• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

九島辰也のブログ一覧

2012年06月23日 イイね!

シボレー100周年の記念モデル

シボレー100周年の記念モデル知りませんでしたが、コルベットにシボレー100周年の記念モデルが追加されていました。
いろいろなモデルに100周年の特別装備を付けたものです。

驚いたのはお馴染みのチェッカーフラッグがモノトーンになっていること。こんなの初めて見ました。
それと100の文字。かなりコメモラティブですね。欲しい!一台です。

ボクの場合ベースはやはりグランスポーツかな。60年代のレースマシンもすですし、96年のLT4搭載モデルもたまりませんね。グランスポーツに100周年の装備がついているなんて夢のようなマシンだと思います。

それにしてもコルベットの日本での評価は低すぎると思います。この間のルマンでの走りもすごかったんですから、もっとスポットライトを当てたいな。

ちなみに、シボレーの創業は1911年。インディ500がスタートしたのも同じ年で、ルイ•シボレーの兄が出場していたようです。レーシーな三兄弟だったんですね。
Posted at 2012/06/23 10:43:17 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2012年06月16日 イイね!

ランボルギーニ アヴェンタドールLP700-4

ランボルギーニ アヴェンタドールLP700-4袖ヶ浦フォレストレースウェイで乗りました。
注目は自社製のシングルクラッチギアボックスとリンケージを使ったサスペンションでしょうかね。
直線で2速から3速、3速から4速とアクセル踏みっぱで行くと、変速時にガクッときますね。まぁ、いまどきはデュアルクラッチでもクリープをつくれる時代ですからここは個性と考えるのが正しい解釈でしょう。もちろん、レーシングカー的ともいえます。

リンケージを使ったリアサスはバネ下の重量軽減にかなり役立っていると思います。
ダンパーとバネを上から直視できるのがおもしろい。リンケージの耐久性はどうなんだろうと疑問もありますが、きっと十分テストしているかと。

当日はランボルギーニチャイナの方もみえてました。北京の前は香港勤務だったそうです。
昨年はアメリカに続く第二位の販売台数だったそうですが、2005年頃はたった5台といってました。おそるべきチャイナパワーです。あとはスーパーカーのカルチャーつくりが課題ですね。
Posted at 2012/06/16 09:03:27 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2012年06月11日 イイね!

ジャガーXKR-S

ジャガーXKR-SXKR-Sを一週間ほどテストドライブしました。いまもっとも愛すべきクルマなので、ステアリングを握るたびに楽しく感じます。

で、そのひとつの要因が写真の運転席からの眺め。じつはこれ前に乗っていたXJ-Sにすごく似ているんです。
ボンネットのシェイプなどは外から見てると気づかないのですが、そんな感じなんですね。

たぶんデザイナーのイアン•カラムはそんなことも計算していると思います。ジャガー好きの彼のことですから細かいところでこだわったのだと。ブランドってそうやって生き続けるんだと感心しました。
Posted at 2012/06/11 15:21:13 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2012年06月09日 イイね!

BMW ALPINA D5 Turbo

BMW ALPINA D5 Turboヨーロッパ車のディーゼル攻勢が強まっています。すでにD3で実績を持っているアルピナがD5の販売を日本で開始しました。
エンジンは3リッター直6ディーゼルターボで、最高出力は280psを発揮します。まぁ、ご存知のようにディーゼルの太いトルク特性でパワー以上の加速を見せるのは容易に想像がつきます。
組み合わされるのは8速スポーツAT。D3のときはMTを試乗しましたが、ATは未体験なので興味あります。

でも、最大の魅力は価格かもしれません。車両本体価格は995万円。535iは840万円ですが、1000万円を切ったアルピナと考えればバーゲンプライスともいえます。でもアルピナ好きの方は値段はあまり関係ないのかな。昔からお金持ちのクルマというイメージが強いですから……。
Posted at 2012/06/09 15:24:37 | コメント(4) | トラックバック(0) | 日記
2012年06月07日 イイね!

モーガン

モーガン1909年にスリーホイーラーをリリースしたモーガンは2009年に100周年を迎えました。ベントレーの10年前、アストンの4年前に誕生した自動車メーカーです。
で、現存する英国車ブランドの中で、唯一の英国資本となります。そこんとこ大事ですね。

そんなモーガンのフレームはいまも木でつくられます。大きな万力のようなものでカーブをつくりそれを組み立てます。一方ではカーボンやアルミフレームなんてのもありますから、自動車つくりはじつに幅広い。

エンジンはフォード製。味があります。

昨晩そんなモーガンを英国大使館で拝見しました。すぐそばにはマクラーレンも。これも英国、あれも英国。いやはやおもしろい。

Posted at 2012/06/07 10:47:11 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
スペシャルブログ 自動車評論家&著名人の本音

プロフィール

九島辰也(くしまたつや) モータージャーナリスト兼コラムニスト/日本自動車ジャーナリスト協会(AJAJ)会員/2011-2012日本カーオブザイヤー選考委員/...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2012/6 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

リンク・クリップ

九島辰也オフィシャルホームページ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2008/08/13 12:52:11
 

ファン

77 人のファンがいます

愛車一覧

トライアンフ スピットファイアー・マーク3 トライアンフ スピットファイアー・マーク3
2002年型水冷996型後期カレラから空冷993型へ。 90年型S124と90年型ジャガ ...
ジャガー XJシリーズ ジャガー XJシリーズ
X308の最終型

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.