• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

セラ猫のブログ一覧

2016年06月22日 イイね!

さあ、これからどうなるか

不正発表から今日、ようやくekの燃費値が公表されました。
個人的感想としては、思っていたより落ちたという所。
最悪1割減。良くて数パーセントと読んでいたので、
この発表には驚かされました。

ここまで平成32年度燃費基準をクリアする類別が多かったけど
この公表値から、32年度基準達成が最高で、プラスは無しに。
他には平成27年度燃費基準に格下げになったモデルが殆どに。


過去の慣例、会社という組織と社員の在り方、上司と部下、
一度起きたトラブルも、社内だけで収まるなら大きな問題には
なりにくいし、被害も最小限に留められると思う。
しかし今回は、三菱だけの問題に留まらず、部品会社や
販売会社といった規模にまで広がっていて、今後もどんな
問題が出てくるか、予想がつきません。


最初は小さな火種(不正)だったかもしれない。
ボヤ(最初)の内に、抜本的な解決を図れていれば、ひょっとしたら
別の可能性や結果が出ていたかもしれない。
しかし今となっては後の祭り。

購入者への補てん、今後減税によって免除されていた納税も
三菱が支払う可能性も出てきた。
顧客からは信頼を失った。

販売会社も、無料点検や添加剤のワンコインメニュー等で
来店を促しているが、平日とはいえ、いつものディーラーに行ったら
何とも静かで、客も少なく、来客予定のボードにも四名程の予約のみ。
店員にも覇気が無い。(この点は人それぞれの感覚ですけど)
この辺は、最初の発表から、売れ筋の軽自動車が無いというのも
少なからず影響しているのかなとも思うけど・・・どうかな?

とりあえず、軽に関しては、今後も継続して販売する事が出来ると
いうカービューのニュースで見ましたが、燃費数値もそうだけど
そもそも三菱で軽自動車を購入しようと思う人が、どれだけ居てくれるか
まだまだ未知数ですけど、かなり厳しいでしょう。


今後の事を考えても、購入者への補填や減税分の補填は痛い出費。
その上、今後の販売も、相当な我慢を強いられる事でしょう。
このような状況で、海外の販売網が有るとはいえ、楽観は出来ない
状況みたいですし、こうなると新型車なんて出せるのかと、そっちも
心配になります。

もっと身近な事になると、僕のランサーも、今は快調ですが、
今後どうなるかなんて分かりません。
ひょっとしたら長生きするかもしれないし、突然何処かが壊れて
修復不可なんて事も考えられる。

壊れて、じゃあ新車を・・・なんて考えられるような財政状況でもなく、
労わって、そしてしっかり整備して、消耗品はなるべく余裕をもって
潔く交換も辞さない構えであります。


しかしここでまた新たな問題が・・・

先日行ったディーラー、いつもの店ですけど、
なんとも酷い状況。

駐車場には二台の客の車。
僕のランサーが三台目で来店。
エンジンを切って、一分程車内で片付けをするも、
店内から人が出てくる気配無し。
貴重品を持って車外に出ると同時に店内から一人のスタッフ。

(やっと出てきたか・・・)

と思って、話しかけられるかと思いきや、僕の前3,4メートルを無言で
横切って行った。
と同時に、目の前の大きなシャッターが開き始めた。
そこはリフトも有る大き目のガレージ。
中から作業服の整備士が、何とか聞こえるかな位の声で

「いらっしゃいませ~・・・」


その後、自動ドアを開いて店内に入ると、カウンターに一人のスタッフ。
しかし何やらPCのモニターを見ているが、特に操作をしている感じでも
無い。

「すいません」

「・・・・・・・・・・・・・・」


あれ、声が聞こえていない様子。
まあ、大きな声ではなかった事は認めよう。

「すいません」

今度はさっきより一歩前に出て、聞こえるように話した。
そしてようやく気付いた。



そもそもこの日、何故ディーラーに来たかというと、先日営業氏から
電話を貰っていたが、出れなかった。
その要件を聞こうと訪れたのだが、大体予想はついていた。
僕のランサーは1月納車だったので、大体6月頃に半年点検を
薦められるので、その連絡だろうと。

話を聞いたら案の定だった。
営業氏は日程を決めたがっていたけど、僕も予定が決まって
いなかったし、営業氏は接客中だった事もあり、その日は後日
連絡をするという事で帰宅した。


それからずっと考えていたのだけど、別に三菱のメカニックさんを
信頼していない訳ではないが、僕のランサーをあの店に預けて
良いのだろうか?と。

今の三菱はディーラーも大変だろう。
しかし、だからといって、落ち込んでいたり、何もかもを諦めたような
接客をして良い訳がない。
そんな事も分からない店に預けたくないと思うようになってしまった。

確かに今はどん底だろうし、もしかしたら更なる逆境に立たされるかも
しれないよ。
そうだとしても、今はまだ出来る事があるのだから、それをやりなさいよ。
目の前に、今所有している車の事を心配している客が居たら、
元気出して、笑顔で接客して、心配を取り除いて上げなさいよ。
客が居ない店内に居ても、玄関口が開いたら客かもしれないと思いなさいよ。
いつ誰が来ても良いように準備しなさいよ。
客が居たら、元気に笑顔で挨拶しなさいよ。

こんな基本的な事も出来ないような、そんな教育しか出来ない店長が
居る店になんて、預けたらどんな形で返されるか分かった物では
ありません。


今度の点検にも点検料が発生するのですが、とりあえず法令点検では
ないようなので、やるかどうか、やるなら店をどうするか、
この辺を、今度営業氏と話す時までに決めたいと思います。
Posted at 2016/06/22 01:56:50 | トラックバック(0) | 日記
2016年06月09日 イイね!

給油、燃費計算、気分転換♪

本日給油しました。
前回の給油が5月5日なので、約1か月。
高速道路は使用していませんが、往復約90キロ程の一般道ドライブ
を今日も含めて3回程行ってます。
このドライブは、国道16号、246号、412号と、流れが良い道路や
信号が少なく、交通量も少ない道路だったりと、燃費が伸びやすい
道路となります。

それ以外は、ほぼ生活圏の買物等がメインで、横浜はランサーにとって
燃費では厳しい環境となります。


そんな中、今回の結果は下記のようになりました。

総走行距離  588.2キロ

給油量  41.22L(給油口ギリギリまで入れました)

今回の総合燃費  14.269km/L(約14.2km/L)

となりました。

走行時のエアコン使用は一度も無し。
近所や横浜市内の走行時は、瞬間燃費(各目的地間の燃費)で
だいたい11~15km/Lで推移しました。
15が出る時は、16号で燃費に良い走行が出来たり、
上り坂より下り坂が多い区間だったりと、燃費が伸びやすい
環境であったというのが要因だと思います。


僕としては、古いエンジンの車で、これだけの燃費を達成出来た事は
嬉しいです。
今回の数値は、僕としてはかなり良いです。
だからといって、交差点待ちでエンジンカットをしている訳でも無いし、
一応最低限のルールと、安全に配慮して、周囲の迷惑にならないように
走行致します。

ここで、僕なりの迷惑にならないで安全に走行する方法を書いてみます。

① まずは交通ルールを守る
これは、自分以外に周囲に車が居なければ、絶対に制限速度は守る
当たり前ですが、やはり守っていない人も多くいます。
それはやらない。
片側一車線の道路を、僕が先頭なら、制限速度~+5~10キロ程は
オーバーする時もあるかもしれません。(曖昧・・・)
これを守らない時は、周囲の車が居る時で、僕が先頭ではなく、
後ろにも後続車が居る時。
この場合は、前の車に速度を合わすが、制限速度をオーバーする場合は
車間距離を多めに取ります。(主に一般道制限速度20~60キロの場合)

これには色々と理由が有ります。
1.前方車両によって出来る死角を少なくして、前方視界を確保する為
2.信号等で停まる場合も、早めのアクセルオフをして、無駄な燃料を
使わないように余裕を作る為
3.速度を上げる人の車というのは、その前の車との車間距離が
短い傾向にあると考えますので、そういった車との間隔を多めに
取る事で、急ブレーキやガソリンの無駄使いを減らしたいという
考えがあります。

個人的には、制限速度でも十分早く移動出来ると思っているので
40キロ程度でも問題ないのですが、地域や人によっては
そんな事お構いなしというケースも多々有ります。
よく流れを考えろと言われておりますから、集団の速度に合わせる代わりに
僕は車間距離を多めに取ります。

しかしこういった速度超過も、僕なりの判断として、周囲の歩行者が
危ないと感じるような速度の場合や、道幅が狭く、急な飛び出しに
対応が難しい場所と判断した場合は、前の車を追わずに、
僕の判断で制限速度前後の安全な速度で走ります。

これらは、捕まらないようにする為と、交通事故を”絶対”起こさないように
する為の、ドライバーとして、社会人としての最低限のマナーと考えてます。


②なるべく大きなトラックと走行する
これは、2車線以上有る大きな道路でやります。
観察していると、大型トラックでも、速度が一定で走る車が居ますので
その速度と、制限速度と、周囲の流れを総合的に判断します。
トラックが制限速度を守って、しかもその速度が一定だったら
間違いなく後ろに付きます。その場合は、車間距離は付かず離れず
という感じ。信号で停まる時も、あまりブレーキを使わずに止まれる
位の距離。使ってもソフトタッチ程度。

これは、自分の気持ちも考えた結果でもあります。
僕は一度速度超過で捕まっているので、もう二度と捕まりたくないという
気持ちから、煽られる事がとても嫌だし、制限速度を10キロ以上も
オーバーしたくないのです。
本当なら、周囲がオーバー気味で走っていても、そんなの無視したい。
しかし、このトラック追尾走行だと、走行速度を決めているのは
自分ではなく、前のトラックという事で、周囲の目も僕ではなく、
前のトラックやその前に意識が向くだろうという事で、堂々と定速走行が
出来ます。

こうやって言葉にして書くと、結構嫌な奴ですね、僕。
ですが、これで結構気持ちよく定速走行出来ていますので
今後もやります。

しかもこれ、結構楽なんです。
トラックの運転手さんは、運転上手い人多いじゃないですか。
速度調整が上手いので、ブレーキ使用も少ない。
だから、車間が詰まってくると思ったら、焦らずにこちらも
アクセルオフするだけで、速度調整が出来る。
その速度も、一定だと速度計を見なくても、超過の心配が少ないので
視線移動も少ない。速度調整を間接的に任せてしまっているのでしょうね。
間接的クルーズコントロールみたいな。


以上が、今思いつく限りの、迷惑にならない低燃費テクニック。
最近思うのは、制限速度を守ると、低燃費になるという仮説。

これは、例えば40キロ制限の道路を走る場合、
多分一般的な感覚なら、40キロは速くはないと感じる人が
多いと思いますので、そうなると40キロまでは出すと思います。
しかしそこで速度を一定に保とうとする事で、無駄になりがちな
アクセルオンを防げるというものです。

速度を出す事が無駄という事ではないのです。
停まると分かっているのに、アクセルを多く踏むという事が
無駄なのです。
そして、加速というのが、思った以上に燃料を消費するという事。



車には慣性という、前に進む力が有るのです。
下り坂には、下に向かって下る力も有るのです。
これらをもっと意識すれば、きっと今よりも燃費値が改善すると
言えます。
それも、生半可な意識ではありません。
下り坂では、エンジンブレーキかニュートラルを使用。
なるべく定速で走行して、加速時のアクセルの踏み込みは
必要最低限。しかも場面によっては、出来る限り下り坂の力も
併用するようにして、少ないアクセルオンで大きな力を得る。

逆に上り坂では、諦めて踏む。
出来れば、上る前に十分な速度にしたい。
僕はマニュアルなので、上りに最適なギアを選んで、
上っている最中の加速は控えて、極力定速で切り抜けます。
ここで燃費値が落ちても、何処かで下りに出会えると
思いますので、悲観せずに上ります。


僕は今回、かなり意識的にニュートラルを活用して
アクセルオンを少なくするような運転にしてみました。
考え方としては、最優先で選びたいギアは、
エンジンブレーキで燃料カット出来て、周囲の速度に
合わせられるギア。
エンジンブレーキで速度が落ちて来てしまう場合は
アクセルオンをする前に、ニュートラルにして、
速度の維持、増加等を試みます。

こんな感じで、意識的に燃料を使用しない運転が
今回の14.2という数字になりました。
因みに、カタログ燃費値との達成率は、
84.52%(10.15モード)でした。


何だか、今日のニュースで、原油の価格が上がってきているとか。
今後価格がどうなるか、動向を観察したいと思います。
Posted at 2016/06/09 02:30:37 | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「壊れたって劣化したっていいじゃない、好きなんだもの http://cvw.jp/b/389333/39423766/
何シテル?   03/08 00:56
三菱&ランサー&自動車レースが好きです。 三菱はずっと乗ってきました。 ランサーはラリーイメージと名前が好きなのとCS、CTのスタイリングが好き。 自動車...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2016/6 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

お友達

いらっしゃいませ♪車が楽しいです♪運転、助手席、後部席、DIY、遠出、車中泊(笑)兎に角車の有る生活が楽しいです。こんな僕で宜しければ・・・
CS2Aセダンはあまり乗っている方いないので、是非お話相手になってくださいm(_ _)m
6 人のお友達がいます
tepcotepco MAIAMAIA
トモワトモワ 氷精氷精
攻めの消力攻めの消力 HirokinHirokin

ファン

2 人のファンがいます

愛車一覧

三菱 ランサー 三菱 ランサー
カタログを見ていたら、ランサーMT有るじゃん♪って感じで 即決。 コルト1.5Cのゲトラ ...
三菱 ミニカ 三菱 ミニカ
バンタイプでしたが、MTだったので楽しかったです。 リアに後付けスピーカーを設置したので ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる