• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

セブンパイロットのブログ一覧

2016年09月05日 イイね!

SUBARU VIVIO RX-R 特別な思い

SUBARU VIVIO RX-R 特別な思い











Sakura2017







手軽になったヘッドライトのLED化化DELのトイラドッヘたっなに軽手

LEDハイビーム                                2017桜の候


内装色は黒基調

フロッキー処理や合成樹脂の地色、パンチングアルカンターラや同表革などの様々な素材と質感で「黒」を構成。

ルーフとドアトリムのパターンと色系統を合わせる。

SUBARU DEBOSS STEERING PAD












「このクルマを古いクルマにはさせないぞ」という意欲を掻き立てられるクルマ。





Idle power

Carling Technologies

BBS RP-K01




VIVIO RX-R E型 1998







KT ダイナー 山中のステーキハウス

秋の栗栖 ワインディングが楽しい

















※ホイールなどに鉄粉落としスプレーを試す。デザインの要、E型ドアミラー



昨年秋から今年の秋口までのちょうど約1年間、ビストロクラブとRX-Rのリニューアルをしてきました。いろいろと考えながら進めてきたつもりでも、今にしてふと思えば…つまり我に返れば(笑)、どうしてこんな規模の手入れを2台ものクルマにしてきたのか、その心境たるや自分でも思い出せないところがあります。



…以前、どこかで書いたことがあるのですが、自分が昔-幼稚園児の頃(笑)-隣町の水族館に遠足しますと言われ、喜び過ぎて自家中毒に罹ってしまい、結局行けなかったという苦い経験(思い出)があるのですが、大人になった今、ヴィヴィオ(と、その他の所有車)達とのカーライフは、またあの時のように自家中毒にならないかと心配なほど楽しくて仕方ありません。



※少し拡大出来ます。↓吹雪















※20141221↑↓ ある程度拡大出来ます。







※2015秋




今回リニューアルの目玉は、やはり「リンクスジャパン製のL-スペックエンジン」です。

ビストロクラブのNAエンジンも先に書いた通り、オリジナルエンジンを遥かに越えた性能を発揮していると思いますが、RX-Rについては慣らし運転中ではあるものの、とにかく現行のハイスペックエンジンを載せた普通車クラスに良く似たスムーズさを感じます。なぜそう感じるかと言えば、最近は友人のレクサス、また先輩にあたるご年配のクラウン、それから代車で借りたことがあるWRX STiなどの、限りなくスムーズで静かなクルマを運転する機会に恵まれましたが、まさにそういう種類のスムーズさを自分のRX-Rエンジンにも感じているからです。

※L-SPEC ENGINE
画像上:EN07-DOHC for RX-R 下:EN07-SOHC for Bistro Club


内装面では、ダッシュボードなどの交換により、ロールアウトからしばらく経過した今でも、新車のような香りがするRX-Rを運転するのは至福です。
コクピット灯火レイアウト

※透過照明を備えたダッシュボードスイッチ

※STACK時計


※カーボン製メーター基盤

※危機管理(TV・ラジオ・ハンズフリー電話)・航法・通信・検索・音源などに対応するインテリジェントカー

また、STACK製の計器周辺は、これまでにない指針の挙動と正確な情報、それにレーシーなムードを与えてくれます。

ヴィヴィオシリーズ自体は間違いなく古いクルマではありますが、個人的には古いというよりも貴重なクルマ。
OEM花盛りの現行軽カーとは違う個性と性能を持つクルマ。(現行車を真剣に尊敬しております。なので決して現行車を否定するものではありません。)
年式の古さからゆえ、かえって「このクルマ達を古いクルマにはさせないぞ」という意欲を掻き立てられるクルマ。
座席はコレカラ…

※オリジナル時代との比較

サイバーナビ&スタックメーターをビルトイン

そのような見方から、着座しただけでいつも気持ちが昂ぶってくるクルマ達なのです。

別けても、RX-Rは自分にとっては特別なクルマです。

この小さなプライベートカーを、峠の上り下りだけを楽しむクルマとは捉えず、小旅行もこなせるようなGTカーの性格を持たせたものにしたいと私は考えています。
ヘッドライトとフォグライトをLED化



サイドウインカーもLED化

※沼田タイヤさんにて↓



脚回りや吸排気、またシートその他の内装および外装、そして日頃から思い描いていて盛り込むべき数種類のアイデアなど、未達の課題は、即ち今後への楽しみと化します。

夢はまだまだ続きます。

※シフトカバーを本革製に変更
※ドアミラーコントローラーとワイパースピードコントローラーを床のセンターコンソールに移設



(下記URL:シフトライト、デイタイムライトのセッティング)
Posted at 2016/09/05 22:37:29 | コメント(2) | トラックバック(0) | クルマ
2016年01月07日 イイね!

(^^2016年、ビストロクラブ君の旅は続く。

(^^2016年、ビストロクラブ君の旅は続く。











一旦ノーマルマフラーに戻す。

ビストロスポーツと並ぶ。

RX-Rでの長距離走行テストを経て装着予定のBBS RG001と、ブリジストンPLAYZ PX-C

VIVIOは3台体制

たとえ、最後の一人になってもビストロクラブを…

冬の山間道を行く

ダッシュボード時計LED化とベゼル追加 時計のかんたん着脱化処理

LEDバックランプ

20170120寒波の中、Lスペックエンジン暖気中

ステンレス製マフラー



日本海へ向けて



サクラパンSSさんと

(RX-Rやビストロスポーツたちとの

相互協力関係を強化しつつ)

(^^唐突ですが、クルマって「自分」です。
恋人とかいう表現もあるみたいですが、それは別の存在で、やはりクルマは自分自身。乗っているクルマがその時の自分です。


スポーツウエアの時もジャケットの時も、ハイなときも落ち着いたときもあるようなもので。

だから人を乗せるときは自分自身を紹介しているような気分です。

FC3SもVOLVO 240もRX-Rもそういう風に考えてメンテナンスしてきました。

さて、ビストロクラブ君との付き合いはまだ数年ですが、それでも割と深く付き合ってきた感があります。
このクルマを引き取った時は年式からすると当然ですが、決して優良とは言えない部分が多々ありました。
リアガラスには自分の趣味ではないステッカーと大きなロゴ、屋根両脇にアナログTVアンテナ、また奇異な形のボンネットオーナメント。内装は劣化によりべたつき、やはりヘンテコなシールステッカーがべったり張り付き、ダッシュボードにはナビ据え付け跡なのかネジ穴が痛々しい…といった具合です。アームやブッシュはキコキコ悲鳴を上げる。

「あー…」
←当時のため息です(笑)

良い面もありました。エンジン、伝達系は年齢相応の劣化でも支障は無し。革張りステアリングやシートは奇跡的にほとんど無傷。
シャシなどの錆やクラック、腐食穴などは皆無でした。

「良い面は活かし、欠点は改善」と心得、メンテナンス&リニューアルがスタートしました。

内装のべたつきは化学的な塗装面剥離や再塗装をし、革張り部分は数ロットから僅かな良品を選抜。ダッシュボードは総取り替え(これ、けっこうたいへんでした)(笑)

装備面では装着当時で最新鋭のナビゲーションシステムや新スピーカーを投入。ドアミラーデフォッガーやスイッチ類の充実。室内照明類をLED化。
また走行性能を上げるためにフロントスタビライザー装着。

そして昨年末には満を持してリンクスジャパン謹製のL-Spec NA Engine EN07を搭載。

メンテナンス&リニューアル&チューニングの三要素が前進しました。

「あの頃」のクラブを思い出せば、今、目の前にある特殊チューニングエンジンを搭載したヴィヴィオビストロクラブにはもはやそんな面影はなく、所有期間はまだ短いものの、手前味噌ですが本当に素晴らしい姿になりました。

※Holga Digital+FEL-135(魚眼レンズ)で撮影。トイカメラ特有のバグが魅力。

自分のみならず、クラブ自身も喜んでくれているのではないかと錯覚さえしそうです。
(ほんとにそうあってほしいのですが)

このような喜びを僕に、そして同乗する人にも与えてくれるこのクルマに心から感謝したい。
そして自分が関わるクルマたちすべてに、僕らと走りを共有し、末永いクルマ生活を送ってほしいと願っています。

(^^さあ!今年も走るぞ!

Posted at 2016/01/07 23:56:58 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2016年01月03日 イイね!

(^^今年は昨年までやってきたことに、

(^^今年は昨年までやってきたことに、少しずつプラスしていきたい。って当たり前か(笑)
(^^;それは勿論クルマのことだけではないんだけど。
クルマに関して言えば概ね順調な推移です。
しかし、ビストロクラブのエンジンは
現状慣らし運転でDポジションオンリーなのに
トルクが分厚く、加速もNAヴィヴィオのエンジンとはとても思えません(笑)

…Dsポジションでの走行開始が楽しみです。


※画像はビストロクラブのECVTシフトとRX-Rのマニュアルシフト
Posted at 2016/01/03 08:40:57 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ
2016年01月03日 イイね!

今年2日目の風景

今年2日目の風景広島平和大通りのイルミネーション。
派手ではないけどきれいだった。
3日で終了だそうですね。





※↓こちらはある程度拡大出来ます。


Posted at 2016/01/03 01:20:03 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2016年01月02日 イイね!

01/01/2016

01/01/2016u(^^♪本年に乾杯!
Posted at 2016/01/02 00:12:45 | コメント(0) | トラックバック(0) | その他

プロフィール

「[整備] #ヴィヴィオ RX-Rバッテリーチェック http://minkara.carview.co.jp/userid/388967/car/346609/4481054/note.aspx
何シテル?   10/23 21:22
※(^-^ゞ2016-2017年の今日現在、 お友達申請、 お友達募集共に 控えております。 (^^)どうかご理解の程 お願い申し上げます!※ ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/10 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

お友達

(^-^ゞ2016-2017年の今日現在、
お友達申請、
お友達募集
共に控えております。
(^^)どうかご理解の程
お願い申し上げます!
12 人のお友達がいます
yone-racingyone-racing * taka坊taka坊
TD-05TD-05 Cozy-sanCozy-san
くぼっち。くぼっち。 円07&#215;円07×

ファン

38 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ RX-7 「魂のクルマ」 (マツダ RX-7)
「たましいのクルマ」 *車歴は、 FC3S前期型 →FC3S後期型です。 「 ...
スバル ヴィヴィオ VIVIO RX-R E型 (スバル ヴィヴィオ)
このまま行きますと、スバルヴィヴィオシリーズのことを「なんか物凄いクルマなのではないのか ...
ボルボ 240 ワゴン VOLVO240 TACK (ボルボ 240 ワゴン)
*前からあこがれていたクルマです。 ボルボ240の赤! フロントエンジン、リアド ...
スバル ヴィヴィオ VIVIO Bisrto Club E型 (スバル ヴィヴィオ)
20151225(クリスマス)夕方から、 リンクスジャパン製SOHC-LスペックNAエン ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.