車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年02月25日 イイね!
まだまだ乗るために振動・異音を徹底整備~4回目の車検整備で判明した事実も~早いもので、MPVとの付き合いも9年、4回目の車検となりました
走行距離は8万キロ超とまずまずですが、さすがに新車の時のような絶好調とはいかず、そろそろ不具合が現れてくる頃です

経年の不具合は、走行環境や日常整備、それに製品の個体差にもよるので、「なぜ」を詮索してもしょうがないと思って諦めることにしています

雪道や悪路を走ることもないのですが、「異音と振動」が気になるレベルになっていたので、今回の車検で徹底的にみていました
注文は
① クリープ徐行の異音→マフラー辺りから「キュルキュル」「カラカラ」と気になる異音
② Dレンジ停止時の振動→エンジンルームあたりからのブルブル振動・共鳴音
③ 粗い舗装路走行時の共振→インパネかドアトリムあたりが共振し、カタカタ鳴り出す
④ 金がないので、部品交換は最小限に


しかしそれ以前に大問題が発生、入庫してすぐに私の目の前でジャッキアップして足回りを点検すると、なんとサスとスタビライザーを結ぶところのブーツが4か所ともパックリ破れてグリスが浸み出してきてしまっていることが判明、リンク自体がドロドロで、ゴムブーツのみって訳にはいかないらしく、コントロールリンクの交換が必要とのこと
これは安全に関わるところで放置できないので最優先でなおさないといけないのは納得せざるを得ません

それと上記の異音振動対策をお願いしました
①は、やはりマフラーの「継ぎ目」からの振動のようで、これはパーツ交換が必要とのこと
②は、エアクリーナダクトがガタついてそれがブルブルしていたのが怪しいとして脱着締め直し
それに、エンジン本体の据え付けがガタついているので本来ならマウント一式交換したいところ、費用が嵩むので、エンジニアさんの知恵で「ザブトン」を噛ませて様子を見ましょうということになったものの、保証ができないので工賃も含めて無料に
③は、ドアの内部が共鳴していることを突き止めて、ドアトリムをいったん外してはめ直し、部品交換を必要としないことと保証ができないとのことでこれも無料に
④は、②と③を無料でやってもらった上に、スタビリンク交換や①対策を含め、追加整備代からトータル3割近くお値引きしていただけました


とりあえず、今のところ異音・振動は解消され、不快感は全くありません
また、これまで特に実感はありませんでしたが、サスも直してみれば足も硬さが戻った感じになりました

ぱっと見て、「安いエンジンオイルに高い工賃」に気付きます
使用オイルはマツダ純正の鉱物オイル「ゴールデンECO SN/0W-20」ですが、スポーツ走行はまずしないのでこれで良しとしましょう
代行料や技術料(工賃)はいかにも「ディーラー整備」って感じですが、部品代は安くもありませんが決して「高い」ということはないと思います
それよりもずいぶん時間をかけて診てもらった上にいろんな作業をしていただいたのに、整備保証(6か月or1万キロ)ができないからと言って無料にしていただいてしまい、今回は本当にエンジニアの方に感謝しております
高いと言われるディーラーの工賃も、これでほぼ帳消しじゃないかと思います

ボディの生傷は絶えませんが、これだけ丁寧にやっていただいたので、また大切に乗っていきたいと思いました
Posted at 2017/02/25 19:09:40 | コメント(1) | トラックバック(0) | My MPV | クルマ
2017年02月19日 イイね!
本当にこれがディーゼル車なのか~CX-5に試乗~私のMPVと並んでいるのが今回の試乗車CX-5、ディーゼルエンジン搭載のプロアクティブ、色は鳴り物入りで登場した新塗装マシーングレーメタリックです

新型CX-5の評判はどうですかと伺ったところ、一番多いのが先代(初代)CX-5のオーナーさんからの買い替えだそうで、「同じディーゼルエンジンとは思えない」という高い評価を得ているとのことでした

そう聞いて、運転席に乗り込んでエンジンをかけてみたところ、これまでのディーゼル車も昔のとは全然違う印象を受けていましたが、それよりも全く違う衝撃を受けました

ナチュラルサウンドスムーザーと周波数コントロールの効果は明白で、ディーゼルエンジンだと認識するのは、アクセルを強く踏み込んで加速しているときだけ
その他の状態ではガソリン車との違いは本当にわからない程に良くなっていました

感心したのは、これまでインパネの上に透明なプラスチックの板がピョコッと立ち上がって、そこに速度やクルーズコントロールの情報などが照射されていたのがなくなって、フロントガラスに直接映され、しかも焦点が遠目のまま認識できるようになったことです

さらに、そのドライブ情報に、新たに「交通標識認識システム」が加わったというのですが、これは車載カメラが直接道路標識を読み取ってそれを表示すると言うシステム
規制速度なんかも表示されるのですが、だからどうしたって感じですかね
それに、
走っている途中で、ご丁寧に音声で「一時停止です」などと警告を発声してくれるのですが、斜めの交差点などで、交差する側の一時停止標識を誤って読みとってしまったりすることがありました
今のところ自動ブレーキと連動していないとのこと、もし連動していたら関係ないところで減速してしまい追突される恐れもでてきます
まだまだ開発途上という印象を受けました

ナビはデミオと同じもので、ミックウェア製のはっきり言って粗悪品です
これでも初期型に比べると進化したとのことですが、他に選択肢が無いというのは一番の問題です

細かな使い勝手までは確認できませんでしたが、少なくともドライバーとして楽しむ限り、とっても魅力的なクルマだと思いました
Posted at 2017/02/20 00:33:12 | コメント(1) | トラックバック(0) | マツダ | クルマ
2017年02月18日 イイね!
デミオ(1.3Lガソリン)に1日乗ってみた早いものでMPVは4回目の車検です
今回は、ちょっと思うところがあって入院期間を長めにしてあります
これに関しては後日改めて記したいと思います

さて、その間に、デミオを1日試乗することができました
試乗させてもらったのは
FF/6ATの「13Sツーリング」フルオプション仕様車で、
1,921,320円のハイスペック版でした
フルオプションと言っても、CD/DVD付きフルセグ地デジと車線逸脱警報などのセーフティパッケージ、それに自動ブレーキやレーダークルコン(MRCC)などのセーフティクルーズパッケージの3点です

乗って座っていきなり驚いたのは、MPVではLパッケージにしかないシートヒーター(前2席の背と座)が標準装備されていたことでした

やられたな、という思いもありましたが、ちょっと冷静に考えてみれば、自動ブレーキのような「安全装備」がオプションで、シートヒータのような「快適装備」が標準装備というのは、優先順位が違うんじゃないのかなと思いました
というか、販売戦略がミエミエですね

エントリーモデルともいうべき1~1.3Lクラスと言えども、今や価格は完全にインフレ感がありますが、実際乗ってみて、私のイメージしていた1.3L車ではなく、クルマ自体も1ランクも2ランクも上のクルマだと思いました
恐らくこれはデミオに限った話ではなく、他社同クラスのクルマも皆レベルが上がっているのでしょう

シートの質感も私の先入観を越えるレベルで、何よりドライビングポジションが本当に良い感じに納まります
街中を走る限りでは、トルクも実用的には十分だし、アクセルを踏み込んでもエンジン騒音は気にならず、むしろ経年のMPVよりも静かに感じました
売りの「Gベク」は評価が難しいですね、確かにハンドリングはスムーズだし、いたずらな揺れを感じることもなく快適そのものなのですが、これがそのGベク効果なのかというと、「そうだ」と言わしめるはっきりした事象がとらえにくいのが実際のところで、これはオーナーの満足度は高いでしょうが、他社と競合して購入を検討している人への決め手にはならないと思いました

そして、何とも残念だったのはこれ

マツダコネクトのディズプレイ上の地図画面、画質も文字も今ひとつ、
これがCX-5やアテンザまで共通のものかと思うとがっかりです
かといって、市販のナビをこれに代えてセットすることができないのも不自由極まりないですね
せっかく、クルマ本体のレベルが良くなっているのに、こういうところで損をしているのは残念です

都内の一般道しか走ることができませんでしたが、総論としては、デミオを越えたデミオとでも言うべき確実に「1UP」した印象をうけました
約60キロをいろんな走り方をして楽しんだ最後に、運転の採点まで出て、3.9点(5点満点)とのこと、点数を意識して走ったわけではないのでどうでもいいとしても、平均燃費が約17キロというのはこれまたびっくりでした

今度機会があればディーゼル版も乗ってみたいと考えています
とっても楽しく試乗させていただきました、マツダさんありがとうございました
Posted at 2017/02/19 01:08:33 | コメント(1) | トラックバック(0) | マツダ | クルマ
2017年02月13日 イイね!
コスモというクルマ~クルマは単なる移動手段ではない…?~これは、かつて私が乗っていたユーノスコスモ、マツダ得意のロングノーズの大きなボディに小さな室内、家族で乗るにはつらい事実上の2シータ-クーペ、この先代にあたる3代目コスモと合わせて都合2台のロータリーターボ車に乗っていた過去をもつぴなじろうです

この方が、コスモで東京・名古屋間約350キロを無給油で走破できないとつぶやいています

3ローターのコスモの燃料タンクは「余裕」の85リットルなので、普通に考えれば無給油で行けそうな気がするのですが、ダメだとか

高速道路を淡々と走る限り、普通はカタログ燃費以上の好燃費が期待されるところ、それでも無給油で走れないという
考えられる要因の1つに、クルマ自体の経年劣化による燃費の悪化がある
一般論で言えば、新車から25年も経過していれば、いくら大事に扱いきちんと整備していても燃費は落ちてくるもの
しかしその辺の事情を考慮したとしても、それだけではなさそうだ

ロータリーエンジンの最大の魅力は、まるでバイクのように一気に8,000回転まで吹け上がる軽さで、その代償も大きいがそれ以上に爽快だ
RX-7や往年のサバンナのような軽量のクルマとの相性はすこぶる良い
しかしコスモは軽くない。そのためいわゆるゼロヨン加速は決していい数字ではない
ボディの重さに加えて時代的にやむを得ない貧弱な標準タイヤが仇だった
その代り、大きなボディは安心感と安定感がある
この安定感こそコスモの最大の魅力であり、それに加えて驚くべきは、高速走行中の再加速だ
高速での定速走行からプラス20キロ上げる際、ラグを感じることなくまるでゼロ発進と同じような加速をする

こう書くと、まるで無法な危険暴走行為をするためのクルマのようだが、そうではない
自由な走行環境があれば、コスモの持っている魅力を存分に味わいながら走ることができることを言いたいだけのことであり、周囲に危険を脅かすような運転は決してしてはならないことは言うまでもない

始めに戻るが、東京・名古屋間をひたすらクルマで移動することだけを考えるならば、燃費の良いクルマであることに越したことはなく、また自動運転アシスト装備が兼ね備えてあれば言うことなしであり、私はそれを否定するつもりはない
しかし、クルマを単に移動するためのツールではないと考えるならば、この「3時間半」はクルマと遊べる貴重な時間ではないだろうか
そして、楽しく遊ぶに足りるクルマかどうかが重要なポイントであり、コスモはその期待にしっかり応えてくれるクルマだと思う
また、遊ぶ以上はその対価を負担するのは当然であり、その費用がまさに燃料代であり、相応の体力の消耗なのだ
だからガソリン代だけで1万円以上かかり、それなりの疲労感があってもいいのだ

現実問題としては、気力的にも、体力的にも、そして経済的にも、それができる余裕があるか否かであり、残念ながら今の私にはそれらを持ち合わせていない
「もう若くない」ではなく、この3拍子が揃わないのだ

かつて私もコスモに乗っていた頃、「無給油で箱根往復をしてみたい」(笑)と思っていた
しかしターンパイクを楽しんでしまうと厳しい現実があった
でも、それでも良かったのだ
一方で、ロータリーエンジンは渋滞が大嫌いだ
オートマチック車は特に苦手で、何しろアイドリング状態でもガソリンは容赦なく減っていく
いくらクルマが好きでも渋滞でガソリンを捨てることは望んでいない
燃費が悪いと一律に嘆くのではなく、重要なのは、どこでガソリンを捨てたかってことだ

東京名古屋を無給油で走れないこの方、きっとコスモの持つ魅力を存分に楽しみながら走られていることでしょう。それでいいんです。皮肉ではなく、私は心の底からとてもうらやましいと思っています
Posted at 2017/02/13 23:25:11 | コメント(3) | トラックバック(0) | マツダ | クルマ
2017年02月08日 イイね!
今年もまた無事故でありますように今日2月8日は「針供養」の日

毎度のことながら、浅草寺は外人が多いのと、和装コスプレでごった返していました
針供養は浅草寺の中の淡島堂で毎年2月8日に行われるもので、使用して折れた針を柔らかい豆腐に刺して感謝の意を表すもので、ぴな妻の年中行事の1つになっています

ちょうど、春分の日を過ぎて間もないこともあって、MPVの交通安全祈願も同時にやってもらったほうが良いと思って、仕事を休んで浅草寺と川崎大師の2つの寺参りをすることがここ数年定着しています

その川崎大師、去年の安全祈願の時は、他に祈祷を受けるクルマが無く、私のMPVだけのために祈祷してくれたのですが、さすがにそんな強運は続きません


すぐ前にはRX-8が…、駐車マスのズレは係員の指示によるものです

祈祷してもらったからと言って、何の保証も担保もありません
ただ、気持ち的に、安全運転に徹しようと、そういう「気」を常にもって運転する決意を新たにするには良い機会だと思います
そのあとは、川崎大師本堂まで行って、というか仲見世でお約束の住吉「くずもち」を買って帰ります

一日ずっと晴れていてくれて、気温も10度前後まで上がって、クルマの中はほとんど暖房いらずでした
明日は雪の予報が出ていて、最高気温も5度前後と東京にしてはかなり寒い日となるとのこと、今日の外出で本当に良かったと思いました
Posted at 2017/02/08 23:00:25 | コメント(1) | トラックバック(0) | クルマ | 日記
プロフィール
かつてはHBコスモ2ドアターボ、ユーノスコスモとロータリーに乗っていましたが、今はすっかりミニバンお父さん よろしくお願いします
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/2 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
リンク・クリップ
西尾市 抹茶スイーツ食べ歩きドライブ。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/12/24 07:25:32
お友達
クルマだけでなく、いろんなお話を聞かせてください
38 人のお友達がいます
ジャム吉ジャム吉 * 花人☆うなぎパイ花人☆うなぎパイ *
旅っち(^^)旅っち(^^) 英汰朗英汰朗
キョーリュウキョーリュウ なじら。(・・?なじら。(・・?
ファン
19 人のファンがいます
愛車一覧
マツダ MPV マツダ MPV
ついにミニバンにたどり着いてしまった 23S/FF カッパーレッド 家族にも好評です
マツダ センティア マツダ センティア
(写真はCARVIEW自動車カタログより拝借) 98年式4WS・リミテッド 白 4AT ...
マツダ ユーノスコスモ マツダ ユーノスコスモ
ブリリアントブラック 4AT 今見ても20年前のモデルとは思えない美しさ! 1996~2 ...
ホンダ アコード ホンダ アコード
1.8EXL濃紺 5MT 1994~1996までメインで使用 室内が広く、故障もなく、実 ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.