車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2016年12月02日 イイね!
新型Walkmanの音が・・・進化が止まらない先日手に入れた、新型のHires Walkman NW-WM1Aのエージングが200時間を超えたあたりから、繊細かつ伸びやかな音が相当な気持ちよさで鳴っているのですが、その後もさらに伸びが止まらない音の良さにすっかりとりこになっております(^^;)

車のHUにしてたWalkman ZX2の置き換えにしつつ、ZX2は電車通勤専用にするつもりだったのですが、WM1Aを毎日持ち歩かずにいられません。 今まで聞いていたはずのすべての曲が生まれ変わったかのように新鮮に聞こえます。 

これまでもZX2は音は良かったですが、正直なところMacBook Airのなぜだかわけわからんくらいのレベルの高い内蔵ヘッドフォン出力(標準で96KHz/32bitでDA変換してヘッドフォン出力できる上に、癖のない非常にニュートラルなクリアサウンド)で音楽を仕事中に聞いているので、帰りの電車でZX2を聴いてもそれほどの差はないな~っと正直思ってました。 イヤフォンさえ良いものであれば、iPod nanoも十分鑑賞に堪える音なので、ZX2持ち歩く必要ないかなぁなどとも。

しかし! WM1A はそういう考えを吹き飛ばすレベル! ソニーの仕事に脱帽です。

車載でどんなに調整を重ねてもこの次元の音を楽しみつくすような音の再生はできないかもしれない。。と挑戦を挑まれているようで頭を抱えてます・・

ここまでの音の良さは本当に想定外。 イヤフォンなりスピーカーなりの再生能力の限界が試されてる感じです。
2016年11月21日 イイね!
便利アイテムには落とし穴が先日装着した、オーディオプロセッサーのHelix DSP PRO ですが、楽天ポイントが期間限定ポイント含めて相当貯まってたので、多機能リモコンをゲットして装着してみました。 DIRECTORっていうコントローラーです。

しかし・・装着完了して音を聞いてみたら・・音が悪くなったのにすぐに気づきました。え~なんで! あ~あ。便利の代償ですかね~。 やはりシンプルリモコンURC-2Aに戻すと音が戻ります(涙。。

ちょこっとインターネットで調べてみたら、DIRECTORを装着すると高周波ノイズなどの影響でDSP PRO側の音質が劣化することが多い様子。具体的にはS/Nや解像度といわれるものが落ちます。 原因はどうもARMプロセッサーを積んだDIRECTOR自身の動作で発生してる高周波っぽいです。

困ったもんです・・・ 最初からDIRECTORにしていれば気づかなかったことではありますが、とりあえずDSP PROにノイズが入らないように簡易対策してみます。

まずはコスト掛けずに。ダメなら、見つけた対策品を買わねば~ 

便利グッズは金喰い虫でした(^^;)


Posted at 2016/11/22 00:16:09 | コメント(4) | トラックバック(0) | カーオーディオ | クルマ
2016年11月16日 イイね!
デジタルオーディオプレーヤーあれこれ先日10月末、ソニーWalkmanの新ラインアップが発売となってましたので、Webで少しお勉強。

従来のフラッグシップはZXシリーズですが、今回のリニューアルではZXシリーズは、従来よりも小型化されたZX100のみとなり、さらにその上のラインという位置づけで、Signatureラインを登場させてWM1シリーズが登場してました。

S, A, ZX, WM1シリーズ体制。1年半ほど車載で愛用しているZX2は生産終了でした。

車載でヘッドユニットとして使っていて、音は良いのですが出力パワーが非力なのと、ホルダー固定だと画面の表示文字が少し小さいという不満もあります。

これを機に今時の最新機種をネットで調べつつ、店頭で見て回りました。

・画面表示の見やすさ&操作性
・内蔵アンプの出力が十分か
・音は好みか

これを満たすのは
・Sony Walkman NW-WM1A/1Z
・Accoustic Research AR-M2/M20
・Fiio X7
・ONKYO DP-X1A

でした。
AK300シリーズは画面&文字が小さいのと、車載状態での選曲操作性に難がありますし、画面とボディが斜めに傾くデザインでどうも好きになれないので外してます。

この中でFiio X7は試聴で選外。
DP-X1Aはやはり車載ホルダー固定状態での操作性が良くないので除外。

Accoustic Research AR-M2 は画面が大きく、解像度も高く高精細な上に、サクサク。1KΩで正しく出せるLineOut端子も別搭載。出力は相当パワフル。スペックをZX2と比較すると20倍の馬力・・・。BBの1794AなDACに加えBBの2134をDual 搭載。音を聞いてみると、非常にアナログライクかつ、据え置きハイエンドアンプ的な絶妙な音が出てきます。これは現代デジタルという形容詞とはかなり遠いHiFi音といっていいと思います。ボリュームはフルアナログで高精度ダイヤルを感覚で回します。本体はデカクてそこそこ重いけど、いいです!

売り場から立ち去ることができず、思わずお買い上げ。



SonyのWalkman WM1・・・なんかすごいことになってます。 高い方の1Zは金メッキなんですねぇ~



これに、バランス接続キンバーケーブルで、これまた新製品のヘッドフォン MDR-Z1Rを組み合わせて試聴してみました。 ポータブルなのに、定価合計で60万円に迫る勢いです。



いやぁ~、さすがに「ははははぁ~(^^;)」 参りました。という音がしてきます。 音質性能フル発揮に200時間エージングが必要と、ソニーが言っておりますが、おろしたての製品試聴でも十二分にすばらしい。ごちゃごちゃ言葉で表現する気も起きない気持ちよさです。 正直ポータブルの世界でここまでの音が出るとは思ってませんでしたので、驚きです。 AK380も何度か試聴していますが、こちらの方が魅力があると感じます。

Sonyのサイトで松任谷正隆さんのレビューコラムで、「触れる音」とか書いてあってもピンときませんでしたが、実際聴いてみるといわんとすることが少しだけわかった気がしてきます。
http://www.sony.jp/walkman/special/flagship/professional/

いいですねぇ~

でもポータブル機器なのに銅ボディ&金メッキでさすがに重い&目立ちすぎですな~(^^;)
自宅据え置き用途としてしまえば、アリかもです。

次により現実的なWM1Aを自前で持って行った曲&イヤフォン Shure SE846で試聴してみました。

「・・・・」

 NW-ZX2 + αだと思ってましたが、一撃でノックアウトされました。

さらに画面はZX2と同じサイズですが、UIが独自OSにかわり、レイアウトや文字サイズなどが良く考えられていて、とっても見やすくなっています。操作性もボリューム変更や、選曲などにおいて従来よりもより好ましくなったと感じます。 反応速度も音楽を聞くという用途でいえば満足できるレベル。
唯一、文字検索でのサーチができなくなっているのが不満です。

そしてZX2の不満ポイント、その2であった、出力不足もかなり解消されています。出力は4倍になっていて、駆動の難しいハイインピーダンスヘッドフォン以外はこれで十分なようです。
自宅でゼンハイザーのヘビー級チャンピオンなHD800 で聴いてみましたが、単体でも十分いけます! 外付けポータブルアンプ経由と大差なく聞けると感じます。 ただし、HD800のポテンシャル全開には遠いです。 HD800は馬力のあるアンプと組み合わせることで、音域バランスが抜群によくなり高音のシャリシャリが上がってくる低域と溶け込んで、ヘッドホンとは思えない広大な音場を生み出して感動の渦を巻き起こすので、そういう意味ではまだまだです。

というわけで・・・予定外にまたしてもお買い上げ。

↓左が1A。右がZX2。曲名、アーティスト、アルバム名がみやすく。ボリューム操作は画面最上部をタッチすると拡大画面になり直感でリニアに変更可に。
 

今は200時間まで絶賛エージング中です。すでに素晴らしい音ですから楽しみです。


結局・・・車のヘッドユニットとしてZX2リプレースをどうするか。については、AR-M2と WM1Aをそれぞれ装着して試聴テストした結果、新型Walkmanへ置き換えることにします。

詳しく評価はしていませんが、私の環境ではAR-M2をラインアウト接続するとZX2と大差なかったです。 WM1Aを繋ぐと圧倒的に気持ち良い音に磨きがかかるという結果でした。

モバイル用途ではAR-M2は画面が大きすぎるので、電池持ちも良いZX2を持ち歩き用として引き続き活用です。

AR2は中古売却コースに・・・

ではでは!


Posted at 2016/11/16 17:58:07 | コメント(3) | トラックバック(0) | カーオーディオ&できごと | クルマ
2016年11月02日 イイね!
今の音を記録としていろいろと適当に1~2分づつ録音してきました。

↓12曲録音したのを置いてます
https://1drv.ms/f/s!Aim6djJTGMLAg6F2vEFIaPC2pvCdpg

録音Audio System
HU : Sony Walkman NW-ZX2
LineDriver: ARCaudio ALD Limited
Processor: Helix DSP PRO
AMP : mosconi ZERO 4
SP : morel SUPREMO 602
SW : なし
TAあり、EQあり

カーオーディオの音は停車中はエンジン音に。走行中はロードノイズに邪魔されて200Hz以下の低音が聞こえにくくなりますので、自ずと低域を厚めにしましたが、改めて録音して聞くと相当に厚い?ドンシャリ? です(笑

元々厚いベース音が入った曲が大好きなので、そういう選曲になりがちですが、輪をかけて低音が大きいので聞かれる方はご注意ください(^^;)


こちらは、以前弄っていた際の録音です。アンプもスピーカーも一緒ですので基本的に音色は一緒です。 違いが判るでしょうか~?(笑 

↓2015年2月の録音
https://1drv.ms/f/s!Aim6djJTGMLAgctippqACz4S8PCWNA

録音Audio System
HU : VOLVO V60純正
Hi-Low Converter : audio control LC2i
AMP : mosconi ZERO 4
SP : morel SUPREMO 602
SW AMP : Arc audio KS125.2 BX2
SW : morel ELATE limited SW6
TAなし、EQなし

※ファイル公開は部分録音ではありますが、一般公開は気が引けますので、しばらくしたら削除いたします。また、ダウンロードされたファイルは試聴後は適切に処分お願いいたします。
Posted at 2016/11/02 00:57:32 | コメント(3) | トラックバック(0) | カーオーディオ | クルマ
2016年10月31日 イイね!
唐突な完結編タイトルの通りですが、車の中でもこんな音で音楽を聞ければ嬉しいなぁ~っとイメージしていた音がすぅ~っとやってきました。これでカーオーディオに関するブログは当面書くことはなくなっていまいそうです。・・やっと目標達成です・・

まとめ&長くなるので、この先は興味がある方のみどうぞ~。
※私はDIY初心者ですので、正しくないこともたくさん含まれる可能性があります。責任持てませんので、くれぐれも読まれる方ご自身で判断と取捨選択くださいませ(^^;)

まさか、新型のデジタルプロセッサー導入を境に、こんな風に欲しかった音にたどり着けるとは全くの予想外でした。以前もDSPは使ってましたので。

ここ2ヶ月の間、短いなりにもオーディオDIYにこだわり始めてから約3年くらいの学びと勘、それに自分の感覚や期待。そんなものを込めながら総仕上げモードで再び取り組みました。

・電源系
・機器間接続ケーブル
・各種ゲイン
・振動対策と設置
・スピーカーケーブルと接点減らし
・ドア内部再調整

の見直しに取り組み、最後に

・パッシブクロスオーバーを取り払いチャンネルディバイダーに任せる
・内部の素材にこだわる(抵抗やオペアンプ)

というところまでで、相当音の出方がよくなったな、と、だいぶ満足。

ここで、マイルストーンとしていたHiFi Meetingに参加。

自己採点では、音の出方や味、音楽の楽しさでは全く引けを取らない一方で、他の参加車両やデモカーと比較した場合
・解像度、S/N感、クリアネス、定位、音像 などの面で、コンテスト評価は別にしても、もう少し欲しいぞ!! アナログDIYオンリーではこれ以上の世界はさらに深くて険しい・・のでハイブリッドにしようか。

・Helix DSP PRO は搭載車を多数試聴し、良さそうでしたので導入

実はこの時点では、TA/EQのみ使ってチャンネルディバイダーは残す想定でした。
設置後まだ1週間もたっておりませんが、調整を詰めていく過程で あんなに気に入った AudioControl 24XSの音をやすやすと超えたばかりか、自分が目指していたイメージどおりの音が出るゾーンに一足飛びに到達してしまいました(驚!!

これには今でも本当に驚いています。

どんな音かといいますと、音質については全く意識がいかず、純粋にかかっている音楽にだけ意識が向かっていく。そんな状態になりました。

自分のやりたいことがハッキリしていれば、このDSPの細やかな調整能力は素晴らしく役に立ってくれるというのが、今の感想です。

まとめということで、今の状態でのPink Noiseでの周波数特性、計測結果を。
※4ch別々に調整していますが、すべて鳴らした状態のみ載せます



赤い「矢印」のディップは左右の音が衝突して計測位置でキャンセルが起きているものです。 ここの調整をDSPでやるのは今回あきらめです。

↓ 次に、自宅でチューニングして快音と思っているホームでの波形です。


↓ 比べてみます。


上が車内ですが、レベルの違いは単に計測時の音量差なので無視してください。 
どうでしょうか? かなり近いどころか、どちらでもいんじゃない?といった感じになりました。

音は周波数特性だけではなく、時間方向の過渡特性や立ち上がり、立下り、その他いくつもの要素が絡んでくると思いますが、綺麗な周波数特性は特に基本的要素として大切だと実感しています。ここからわかることも沢山です。

車内の方は、走行中100Hz以下の低音はノイズで聞こえづらくなることもありますし、低域が厚い方が楽しいのでわずかに3dBほど直線ラインよりも厚めで下まで伸ばしました。

ひとまず私のカーオーディオ弄りはこれで完結にしようと思います。
記録として、後日いくつか曲を録音してLinkのアップができたらします

おまけのおまけに、今回の作業に参考も役立ったホームステレオのチューン Before/Afterを

↓Before


緑矢印>ブックシェルフタイプなので、低域がやや伸びませんので壁に寄せ気味で設置
赤矢印>超高域は耳では聞こえませんが、落ち方が急
緑丸部分>1KHz~9KHzまで結構荒れ気味。よく言えばエッジのある元気な音に聞こえます。悪く言えばギラついて滑らかな表現がやや苦手?

↓After (赤)と比較


やったことは、すべての電源タップ、電源ケーブル、RCAケーブル、スピーカーケーブル、そしてDACをフラットといわれるものに交換。音を変化させるメッキ系のものはすべて撤去。低音を膨らましを感じない範囲になるよう壁から少し離した。そんなところです。

ケーブル類に1本1万円以上のもので適当に組み合わせていたのですが、無駄どころかバランスを崩す元凶でした・・ 随分と無駄な勉強をしました((+_+))

結果的に、各周波数での上下の揺れ幅が狭くなり、音が安定しました。優れたレコーディング、ミキシングの音源がより素晴らしく味わえるように感じます。電源とアンプに大枚を投じないと得られないだろうと思っていた部分です。

フラットの魅力に最近はすっかりやられている今日この頃です♪
では、駄文長文にお付き合いありがとうございました(^^)/
そしてこれまで試聴させていただいたり、アドバイスなり、つっこみなり頂いたすべての皆様に深く感謝です。

PS. 素人考えで書いてますので、あそこ違うよ~っていう親切なコメントも歓迎です。(笑


Posted at 2016/10/31 23:13:18 | コメント(1) | トラックバック(0) | カーオーディオ | クルマ
プロフィール
「[整備] #V60 Helix DIRECTOR ノイズ対策作業 http://minkara.carview.co.jp/userid/385068/car/1305359/4000274/note.aspx
何シテル?   11/23 21:23
車に特別詳しかったりするわけではないのですが、ちょこちょこいじるのは大好きです。 ただし、気に入った車のデザインを活かして純正の佇まいをできるだけ変えない...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
リンク・クリップ
Belden 88760 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/01/20 01:55:21
新年恒例丸山公園オフ2015開催のお知らせ! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/01/01 23:16:05
AKG13について重要な追記! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/12/09 03:14:45
ファン
84 人のファンがいます
愛車一覧
ボルボ V60 ボルボ V60
前車のボルボV50がとても快適&良いクルマでしたので、またボルボになりました。 ノーマ ...
ボルボ V50 ボルボ V50
5年乗りましたが、ボルボV50本当にいい車です。 下記をオプション装着しました。 ・ベ ...
ホンダ エアウェイブ ホンダ エアウェイブ
コンパクトな車に突然乗りたくなって、上空サプライズなルーフが気に入って買いました。確かに ...
三菱 パジェロ 三菱 パジェロ
パワーも十分。高速でのフィーリングもご機嫌でお気に入りでしたが、新居マンションの平面駐車 ...
過去のブログ
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2009年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2008年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.