• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

BFMRGTXのブログ一覧

2016年05月11日 イイね!

PSオイル漏れ その4


昨日もオイル量を確認しましたが、まったく減っていません。

ここで改めて、Dさんはどう言っていたか?一字一句思い出してみます。

「PSオイルが空の状態でした。リターンホースからの漏れを一ヶ所確認しましたが、
あれだけオイルが減っているとなると、むしろラック側で相当ひどく漏れていたはずです。
地面にオイル染みはありませんでしたか?いずれにしても、このままで8月の車検まで
もたせるのはまず無理です。」

ん?

すっかり「現物を見て」の物言いだと思い込んでいましたが、「ラックからのオイル漏れ」は、
推測の域を出ていなかたのではないか、と言う気もしてきました。

地面にオイル染み?有りましたよ。2014年の10月ですけど。オイルタンクの蓋が
緩んでいたか何かで、エンジンルームにオイル吹いたかもしれない、という話になった、
あの時です。もしかしたらあれは、リターンホースから吹き出しだったのでは?
と同時に、あの時に補充したPSオイルが無くなるまでに一年半かかった、ということも
意味しないでしょうか?もしそうなら、それって「地面に染みができるような相当ひどい漏れ」
なのかな?、ってことになります。

Dさんも「ブーツをちょん切って」までの確認はしてないんじゃないだろうか?
半年ごとに定期点検で見ているから、「この半年で空になった」=「相当ひどい漏れ」と
思い込んでいるだけでは?

確かに、リターンホースからは漏れているんだと思います。高負荷がかかった時には。
3月末には、駐車場バック進入の際「重くなったな」と感じてはいましたから。
しかしオイル補充から38日を経過した現在、まったく重くなった感はありません。
仮にこのままオイル減りが「タンクが空になるまで」進まなかったら、「ラックからの
ひどい漏れ」はどうなったと説明すればよいのでしょう?

次にやることが見えてきました。まずは漏れを指摘されたリターンホースを交換します。
と同時に、現状で車検を通せるかどうか、その自動車工場規準で判断してもらいます。
この時点で既にアウトということになったら、ラックを降ろして純正に交換ですね。
しかし、仮に「現状なら車検OK」となった場合には、そのまま経過観察としましょう。

さてどうなるか。
Posted at 2016/05/11 11:50:25 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2016年05月09日 イイね!

PS オイル漏れ その3

皆さん、連休はどう過ごされましたでしょうか。

さて、前回の続きですが、まずは画像をご覧頂きましょう。
Dさんに「相当ひどく漏れてる/(ラックが)8月まで保たない」と言われたその日に
PSオイルを補充してもらい、一ヶ月が経過しました。
あれから、一つ変えたことが有ります。自宅駐車場への侵入方法です。
それまでは「下り坂をバックで登りながらハンドルは右にフル」という方法で駐車場に
侵入していましたが、この一ヶ月間は、同じ道路を反対側からやってきて「上り坂を
下りながら、ハンドルは軽く左に切る程度」にしていました。(負荷を軽減したつもり。)
とはいえ、それ以外は何もしていません。しかしながら、見えるでしょうか?
ストレイナーの底に、まだPSオイルの液面が見えてます。



次の画像は、リターンホースのオイル漏れ箇所です。この通り、ここは上から覗きこめば
目視可能です。こうして見る限り、新たに漏れがあったようには見えないのですが….



ではSラックからの漏れの場合はどうでしょう?
修理工場の社長が言ってました。「ラックブーツの端っこ、ちょん切って見るんだよ。」と。
その意味は、「漏れたオイルはブーツの中に溜まるから、漏れてりゃ、切った穴から流れ
出てくるよ。」です。これって裏を返せば、「タイロッドにオイル付着でも見られないかぎり、
外観目視だけでPSオイル漏れの確認はできない」ってことではないでしょうか? - 続く-
Posted at 2016/05/09 12:43:06 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2016年05月06日 イイね!

パワステオイル漏れ その後

銀玉親分に手配していただいたステアリング・ギヤボックス内部パーツと、
倉庫から引っ張りだした純正ギヤボックス・アッセンブリを積んで、近くの
町工場に向かいました。

最初はまずDに行って、ホースを受け取ってからと思っていたのですが、
この工場はDへの通り道にあり、土曜日ということで半ドン(古)も懸念
されたことから、先に町工場訪問となったのですが...。

町工場の社長は、

1)ギアボックスの中身には、我々は手を出さない。専門業者さんに伝手が
  あるなら、そちらに頼んだ方が絶対良い。特にリビルト品のシール交換は、
  純正パーツをそのままつけたらそれでOKというわけでもない。
  専門業者なら、現物合わせでパーツを撰択してくれるから大丈夫。

2)ポンプ内のオイル・リザーブ量を見る限り、そんなにだだ漏れしているとは思えない。

3)ギアボックス内部からのオイル漏れを確認するには、タイロッドエンド・ブーツの
  端っこをちょいとちょん切ってみるしかない。だだ漏れなら、そこからオイルが流れて
  くるから。

4)据え切りなどして圧が掛かり過ぎると、それを抜くようにできているのも事実。
  その際にオイルが噴き出ることもあり得る。


なるほど...   さて、以上から導くことのできる考察や如何に?(続く)
  
Posted at 2016/05/06 17:46:00 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「で、これですよ。 http://cvw.jp/b/392751/38317966/
何シテル?   08/02 11:51
S60年11月登録BFMRを5年落ちで購入、現在に至る。仕事嫌い。趣味生活を維持する為に無理やり働いている。宝くじ当たったら即退職予定。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2016/5 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

ブログカテゴリー

お友達

ファン

3 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ ファミリア マツダ ファミリア
これが好きだから、維持するのになにも苦にならない。 乗り換える気も全くなし。どうにもなら ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる