• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

セラ猫のブログ一覧

2013年06月22日 イイね!

エボが盗まれたというのを見ました

どういったセキュリティを設定されていたのかまでは知らないのですが。

お話した事もお友達という訳でもないのですが、盗人から取り返せるのならと

いいねを押しました。


一時期エボ8を持っていた事もあり、有る程度は理解出来るのですが

エボ9という事で、イモビライザーは標準で付いているモデルです。

先日盗難の記事を読んだのですが、イモビの普及は盗難数減少には効果は

有っても、完全に防ぐことは無理、という現実。


かなり特徴的なエクステリアパーツを装着されていたようなので、見かけた時は

御一報という事でしょうか。


最近はエボを始め、スポーツモデルの盗難という話を聞く機会が減ったような気が

しますが、86やBRZなども盗難のターゲットになるのでしょうか・・・

何はともあれ、大事なマイカー、盗難されないようにしっかりと守っていかないとね。


僕のランサーは・・・あ、セキュリティにお金を掛けるだけ無意味ですか?

でももし盗まれたら、やっぱりエボを盗まれた衝撃と同じショックは受けますよ。

それに、車体だけが盗難のターゲットばかりではありません。

車内にはオーディオやカーAVといった、着脱可能な高価な物も沢山あります。


そういった観点から、僕のセキュリティ(大層な物でもないけど)はまず車内が簡単には

見通せないようにする事。

駐車の際は一年を通じて必ずフロントガラス面に日差し避けのバイザーを設置。

サイドガラスにはメッシュの日差し避け。

盗難はプロからガキの小遣い稼ぎまで様々ですが、プロに持って行かれるよりも

ガキにやられる方が何処かで捕まえられそうな分、沸々と怒りが湧いてくる気がする。

セディアワゴンの時に、窓を割られて2DINのオーディオを持っていかれた。

被害は車内のCDを数枚。オーディオも高い物ではなかった分、やるせなかったな・・・

もし犯人を見つけたら、どうしていたか、今でも分からないが、多分殴る位じゃ

足りないと思う。ガキだと余計にむかつく。


普段運転中には、メモリーナビとオービスや無線などをキャッチするレーダー、

そして最近購入のドライブレコーダーを使用するけど、これらは運転終了時に

全て外して家に持ち帰る。オーディオは持っていかない。少し心配だけど

その辺は一日を通じて、明るくても暗くても、サンバイザーなどで簡単には車内が

見えないようにはなっている。

基本的には車内に物を残さない。

ドラレコだからと、盗難時に窓を割られたりすると、そっちの方が高くつく。

ドラレコなんて、今じゃ1万円前後で買えちゃう。それ位の金額の為に

もっと高額な窓ガラスとその修理費・・・割りに合わなさ過ぎる・・・


今はノーマルのタイヤだけど、保管中のRAYSのアルミを付けた時は

最低でも一本はボルトをセキュリティ関係の、簡単には外せないボルトに交換した。


ただ、基本的に盗難されるような車ではないので、今じゃ車体の盗難というケースは

すっかり考えられなくなってしまった・・・

エボ8の時は、純正以外に角度センサー等も付けて、確か総額20万位掛けただろうか。

3年程して、下取りに出すときに、念のためセキュリティの事を尋ねようかと思い、

施工ショップに問い合わせたら、どうも夜逃げしたらしいというおまけ話まで付いた。

結局エボはそのまま売ってしまったけど。今はどこで走っているのやら・・・


こうやって考えると、今や不人気の5ナンバーセダンも、不人気ゆえに

セキュリティとか、あまり考えなくても良いというのは、何だかんだ言っても

日本はまあまあ治安が良いお国柄なのかなと思ってしまう。
Posted at 2013/06/22 01:13:24 | トラックバック(0) | 日記
2013年06月20日 イイね!

評論家のゴルフ評価高と三菱の危機感

先日とあるコラムでゴルフ等にみる、VWなどの海外メーカーの姿勢と

国内メーカーの意識の差について語られておりました。

新型ゴルフは、それはそれはどの評論家の方々も、とても高い評価ですね。

そんなに良いなら、人生で一度位は海外メーカーの車に乗ってみるのも

良い環境の変化で、きっと楽しくなりそうな気がします。

ひょっとしたら、一度乗ったらもう国産には戻れないのかもしれません。


TVではGTでも活躍の星野選手のゴルフの感想が聞けましたが、

車に乗る事が仕事の選手目線での感想です。その素性はやはり良い物なのでしょう。


新型ゴルフの発表会での報道を見た時に、新型ゴルフのベンチマークは有りません

という言葉には少々悔しさもありました。

国内メーカーさん、こんな事言わせちゃって良いんですか?悔しくないのですか?

と思っちゃいました。(こうやって言うのは勝手な上に無責任ですね)


なんて事を思っちゃうと、あっという間に洗脳されちゃって、次はゴルフを買ってしまいそうな

心理にちょっと動揺してしまいました。

もし現状、ゴルフが最上の足回りを持って、ドライバーや乗員の満足度がナンバー1だとする。

お金が有れば買える状況だとして、最上の商品を購入したらその後はどうなるか?

人間心理として、ブランド品を購入後に、似た商品で価格が安い商品を購入出来るだろうか?

ちょっと無理な気がする・・・

余程の理由や経済的な問題が無ければ、ブランド品の購入以外の選択肢というのは

自身を形作るステータスとして許せない部分というのがあるような気がする。



過去、様々なメーカーが切磋琢磨しながら商品の改良を行い、より良い商品を作り続ける

という考えの連続が今に至っていると思う。

VWもそうでしょうし、国内外のどのメーカーもそうでしょう。

そうして手に入れたゴルフの地位は、どの国でも受け入れられている事からも証明されている。

サッカーの日本対イタリア戦もそうだけど、やはり勝って初めて結果が出たという世界が有る。

自動車業界もそうでしょう。だから、上のようなゴルフというブランドに対する

VWの考え方というのも当然なのだろう。実際消費者も評論家も支持している訳だから。



では自称車好きな自分はゴルフ購入という選択が今後も有るのか?

答えは否。

理由は、完成された物を持つよりも、発展中のメーカーの商品の方が先が有るから。

仮にゴルフの足回りが今の世界の唯一の完成形だとしたら、とりあえず唯一なのだから

それ以外は順位で言えば2位とか3位といった感じになる。

では2位や3位が1位やそれ以上になれるかと言えば、なれる。

ゴルフも常に改良されていて、そこは切磋琢磨しているのだから、ゴルフにも先は

有るのだが、そこは攻める側か守る側かという考え。ゴルフはチャレンジャーでもある

だろうけど、とりあえずはディフェンディングチャンピオンなので、基本的には守る側。

攻める側はチャンピオンという目標が有るだけに、時に考え方はシンプルに、

そしてよく聞く言葉、「今度の新型はゴルフをベンチマークとしました」といった言葉。

VWがゴルフの商品化を成功させた過程、”道”は必ず存在する。

そしてその”道”は、どのメーカーでも作り出せるという事。

国内メーカーが評論家の方が言う”車の味”という感性や感覚、そしてトップメーカーらしい

製品作りは、きっといつか出来ると思う。そんな山あり谷ありの道の方が、振り返って見た時に

きっと楽しい思い出が沢山詰まった物語が待っているような気がする。

そういう時って、とても楽しい。多分僕はそんな感じが好きだから、応援も兼ねて
 
国内メーカーの商品には今以上に頑張ってほしいと心底思う。



そんな最中、カービューニュースでは、5月期の販売台数の速報が有りました。

三菱は前年同月比35%ダウンだったらしいです。

頼みのアウトランダーPHEVはリコールの為に、販売再開が8月頃と、はっきり言って最悪です。

三菱としての販売台数では、ekが出て、それも結構な好調ぶりなので、今後に期待したいですが

今の三菱にはそれだけじゃ足りない。足りなさ過ぎる。

PHEVは本当に社運を賭けた商品。消費者も、最早ガソリンエンジン単体での商品では

余程の魅力が無ければ、なかなか台数が伸びない時代となりました。

そんな起死回生の商品の筈が、もうすぐ販売停止して4ヶ月程になるんじゃないですか?

それを承知で予約している方もいらっしゃると聞いてます。

こういった方々は、唯アウトランダーが欲しいという以上に、HVが良いという人達だからこそ

予約しているのでしょう。

しかしそうやって停滞している間にも、ホンダからはアコードがHVとして発売されました。

もうプラグインで、EVベースのハイブリッドがどんどん普及し始めてきているのです。

三菱にとって、この失われた時間は予想以上に大きく、痛いと思います。

とはいえ、時間は元には戻せないので、本当にこれからが勝負であり、正念場です。



そんな事を思う度に、過ぎる不安は、今後三菱は生き残れるのだろうか?という事です。

海外生産加速は仕方ない。言い訳にはなるでしょう。海外販売も重要です。

国内の販売も軽視なんて絶対出来ないと思います。

しかし現場では、本当に凄い勢いで三菱の販売が下降していると感じます。

いくら海外でそれなりに販売出来ても、国内が全く商品が売れないとなれば、行き着く先は

国内ディーラーの閉鎖ではないでしょうか?

いすゞのように、国内販売は限られ、会社関係者に会うといえば、整備工場のスタッフ。

新商品を眺めて、購入を夢見たりする、「買い物をして人生を楽しむ」という欲求を満たす事が

出来なくなるという事。

果たしてそうなる前に、三菱の販売が上向いてくれるのか?間に合うのか?

本当に大丈夫なのか?頼むから、居なくなったりしないでね?



しかし本当に売れる車種は売れてるね。1万台超えが多い事。

国内販売は下降中らしいけど、こういった代替需要に割って入っていけるように

なって行かないと、どんどん他社に客を持っていかれてしまう・・・

さて、どうなることやら・・・
Posted at 2013/06/20 23:39:11 | トラックバック(0) | 日記
2013年06月19日 イイね!

運転中、その腕の位置、どんな意味が?

雑誌で「ハンドリング」とか「路面インフォメーションがどう」とか言っておられますが

そんな事、理解した上で運転した事なんて一度も無い。

永年乗って来た車から急に乗り換えたら、流石に少しは分かるかもしれないけど

今ランサーに乗っていて、ハンドリングなど説明出来る程ランサーの事を

理解して乗っている事なんて有りません。


でも理解はしたい。理解したから何かが変わるとは思わないけど、

ランサーの良い所、悪い所を自分で発見したりする事は楽しいと思う。

だから運転中は大体両腕はハンドルを握っているし、シフトチェンジ後も

殆どハンドルを握っている。

持論だが、運転する以上は、どんなに疲れていようが、運転に飽きていようが

ドライバーはハンドルをしっかりと両腕で握って運転するべきと思っている。


こんな自分だが、ランサーセディアワゴンを持っていた時、

Dレンジで運転中の左腕は、今よりも頻繁にセンターアームレストの上に

載っていました。

今よりも生意気な奴だったと思い出す。別に良いとか悪いなんて細かい事が

言いたいのではないし、あまり関係ないので少し話題を変えて。


そもそも今日のブログは、外から見ていると、一体何故そのような姿勢で

運転しているのかな?と不思議に思う事が有ったので。


その1 手持ち無沙汰?(右ハンドルという設定で)

結構頻繁に見掛ける光景かと思うのだが、運転中に窓を10センチ程開けて走行中、

開いている隙間から右手を出してAピラー延長線上、ルーフに近い場所に

手を当てている風景。

場所は様々と思うけど、腕を外に出して、それを下に”だらん”とさせているのは

何となく自分もやる。自分は腕全体を風に当てたいからという理由。

実際車内から手を出して、屋根に近いボディ部分を触って運転するも、

その良さは分からなかった。やはり手に風を当てたかったのだろうか?


その2 その態勢、疲れないのかな?(右ハンドル設定で)

これは本当によく思う。はっきり言って、余計なお世話な話だが書いてみる。

運転中、左腕を助手席シート、ヘッドレスト辺りに置いて運転している風景。

これを書きながら、「そういえばソファに座る時とかよくやるかも」

等と思ったけど、アームレストは理解出来るが、ヘッドレスト辺りは逆に疲れないか?


それと同時に思うのが、明らかに体が左に倒れながら運転している風景。

基本的に頭がヘッドレストよりも左に有って、後から見ているとはっきりと

体そのものが左に斜めに傾いている。

体をアームレスト辺りに預けていたとしても、その状態は逆に疲れるような気がする・・・



MTを乗り継ぎ始めてからは、そんな態勢にすると、いちいちシフトチェンジの時に

体の移動が発生するので、どんなにだるくても、どんなに運転に飽きても

移動する以上は、姿勢はしっかりシートに預けて運転している。

逆に言えば、ATがそういった運転を助長していると思う。



特にこれといった結論が有る訳ではないけど、もし知り合いで上記のような

運転をしているのを見たら、そんなポーズの意味を聞いてみたい。
Posted at 2013/06/19 21:41:54 | トラックバック(0) | 日記
2013年06月09日 イイね!

事故だけじゃない、絡まれない為にどう乗るか?

今日は夜も明けない内に箱根経由御殿場ドライブに行きました。

夜間のドライブレコーダーのテスト等も兼ねていたので、本当は映像を少しでもと

思いながらも、他車のナンバーの処理などの関係で、アップ出来る物がなく、

ファイル自体も重いので、そのままアップは問題有るかと思い、未だ何もアップした事がない・・・

とはいえ、色々と試しながら遊びたいので、よく自分の運転を振り返ってます。


前回同じルートを走行したら、朝からマーチが単独事故という道を通りましたが

今日も朝からアリストが片方の前輪が外れた状態で警察車両と停まっていました。

その前には強烈に長いブレーキ痕が残っていたので、恐らく結構なスピードだったのではと

想像していた。


帰ってきてから、Youtubeでドラレコ映像を観ていると、事故だけじゃなく、

他人同士の喧嘩が始まったり、また理由は不明なれど、道を塞がれて

他の車の事などお構い無しに喧嘩腰で車に詰め寄られたりと

事故以外にも様々な事が起こるものだなと、改めて感じた。


それはドライブから帰ってきた話。

そんな事を思う数時間前、実際に車を運転していると、果たして自分の運転は

大丈夫だろうか?と心配になってしまった。



日常生活、様々な人に沢山接したり、すれ違ったりと、直接的、間接的に人と

触れ合っていると、いつ、何処で誰に何を言われるか、分かった物ではないなと

考えると、人間とは恐ろしいものだと感じてしまう。


今日のドライブも、速度は制限速度+10~20キロだったが、

当たり前だが、制限速度が何キロだろうと自分のペースで走る者も居れば

制限速度で走る者もいる。自分のような中間の者も居る。様々だ。


しかしそんな”人それぞれ”という曖昧な間隔で皆が走っているのだから

詰まったり、置いていかれたりなんて事は当たり前の話。


車速は流れだという事を言われる。それについては概ね賛成。

概ねの理由は、制限速度を30キロ以上オーバーして良い訳は無いと思うから。

これも個人的感覚なのだが・・・

国道1号線は一部が40キロという制限速度。それは基本だが、流石に交通量が

少ない時に40キロで走ったら、煽られるよね。それは嫌なので、大体多くても

20キロオーバー位なら許して貰えるかな?という感じで運転している。

でもそれ以上は、もし警察に停められたら良い訳出来ないので、警察もある程度

目をつぶる範囲が10~20キロ位かな?逆にそれ以上は安全面からも

飛び出し等に対応出来ない可能性も有るので、殆どやらない。


では40キロで走行している人は悪い事をしているのだろうか?

僕の答えはNO。

流れも大事だが、お互い面識が無い道路でのすれ違いだ。

ましてや安全に自動車を運転するという観点から言えば、法的にも安全面からも

他人が”違法しろ”などという脅迫めいた煽り運転は出来ない立場と考える。

皆の道路です。お互い気持ち良く使い、もし遅いと感じる車が居たら

一つ深く深呼吸して、暫く付き合うつもりで、大らかな気持ちで走って頂きたいです。

僕は今日、そうして運転しました。

具体的には、後続車が数台居たので、制限速度40キロの国道1号を60キロ程で

走っていましたが、前に50キロ程の速度の車に追い付きました。

数百メートル走って、その車の運転手の速度域なのだと自分に言い聞かせ、

落ち着いて深呼吸、一息吐きました。

気持ち楽になりました。時間にも余裕が有ったのも良かったのだと思う。

後続車にも前の車は見えていた筈。だから、焦らなくても良いと自分に言い聞かせた。



映像を見返すと、車線の感覚から、30メートル程車間を開けて走っていた。

30と聞くと結構有るなと、今なら思うけど、前走車がシーマだったので

もし恐い人系だったらと思うと、30も妥当と思う。

今やどんな人がどんな車に乗っているかは様々だ。

ヤンキーがセルシオにも軽自動車にも乗る時代。誰が何に乗っているかなど

想像するだけ無意味というものだ。

だから軽自動車だろうと、煽る=喧嘩売られる、なんて事にならないように

いかなる時も車間は取り、付かず離れずという運転を心掛ければ

まあトラブルにはならないだろう。


国道でも、決して速くは無い速度で走りたければ、後続車に先を譲るような

レーン選択をする事も大事だな。後ろが行きたそうに車間を詰めてきたら、

こちらも無理の無い範囲で道を譲れば、トラブルにはならないと思う。



結論としては、兎に角トラブルに巻きこまれない選択をするという事。

一度トラブルに巻きこまれれば、金銭的な問題に発展する事にもなり兼ねないし

気持ちも落ち込んでしまう。折角の休み、わざわざ出掛けてトラブルを買うなどと

まったく無意味なのだから。

もしそんな状況に陥りそうになったら、先々を考えて、自分を”グッ”と抑えて

相手の好きなようにさせて、さっさと何処か先に先行してもらうというのが

大人の選択なのだろうか。
Posted at 2013/06/09 23:49:24 | トラックバック(0) | 日記
2013年06月07日 イイね!

新型ekが出て、ROAR(ロア)はどうなった?

従来、ekや他の車のエアロなどのカスタムパーツは一部三菱の子会社(かな?)

のロアが担っていて、主にエアロパーツは主力商品だったと理解している。


過去にはランサーセディアの頃に装着していたけど、それからも数々のラインナップは

初代アウトランダーやデリカといった主力車種にまで及んでいた。

特にその2車種のロアエディションは結構見かけた。

といっても絶対数は少ないだろうけど。


そんなロアは、三菱自動車工業が親会社の三菱自動車エンジニアリング株式会社との

合併吸収という形で消滅しました。


既にラリーアートが無くなり、そして今回ロアもなくなりました。

恐らく在庫品についてはまだ暫くは購入可能な気がするけど、実際はどうだか?


では一体三菱自動車エンジニアリングとは何ぞ?

という事で検索。

業務自体は三菱自の開発、生産といった基本的な業務と深く密接な関係なのが

分かる。


今回三菱のドレスアップ部門が事実上無くなり、今後はどういった方法でマイカーに

個性を出せばいいのだろうか?

かろうじてアクセサリーカタログでのドレスアップパーツは存在するが

逆に言えばそれだけである。


昨今よく思うのが、サプライヤーは商売が成立する商品で開発生産をするという事。

簡単に言えば、シェアの少ない、つまり所有者が少ない三菱車よりも

所有者の多いトヨタ車向けのパーツが多いのもこういう事。


新型アウトランダーも悪くはないけど、もうちょっと悪くしたいなんて需要に対しては

訴求力が少ないと思う。その辺、大人を意識する客には良いかもしれないが・・・

カタログのドレスアップパーツも今一ぱっとしない。これはミラージュもそうなんだけど

付けても付けなくても変わらないんだよね・・・お金を出す意味があまりない。

はっきり言って、ドレスアップパーツなんてお金稼ぎの道具と思うべき。

しかしそこには必ず需要は有る。そうして、客にお金を使わせて、お客には

満足して貰うという商売モデルというのは今後必要だと思う。

唯でさえ車種数が少なくなり、一つのモデルで多くのニーズに答えるというのなら

ドレスアップというのは、個性を出して、カーライフを楽しむ必需品と考える。



ここ数年、茨の道を歩んできている三菱。

よく、商品は良いけど商売は下手だね、なんて聞くけど、

僕もそう思う。自動車関係で商売というのも、有る程度場所、場面は限られる。

点検、車検、消耗品の交換、最近では洗車やコーティング施工等々・・・

今の僕がそうだけど、はっきり言ってどの店でも可能な事。

実際最近はもっぱらオートバックスばかり通って、ディーラーなんて

いつ以来行っていないかな?オートバックスに通っていると、

ディーラーでなくても用が済んでしまい、足が遠のくばかりである。


そんな一般量販店と肩を並べて商売なんて、結構難しいよ。

しかしそんな量販店ではちょっと・・・というのが有るとすれば、

施工実績が圧倒的な自社の純正パーツの取り付けや交換だと思う。

実際アフターパーツのカタログも有るから、その場で商談成立なんてケースだって

珍しく無い筈。

今や商売は多様化して、自動車関係といった汎用性が浸透している業界。

三菱自動車工業だって開発だけを考えていては生き残れないよ。

もっと商売気を出して、トータルでお客にカーライフの提案が出来るような

嗅覚を持って、三菱に任せれば楽しいカーライフを送れるという意識を

市場に与えられるような活動をして貰いたい。
Posted at 2013/06/07 21:43:08 | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「壊れたって劣化したっていいじゃない、好きなんだもの http://cvw.jp/b/389333/39423766/
何シテル?   03/08 00:56
三菱&ランサー&自動車レースが好きです。 三菱はずっと乗ってきました。 ランサーはラリーイメージと名前が好きなのとCS、CTのスタイリングが好き。 自動車...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2013/6 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

お友達

いらっしゃいませ♪車が楽しいです♪運転、助手席、後部席、DIY、遠出、車中泊(笑)兎に角車の有る生活が楽しいです。こんな僕で宜しければ・・・
CS2Aセダンはあまり乗っている方いないので、是非お話相手になってくださいm(_ _)m
6 人のお友達がいます
氷精氷精 tepcotepco
トモワトモワ MAIAMAIA
攻めの消力攻めの消力 HirokinHirokin

ファン

2 人のファンがいます

愛車一覧

三菱 ランサー 三菱 ランサー
カタログを見ていたら、ランサーMT有るじゃん♪って感じで 即決。 コルト1.5Cのゲトラ ...
三菱 ミニカ 三菱 ミニカ
バンタイプでしたが、MTだったので楽しかったです。 リアに後付けスピーカーを設置したので ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.