• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

セラ猫のブログ一覧

2016年04月27日 イイね!

それでも、今は三菱を応援したいと思います

タイトルを読み返すと、このような時に不謹慎だろうかと
思いましたが、あえてこうする事で、こういった気持ちの
人間が居るという事を、少しでも多くの人に見て貰う為に
このようなタイトルにしました。
勿論、私のような考えは、多くの方々に否定や非難される
でしょう。それも受け入れようと思います。
その上で、今の自分の気持ちを書こうと思います。




カービューニュースで連日報じられている問題。
今回第一報が報道された時は、「一番やってはいけない会社がやってしまった」
と思いました。


過去に犯した事件は、振り返り思い起こして、
今の自分の思考から考えてみても、やはり許される問題ではなかったし、
その過去は決して忘れて良い過去ではない。


それからも三菱を、一人のユーザーとして見てきた時間は
当事者であるメーカーの商品を持つ人間として、とても身近に
感じられた時間であり、振り返ると、やはり長い時間だったと
思うが、それだけの時間が流れても、消えない悲しみも有れば、
消えない罪も残り続ける。

もっと言えば、事件の被害者となってしまった方々にとっては
どれだけ時間が過ぎても、戻らない存在が在る以上、
いつまでも忘れる事の出来ない事実となり続ける。
その事を考えれば、時間の長短なんて物は、
全く関係の無い事でしょう。



誰もが口にする疑問。
何故このような事をしたのか?
過去の教訓をどう思っていたのか?
企業、社会人として、何故止められなかったのか?

こういった疑問に対して、それぞれの媒体が、三菱の体制を
非難する声や文字で発信し続けています。

ニュースのコメント欄等には、視聴者の厳しい言葉が飛び交っています。
その中には、実際にekワゴン等を購入した人も大勢いるかと思います。
昔の僕なら、コメントの内容から重大性を感じた瞬間、それらの言葉を全て
疑う事もせずに、受け取っていた事でしょう。
これは、私自身が、自分に対して素直な気持ちや考えを持てて
いなかったからなのだと最近は思うようになりました。


落ち着いて考えてみると、現在三菱はekワゴン等、最初に対象となった
車種を優先的に調査をしている最中で、会見で副社長は
報告は早くてもゴールデンウィーク開けとのコメントをしていたようです。
(カービューの記事で、三菱自動車のHPでは具体的な日時の記載は
無い)

当事者である三菱が具体的な話をしていないのに、とあるコメント主は
「i(アイ)も対象」と書いていた。
確か私もアイが対象の可能性が有るという記事を目にはした。
しかし三菱が、アイが対象であるという具体的なコメントや発表を
した訳ではない筈。少なくとも、HPでの発表には無い。

このコメントは、恐らく「数値操作が91年から
行われたいた可能性が有る」という可能性の記事が独り歩きした
結果が招いた事ではないかと思っています。

しかし、情報の伝達スピードが恐ろしいまでに早くなった今、
公共性の高いネットの書き込み欄から誤報(今の時点では)
とも取れる内容の話が当たり前のように飛び交っている。

まず一つ言いたい事は、出来るだけ多くの人に、事実を知って
欲しいという事。ネットの書き込みやニュースにも、憶測めいた話は
とても多いという事。
そして、ニュース記事についても、鵜呑みにせずに、しっかりと
状況も見てほしいと思います。

最近はニュースもネットでという事が増えた私ですが、事この問題に
ついては、どこでも入手出来るネットニュースは重宝しています。
そんなニュースの中には、事実を報道した内容ばかりではないと
感じる事が増えてきました。
情報を載せている製作者側を疑うつもりはないのですが、
先程も書いたように、公式な発表が無いにも関わらず、
次々と新しい情報がアップされるように思うのです。

そして、その内容をよく読むと、”可能性”とか”憶測”など、
事実として発見発覚した内容を報道する物ではないという事です。
更に思うのですが、そういった内容の記事は、どういったルートや
情報源からなのかという事が書いていないケースが多い
という事も特徴のような気がします。



スキャンダルというのは、報道などを賑わす良いネタなのでしょう。
そういったネタは、人々に好奇心を植え付ける。
そして更に情報を欲して、次のネタへと移っていく。
僕はワイドショーネタは好きではないので、こういったネタ商法に
乗る事は少ないのですが、人間とはスキャンダルネタが
好きなんでしょうね。それを止める事は無理ですが、
今回のネタについて言わせて貰えれば、出来れば色々なコメントを
言うのは好き好きですが、憶測でバッシングをするのは
止めて欲しい。難しいだろうけど・・・




次に思うのは、最近、当事者でもないのに横から口出すなと
怒っている人や書き込みを見ます。

三菱のシェアは2%程です。
まあ、それでも多くの人が今でも三菱車を乗っているのだろうから
書き込みの件数を見れば、全てが三菱ユーザーという可能性も
ゼロでは無い。
けど、それは現実的ではないと思う。
何故なら、三菱ユーザーを大きく上回る人がそれ以外の
メーカーのユーザーとして居るし、言ってしまえば、別にユーザーで
なくてもコメントは書ける。

そんな状況では、やはり三菱バッシングが多く見られる。
そんな中、内容は様々だけど、三菱を応援するコメントを
書くと、場合によってはコメント自体にコメントがされて、
その内容も好意的とは言い難い内容が少なくない。


私は財閥系とかよく分かりません。
三菱グループがどれだけ大きいのか、凄いのか、凄くないのか、
偉いのか、悪いのか、分かりません。

ネットの書き込みを気にしないと思っても、やはり他人はどう思って
いるのか、気になってしまいます。
読むと、

・バックが三菱グループだから潰れないでしょう
・グループ企業の社員が新車を買っている
・グループ社員が買わされている
・もともと三菱は駄目
・ランエボ無くした企業に他に価値有るのか?
・三菱はディーラーもやる気無し
・信頼していたのに裏切られた
・会社を辞めろ
・残す価値無し


まあ、面と向かって言われたら落ち込む程度じゃ済まない程の
厳しい言葉の嵐です。

一体このコメントの中で三菱のユーザーでい続けているのは
どれだけ居るのだろうか?と思ってしまいます。

ユーザーでなければ何も言ってはいけないという事ではない。

社会を形成している一企業と、その企業が有る国に住む国民として
見た場合に、黙っていられないという気持ちになる事は理解出来る。
生命や安全に関わる問題を抱える自動車を作る会社ですから、
製品の不調等で、いつか自分に危害が降りかかるかもしれないと
思う人も居るかと思う。
そういった考えから、黙っていられないというのも理解出来ます。

私が問題視したいのは、コメントの内容が、三菱は最初から駄目
という事から始まっている物が見られる事。

個人の見解が多く渦巻く事は、おかしくは無い。
様々な意見が有るのが当り前で、その中には根拠もないデマも
存在するが、それも含めて今の社会だと思っています。

だから、個別に批判をした所で、言ってしまえば
「たかが一コメント」・・・です。
しかし、それでも一言言いたい。
三菱車持っていない、良さも理解しようともしない、
使った事も無い、使い続けた事も無い、
そんな人も居るのではないでしょうか?
そういった人は、結局何を持っても、良さなんて理解出来ないし
良さという概念すら理解出来ないと言いたい。

商品は、良い所も悪い所も共存して一つの物なんだと思う。
ただでさえ、不特定多数の人間に好まれるように作られる
商品です。悪い所が無いなんて、それこそ不思議を通り越して
疑ってしまいます。

この世の中、悪い感想の無い商品なんて有りません。
そして、使い込む事で分かる良さが有る、そんな商品だって
沢山有るんです。

よく、「あのデザインは全く駄目。塊感が無いうえに、主張がない。
製品としてまるで魅力がない。これを考えた人はデザイナーを
辞めるべき。それに比べて他社の製品は見事な完成度。
もっと見習え」

こんなコメントが実際に有った訳ではありませんが、今迄見掛けた
キーワードを適当に付け合わせてみました。
そもそも、デザインの良し悪しなんて、他人が判断する要素ではない。
ましてや、そんなコメントする人の中で、一体どれだけの人が
実物をじっくりと観察して、空気抵抗といった機能面も考慮して
コメントしているのか、疑問です。
それをまるで多数意見かのような口調で書いているのを見ると
その人となりまで疑ってしまいます。

しかしネットは、そんなコメントを鵜呑みにしてしまう人が居るから
困ってしまいます。
ミラージュの初期型デザインは、好意的なコメントは多くないと
思いますが、車両コンセプト(燃費追求、運転しやすいサイズ、低価格)
とはどういう事かを考えて実物を見て、乗ってみれば
必ずしもデザインが全てではなく、それをカバーする良い要素として
コンセプトに挙げる利点を享受出来たら、それも良い買い物と
思える筈なんです。

残念なのは、そもそもお店に出向いて見て貰うという
第一歩が遠かったという事・・・



そんな一歩を遠のかせた内容のコメントが、ディーラーも
やる気無しという評価にも表れている気がします。

しかしこれも様々です。
店員だからと言っても、全て完璧という人が居るなら、
出来ていない人だって居ます。
ディーラー、そしてディーラマンはメーカーの顔です。
新車ともなれば、安くても数十万円。安くても、
金額は安くはありません。そんな買い物をするなら、
気持ちよく買いたいと思います。

そんな気持ちで訪れたディーラーで、素っ気ない対応をされれば
誰だって気持ち良くなれません。ましてや初めてのお店で
そんな事になったら、メーカーまでも嫌いになる事は確実。
こういった事をブログやコメントで見ると、見に行こうなんて
気持ちになれる筈ありません。
そういった事を繰り返せるような人ばかりでもないのですから。

ディーラーマンの対応は、店長の対応と思っても良いかもしれません。
これはディーラーだけではなく、どの職種でも当てはまると
おもっています。
しかし、そんな対応のお店ばかりではない事も知って欲しいです。
最近思うのは、自動車購入とは、信頼出来ると思えるディーラーマン
探しでもあるのではないかと。

こう思うのも、自分は何回か担当が変わりましたが、店舗自体は
始めて付き合ったお店です。
そんな担当変更も、それぞれの担当さんが良くしてくれて、
その中には、私の趣向や考え方まで伝えてくれていた事も有った
そうです。

こうして私は、幸いにも良いディーラーマンに見て貰えています。
ただ、そんな好意も、私が図に乗った態度で応対すれば
相手も人間です。好意を持って応対したくないと思う筈です。
勿論そんな事は言いませんし、商売をする上で、会社員として
個人の感情だけで動いてはいけない時も有ります。
しかし、どこかで至らない対応に繋がってしまう事も考えられます。
人間ですから。


あのディーラーは最悪とか、使えないって言っている方、
あなたはどれだけディーラーマンの事を考えていましたか?
お客だから何でも許されると思っていませんでしたか?
もっといえば、そういった事を考えた事は有りましたか?



と、こういった事を考えると、ほんの数行のコメントで
一体何が分かって、何を得られるのだろうか?と
思ってしまいます。
更には、そんなコメントで自分の考えが簡単に変わったり
凝り固まったりしてはいないだろうか?
結局最後に判断、決定するのは個人個人それぞれです。
信じる心はとても大切にしたいと思います。
出来れば裏切られるような局面には遭遇したくないと思います。
しかし、そんな局面に遭遇しても、落ち着いて情報収集を
して欲しい。噂や憶測、出所不明な可能性論に惑わされずに
対応をして欲しい。

誰かが嫌いと言ったから嫌いになる

そういった理由で好きだった三菱を嫌いにならないでほしい。

今日、ずっとお付き合いして下さっている最初の担当さんと
メールで話しました。今は店長さんです。
現場で踏ん張っていますという言葉でした。

実は、それまでは少し不安だったのです。
三菱どうなっちゃうのか?ディーラーは?ランサーは?
でも、そんな返事を頂いた時、ホッと何かが胸から落ちていく
感じがしました。そして、今はまだ三菱車、ランサーを
乗って行こうと、改めて決められました。
(ディーラーとしては新車購入して欲しいでしょうけど・・・スイマセン・・・)



そして今日・・・(以下引用)

そうしたなか、毎日新聞によると、三菱自の相川社長が26日に社内に発足させた外部弁護士による特別調査委員会の検証結果取りまとめなど、事態収拾に一定の道筋を付けた後に退任する方向としています。

また読売新聞によると、当時の社長で現在会長の益子修氏についても退任する公算が強いとしています。

今回取り沙汰されている「ekワゴン」が発売されたのは2013年6月。

http://carview.yahoo.co.jp/news/newmodel/20160427-10243653-carview/?kn=1
(↑引用したカービューの記事)


私が初めて相川社長を見たのは、ギャランフォルティスの雑誌での事でした。
そこには、過去、社長の父親が譲ってくれた車がギャラン(コルトギャラン)
だったとある。
そのトークを読んだ後、益子社長から相川社長へバトンタッチとなりました。
トークには、ギャランが本当に好きだったとあり、洗車が楽しかったそうです。
私も、ランサーを洗車するのが本当に好きで、綺麗にしては少し離れて
眺める。それがとても楽しいのです。

そんな風景が少しリンクしたのも有るのでしょう。
益子社長時代の大人しいラインナップを、相川社長ならもっとユーザーに
近い視点で見て、変えてくれると信じていました。

残念ながら、国内では新型車どころの話ではなくなり、今後の計画でも
新型セダンは計画されませんでした。
しかし、それでも、いつかきっと欲しいセダンを作ってくれるという
期待は捨てずに行こうと思っておりました。


他の社長が嫌というのではなく、相川社長が良いと思ったんです。
今回の一件、事の重大性を考えれば、この先も社長を続けるのは
対外的には難しいとは思います。
でも、そこを何とか続けて貰って、新型車で逆転してほしい。


だから辞めないで欲しい。


三菱自動車が歩き続ける限り、一緒に歩いて欲しい。


そんなこんなで、色々と、素直な気持ちを、なるべく整理して
書いたつもりです。
まだこの先どうなるかは分かりません。
ただ、今は三菱自動車を応援して、愛車ランサーを使っていきたいと
思います。









Posted at 2016/04/27 22:40:45 | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「壊れたって劣化したっていいじゃない、好きなんだもの http://cvw.jp/b/389333/39423766/
何シテル?   03/08 00:56
三菱&ランサー&自動車レースが好きです。 三菱はずっと乗ってきました。 ランサーはラリーイメージと名前が好きなのとCS、CTのスタイリングが好き。 自動車...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2016/4 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

お友達

いらっしゃいませ♪車が楽しいです♪運転、助手席、後部席、DIY、遠出、車中泊(笑)兎に角車の有る生活が楽しいです。こんな僕で宜しければ・・・
CS2Aセダンはあまり乗っている方いないので、是非お話相手になってくださいm(_ _)m
6 人のお友達がいます
氷精氷精 tepcotepco
トモワトモワ MAIAMAIA
攻めの消力攻めの消力 HirokinHirokin

ファン

2 人のファンがいます

愛車一覧

三菱 ランサー 三菱 ランサー
カタログを見ていたら、ランサーMT有るじゃん♪って感じで 即決。 コルト1.5Cのゲトラ ...
三菱 ミニカ 三菱 ミニカ
バンタイプでしたが、MTだったので楽しかったです。 リアに後付けスピーカーを設置したので ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.