車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2016年10月12日
[原因解明]リアの減衰力設定が低くなった

永らく不明だった「悩みどころ」の原因が解明しました。

車両の前後バランスを取ったセッティングにするとリアの減衰力設定が低くなるという現象が出ていました。それに気づいたタイミングがたまたまLSDにX-1を添加して走行した時であったので、少々勘違いしていました。


原因を探るために、LSDの添加剤をキャンセル(純正オイルに戻す・・・2回交換)をしました。
タイヤ交換時期になったので敢えて違う銘柄にしたりもしました。

いづれも変化なしと言う事で原因はわからず仕舞いでしたが、この度アライメント時期に入って実施してみると改善されました。


さほど大した事のない数値の変化ではありましたが、リアのトータルトーの数値が影響したものと考えられます。純正値ではリアのトータルトーはイン3±2mmとなっています。現状の計測値ではトータルトーはイン2.1mmでした。純正範囲内と言えます。このトータルトーをイン4mm(片側イン2mm)にしました。
他のパラメータは純正値内で左右を揃えるだけで数値の変化はしませんでした。



この仕様で、全開してみるとリアの減衰力設定は上げる方向へシフトし、前後バランスを取ってみたところ、前後の減衰力設定はほぼ近い数字で揃う結果となりました。リアタイヤが練るので硬めていける方向になったのです。


私のフィーリングでは、タイヤがRE-71Rだとフロント1まで使えてしまいます。
タイヤが温まらないとフロント3辺りになっていたのですが、途中から1が使えるようになりました。

F1に対してリアは1~4辺りまで使えるバランスでした。
R1~3までの差が私では感じ取れませんでした。4辺りが自分に厳しい練習用セッティングであると感じました。(1,1)の設定ではリアが気持ちよく流れますが、それはブレイクではないグリップしながら前に進む心地よいヨーでした。この辺の感触が他の車両にはない絶妙の味わいでした。
本来のS2の「味」なのかもしれません。



この先の状態を推し量るには師匠のドライビングが必要になります。
私のフィーリングとは全く違うのか、また別の面が見えてくるのか楽しみです。
ブログ一覧 | S2000 | クルマ
Posted at 2016/10/14 07:57:13

イイね!0件



この記事へのコメント
コメントはありません。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 
プロフィール
「S2000 メンテの日 http://cvw.jp/b/395080/38624948/
何シテル?   09/30 20:51
趣味はスポーツドライビング 現在、中年のオッサンですが、所有したS2000を 60歳になっても、全開で限界付近を綺麗に攻める。 そんな将来を夢見て、日々精...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ファン
26 人のファンがいます
愛車一覧
ホンダ S2000 ホンダ S2000
念願のS2000 8年間、S2000に乗りたくて貯金しつつ、 ドライビングも磨き続けて、 ...
ホンダ CBR600RR CBR600RR 08ED (ホンダ CBR600RR)
CBR600RR 08’EDモデル 逆車は日本の法改正に伴い08年が最後のモデルと なる ...
日産 スカイラインクーペ 日産 スカイラインクーペ
中古は買わないつもりでしたが、この当時すでに ハイパワーFRターボが存在せず、仕方無しに ...
トヨタ アルテッツァ トヨタ アルテッツァ
重いけど、NAでFR。 遅いけど、50:50の前後バランス。 サスと機械式LSDを付け ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.