• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

九島辰也のブログ一覧

2009年11月30日 イイね!

C250CGI ブルーエフィシェンシー

C250CGI ブルーエフィシェンシー今日はメルセデスの1.8リッター直4DOHCターボガソリン直噴エンジンの試乗会でした。
すでにEクラスクーペには試乗しているので、ステアリングを握ったのはEクラスセダンとCクラスセダンとなります。
で、結論からいうと、このエンジンにマッチするのはCクラス。Eクラスでは少々モノたちなく思ってしまいます。このクルマは上までまわる高回転型ユニットよりも太いトルクのエンジンが似合うでしょう。

それにしても、CクラスもEクラスも1.8リッターの4気筒からAMG製V8まで幅い広いエンジンをラインアップします。その意味では4気筒で十分とは言い切りたくない気もします。この懐の深さは、大きなエンジンに乗ってはじめてわかるからです。とはいうものの、大きいエンジンは高いですからね〜。エコカー減税の4発はやっぱ魅力的ですわ。
Posted at 2009/11/30 23:16:29 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2009年11月27日 イイね!

シトロエンC6

シトロエンC6今日はプジョーとシトロエンの試乗会でした。で、忘れてた!というクルマに乗りました。シトロエンC6です。
2006年にリリースされたこのクルマは、当時プレミアムカーの常識を変えるかも、と思われました。そのスタイリングは斬新で、知的でオシャレに見えたからです。でも結果はイマイチ……。

今日改めてステアリングを握って感じたのは、もっとハイパフォーマンスのハードウエアが乗っていたら違う結果ではなかったかということです。スタイリングとインテリア、それと足のセッティングはいいとして、エンジンとトランスミッションは物足りなく思いました。

それでも、いいところはたくさんあります。ドイツ車的ヒエラルキーを感じないのがいいですね。
Posted at 2009/11/27 21:31:40 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記
2009年11月25日 イイね!

新型マスタング

新型マスタング今日は新型マスタングの試乗をしました。雑誌の企画です。
ステアリングを握ったのはV8エンジンのGTクーペです。

で、よくカマロとマスタングの違いを訊かれるので、ワタクシなりの結論をここでご紹介しておきます。
かつてアメリカ車専門誌にどっぷり浸かっていた経験から申しますと、シボレーはトラックをトラックとしてつくりスポーツカーをスポーツカーとしてつくります。要するに、どちらも乗り心地が快適とかいうのではなく、それなりにエッジが効いてます。で、対するフォードはというと、トラックもスポーツカーもどちらかといえば乗用車ライクにつくります。簡単にいえば扱いやすいといったところでしょう。
ということで、マスタングは見た目よりも乗用車的で、カマロはよりスポーティです。マスタングはエンジンサウンドこそとどろかせますが、乗り心地は明らかにカマロより快適ですね。

これは、昔80年代のブロンコとK5ブレイザーを乗り比べたときに感じたことですが、その後もサードカマロとマスタングとか、いろいろな組み合わせで得た結論です。是非、ご参考に……。
Posted at 2009/11/25 22:30:21 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2009年11月24日 イイね!

ポルシェカップ

ポルシェカップ今日は恵比寿のホテルでポルシェカップの表彰式&パーティでした。昨年は友人の濱口くんが表彰されたそうですが、今年もまた知人の水谷氏が表彰されていました。いやぁ、いい感じです。

写真は会場に飾られていたGT3カップカー。

話は変わりますが、このところ濃〜い夜を過ごしていました。
先週木曜日はエンジン編集長鈴木正文さんと、金曜日はガレージ伊太利亜の林さんたちと会食でした。ちょっとした会話がじつに勉強になります。もっともっとやることがあるのを気づかされますね。まだまだだなぁ〜。
Posted at 2009/11/24 22:51:17 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2009年11月19日 イイね!

新型カマロ

新型カマロ昨日、今日と二日間新型カマロの試乗会に行きました。昨日はV6、今日はV8といった感じです。

ふたつのカマロは乗り味がまったく違います。最近は各社V6モデルのクオリティが上がっているのでV8は必要ないという傾向がありますが、結論からいうとカマロはやはりV8に尽きます。価格は約100万円違いますが、エンジンの他にもサスペンションとブレーキ(ブレンボ製)、それと電子デバイスが異なることを考えればお安いかと。それに同スペックのヨーロッパ車と比べれば、まさにバーゲンプライスです。

もちろん、いろいろとツッコミたいところはありますが、それでもすべてをカバーする”味”があります。この”味”が輸入車を買う醍醐味ですよね。最近のヨーロッパ車はちょっと薄まったような。ボルボとかプジョーとか……。

ところで、「知らなかった」シリーズですが、今日はキャデラックSTSが2010年モデルが最後になるという話を聞きました。セビルの進化版と考えると、ちょっと寂しいですね〜。

Posted at 2009/11/19 17:30:37 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記
スペシャルブログ 自動車評論家&著名人の本音

プロフィール

九島辰也(くしまたつや) モータージャーナリスト兼コラムニスト/日本自動車ジャーナリスト協会(AJAJ)会員/2011-2012日本カーオブザイヤー選考委員/...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2009/11 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

リンク・クリップ

九島辰也オフィシャルホームページ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2008/08/13 12:52:11
 

ファン

77 人のファンがいます

愛車一覧

トライアンフ スピットファイアー・マーク3 トライアンフ スピットファイアー・マーク3
2002年型水冷996型後期カレラから空冷993型へ。 90年型S124と90年型ジャガ ...
ジャガー XJシリーズ ジャガー XJシリーズ
X308の最終型

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.