• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

九島辰也のブログ一覧

2010年12月31日 イイね!

キャデラックSRX

キャデラックSRX年の瀬ではありますが、フルモデルチェンジしたSRXクロスオーバーをテストドライブしました。
エンジンは3リッターV6のみという設定で、価格的にもリーズナブルとなります。まぁ、それでもそこそこしますが、輸入SUV(CUV)と考えれば500万円代キープというのは買い物リストに入る可能性は高まったといえるでしょう。同スペックやカテゴリー的にみれば、200万円くらい安いといえます。

で、そのつくりは、いまさらいうまでもなく、CTS同様しっかりしています。静粛性は高く高級車を動かしているという気になります。それに乗り心地がいいのもセールスポイント。長く乗っているとどんどんカラダに合ってきます。乗り心地のよさはリアシートに乗ったカメラマンも驚いてました。

サイズも意外によく、とりまわしもグッド。それから写真を見てもらうとわかるのですが、このボディカラーがラグジュアリーでいい感じでした。SRXはブラックの「不良(ワル)」仕様のイメージが強かったですが、これもアリですね。ビバリーヒルズやサンタモニカあたりのセレブーな雰囲気を醸し出します。

ただ、こうなってくるとモアパワーが欲しくなります。Vシリーズのようなコルベット用V8ユニットとか積んだのも乗りたいですね。本国にも3リッターV6しかないようだからムリでしょうが、あとから追加とかあったりして。

まぁ、なにはともあれ、アメリカのブランドがこういったクルマを出して来るのはいいことだと思います。伝統あるキャデラックの灯を消してはいけません。

年明けはデトロイトショーに行きます。そこでブランドダイレクターのインタビューをする予定になっています。GMの未来戦略について、質問をぶつけてきます!
Posted at 2010/12/31 14:39:15 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2010年12月27日 イイね!

KISS&KILL

KISS&KILL久々にクルマがたくさん登場する映画を観ました。「KISS&KILL」というコメディです。
オープニングはフェラーリ・カリフォルニア。ニースを走る姿がじつにかっこいい。
でもって、フォードF150 vs ポンティアック・ファイアーバード、ボルボV70、ボルボXC60、キャデラック・エスカレード……。ストーリーは途中からハチャメチャだけど、このくらいクルマにスポットが当たると満足できちゃったりします。

映画のクルマといえば、イチバンはやはりフランス映画「男と女」でしょうね。シャバダバダのスキャットが有名なあの映画です。
1966年に制作されたこの作品には66年型のフォード・マスタングが冒頭から登場します。赤いコンバーチブルですね。主人公はフランスフォードのワークスドライバー、そして劇中にはモンテカルロラリーなんかもでてきます。いやぁ、じつに勉強になる。まだの方は是非一度!

写真は最近乗ったアウディA8。この顔、生で見ると迫力大アリでっす。
Posted at 2010/12/27 00:19:55 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記
2010年12月19日 イイね!

英国 2011

去る11/16、ウィリアム王子とケイト・ミドルトンの婚約会見が行われ、来年春ロイヤルウェディングが催されることが発表されました。
英国政府観光庁によると、81年のチャールズ皇太子とダイアナ元妃の結婚式はTV中継で10億人が観たのですが、今回はその4倍にあたる40億人が観ると予想されるそうです。確かに、当時私もテレビの前に座っていたような……。

となると、世界的な結婚ブームと英国ブームが巻き起こることが考えられます。きっと英国車にもいろいろな特別仕様車が追加されるかもしれませんね。王室ですから、ロールスやベントレー、アストンあたりかな。そうそう、MINIも期待できそうです。

ところで、このカップルが独立した所帯を持つと、英国王室御用達を意味するロイヤルワラントはもうひとつ増えるのでしょうか。もしそうなればその後の経済効果にも影響するでしょう。

ちなみに、現在はTHE QUEEN/PRINCE OF WALES/DUKE OF EDINBURGHの3つです。それぞれエリザベス女王、チャールズ皇太子、フィリップ王子が所有し、この三名に定期的に上質なサービスを提供する企業にワラントが渡されます。更新は5年に一度。現在はおよそ850の企業や個人に与えられているそうです。おなじみのランドローバーもそのひとつですね。
Posted at 2010/12/19 14:38:06 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2010年12月15日 イイね!

メルセデスCL550&63AMG

メルセデスCL550&63AMGCLシリーズの2台に試乗しました。個人的にGヴァーゲンの次に好きなメルセデスです。

はじめに乗ったのはCL63AMGで、新エンジンが搭載されています。5.5リッターはいわゆるダウンサイジングですね。でも絶対的なスピードに抜かりはなく、とにかく速いクルマに仕上がっていました。それにCLらしい静粛性。かなり高級感があります。
それでも、ステアリングフィールがあって、クルマがどういう状態にあるというのをドライバーに知らせる味を持っています。この辺がレクサスとの違いではないでしょうか。

そして次に乗ったのはCL550。いやぁ〜すばらしい。AMGとは違うメルセデスらしさがここにありました。なんなんでしょう、この乗り心地のよさとハンドリング。ラグジュアリーさとスポーティさが共存しています。AMGもいいけど、趣味的にはこっちが好きですかね。

話変わりますが、Gヴァーゲン最近さらに街で見かけます。それも現行の顔。この化石、まだまだつくり続けるんでしょうか。気になる。
Posted at 2010/12/15 14:57:19 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2010年12月13日 イイね!

新型フォード・エクスプローラー

新型フォード・エクスプローラーサンディエゴで新型エクスプローラーに試乗してきました。先に記したように今回はなんとモノコックボディなんですが、写真のようにオフロード試乗もしっかりありそのパフォーマンスを披露しました。
で、それをつかさどるテレインシステムは制御のタイミングや加減は異なるものの、ランドローバーの”テレインレスポンス”と同じ。センターコンソールに備わるそれはダイヤル式で、サンドセクションやロックセクション、スノー、それから舗装路(通常モード)に合わせて使います。

なので、当然のこと「ランドローバーから買ったの?」と訊くと、「当時から共同で開発していたんだ」とチーフエンジニア。まぁ、確かにそうなんでしょうね。当時はフォード側が相当お金も出したことでしょうし。

細かい話は試乗レポートするのでそちらで。それにしてもこういう背の高いクルマってオフロードで汚れるとかっこよく見えるんですよね。とはいえ、我がGヴァーゲンで行くのはちょっと勇気がいります。パーツ代高そうですから。最初からバンパーハズしていかないと。
Posted at 2010/12/13 11:12:29 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
スペシャルブログ 自動車評論家&著名人の本音

プロフィール

九島辰也(くしまたつや) モータージャーナリスト兼コラムニスト/日本自動車ジャーナリスト協会(AJAJ)会員/2011-2012日本カーオブザイヤー選考委員/...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2010/12 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

九島辰也オフィシャルホームページ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2008/08/13 12:52:11
 

ファン

77 人のファンがいます

愛車一覧

トライアンフ スピットファイアー・マーク3 トライアンフ スピットファイアー・マーク3
2002年型水冷996型後期カレラから空冷993型へ。 90年型S124と90年型ジャガ ...
ジャガー XJシリーズ ジャガー XJシリーズ
X308の最終型

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.