• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

honda-inspireのブログ一覧

2017年12月08日 イイね!

タイプRまでの道

2年前、オープンカーに憧れ、S660は小さくて、オープンに出来て且つMRは魅力的だった。
試乗で少し走るだけで面白いと思った。カーブが安定して速い。MRなのでくるって回る。
何より久しぶりのMTが刺激があり楽しかった。アコードに加えて購入した。
そしてMTに慣れるため毎日走った。
結果として何とか慣れてきたなあという感じまできた。
そう思うのはトラクションを感じて走る安心を感じるようになったことだ。
(決してH&Tや運転がうまくなったとはまだ思っていない)
車を自分でコントロール出来ていると感じるのだ。それは人車一体感に繋がる。
高回転の方がトルクが大きいのでトラクションを感じる。
カーブではもちろん、直線でも同じである。つまり常に比較的高回転で走ることになる。
S660はしっかりスポーツカーとして作られており、反応はダイレクトだ。
そしてちゃんと安定してまっすぐに走る。ハンドリングは軽快そのもの。
操舵力は軽いし思った通りに進む。鋭く切ってもすぐに反応する。
これがMRの良さだろう(車重が830kgと軽く且つ前輪荷重43%とだからだ)。
そして1年間走り込んでいるうちにオープンはどうでも良くなってきた。
確かに、たまにオープンだと爽快な気分になる。
しかし、それよりなにより走ることがますます面白くなってきたのだ。
そのため毎日走りのためだけに乗っている。
S660に乗り出して6MTが車の性能を最大に発揮できると思うようにもなった。

あの、昨年7月に納車後、わくわくして走り出して1年と5ヶ月、29000kmになった。
しかしだ。S660で長距離(連続200km以上)に行く気になれない。やはり、しんどい。
路面の段差の振動がもろに体に伝わるからである。
それが走りにダイレクトな反応を与え楽しいのだと分かっていてもね。
よってアコード+S660の車を求めて試乗を繰り返した。
86/BRZ、レヴォーグ、WRX STI、フェアレディZニスモ、スイフトスポーツ、
アウディTT、ゴルフR/GTI、ケイマン、BMW2クーぺ等
ケイマンのサスには感動したが1千万は無理。
他は自分の思いに合わなかった。

結局、たどり着いた車はタイプRだ。
6MTだが今度は最先端のスポーツカーである。
ホンダの技術が詰まっている。納車に1年も待つけど。
決めてはドライブモードだ。コンフォート、スポーツ、+Rがある。
コンフォートモードはハンドルは軽くアコードをフラットにしたようなサスになる。
スポーツはデフォルトである。S660のサスをストロークをとって
フラットにした感じである。これがどこでも走りやすい。
+Rはサーキット走行モードである。S660より少ないが路面の
凸凹を直接体に感じるようになる。
ハンドルもかなり重くなる。速度の高いときの安全性と正確なハンドリングを
サポートするためだ。でもダイレクト感がますのでハンドリングが楽しくなる。
コンフォートモードは街乗りや長距離のためのモードだとメーカーも謳っている。
ハンドルもS660ぐらい軽くなる。
尚、サスはコンフォートモードでなくてもS660より柔らかいと感じる。
ストロークが長いのでS660より段差を吸収する。
さらに吸収できない段差は可変ダンパーが変化を穏やかにする。
それは+Rモードでも同じなのだが、ダンパーがより硬くなるので
吸収できない段差を体に感じるようになる。
でも、S660に比べるとコツコツの間が長いのだ。
これらが柔らかく感じる要素だろう。

そしてタイプRの最大の魅力はエンジンとMTである。加速重視のエンジンとギア比だ。
アクセルオン時の音とパワーは気分を高揚させる。
6MTは軽く素早くシフトチェンジできる。
ブレーキは強力でコントロールし易い。
20インチ扁平30のタイヤの強力なグリップ力を最大に発揮するように調整されたサスは
カーブでも安定した動作に貢献している。
ジャーナリストによればいつでもアクセルを踏めるそうだ。

結局、自分が求めたアコード+S660がタイプRになったのである。
試乗を繰り返したが、この前とうとう注文した。
1年後が楽しみだ。
Posted at 2017/12/08 07:57:02 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年11月23日 イイね!

タイプRの12回目の試乗とゴルフGTI試乗

えーと、今日で12回目のタイプRの試乗になりました(^▽^)。
もう、タイプRは体に馴染んできました。
S660と同様に自由に思い通りに運転できます。
違うのは圧倒的に楽だということです。
エンジン性能をフルに使うように運転するS660と
軽く小手先で扱えるタイプRの違いです。
街乗りではアコードみたいに楽です(MT操作はありますが)。
今日は、モードのサスの違いを再確認しました。
コンフォートと他モードとのサスの違いがはっきり分かりました。
コンフォートモードはかなり柔らかいと初めて思いました。
でも、+Rでも全く問題ないです。
S660より少し硬めですが、フラットなサスなので細かい振動は拾いません。
信号の多い街乗りでも普通に運転できかえって楽しいのです。
ここまできたら、もう買うしか無いでしょう(^▽^)。
でも、納車のタイミングが問題です。
今から1年後だと冬なので納車されても十分に走り回れません。
3月ぐらいの納車になるように注文したいと思っています。
S660は売却予定です。
S660の維持費を高くなるガソリン代にします。

その後、すぐにゴルフGTIに試乗しました。
一応、ライバル車ということで再確認に行きました。
残念ながら1つ前のバージョンでした。
サスはスポーツモードのタイプRより柔らかく感じました。
コンフォートモードと柔らかさの質が違います。バネ自体が柔らかい感じです。
思ったことは以下の通りです。
ハンドリングがだるいです。ハンドルをきってすぐに反応しません。
アクセルにリニアにパワーが出ません。踏んでしばらく遅れてパワーがでる。
ということで、GTIはあくまで快適性を売り物にした乗用車だと思いました。
車作りの方向性がスポーツカーと謳うタイプRと全く違います。
日本のジャーナリストが何故ライバルというのかが分かりません。
ただ駆動方式が同じだけの気がします。
営業さんはそれはパフォーマンスというモデルになると言っていました。
確かにそうかもしれませんが、ネットで試乗車さえ検索できません。
以前、ゴルフRに試乗しましたが、そのときもアクセルに対するレスポンスは
同じでした。前の試乗ではその遅れを見込めば良いとか書きましたが、
慣れてくると遅れが操作の遅さに繋がります。

まあ、結局ゴルフGTIは自分には合わないということです。
Posted at 2017/11/23 16:48:40 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年10月20日 イイね!

タイプR4回目の試乗

4回目の試乗です。
自分でもかなりしつこいと思いますが、
いっぱい試乗できるのは多分今の時期だけだと思いますので。

今回もまた違うお店です。
お店が違うと試乗コースが変わり路面も変わるのでどう反応するかが面白いのです。

今回は、ワインディングのある田舎道をぐるっと回りました。
少し慣れると2速で思いっ切り踏み込みシフトアップしてすぐブレーキしてました。
ブレーキは良く効くのでまったく不安はありません。
楽しかった。横の営業マンは仰け反りながら何も言わない(笑)。

あと再度、モードの違いを確認しました。
+Rモードでハンドルが重くなるのを初めて実感しました。
この辺はワインディングを走らないと分からないと思いました。
でも田舎道にはスポーツモードが最適です。
サスは柔らかいと書いたときもありましたが、まあスポーツカーなので
それなりです。自分は十分にフラットで角はとれていると思います。
あと、ゴルフGTIの方がサスは柔らかいと感じました。

改めて思ったけど、タイプRの運転は独自の世界だと思いました。
重厚感は高いが、的確な電動アシストのためかサスが良いからなのか
分かりませんが、運転中に車の重さを感じない。
体はシートにぴったりしていてシフト操作は的確にできる。
そして踏めば迫力ある音とともに半端ないパワーを感じる。
結果として安定性抜群で不安は全く感じず、ダイレクト感が高いため運転が非常に楽しい。

ところで、ポジション調整で、ハンドルががっちりしており動かすのにかなり力をいれました。
以前に前後があるけど上下はないと勘違いしたことが良く分かりました。
今回のは特に上下はかなりきつかったです。
この点は自分の乗った4台の試乗車でも個体差がありました。

タイプRに比べるとS660は気軽に乗れます。
シフト操作やペダル操作、そしてハンドル位置も自分の体に
ぴったしなのです。そして燃費も2倍いいと思います。
乗り降りだけが少しきついですけど。
これはこれで非常に楽しい車です。
そして今は普段乗りの車です。

以前、ブログでS660は手放さないと宣言した気もしますが、
しかし、さすがにMT2台は贅沢すぎます。
タイプR購入時は、お金の点でも下取りに為ざるを得ないと思います。
よってタイプRを普段乗りに使うつもりです。燃費は覚悟してます。

しかし、購入はまだまだ先ですから、また考えが変わるかもしれません。
Posted at 2017/10/20 15:02:14 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年10月12日 イイね!

タイプR3回目の試乗

前のブログのS660も負けてないの自分の意見に自分で違和感をもち
3回目の試乗に行きました。
試乗できるお店が増えており、3回とも違うお店です。
(でも今の時期だけだと思います。すぐ売られてしまう気がします。
 1回目の試乗のお店のは既に無くなっていました。わすか10日間ほどでした)

まず訂正しておきます。
1回目の試乗でハンドル調整を前後だけだと書いてしまいましたが
上下も出来ました。すみません。

今回は比較的広い道(片側2車線)を走りました。
アスファルトはきれいでした。
割とアクセルを開けていたと思います。4000回転を超えていました。

今回のテーマは自分にとってS660より魅力的かどうかです。
あくまで自分目線での評価です。

エンジンは2回目で雑味などと曖昧な言い方をしましたが
今回は1回目と同様、普通に良かったです。

乗り心地ですが、フラットです。道路が平坦な性もあります。
コンフォートモードから+Rモードに変えましたがやはり違いは分かりませんでした。

S660より、
明らかにエンジンレスポンスが良い。
6MTはどのギアでもすっと入る。
ブレーキが良く効いてコンロールしやすい。
3000回転以上を使う走りが音も含め楽しい。
低回転でトルクがあるため低速でも扱いやすい。
レブマッチシステムも試せました。
H&T無しに慣れたらより楽になると思いました。
すべてがS660よりダイレクトだけど当たりが優しい感じがしました。
そして、全体的に運転操作にS660より余裕を感じました。

ということで、自分にとってタイプRはより魅力的でした。
Posted at 2017/10/12 17:06:56 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年10月05日 イイね!

タイプR試乗2回目

2回目のタイプRの試乗です。
今回はシートポジションの違和感はありませんでした。
2回目なのでコンフォートモードからスタートしました。
サスペンションは前回柔らかいと書いたのですが今回の感じは少し固めでした。
うーん、なんでかな。でもフラットなのは確かです。
後で、+Rモードでも走ったのですが他モードとの違いが分かりませんでした。
たぶん道路状況によるのだと思います。
あと限界速度でないと違いが明確にならないのかもしれません。

MT操作はまったくS660と同じだと感じました。2回目なのでシフトも慣れていました。
S660より車は重く感じますが、パワーがあるので自由に操れます。
ブレーキもS660と同様にコントロールし易いです。
ちょっとだけ+Rモードのとき1速で引っ張ってみました。
加速感はまあ、こんな感じかなというものでした。(個人差によるでしょう)
ヒールアンドトゥも普通に使いましたが、レブマッチシステムが介入しているのかどうか
分かりませんでした。しかし、まったく違和感はありませんでした。

試乗コースを2回走ったので、2回目のときはアクセルを割と多めに踏み込みました。
結構、楽しかったです(笑)。

しかしです。
帰りにS660に乗り換えて同じ道を走ったのですが、S660も負けていないと
思ってしまいました。
タイプRには何というかエンジンに雑味がありました。

これは多分まだならしも終わっていない性だと思います。
ホンダのエンジンにはそういうところを今までにも感じました。
3.0インスパイア、3.5Lインスパイア、S660のすべてにです。
1万キロを超えると本当にスムーズになります。

ということで、まだしばらくはS660を楽しみます。
その間、お金を節約して貯めたいと思います。
Posted at 2017/10/05 12:57:35 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「タイプRまでの道 http://cvw.jp/b/384325/40820018/
何シテル?   12/08 07:57
honda-inspireです。よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/12 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

お友達

ファン

3 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ S660 ホンダ S660
6ヶ月と3週間待ってオーナーになりました 2017年9月 メインカーになりました。
ホンダ インスパイア ホンダ インスパイア
2013年8月2日にアコードハイブリッドに変えました
ホンダ アコードハイブリッド ホンダ アコードハイブリッド
2013年8月2日よりオーナーになりました 2017年9月 親戚に譲ることにしました。

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.