• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ochibaのブログ一覧

2017年10月14日 イイね!

何やってんだろう??

何やってんだろう??今日は天気も今一つなので、いろいろ貯めこんでいたパーツの装着やブログネタの写真を撮ったりしていましたが、誰かの視線がずっと私を追っかけてきます。


ふと振り返るとそこにはつぶらな瞳が2つ。。。





ブラックハヤブサ号(もちろんニックネームです(^^;))でした。

私の不振な行動が気になるようです。

最近こいつには豆柴疑惑が出ているのですが、敢えて小柄な柴犬ってことで、
「小柴」ですと尋ねられると答えることにしています。

もう彼是1歳4か月で成犬のハズだけど、妙に足が短いのにスバシッコイんだよね~。
しかもボールを永遠にダイレクトキャッチするのが趣味のようだし。



いろいろ装着した後は、裏の山道を通って出撃しましたが、

実は我が家の近くにはこんな山道も有ったりします。



何時もはここを通る時はKSRが多いんですが、今日は写真を撮るので「翡穿」で出撃。

しかし、めっきり寒くなってきましたねぇ~。
Posted at 2017/10/14 23:09:58 | コメント(1) | トラックバック(0) | ブラックハヤブサ | ペット
2017年10月10日 イイね!

なんか来ましたよ・・・kawasakiの噂のアレです。

なんか来ましたよ・・・kawasakiの噂のアレです。新たなティーザーがKAWASAKIから。

噂になっていたアレが来そうです。

緑のスーパーチャージャー。

情景からもアレですね。

問題はスペックでしょうか。



でも、バックラッシュに切れがない。
大排気量、エコチャージャーだから?

追記:中排気量の可能性が高いようです。
Posted at 2017/10/10 22:06:56 | コメント(0) | トラックバック(0) | Ninja_H2 | 日記
2017年10月08日 イイね!

カーボンハンドルバーとメーターカバー

カーボンハンドルバーとメーターカバーもう何年も前から、ハヤブサ仲間のoyadiさんや大工さんに、

ハンドルバーを変えたら軽くなるよ~って情報を頂いていたのですが、

私の超最高速仕様のハヤブサは、想定上の速度域でハンドルがぶれると危険なため、

これまで導入には慎重になっていました。

しかし、いよいよ軽量化の可能な箇所が無くなってきた私のハヤブサは、

手軽に減量できるところも減ってきたため、今回いよいよ交換に踏み切ることにいたしました。

不都合があれば即座に元に戻すため、まずは中古のハンドルバーをゲットしてみましたが、

御覧の通り、手に入れたモノはノーマルより短く、現在延長する工夫を行っています。



方法としては、付属品と同じような樹脂製エンド(長いモノ)を探してきて接続・・・・っと考えていたのですが、
バイク用品店では延長部分の径は合っているものの、接続部分の径がカーボンバーの内径に合わないモノしか無く、敢無く自分で研磨して付けることにしました。手作業なので結構大変です。(^^;



完成したブレーキ側ハンドルで重量は早速計ってみましたが0.55kgで、×2で1.1kg減となりそうです。夢の乾燥重量160kg台までもう一息って感じです。


次にメーターカバーですが、ほぼガレージ&トランポ保管を行ってきた私のハヤブサですが、

長年の経年変化で、とうとうメーターカバーが劣化し、歪とヒビ(矢印)が無視できないレベルになってしまいました。



ここ数年、中古部品や純正を見てはいますが、純正は勿論高く、中古はなかなか良いものがありません。

しかし、先日oyadiさんにその件をお話したところ、今は亡き旧ハヤブサの遺品をまだ持っていらっしゃるとのことで、本日円城でナント頂くことができました!  有難うございます。

Ninja H2で行っていたので、持って帰るのに苦労しましたが、何とか胸元に忍ばせて無事持ち帰りました。

いやー、久しぶりに綺麗なカバーです(タイトル画像)。 交換が楽しみです。







Posted at 2017/10/09 00:30:52 | コメント(1) | トラックバック(0) | GSX1300R HAYABUSA | 日記
2017年10月01日 イイね!

最近密かに驚いていること ― 脅威のチェーン ―

最近密かに驚いていること ― 脅威のチェーン ―最近、バイクシーズンなこともあり、だいたいHAYABUSAとNinja H2を交互に乗っています。

そもそも、Ninja H2を購入した動機が、最新バイクに乗ってそのノウハウをHAYABUSAに還元したいと思ったからですが・・・、それもあってこの割合で乗っています。

ところで、Ninja H2の事で密かに驚いていることがあります。

HAYBUSA は超高速、Ninja H2はワインディングメインですが、フル加速はどちらかといえばNinja H2が多い状況で、

Ninja H2のチェーンが全く伸びないのです。

片伸びすらしていない様子・・・。走行距離は現在1万2000キロです。

このチェーン、江沼/EKチェーン "ThreeD"とのことですが、正直・・・これはかなり感心するレベルです。 

KAWASAKI車では同メーカーのチェーンがよく純正採用されているようですが。私にはこれまであまり馴染みがありませんでした。


HAYABUSAのチェーンが最近限界に達しているので、次は"ThreeD"かな・・・っと考えています。

それに対応できるスプロケ選びが大変そうだけど。。。

因みに、開発話がWeb上に掲載せれていたので関連情報のリンクを貼っておきます。Ninja H2/H2Rは特殊設計のようです。
それにしても、「初期段階の試作品が1000kmしか持たなかった」って。。。
Posted at 2017/10/01 18:41:44 | コメント(0) | トラックバック(0) | Ninja_H2 | 日記
2017年09月09日 イイね!

Ninja H2のフルエキ

Ninja H2のフルエキ先日ネットで検索したら、Ninja H2用のBEETのフルエキ (NASSERT-R Evolution TypeⅡ)が大手サイトでの販売を終了しているようで、なにか引っかかるモノがありました。
他メーカーのフルエキはまだ販売中なんですが、何故にBEETは?  既に廃盤化したか???
実際はそんなに性能が良くなかったのかもと少し気になりました。

性能に問題ないならNinja H2はまだ現行ラインナップに載っており、販売台数もそこそこいっているので装着率から考えても売らないってのはガテンがいきません。
まぁ、そうは言ってもフルエキの装着はリミッターカットしないと恩恵は無いとも思えるので、ノーマルのままだとスリップオンのサイレンサーのみが現実的なのもまた確かです。
でもそれは他メーカーでも同様のはず。。。。

そういえばそれぞれのマフラーで気になる点があります。

ヘッダーです。

OVERのヘッダーは

こんな感じです。
楕円形からその後円筒形パイプの先を凹ませ、無理やり接続した感じで美しくありません。
ただ、接続直後の膨らみには非常に意味が有りそうな感じを受けます。

次に、BEETのヘッダーですが、、、


移行部分が非常に綺麗で、純正に近いです。でもOVERの特殊な構造は気になります。

まぁ、いずれにしろ何方もそのうち装着できるようにはしているのですが、こう早く人気車種パーツの大手サイトでの「販売打ち切り」が出るようだとうかうかしておれません。
他のアフターパーツも早めの入手を心掛けないといけないかもしれません。








Posted at 2017/09/09 23:23:13 | コメント(0) | トラックバック(0) | Ninja_H2 | 日記

プロフィール

「何やってんだろう?? http://cvw.jp/b/397393/40576657/
何シテル?   10/14 23:09
ochibaです。よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/10 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

リンク・クリップ

TENNECO RANCHO RS9000XL 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/07/17 17:42:09
通販で診断機を買ってみました 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/02/13 13:04:14
たこ天丼(瀬戸田PA) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/07/03 08:19:24

お友達

気軽に声をかけて下さい。よろしくお願い致しま~す!
10 人のお友達がいます
Rimo-RRimo-R oyadi_falcooyadi_falco
marurunmarurun のがたひろおのがたひろお
スーパー大工スーパー大工 ちぃちゃん!ちぃちゃん!

ファン

5 人のファンがいます

愛車一覧

スズキ GSX1300R HAYABUSA (ハヤブサ) 飆(HYOU) (スズキ GSX1300R HAYABUSA (ハヤブサ))
自分でもフルチューンドと言い切れる愛車。 フルスケール・ブレイカー。 後にも先にもコ ...
カワサキ NinjaH2 翡穿(HISEN) (カワサキ NinjaH2)
15年の沈黙を破って復活した飆の相棒”穿”の後継機。
CKデザイン 仔猿 いずも(IZUMO) (CKデザイン 仔猿)
仔猿のノリモノランド仕様(日本製)です。 LPG(カセットボンベ)で動きます。 エンジ ...
カワサキ KSR-II 翠凰(SUIOU) (カワサキ KSR-II)
KS-Ⅱを90年代に所有していましたが、その頃からの流れで所有しているバイク。町内走行メ ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.