• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

通りすがりの正義の味方のブログ一覧

2016年12月17日 イイね!

ソフトバンクCMに、ゴジラ登場(ゴジラVSお父さん)

今年の映画は「君の名は。」が最も大ヒットだったが、その少し前、「シン・ゴジラ」も大ヒットだった。

テレビを見ていたらソフトバンクのCMで、ゴジラが登場していた。
白い犬のお父さんとゴジラのコラボレーション。



あのお母さん、ゴジラが迫っているというのにどうしてあんな平然と買い物ができたのかな。単なるゴジラとお父さんのこじつけか。
でもまあ面白いといえば面白かった。あの後お父さんとお母さんは、踏みつぶされてしまったのだろうか?(そんなことはないだろうな。きっと)

「君の名は。」がヒットし過ぎて、「シン・ゴジラ」はすっかり影が薄くなってしまった感がある。たしかに従来のシリーズと異なり、かなり高レベルな内容だったようには思えた。
現在ソフト化を待っている。

今映画に登場する名所などを探訪する、聖地巡礼がブームだが、ぼくも90年代のゴジラシリーズで、ゴジラやその他の怪獣が襲撃した東京等(新宿新都市、有楽町、臨海副都心、晴海、台場、国会議事堂等)をエスクードで巡ってみたいと思っている。しかし実現できるのは当分先になりそう。都心をドライブした経験が全くないのだが、どんな感じなのかな。

いよいよ冬となり、最も過酷な季節となりました。趣味や行楽が出来るのは当面先になりそうですが、また春が来たら可能な所からやっていきたいです。

今度はお父さんと「君の名は。」のコラボというのは、実現できないものかな?
Posted at 2016/12/17 21:53:56 | コメント(0) | トラックバック(0) | 特撮 | 日記
2016年09月29日 イイね!

尾頭ヒロミ(シン・ゴジラ)

尾頭ヒロミ(シン・ゴジラ)今年の夏は「シン・ゴジラ」が大ヒットとなり、興行収益も70億に達したという。(「君の名は」には抜かれたが)
ぼくも劇場へ行ったが、内容を理解するためにも再度鑑賞したい。DVD化を待とう。

今回の映画の登場人物で、環境省官僚の市川実日子さん演じる尾頭ヒロミが人気を博している。彼女の似顔絵がネットでアップされ、ブームとなっている。(著作権に引っかかるので、画像はアップできない、各自で検索してください。)
彼女、童顔で若く見えるが、実はぼくより年長。少し地味な印象だが、なぜこんなに人気なのだろうか。

メインヒロインは石原さとみさん演じる、カヨコ・アン・パタースンなのだが、それよりも人気なのだろうか。


ゴジラシリーズもガメラのシリーズも、歴代様々なヒロインが登場した。かつては大抵20歳代であったが、今作は30歳過ぎの人が主になっている。これも時代か。
今回の映画では、ゴジラ大暴れよりも怪獣災害に対抗する人々にスポットが当てられる場面が多かった。ぼくもまだ1度しか鑑賞していないので、上手く批評が書けない。将来ソフト化を待って、また納得するまで見ようと思います。

市川実日子さんも今回の作品で、知名度が上がったかな。是非これからも、活躍してほしいです。
Posted at 2016/09/29 15:32:18 | コメント(0) | トラックバック(0) | 特撮 | 日記
2016年08月17日 イイね!

シン・ゴジラ 鑑賞

シン・ゴジラ 鑑賞盆休みに、この夏の目玉映画「シン・ゴジラ」を見てきました。
実はゴジラ映画を劇場で見るのは、「ゴジラVSモスラ」以来です。平成ガメラシリーズや、「小さき勇者たち ガメラ」は劇場で見ました。

従来のシリーズとは全く関連性のない、全く新しいタイプのゴジラ映画でした。ゴジラが大暴れする場面よりも、ゴジラと戦う行政、現場の隊員達などにスポットが当てられた場面が多かったです。
ゴジラも従来のものと異なり、徐々に成長していく生物として描かれていました。熱戦も初めて、尻尾からも出るという展開もありました。

セリフにも、「想定外」だとか原発事故を思わせるものも多く、東日本大震災もかなり影響していることを感じました。
映画の途中で、首相をはじめとする政府要人がゴジラの熱戦で大半が死亡するという、シリアスかつ今までにない展開でした。それでもすぐに、残った関係者たちがくじけずにゴジラに挑んでいきます。

ついに国連から、ゴジラに対して核爆弾を使用するという決定が出され、それを実行されないようにゴジラ凍結作戦が展開されます。
最後にゴジラに襲われるのは品川から東京駅、今回初めて、列車や新幹線をゴジラ攻撃に使用する作戦が敢行されます。最後に作戦は成功し、ゴジラの動きは止めることが出来たが、いずれまた活動を始める。そうなったら今度は核が使用される。まだ戦いはこれからだ、というところで完結しました。

核兵器、原子力のテーマは従来のゴジラと同じだったが、今回の作品のテーマは何だったか、まだ1度見ただけで解らない点も多いです。DVD化されたら、また何度も見返してみたいと思います。
ゴジラの歴史に、新たなページが書き記されました。今度観られるのはいつになるかな。また鑑賞します。

かつてのシリーズも、また順次見ていこうと思います。
Posted at 2016/08/17 20:54:54 | コメント(0) | トラックバック(0) | 特撮 | 日記
2014年12月27日 イイね!

特技監督、川北紘一氏 逝去

特技監督、川北紘一氏 逝去高倉健さん、菅原文太さんと名優の訃報が続いたが、特撮映画の巨匠も一人この世を去った。

特技監督の川北紘一さんが今月上旬にお亡くなりになりました。
円谷英二特技監督に師事した後、平成以降のゴジラシリーズで監督に昇進され、「ゴジラVSビオランテ」から「ゴジラVSデストロイア」までの特撮の指揮をとっておられました。
ぼくは年代的にもこの世代なので、思い入れがあります。もっと若い世代の人にとっては'04年の「超神星グランセイザー」でしょう。

来年だったかな?米版「GODZZILA」が好評だったことを受けて、日本でも全く新しいバージョンのゴジラが公開されます。今度の特撮は、一体だれがやるのかな。
後進には是非、先代を超えるような凄い物を作ってほしいです。
ゴジラが復活したら舞台となるのはどこかな。東京スカイツリー、ゲートブリッジ、大阪の新超高層ビル、北陸新幹線等、新しいものは沢山あるのでどんな特撮になるか楽しみです。

川北特技監督のご冥福をお祈りします。合掌。
Posted at 2014/12/27 15:48:08 | コメント(0) | トラックバック(0) | 特撮 | 日記
2014年09月30日 イイね!

平成ガメラシリーズ

平成ガメラシリーズゴジラに続いて、平成ガメラシリーズがBSで放送された。(第1作は、不覚にも録り逃したので、レンタルした)本格的に見たのは何年ぶりかな。
劇場公開は、今から10数~20年前、ぼくは当時中高生であったが、第1,3作は劇場へ観に行った。(第2作は公開中に入院してしまい、行かれなかった)
平成に入り、十数年ぶりのガメラ復活として、当時大変話題になった。当時とは大分時代が変わったが、その面白さは今見ても色褪せていない。

第1作、「大怪獣空中決戦」で最初にガメラが上陸するのは福岡市。ギャオス捕獲作戦を展開中の福岡ドームが襲われた。

福岡市は、ラドン、ドゴラ、キングギドラ、スペースゴジラと怪獣に襲われる事が多い都市。このガメラも含めて5回以上も襲来した事になる。

クライマックスは自衛隊が発射したミサイルがギャオスに振り切られ、東京タワーに直撃するシーン

当時は東京スカイツリーがない。タワーが特撮で崩壊するのは何度目であろうか。

ラストのクライマックスで、東京空を舞台にガメラとギャオスが大激闘。


注目の場面の一つ、映画の冒頭、主役よりも真っ先に登場するのは旧シリーズの主演常連、大映スターの故・本郷功次郎さん

東宝特撮の名優、久保明さんも出演し、同じ場面には出ないが、初の共演となった。

第2作、「レギオン襲来」 宇宙からやってきて地球を征服せんとする巨大怪獣レギオンと対決

この作品では、自衛隊はガメラを一切攻撃しない、最後はガメラと共にレギオン撃滅を目指す。勧善懲悪的な内容であった。
レギオンは電磁波を活用して、行動、攻撃をするのが特徴。当時携帯電話が普及し始め、電磁波がメジャーになり始めた時期の象徴か。

この作品で、レギオンの植物が大爆発して仙台市が消滅。


西部警察Ⅲで市内に核爆弾が仕掛けられ、壊滅されそうになった事があるが、10年後にまさか本当にそうなるとは。

もちろん最後は、苦戦の末にガメラが勝利する。

第3作、「邪神(イリス)覚醒」、これは従来の怪獣映画にはない設定、試みが多くなされた作品となった。

まず主役をはじめ、主要キャラの大半が女性であること、演じた中山忍さんは怪獣映画史上初の女性の主役となった。これは後のゴジラミレニアムシリーズにも反映されていく。
また、初めて怪獣によって家族を失ったものにスポットが当てられている。もう一人の主役は当時ジュニア・アイドルとして名をはせた前田愛さん(当時15才か)

彼女はガメラを憎悪するあまり、新怪獣イリスを覚醒させ、ガメラに復讐するためにそれを育ててしまう。それにより彼女の親類一家は全滅、村も壊滅的打撃となり無数の人々がイリスに捕食されて死亡した。実際だったらどんな責任が問われるかな。もう15才だから犯罪の処罰対象になる。
イリスに襲われる役で、今では名女優となった仲間由紀恵さんも出演している。当時19歳か。悲惨な役だが珍しい場面だ。


ストーリーの前半で渋谷にガメラとギャオスが飛来し、何千、何万もの人間を巻き込んで激突するシーンは、かなりショッキングな場面だった。

人類の味方であるはずのガメラが…。これはガメラが人間を断ち切って、地球の生物全体の為に戦うようになったという意味のある場面。それでも完全に断ち切れず、一人だけ子供を助けたり、前述の少女をラストは救出した。

そしてイリスが怪獣に成長。


クライマックスで京都駅を舞台にガメラと大激闘、怪獣映画史上初の屋内戦となった。

死闘のすえガメラが勝利するが、世界各地でギャオスが大量発生し日本に向かってくる。ガメラの闘いは続くとして、シリーズは完結する。

ガメラのゴジラと異なる点は地球の守護神である。地球の為に、人類の為に戦うという大義名分を背負っている点だろう。しかし、その戦いで罪のない命がいくつも失われている。その人たちにとってガメラとは。その難しいテーマに挑んだのが3だった。全体で最も内容が濃いのは3である。

久々に見たが、これは今後も記録に残る名作だろう。後に公開された「小さき勇者たち、ガメラ」も見たくなった。あれは怪獣映画とは一線を画すものだったように思う。
近年、東京スカイツリー等の新名所が出来てるので、また日本でも怪獣映画を制作してほしい。ゴジラ、ガメラ、何か制作されるといいな。是非お願いします。

ガメラのヒロインで忘れてはならないのは、1のヒロイン、3の主役、中山忍さん。中学生の頃、ガメラの影響で彼女のファンになった事がある。

これ以前に「ゴジラVSメカゴジラ」にも出演し、90年代の代表的特撮ヒロインの一人となった。今では数多くの映画、テレビで活躍している人気女優である。
'03年に「西部警察2003」にキャスティングされたのだが、中止となってしまった。石原軍団と共に悪と戦う彼女の雄姿が見られなかったのが非常に残念。

第1作で、勾玉を通じてガメラと交信する少女の役には藤谷文子さん。このガメラがデビュー作となった。

主要人物の中で、全作品に同役で登場している。父親はアメリカの俳優、スティーブン・セガール氏。

全体をみると、1,2は娯楽性を前面に出していて、3で内容を深く、重くしたという感じかな。
いつかガメラも、再度復活してほしいです。
Posted at 2014/09/30 14:41:51 | コメント(1) | トラックバック(0) | 特撮 | 日記

プロフィール

「つくばーどin妙高高原 2017 http://cvw.jp/b/400134/40432529/
何シテル?   09/19 00:53
皆様、お見知りおきを、 信州在住の30代前半の漢であります。 念願のSUV車、スズキ、エスクード、ノマド購入を機に、この車を愛車にして同様な車両を愛...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/9 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

リンク・クリップ

仕事を先送りして出掛けたところは… 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/08/25 15:10:44
四季島高崎上越線乗務員訓練~EF66-27高崎展示回送 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/01/09 14:42:34
北富士演習場とエスクード 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/10/26 21:53:52

お友達

エスクード愛好者の方、その他趣味が合いそうな方、お話が合いそうな方。お気軽にお誘いください。
73 人のお友達がいます
ふっじいふっじい * f2000f2000 *
suuusuuu 555レプソルベルグ555レプソルベルグ
WolfcityWolfcity ジムクードジムクード

ファン

20 人のファンがいます

愛車一覧

スズキ エスクード スズキ エスクード
帰郷と同時に購入しました。 今後公私両面で、大いに活用していきたいです。 いつかは遠 ...
ホンダ スーパーカブ110プロ ホンダ スーパーカブ110プロ
普通自動二輪(小型限定)免許取得を機に、購入しました。
スズキ エスクード スズキ エスクード
以前からライトSUVが欲しくて、この春購入しました。これを新しい愛車として活用していきた ...
スズキ バーディー50 スズキ バーディー50
仕事で必要なので購入した、スズキ・バーディーです。

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.