントへの返答
2017/02/17 11:04:42
ocyappachiさん、おはようございます。(^^)

ジープで雪中泊、私もやる前はかなり過酷かな?と思っていたのですが、やってみたら普通の車中泊となんら変わりなかったです。

そうそう、ジープの内装はむき出しの金属で、そこの直で寝ると冷たいのでエアマットを使用してます。
その空気の層が寒さシャットアウトしてくれてるんだと思います。

ただ、あと一つ心配事があるのですが、それは、幌がどの程度までの雪の重さに耐えられるかです。(笑)
2017/02/17 00:02:15
こんばんはー(=^ω^)ノ
わっ、タイヤ半分埋まってる、ギリですよー^^

行動箇所をGoogleMapでなぞらせてもらって毎回ワクワクさせて頂いております。
朝霧高原から平湯の上の荒神の湯そしてさくらの湯。すげー。

さくらの湯で食べた薬味全部乗せのローメンの味が忘れられません^^
コメントへの返答
2017/02/17 11:16:59
黒柴さん、おはようございます。(^^)

ジープで雪中泊、意外に出来るもんですね!
これならほぼテントと一緒なので、雪中野営泊の達人である黒柴さんに、少しは近づけたのでなんて勝手に思ってます。(笑)

GoogleMapなぞるの、私もよくやります!
自分の旅でも、人の旅でもこの行程をなぞりながら見るのは楽しいですよね!

さくら湯の食堂、私が風呂から上がった時にちょうど閉まってしまいました・・・・。
薬味全部載せのローメン、いつか挑戦してみます!(笑)
2017/02/17 08:40:01
アガサさぁん🎶
おはようございまぁぁぁ〜っす♬(o^^o)

前編からの雪国雪中泊素敵ですね🎶
よ遊びでのフラッシュ使った雪に反射して玉ボケになったお写真イイですね〜♬

バージンスノー!楽しそう!
昔、私もワカサギ釣りとか行ったついでに林道求めて行軍した事が有るのですが、そうそう!ソロでは生きるか死ぬか覚悟していないと奥へは入って逝けませんよね〜(๑˃̵ᴗ˂̵)笑笑

あ、龍の鱗のようなアイスバーン、面白いですね〜、、、溶けちゃ固まりを繰り返してこんな感じになったのですかね?
しかし、アガサさんの観察力には本当に頭が下がります♬

そして迎えた翌朝、、、
ヨーデル♪ヨーデル♪ヨーデル♪ヨーデル♪妖怪でるけんでられん♬、、、って成らなくて良かったですね〜(๑˃̵ᴗ˂̵)笑笑
あはは、ジバニャンって!、、、うちに奥方様がクレーンゲームで取ったヌイグルミ有るんで比べてみたのですがぁぁ、、、ジープの色だけ!、、、あはは、雰囲気ですね〜(๑>◡<๑)笑笑

しかし、懐かしいなぁこうした車中泊で朝を迎えた時、、、朝起きたらドアが開かないなんて事結構有りましたので、前の晩から雪が酷いとドキドキしますもんね〜

悪魔の右手、、、こんなのも懐かしいです♬
そして迎えた朝日!いや〜美しいですね〜♬(o^^o)
しかし、よく見たらアガサさん、凄いところで泊まりましたね!周りにモコモコの雪が!
あ、ここは移動した後かな?

ムンクは残念!私もどんななのか見たかったです♬

そして、善五郎滝、、、凄く綺麗ですね〜♬
アイスクライミングしてるのがまたイイ雰囲気、、、けど、アガサさん的にはクライマーが居ない写真も撮影したかったのでは?

しかし、これでブルーがイマイチなんですか!!?
アガサさんのお写真でその神秘的なブルーに感動していますが、もっと凄いのですね〜
この色からも分かりますが、この滝の水質はとても綺麗なんですね〜♬

いや〜ほんと雪国絶景!素敵なお写真に釣られまくっていますので、ほんと!見に行きたいなぁぁ〜🎶

最後の水鏡、、、凄く素敵!大好物です(o^^o)
今度はまた、こんな景色の昼間の水鏡も魅せてくださいね〜♬

来月は私も奥方様同伴なので撮影修行のメインの旅ではないですが、超絶久しぶりにバラエティ豊富?笑、、、色々と撮影しに行ってきます(^^)v
あ、相変わらずblogアップは遅くなると思いますが、、、(๑>◡<๑)笑

何時も何時も、、、素敵なお写真ありがとうございましたぁぁ〜╰(*´︶`*)╯♡
コメントへの返答
2017/02/17 12:57:14
goneさん、こんにちは。(^^)

夜遊び雪の玉ボケ写真、コレが撮りたくってわざわざ今回はフラッシュ付きの7D2を持って出掛けました。(笑)
思っていたよりも意外と簡単に降雪の玉ボケ写真は撮れたんですが、もっとまあるいキレイな玉ボケ写真にするには、も少し腕を磨かないといけませんね。

そうそう、渓流釣りも林道もソロの時は無理は禁物ですよね。

竜の鱗、風の影響もあるんでしょうね。
雪壁も模様と同じ方向へ流れていました。
自然の造りだす造形物ってホント面白いですよね。

自縛霊にならなくて良かったし、脱出も出来て良かったです。(笑)
あれ?!ジバニャンに見えませんか?
ちゃんと耳もあるし、目もあるし、フォグに積もった雪の形なんて、ジバニャンの炎みたいな尻尾の先にそっくり!
フロントのスリットだって、ジバニャンの腹巻ですよ!
コレがジバニャンに見えないって事は、まだまだgoneさんの想像力が足りないって事ですよ!
こういう感性、写真に撮るときには大いに役立つので鍛えてくださいね!
私くらいの域に達せれば、前述の龍の鱗模様とかにも気付く様になりますよ!(笑)

雪のモコモコ、ここで泊まったんです。
朝起きたらとっても素敵な雪景色になってました。

善五郎の滝、一応、アイスクライマー有と無を撮ったんですが、有の方が雰囲気出ててイイなと思いました。

そしてこの善五郎ブルー、ステキですよね!
でも話をした女性カメラマンが以前に見たブルーはもっと綺麗だったんですって!
その時は凍った滝に雪も積もってなくて、クリスタルブルーにキラキラ輝いてたって言ってました。
ココへはまた足を運んで、そのクリスタルブルーってのを見てみたいと思います。

六道堤の水鏡は、春の桜の時期がキレイだと思います。
その頃にまた行ければいいなぁ。

来月の奥様との旅行、楽しみですね。
うまく奥様のご機嫌を取って、一杯撮影して来てください。(^^)
2017/02/17 16:43:15
アガサさ〜〜ん…まいど〜🤗

ひと言…凄すぎ〜😱

景色も凄いけど、

ジープを入れて撮影しようと、そこまで行く?😳てきな……

流石アガサさん‼️

こんな写真見てたら、おいらの雪遊びが
あまりにもちっぽけですね……😅

情けない……😔

例えジープを買っても、こんな写真は私には
絶対❗️絶対‼️むり〜〜😫

やっぱり私、軟弱なハスラー乗りでいいです😅


しかし、どれもこれもジープがよく似合う写真ですね
🤔

コメントへの返答
2017/02/17 18:35:30
3kさん、こんばんは。(^^)

いやいや、私なんかまだヘタレの域ですよ。

えっ、私、ジープの撮影にココまで行ったんでしたっけ?
いえいえ、雪見露天風呂に入りに行ったんですよ!(笑)
『ジープのある風景』はその副産物です。

いやいや、最初は誰だってヘタレから始まるんです。
何事も経験ですよ。
3kさんは凝り性(だと私は勝手に思ってます。)なので、来年にはバリバリの四駆使いになってるかも。(笑)

2017/02/17 20:34:37
アガサさん、こんばんはー

>幌ジープの雪中泊が意外にイケる事を確認。
まさか北の大地の冬に向けた訓練ではないですよね?(笑)
もちろん就寝中はエンジンストップでしょうけど、今後寒い時にエンジンかけることがあったなら、マフラー出口の積雪に注意して下さいね!(;^_^A

ちなみに北国の人間は、この条件での車中泊は出来ないと思います(爆)

そのうちジープの後輪がキャタピラになりそう~(w)
コメントへの返答
2017/02/18 15:54:40
JEさん、こんにちは。(^^)

あっ、なるほど!
来シーズンはどこまで北限で出来るか挑戦してみましょうかね。(笑)

なるほど、なるほど。
雪国ではマフラー周りの雪にも注意しなければならないのですね。
しっかり覚えておきます!

北国の人がこの条件で車中泊出来ないとは如何に??
雪国の人はやっぱり雪には癖々しちゃってるからでしょうか?
それともやっぱりこんな事するのはおバカさんだからですかね?(^^;
2017/02/18 14:16:01
こんにちは、お邪魔します。

いつも素晴らしい写真と文面で楽しませて頂いております

今回もとても素晴らしい世界ですよね
青い空と白い雪景色、善五郎ブルー、光る湖
優しい色たちに囲まれる世界、生だともっと素晴らしいんでしょうね
頼もしい相棒と冒険心、危険を顧みない勇気?が必要かな

気持ちの裏側にいつもいる頼もしい相棒が欲しくなるこの頃です(笑)

また拝見させていただきますm(_ _)m
コメントへの返答
2017/02/18 16:18:13
キタジィ@Rossoさん、こんにちは。
いつも見てくださってありがとうございます。

冬は一見あまり色彩の無い季節に見えますが、探せば決して多いとは言えませんが、それなりに色彩があるものですね。
そしてその僅かな色彩を見つけると、見つけると、ハッとしたり、嬉しくなったり。
寒い事なんかすっかり頭から無くなってます。
昔は寒がりで冬は嫌いだったのですが、カメラをはじめて、冬を楽しめる様になった気がします。
もちろん、冬道に強い相棒がいるって事も大きいです。
そんな相棒とともに、これからも多くの冒険旅に出掛けたいと思います。

また宜しくお願いします。(^^)

2017/02/18 18:40:59
乗鞍や白骨、冬季に行ったことがなくて。白い世界、やっぱ綺麗ですね〜。今年は休みを取って行くつもりだったんですが事情により(T_T)
行く機会があったらブルーの滝を見てみたいですね。あっ、紅葉時期、アルムは店の前のもみじが綺麗で、店の中から窓越しに車と一緒に撮るとかっちょいいですよ。
コメントへの返答
2017/02/20 13:19:31
okazakiさん、こんにちは。(^^)

私がこのエリアにちょくちょく足を運ぶようになったのは、okazakiさんのアゲた乗鞍・白骨エリアの紅葉ブログを見てからなんですよねぇ~。
この乗鞍・白骨の冬景色はokazakiさんへの恩返しになりそうねすね。(笑)
善五郎滝まではスノーシューあれば楽ちんだし、とっても楽しい雪道トレッキングになると思います!
でも長距離トレッキングをものともしないokazakiさんにはちょっと物足りないかな・・・。
是非是非時間を作って見に行ってみてください。

アルムのもみじ、今度の紅葉シーズンは是非行ってみます!
そしてそのまま有峰林道ですかね?(笑)
今から楽しみです。(^^)
2017/02/18 22:21:59
冒頭のフォト
実際より寒々と撮ったんじゃ
ないですか?!(笑)
ディーゼルだと
燃料凍結が怖いですね(-_-;)

ブルーの滝
ムンクの壁
緑色の綺麗な梓湖
見どころ満載ですね!!
今回も楽しませもらいました☆

アガサさんの脚力がスゴイ秘密は
その食欲かもしれません(*^^)v
そんなに沢山食べれません(笑)
コメントへの返答
2017/02/20 13:36:16
隼さん、こんにちは。(^^)

冒頭フォト、WBをくもりにして撮ったらイイ感じの色温度になりました。

そうなんですよ、ディーゼル燃料って凍結するって言いますよね。
一応、降雪地での泊まりの際は、必ず現地のGSで燃料入れてるので、今まで燃料が凍った事は一度もありません。

今回は雪道のなかをかなり(私的に)歩きましたので、お腹も空いたし、食べた分はしっかり消費されたと思ってます。
それにしても私の燃費ってやっぱ悪い方ですかね?!(笑)
2017/02/20 21:34:27
お疲れ様です。
いやはやジ-プでどこまで行くのだろうと・・・笑
凄い厳しい冬・・・雪景色・・・
バ-ジンスノ-に入って行っちゃって大丈夫なのかと心配になりました。
最後に市街地の灯りが見えてホッとしました。
高遠のさくらの湯に行かれたんですね。
自分も昨年9月千代田湖キャンプの時に寄りました。
なかなかいいお湯でしたね♪
コメントへの返答
2017/02/21 17:55:33
ライトバン2さん、こんにちは。
コメントありがとうございます。(^^)

ご心配頂き、どうもです。
でもビビりな私、そう深くは新雪に入ってはいけませんでした・・・。(^^;

桜の湯、ヌルヌルの良いお湯ですよね。
小さなことですが、JAF割が利くって言うのも嬉しかったです。(笑)

また宜しくお願いします!(^^)
2017/02/21 13:00:43
幌ジープで車中泊・・・
凄まじい根性さすがです。

シート倒して寝られるんですか???
背中が痛くなりそう(^^;)
コメントへの返答
2017/02/21 17:58:34
ジョニセバさん、こんばんは。(^^)

マッドもロックもスノアタも出来ないヘタレな私ですが、雪中車中泊は楽勝です!(笑)

荷台に積んだ縦長のカーゴボックスと、倒した助手の上に9cmのエアマット敷いて寝てます。
意外に快適です!(^^)
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「2017夏・北海道、雨と林道と温泉と食のジープ旅(1~3日目) http://cvw.jp/b/383842/40265926/
何シテル?   08/19 17:45
綺麗なフォトや素敵なブログ、おもろしいブログには いいね!を付けて廻ってます。(^^) 新たに写真撮影が趣味になりました。 ドライブしながら写真を撮っ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/8 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

梅雨明けの梅雨空 林道3本 繁栄も今は昔 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/08/02 09:50:24
林道走って伊豆下田、車中泊忘年会。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/07/05 10:16:33
三連マルチメーター部へナビの取り付け 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/06/23 20:02:37

お友達

突然のお誘いは、私のどこ(何)に興味を持ったか書いて欲しいと思います。
それが無き場合には、申し訳ありませんがお誘いをお受け出来ない場合があります。
またブログを全く書かれていない等、素姓の良く分らない方からのお誘いも保留とさせて頂く場合があります。
352 人のお友達がいます
ケンジPP1ケンジPP1 * あくせる_F32/435iあくせる_F32/435i *
SpecialBoySpecialBoy * wakaさんwakaさん *
i-voi-vo * 渋猫渋猫 *

ファン

1,040 人のファンがいます

愛車一覧

三菱 パジェロ 三菱 パジェロ
通勤、買い物、ドライブ、写真撮影(趣味の)、アウトドア等 オールマイティ
BMW 3シリーズカブリオレ BMW 3シリーズカブリオレ
後期型 M-sport 晴れの日限定 ドライブ用 最近晴れの日限定じゃないかも・・・。
三菱 ジープ 三菱 ジープ
2016年01月07日納車。 石川からやってきました。
スバル レガシィ アウトバック スバル レガシィ アウトバック
ドライブ、買い物

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.