• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

T.eu-ki@結城 大羅のブログ一覧

2017年11月28日 イイね!

20ソアラとY31シーマ ~互いに共通して云えることを述べてみる。~

20ソアラとY31シーマ ~互いに共通して云えることを述べてみる。~久方振りに更新致します。

そして今宵、このシリーズにて失礼させて頂きます。

さて今回取り上げる20ソアラ(←以下ニーマルと呼称。)とY31シーマ(←以下Y31と呼称。)、これ等についてのその生い立ち等の話はもう触れているので、敢えて割愛するが。



では何故取り上げたかと云うと、或る時こんなことを思い、また或る本を読んでは感じたので、そのことを私的に述べさせたく記しました。


それでこれ等を一言で云うと、、、、


共に何かしら被って云えるなと・・・。


それには大きく分けて、、、、


1.その華美な容姿


2.その逞しいエンジン


3.その感性が功を奏でた



・・・のこの3つが挙げられる。


先ず一つ目のその華美な容姿から行くとするが。

以下を見てて、こう感じやしないだろか・・・。









御互い直線基調を基に所々丸帯びたその姿は美しさを物語っているなと・・・。そしてこのこれに惚れて所有に至っている使用者と云うのも多いのではと察する。

また日本の外観に似合う様、和の美の感性を捉えている点も云えよう。例えば京都。その歴史ある風情の街並みなんかには合うのではないだろか・・・。

何って云うか、独特の美学を感じてしまう・・・。


次いで云えるその逞しいエンジン、これもそうと云える。





互いに上位グレードは排気量が3リッターでターボ武装の屈指のエンジンを搭載。

ニーマルは伝統のM型直列6気筒(←7M-GTEU)240ps/35.0kg-m(←当初は違うが。)、Y31は誇るVG型V型6気筒(←VG30DET)255ps/35.0kg-mを発揮し、これは共にメーカーの自尊心を見せ付けたとも云っても良い・・・。


そして3つ目のその感性が功を奏でたであるが、これは互いの開発者が異色であること。

開発主査と云うと大概技術屋上がりの中、ニーマルを務めた岡田稔弘氏は絵師つまりはデザイナー、一方のY31を務めた三坂泰彦氏は営業出身と云うことから、技術屋にはないその感が閃いては功を奏でたと云うこと。

その他にも名前の由来が共に頂点の意味することが被ったりと(←ソアラはグライダー、シーマはスペイン語の訳)、何かしら云えることがあってならない。


それにしてもこれ等、或る本を読んで開発者の思いが詰まったクルマだなと感じてならない。

その本とは先頃刊行されたモーターファンの別冊である○○のすべてのこと。

話は容姿に戻すが、この容姿を完成に至るまでにY31はこれを短期間で仕上げたと云われれば、一方のニーマルも苦労したとかも云われる。それで私はそう云うのを聞くと余程に拘っていたのだなと感じた。

よく見た目が第一印象と云うがそれは本当にそうで、特にソアラ開発者の岡田氏は絵師出身から余計に自尊心があったと存ずる。

それから各々の括りで従来にはないものを開拓したとも云える。

ニーマルはスポーツカーの良さを惹きつつ高級車の気品を取り入れ(←これはソアラ自体のことと云った方が良い。)、Y31は高級サルーンを基調にスポーツカーの持つ動力性能を備え仕上げ、他の車種にも波及したことが一番の要素と云えるからさ。

それにこれは個人的に感じることだが、当時ニーマルからY31へ乗り換えた方って居るのではないかなと。

例えば1987年、当時30代後半から40代の男性で妻子ありの2人、その内の子が男の子で当時小学3年生の家庭だとして、当時はニーマルでグレードは上級である3リッターのGTリミテッドを所有してたとする。

しかし3年後の1990年にはその子が小学6年生になり、男だから育ち盛りでがたいもそれなりに大きくなり流石に2ドアではしんどいなと感じ乗り換えを検討。

それで同じ釜であるなら130クラウンの3リッター或いは4リッターのV8ロイヤルサルーンGが妥当な線であろう。だがしかし、これだとターボ付きではない為に何かが物足りないと嘆く。

・・・となると、宿敵社であるY31のセドリック/グロリアのブロアムVIPと云うことになり、これだとターボはある。しかし基がワンカムなだけ一歩気味。

そうするとY31シーマと云うことなり、タイプⅡリミテッドAVはGTリミテッドの同等装備で、ターボ付きでマルチ有りのエアサス有り、そして本革然りで、良い所尽くしと購入に結び付く。

私はこう云う人って居る気がしてならないのだが、果たしてどうでしょうか・・・。

また当時こう云うのに憧れた人もきっと居たと思う。私が仮にその当時その境遇にあれば、絶対思ってたし・・・。

最後にニーマルとY31シーマは、日本の車文化に於け共にハイソカーの終焉期を支えたと云って良いのではないでしょうか。

以上、そんな思いから記しました。

何時もよりも文体が多くなりましたが、ここまで御読み下さった皆様ありがとう御座いますm(_ _)m
Posted at 2017/11/28 21:36:36 | コメント(0) | トラックバック(0) | Car's Fantasy | クルマ
2017年10月08日 イイね!

今秋の80's&90'sMTG ~この日も遅く行ったにも関わらず、濃厚でした~♪~

今秋の80's&90'sMTG ~この日も遅く行ったにも関わらず、濃厚でした~♪~こんばんは、連休真っ只中如何お過ごしでしょうか。


私はですが、本来出掛ける予定で居ましたが、突如頓挫になり、このまま大人しくなりそうです。



それはさて置いて、今回の更新、もう先週のことになるが、1日の日曜恒例のあのミーティングへと行って来たので、その話をしようかと。


あのミーティングって、、、、


もうみん友さん始め、これまで当方に御越しの皆様方は何となく察してることと存じますが、念の為云います。

あのミーティングとはそう、80's&90'sミーティングへ。

その先週の筑波山に続き、この日も遅くに御邪魔しました♪

遅く?

珍しくないか?

・・・と、思われるでしょうね・・・。

実はこの日も朝どうしても抜けられない野暮用があり、その用を済ませてから出た為に遅くなった(汗

それに本当はこの日定例大黒もあったが、その余裕がなかった為に断念。

そんな訳で今回、毎回2部構成ではなく1部と致します。但し箇条書きになること御了承願います。

さてそんなこの日、10月1日と幸先とあってか、会場に着いた際、何時もの駐車場が混雑してて、3月の時と同じ芝生の上で繰り広げられた♪

見渡すと、R32揃いに目を奪われる。







それもそう、このミーティングでは欠かせん存在だし・・・。

ここでは純白揃いやGTEを見れたこと。

Rの純白は珍しくもないけど、4ドアの純白は当時でも見そうで見ない印象があるので、こうしての揃いを見れたのは意外だった。

そして最後のグレーイッシュブルーはアルミ履きからしてGTSかと思いきや実はGTE。つまりは2リッターRBのワンカム。このグレードも今R32の中じゃ余り見ないから新鮮に感じた。

そして同じ32と云えば、この32も・ね♪



Z32フェアレディZ。これもR32と同じ1989年登場♪

そういや、ここで32Zを見るのは久々だっけ♪

そしてこちらはホンダ車でトゥデイ並びもここならでは♪



初代は何度か見てるものの、右端の2代目は久々か♪

当時あんま意識して見てなかったが、今回見て感じたのが初代初期の様相を捉えているなと。


一方前回多く集結したトヨタ車、前回に比べ少なく感じたが、こう云った揃いに目を惹く。

それが、、、、





カローラ揃いに♪

左端の80系はリフトバックなのは見ての通りだが、問題は右端の90系で一見してセダンかと思うだろうが・・・。

何とそれが、、、、




ワゴンって云う♪

カローラのワゴンって云うと、この次のカロゴンの愛称で親しまれたこの次の100系の印象が強いがこの90系は稀。

それにしても、この共演は良いもの見させて頂きました~♪

それからハチマル系の台頭を占める中、こう云ったものも一味違うなと♪




こう見てて何か70年代前半の風景だなと・・・。

車種は230揃いに(←セドリックかグロリアかは判別しなかったが。)ハコスカと、日産の基幹車種。

そしてこんなシーンも印象的♪



DR30スカイラインと60系XXの共演♪

共に80年前半にスポーツカーとして担い切り開いた同士なのは云うまでもありませんね♪

そして空が暗くなり掛けた頃はこんなシーンに♪




ライトアップ♪

またこのS13揃いもここならでは。

・・・と、ここで、あれ?私のニーマルがないじゃん。ってなるけど、実はまたもや公共機関で出撃したのです。今日、遠出行く為に控えたのです。結局頓挫になったけどw

参加された人に、電車でよく行きますね。と云われたが、一時期新橋方面まで通ったので、電車行きは慣れてるんですよ。

ちょっと脱線しそうになったが、、、、

私的にこの日の纏めを云うと、色々なオフやミーティングが重なっては前回程多くはなかった様にも感じたが、にも関わらず濃厚に集結されたのは何時に増しても変わらないですね♪

またこの日はその先週の筑波山並びに夏の終わりのBBQ、また久方振りに御会いした方とも会え、遅れて行ったにも関わらず有意義に過ごさせて頂きました~♪

最後にこの日参加された皆様、御疲れ様でした。

また御相手下さった皆様方もありがとう御座いましたm(_ _)m
Posted at 2017/10/08 23:50:58 | コメント(1) | トラックバック(0) | クルマ
2017年09月30日 イイね!

E24キャラバン/ホーミー ~これもそうと云える・・・。~

昨夜に続いて、更新失礼します。(←珍しい、連投するなんて。)

さてその更新ですが、先の連休Y31シーマの記事を取り上げた際、もう一つ構想してて、それを私的に紹介致します。なので、今宵はこのシリーズにて御付き合い下さい。

さてその取り上げるクルマですが、E24キャラバンを・・・。

このクルマと聞いて、皆さんはどんな印象があるのでしょうか・・・。

先ず恐らくこんな印象を御持ちになるのではないのかと・・・。






職人さんが使われる印象だったりとか、あと大人数乗れ車内で楽しむと云ったり・・・。

またこれを見てて、馴染みのあるクルマとも云えるではないかと。何せ15年もの間君臨していたし・・・。

そんなこのクルマに私は先のY31セドリック/グロリアシーマの話と被る所があるなと感じ、それも兼ねて触れることにした。

先ずE24が登場したのを遡ると、1986年に3代目して登場。

出た当時の印象として感じたことが、装備が一段と良くなったなと。それまでのこの手のクルマと云うものは装備が簡素と云う印象と商用臭いと云うことから敬遠されがちなものを抱いていた。

しかし個人要素が強くなったことで、装備もそれに応えなければならなかったと察する。

今回焦点に充てるその2年後の1988年仕様が、これまた更に度胆を抜いたなと感じる。

そ、それが、、、、



V6エンジン搭載、しかも1BOX初と云う・・・(゜o゜)

云うまでもなく、このV6は日産が誇るVG型で排気量が画像で3ナンバーなことから3リッターのワンカムで、セドリック/グロリアで馴染みのエンジン。

しかし画像の文面からセドリック/グロリアの160psに対し、-5ps減らしの155psと云う発揮。

それでこれも私は構造改革と云えてならないなと・・・。

当時このエンジンを搭載する背景がそれに見合ったものがなく、止む終えずしたとも囁かれたりするが、私はこの商用元を基に日産が誇る高貴なエンジンを搭載すると云うのは斬新で、このそのものが技術の日産を使用者に訴求したかったんだなと感じてしまうから。

ミニバンが売れている昨今、ミニバンにもV6はされてて当然の様に売れているが、その礎はこのE24のV6を皮切りに広めたと云って良いだろう・・・。

それでこのV6はGTと云うグレードで、その内装はと云うとこんな感じ・・・。





この運転席と助手席の柄、それにハンドルがスポーツ心を誘惑する。

そして真ん中の座席を回転させるものはコレ魅力♪

それからメーターがデジパネと云うのも♪

次いで装備。



機構はこんな感じ。



これはグレードの紹介。

先ずはGT系。



次いでそれ以外のグレード。



GT系でLimousine=リムジン以外のグレード見ると、それ以外のと大差なく見え判別し難いかも知れない。

そしてこれを見て、、、、、、



左隅にひょこっとY31シーマが写り、これ同時に所有してるんだぜ。と表して、その約10年程前は、、、、、、



こんなのを乗ってたんだぜ。と・・・^ー^(←C120型サニーバネットとS110シルビア←右隅にひょこっと。)

そんなE24。

私的にも思い出があり、それが幼馴染の伯父が乗られていて、度々家に遊び来ては一緒に旅行したりして乗車したが、ゆったりとして特有のVGサウンドを響かせ、それが横に寝転がると手に取れる様に聞こえたことを思い出す。

それに内装や装備の紹介で、カーテンが電動に動くのが格好良く感じ、真ん中のサンルーフが開いて外の風が吹き込んだ時の爽快さは気持ち良かったっけな~♪

それから装備の一つであるオートクロージャー、こっれ~も印象的で、ドア閉めた際のウィ~ン、イン。と云うこの音が印象的に受けたっけ♪

そんな印象のあるクルマでしたね。

以上、このクルマの話をさせて頂きました。

最後まで御読み下さりありがとう御座います。
Posted at 2017/09/30 22:59:31 | コメント(1) | トラックバック(0) | Car's Fantasy | クルマ
2017年09月29日 イイね!

かなり遅くの参加でしたが、実に濃厚な日を過ごさせて頂きました~♪

かなり遅くの参加でしたが、実に濃厚な日を過ごさせて頂きました~♪こんばんは。今回の更新、私がこのことを書く筋合いではないことと存じますが、24日の日曜のことを話を致します。




この日、筑波山ミーティングと云うミーティングに御邪魔して来ました。

このミーティング、御存知の方もいらっしゃいますが、6月に発売されたハチマルヒーローにて掲載された1クールに1回開催されるミーティングでこれに御邪魔して来たのです。

この日のこと表すと、、、、




遅い時間の参加にも関わらず、濃厚な日を過ごしたと・・・♪




その位有意義な日だったので、僭越ながら書かせて頂きました。

私が御邪魔した第2会場であるレストラン・キャニオンさん(←これもハチマルヒーローに掲載されている。)では、もう皆さん引き揚げ掛けだったが、それでも何人か会え挨拶出来たのは何よりでした。

着いた際、先ずこの並びになるとは、、、、



プチニーマルこと92レビンとの2ショット。

見てるとよく様相を捉えてて、当時そう云うのも納得。

ここで私のニーマルに興味を示した方が居て、何とその方も乗られていて暫し会話に弾む。

何でも以前御邪魔されてて、私もブログを見ては気になってたので、何時かは御会いしたいと思っただけにまさかこの日に会えるとは思いも寄らかなかった。

その節は御相手ありがとう御座いました。

そしてその前向けばこの並び達に壮観♪





71クレスタにチェイサー。そして、60セリカXXにイチマルこと10ソアラ♪

もうお互い共に関係のある車種ですね♪

71のあのホイール並びには感激したな~♪

しかも共に若者っつー。

しかし彼等のハチマル談義聞くと、自分にはない違った世界観があって感心致します♪

そして数分後、私のニーマルも加わりり~の。



もう云うまでもないな、これは♪

こう見てると、御互いラグジュアリーのコンセプトなのに何故かイチマルの方がより硬派に見えてしまう・・・。

イチマルの角張ってるのがそれに云えるからか・・・。

そして決め手はこれ♪



往年のトヨタハイソカー並びに後ろに聳え立つ筑波の山並みが醸し出してます♪

これの向こうにはこう云う景色が、、、、



良いですね~♪

そして日が沈み夕刻には…♪



ちょっと見辛いが、、、、

気付けば、夜19近くまでこうして喋り込んでいた。

そして御腹も空き、まだ何人か居ることから中に入り食事を摂ることに。

中に入る際、この並びに♪



R30/31スカイライン♪

このミーティングで台数を誇ります♪

そして私が頼んだはAセットとクリームソーダ。



私はここキャニオンさんでの夜食をしたかったんだよな~♪

あれは2年前だったか、無性に食べたくなって御邪魔した際、もう閉店近くの時刻で駄目だった苦い思い出があり、今回要約実現したって感じで待った甲斐がありました~。

大変美味しく頂きましたよ~♪

そしてその後、なんだかんだ閉店時刻まで居てはこの並びも乙♪



R31スカイラインと71クレスタ/チェイサー

これも暗くて見辛いが・・・。

当時ハイソカーを担った同士ですね。

・・・と、色々思い返すだけで尽きません♪行ってて良かったです♪

しかし何だろ、私が何時も行くオフやミーティングって遠い所で満喫するせいか、妙な錯覚に陥るんですよね。


ただ後悔していることも然り。

それは、もうちっと早く行けば尚刻まれたと・・・。

これは他の方もアップされ、そこに山坂道を駆けるツーリングがあるのですが、季節は秋だし、晴れもあって秋風に靡かせながら駆け抜けるのはどんなに気持ち良かったか。

そしてこの曲と流したら最高だったろうになと・・・。



ん~、ACEの方がじゃね。と聞こえそうでもあるが・・・。ま、確かにそうだけど。^^;

それはさて置き、私はこの曲の出だしから1分間の間奏或いは3:17~43間の間奏が爽快な感じで、これを青空の下皆さんの愛車が連なって山坂道を駆け抜けてく姿が相まってたまんないんすよ♪

それからこれも中々良い~♪



これも爽快な感じで、行かれた方はその時のことを思い出して聴いてみて下さい。

Ahh、、、、想像しただけでもどんなに良いか、それが悔いに残ってます。

でも有意義な一日でしたのは云うまでもありません。

こんな感じで、実に遅い時間の参加にも関わらず、夜遅くまで過ごさせて頂きました~♪

最後にこの日、御相手下さった皆様ありがとう御座いました。

他の方と比べて偏り過ぎてすみません。すべて撮り切れてなかったもので・・・。
Posted at 2017/09/29 23:55:24 | コメント(2) | トラックバック(0) | クルマ
2017年09月20日 イイね!

Y31シーマ ~これもやはり構造改革と云えるなと・・・。~

Y31シーマ ~これもやはり構造改革と云えるなと・・・。~夜更けに更新すみません。

そして、今宵このネタにて御付き合い下さい。(←てか、このネタ書く時、この台詞云ってる様な気が・・・。何か考えとかんと・・・。)



さて今回取り上げるネタ、先日Y31セドリック/グロリアを取り上げたので、これと来たらこれを触れんことには・・・。






そのクルマとは、そう。














Y31シーマ

もう冒頭ので分かっちゃいましたかねf^_^;

このクルマも印象的で、私的な思いを綴りたく取り上げました。

このクルマは云わずもがな、Y31セドリック/グロリアの土台を基にした兄貴分で、先頃30年を迎えたセドリック/グロリアに遅れること1988年初頭に登場。

その違いは先ず何と云っても外装で、こうして照合して見ると、セドリック/グロリアがどっしりとした構えの感じに対し、シーマは滑らかで美しい構えの感じ。この美的な容姿に私は惚れた。

それから内装のインパネ形状やメーターにシートデザイン、エンジン、寸法等が挙げられる。



これ見て何か間違い探しみたいな感じだが、前述した様に真ん中の上部にメーターのデザインが異なるでしょ。(←マルチはシカトして。上:シーマ 下:セドリック。)

それでこのメーター、私は改めて見て感じたことがある。

それは周辺の模様に注目して欲しいが、、、、(←少々見辛いかも知れない・・・。)



何かこう凝っている様に感じやしないだろうか・・・。

品を感じると云うか・・・。

私はこう云う所に高級さの表現も抜かりとしているなと。

それからシーマと限らずセドリック/グロリアにも云えることだが、このY31と云ったらハンドルが特徴。これ真ん中のホーンパッドを固定に左右動と云うもので、オレコレ当時、何て斬新なものだとそそられたっけな~♪(←厳密に云えばその前作であるY30で採用されたが、当方はY31の印象が強い。)

次いで座席




しなやかな感じと云う印象だろうか。これの本革と来たら涎もんです♪(←画像は白だが、ベージュがツボ。)


そしてこのクルマの魅力と云えばエンジンも要。

セドリック/グロリア同様VG型V6の3リッター、しかしセドリック/グロリアのワンカムに対し、此方はツインカムとそのターボ過給付きの2種類。

詳しいことは此方の方に廻します。クリックして御覧下さい。



それでこれもやはり構造改革であるなと・・・。


もう色んな方も云って居られ被るが、高級セダンに加速的なことを取り入れたことは従来の高級セダンには有り得ず虜にさせたこと。これが大きい。

当時の私は子供でその時の印象は、嗚呼こう云うものなんだ~。と別に大して思わなかったが、今にして考えたらこれは大胆的。

今でこそ当たり前的だけど、当時の高級車と云うのは豪華を重視し性能は二の次で、確かにその紐解くとそうだなと。しかしそれを取り入れたことは当時風当たりが強く感じた。且つこれを短期間で仕上げたと聞けば尚更。でもそこを通り越して投入したのは開発者の思惑と日産の自尊心なんだなと・・・。

それはV6エンジンは日産が日本で初めて披露しセドリック/グロリアで占めらせた。且つターボも日産が先陣を切り、これまたセドリック/グロリアであったことから、この名の冠を掛け委ね訴求したかったと思えてしまうからさ。

それからもう一つ、要高いものがある。

それが色。

もう一度最初の画像を見て貰いたいが、このクルマの題材色と云うとこのライトブルーの印象がある。

これも今にして考えれば、大胆なことをしたなと感じてならない・・・。

それはこう云う淡色系と云うのは、大抵リッターカー(←ヴィッツとかデミオ、軽自動車)が多く見られ若い女性に受け易い印象がある。

しかしこれを高級車に持ち込み定着させたのは従来では有り得なかったなと。でもこれが妙にしっくり来るものだから不思議。

それで私がこのクルマに対し、本来これが相応しい色であろうと云うのがある。

それが、、、、



グリーン。

これが本当の意味において理に適っているなと・・・。

何故そう云うか。

このクルマの表象であるアカンサスにある。(←冒頭の画像御覧下さい。)

何でもアカンサスはカタログに寄ると、南ヨーロッパの多年草で年間を通して緑を称え心を和ませる。とのこと。それなら、尚更グリーンが真っ当と云うことになるではないか。

しかしこれよりも淡い色を題材にしたのは、何かしらの意味があるのかないのか・・・。

それは置いてこのグリーン、奇遇にもニーマルのグリーンと被って云えることがある。

そこのリンクにも書かれているが、角度に寄って見方が変わること。

画像でこそ真緑に見えるけれど、実際見るとこれが違って見え、濃緑に見えたりすることもあれば、オリーブっぽく見えたりすることもある。(←因みにニーマルがどの様に見えるかはそこのリンクを読んで下さい。)

これどうも、深いと思えてならないんですよ~、私は。考え過ぎでしょうか・・・。

でも、そう感じた方居ませんかね・・・。

余談ながら表象であるアカンサス、当時貝を模ったものだと思ってました(汗 だって、そう見えねぇ~か・・・。

そんなY31シーマ、残念ながらまだ縁はないけど、若しその機会があるなら、子供の頃に描いてたタイプⅡリミテッドAVのグリーン仕様が理想♪それでいて、セドリック・シーマに拘ってます。(←これ重要。)

それで云われる、後ろ下がりの加速力と云うのものを堪能してみたいですね~♪

これを某ロボットアニメに出てくる登場人物の台詞を借りて云わせれば、、、、

″見せて貰おうか、あの後ろ下がりの加速力と云うやらを・・・。" と・・・。

けどこれ、現実どうだろ。エアサス駄目になると云う話をよく聞きますし・・・。

けど現役当時なら、間違いなく興味示したろうな。


最後に要約して纏めて云うならば、セドリック/グロリアがそれまでの培った既存の構造改革なら、シーマはその界の構造改革したと云うのが私見です。

まだまだこのクルマに対する思いが言い足りませんが、これ以上書くと窒息するのでこの辺で締めらせて頂きます。

最後まで御付き合い下さりありがとう御座いました。
Posted at 2017/09/20 00:11:46 | コメント(1) | トラックバック(0) | Car's Fantasy | クルマ

プロフィール

「週明けに今年のCOTY(←カー・オブ・ザ・イヤー)が行われるが、その受賞の予想としてこの場を借りて云わせて頂くと、個人的にはカムリを推したいが、一般の線としてはスイフトかCX-5の一騎打ちと見たが果たして・・・」
何シテル?   12/08 23:00
御越し下さりありがとう御座います。T.eu-ki@結城大羅と申します。以下、結城大羅(ゆーきたいら←あっ、本名ではなく、あくまでHNです(爆))と憶えて下さい ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/12 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

お友達

当方と友人関係に辺り下記を一読下さい

現在御会いした方を優先な為にない方への受付は基本的に応じ兼ねます

しかしこれまで何等かの交流や主義に共感された等、気が合いそうとならば別です。但しそれ相応とさせて頂きます

こうした事情を鑑みた上で宜しく願います
83 人のお友達がいます
kurumazukidayokurumazukidayo * KING-OF-GX71KING-OF-GX71 *
EUROBEAT with KPPEUROBEAT with KPP * 高山の(秋)山さん高山の(秋)山さん *
えんどっちえんどっち * チョーレルチョーレル *

ファン

34 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ ソアラ White Gryphon (トヨタ ソアラ)
1986年に登場したニーマルこと2代目は、初代イチマルの匂いを醸しつつ、角が取れ丸び帯び ...
日産 セフィーロ TIP ON DUO (日産 セフィーロ)
1994年に2代目が登場したが、初代のFRの走りからFFに変わり室内重視になり、外観も平 ...
ホンダ インスパイア ホンダ インスパイア
1989年にアコードの上級仕様でその名を前置して登場 その後、1992年に他のクルマが ...
その他 その他 その他 その他
ブログ画像。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる