• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

らぼくにのブログ一覧

2013年06月23日 イイね!

スーパーGT2013 第3戦 セパンサーキットに行って来ました!

スーパーGT2013 第3戦 セパンサーキットに行って来ました!6月13日(木)~18日(火)の日程で、『スーパーGTレース2013 (第3戦)』を戦う為に、セパン・インターナショナルサーキットに行って来ました。

K4-GP 24時間耐久レースで戦った、マレーシアのセパンサーキットへ、今年2回目の出張です。

13日(木)の朝、関西国際空港を出発し、クアラルンプール国際空港へ!何度も来ているので問題なく入国し、問題なくレンタカーを借りる・・・ハズが、借りる予定の車のトランクが閉まりません(涙)レンタカー屋さん達が寄ってたかって修理を試みますが、直りません。暑い国へ長時間の飛行機移動後、風通りが悪く、非常に暑い駐車場で彼らの修理を1時間以上眺めます。



ここらで交渉を始めます。同価格でビックサイズのクルマへのチェンジをしてくれと。ボスに連絡を取って貰ってる間も修理は続きます。



直る訳はないんです。彼らの工具箱を見たら・・・なんとなくそう思いました。

「チェンジするクルマが明日しか戻らない。」→「それでは1日分のレンタル料をカットしてくれ!」→「それは無理だ!」→「じゃあ、私が直すからギャラをくれ!」→値段交渉中・・・→話がまとまり、スーツケースに入れてきた私の工具で修理する事10分、トランクは無事に閉まり、ギャラをキッチリ受け取り、やっとホテルへと移動が出来ました。

後日には、もう1台のレンタカーがパンク→私がタイヤ交換。レンタカーに忘れ物→最終日に引き取りなど、レンタカーにまつわるトラブルに滞在中見舞われる事にw



14日(金)は『設営日』です。

前入りしたチームが、コンテナからPITに移動してくれている機材を設営したり、長い船での移動をしたレースカーの確認や、足回りのセット確認をしました。



『任意車検』は、セパンでは各チームが非常に時間を掛けます。理由は・・・車検場の地面がかなり適当に(水平ではなく、うねっている感じ)作られているから。レースでは決められた車高のギリギリまで下げたいのですが、位置によっては日本では問題ない車高でも、セパンの車検場ではダメという事が良くあるんです。今回も車検待ちに2時間位を要しました(汗)



今回は横幕選手に代わって、茂田選手が#9のシートに座る事になりましたので、蜜山選手から茂田選手という順番でドライバーチェンジの練習を長時間行いました。最終的には15秒ほどで交替が出来るまでになり、右側タイヤ交換にNAC(中日本自動車短期大学)の学生さんを起用する可能性がある為、PIT作業練習もレースウィークを通して行いました。



15日(土)は『公開車検』から。

この日から、いよいよサーキット走行が始まりますので、セット変更を複数回行いながら、マシンをコースに合わせていきます。

結果的には、午後から予定されている『予選』を前にセットが決まりきらず、博打ではありますが、ここでセットの大幅変更を敢行しました。



『公式予選』では、大幅変更したセットに「行き過ぎ」があったようで、タイムには反映されなかったものの、方向性を確認出来た19番手から、決勝のグリッドが決まりました。



16日(日)は『決勝日』です。

今回は海外戦という事でレースクイーンさんはお休み。という事で、元レースクイーンで現チームマネージャーの青木さんが代わりにグリッドガールです。さすが!決まってますね!!


決勝は、まずは蜜山選手がステアリングを握ります。スタートも決まり順調にポジションを上げて行き、26LAPほどでPIT IN! 右側タイヤ交換を本番初めて行ったNACの学生さんも大きな失敗は無く、通常通りのPIT OUTのハズが・・・メーターに異常を知らせるインジケータランプが点滅し、再始動が出来ません。必死で再始動を試み、1~2分ほどのロスを出しながらもエンジン再始動!マシンがコースに戻ります。

PITでのロスで順位を17位ほどに落としてしまいますが、今回S-GTに初参加の茂田選手も頑張って、前を行く2台に追いついていく展開です。ただチェッカーまでには少し足りないかな・・・?と思った最終LAPに無線から「PITに戻るよ!」・・・え?最終LAPですので、エンジニアからは「チェッカー受けて!コース!コース!!」と数回のやり取りがあり、結果的には他のマシンがチェッカーを受けていく中、#9はPITに戻ってきました。マシンを見て納得、GT500クラスとの接触があり、右前の足回りが折れて走れる状態では有りませんでした。レース後の裁定で30秒のペナルティが加算され、19位で完走扱いでレースを終了しました。



レース後、チームは5人を残して急ぎ空港へ。

残った5人で『撤収作業』を進めます。海外戦の為に「カルネ」という先に提出している税関申告用の書類の通りに梱包していきます。私は2月のK4-GPセパン、5月のS耐韓国と海外戦が続きましたので馴れたものです。

翌日17日(月)は、さらに1人減り4人で、梱包した機材をコンテナに運び、暑かったセパン戦が無事に終了!夜の飛行機まで市内観光をしたりして時間を潰して、翌18日(火)の朝に無事帰国をしました。
関連情報URL : http://supergt.net/
Posted at 2013/06/23 18:52:31 | コメント(0) | トラックバック(0) | レース | クルマ
2013年06月02日 イイね!

スーパー耐久2013 第2戦 インジェスピーディウム(韓国)に行って来ました!

スーパー耐久2013 第2戦 インジェスピーディウム(韓国)に行って来ました!5月23日(木)~27日(月)の日程で、『スーパー耐久レース2013 第2戦』を戦う為に、インジェスピーディウム(韓国)に行って来ました。

インジェスピーディウムは、韓国と北朝鮮の軍事国境線である、38度線に面する江原道という所に建設されたサーキットで、出発前にウィキペディアで調べた情報では2013年4月完成予定とありましたが・・・情報は全く無く、帰国後の先ほど、もう一度調べると5月完成と記載変更されてた位の、チームとしてもドライバーとしても予備知識が全く無い、色々と不安要素の多いレースウィークでした。

ですが、開幕戦SUGOが雪で中止となり、実質の開幕戦が全く情報の無い韓国で、という不安要素からか参戦を見送ったチームも多かった事から、2012年のシリーズタイトルを防衛出来るチャンスを逃さぬ為、チームは韓国へ海路マシンや機材を運び入れました。



23日(木)は『移動日』です。

関西国際空港から金浦国際空港へ約1時間40分の移動後は、バスで約3時間半の移動です。バスでの道中は韓国人の運転手さんが、かなりの山道を突然の爆走(暴走?)や蛇行運転を繰返したり、エアコンを切って灼熱地獄を味合わせてくれたり、最終的には突然勝手にキレてバスから降りてタバコを吸い始めたり・・・なかなかの歓迎ムードでしたw

やっとの思いで到着したサーキットは、まだまだ工事車輌がサーキット内外を走り回り、2~3日後にレースが出来る状態か不安な状態でした。サーキットに隣接するホテル&コンドミニアムも、まだまだ建設中のようで、トイレが使えないだのエアコンが付かないだのと、皆が口々に漏らしていました。



この日は、食事の為にインジェの町に下りるバスの時間制限もある事から、コンテナからマシンや機材をPITに運び入れて終了させ、インジェの町で韓国料理とビールとマッコリで移動の疲れを癒しました。

この時のバスの運転手さんや、韓国料理屋さん達は非常に親切で、韓国料理屋さんは3日間連続で通った程です。



24日(金)は『搬入日』です。

PIT内は広くて綺麗ですが、かなり埃っぽいです。マスクをして搬入作業を進めました。事前の調べから、寒いと思って防寒対策を万全にして行きましたが、出発時の日本以上に蒸し暑くて体力の消耗を感じました。



お仲間の#116WSエンジニアリングの面々は、この日はサーキット走行が無い事を知ってか知らずか(爆)レーシングスーツにしっかりと着替えて撮影会中です。

この日は、夕方に到着したドライバーさん達と共に、初めてのコースを1周=約1時間というタイムでゆっくりと歩いて回り、コースの状況を確認して終了しました。



25日(土)は『予選日』です。

午前中に2時間の「フリー走行」が行われ、2人のドライバーがここでの初走行をしました。2時間という限られた時間をフルに使って、コース確認&コース習熟&マシンのセットアップを行いました。

写真は、今回のレースで混走となる「ジェネシスクーペ」のストックカーですが、今回のレースはいつもの耐久レースとは違って、Aドライバーによる45分の第1スプリントレースと、Bドライバーによる45分のスプリントレースの2戦行われ、そのレースに韓国でのシリーズ戦を戦うジェネシスクーペが混走する事から、各車の動きもレース展開に大きく左右される事が容易に予想されました。



午後からはA&Bドライバー予選が15分づつで争われ、#38はAドラ予選で植松選手が2番手、Bドラ予選で筒井選手が5番手から、翌日の決勝グリッドが決定されました。

写真はジェネシスクーペのフロントセクションですが、やはりかなり荒っぽい作り方をしていて、故障やクラッシュリスクを非常に考えさせられます。現地の方は・・・考えないんでしょうかね?



極め付けはリアセクションです。燃料タンクと駆動系シャフトに隔壁もなく、少しのトラブルで車輌炎上が容易に予想されます・・・。本当は、こんな車とレースしたくないです。

お国柄なんでしょうね。

事前調べでサーキット周回距離は4207m(現在でもウィキペディアに記載)とあり、その計算で燃費を出そうにも想定数値と非常に掛け離れて燃費が良く、最初はドライバーさんも初の走行でアクセル踏めてないのかな?と思ってたりもしましたが、決勝日の朝、主催者側のSTOさんからの通達で、独自の調査で4207m×→3838m○と報告が入ってビックリ!しました。



26日(日)は『決勝日』でした。

今回のレースは予算の都合や諸々の理由から、ドライバーの数よりメカニックの数の方が少ない状況でのレースで、#38に至っては常時携わってるメカニックは私1人!エンジニア的仕事やタイヤ管理、車体清掃などももちろん1人で・・・。(今回は写真の数も極端に少ない理由でもあります。)

そんな中でも、ドライバーさん達は素晴らしい仕事をしてくれ、第1レースは優勝!第2レースは3位という高成績を残せました。ライバルの#48は2位×2回とポールポジションポイント1を加え、16ポイントで同ポイントでトップで日本ラウンドへ戻る事が出来ました。


最後に・・・25日(土)の朝に、チームのデータエンジニアとして一緒に韓国入りした、川住メカニックがPIT内で急逝されました。心臓麻痺だったそうです。彼の消え行く最後の瞬間を目の当たりにし、大声で名前を呼び掛けるしか出来なかった無力な私。私に出来る事は、彼と一緒に獲った昨シーズンのチャンピオンカーで、今年も勝ち続ける事。

「なんとか2戦共に表彰台に上らせる事が出来ましたよ!もっとレースの事やクルマの事を教えて貰いたかったんですが、無理になっちゃいましたね。こうなったら独自で勉強を重ねて川住さんをビックリさせるレースをしてやりますよ!天国から私達の応援をしてて下さいね!お疲れ様でした。」
Posted at 2013/06/02 17:16:54 | コメント(3) | トラックバック(0) | レース | クルマ
2013年05月11日 イイね!

スーパー耐久2013 第1戦SUGO&スーパーGT2013 第2戦富士に行って来ました!

スーパー耐久2013 第1戦SUGO&スーパーGT2013 第2戦富士に行って来ました!オートラボ通常業務が忙しすぎ、今更~なレースレポートとなってしまいましたが(爆)

4月18日(木)~21日(日)の日程で、『スーパー耐久レース2013 (開幕戦)』を戦う為に、スポーツランドSUGOに行って来ました。

今シーズンのスーパー耐久レースは、昨年1年戦いシリーズチャンピオンを獲得させて頂いた『#38 TRACY SPORTS S2000』で、今年もレースエンジニア兼レースメカニックとして起用して頂きました。ゼッケンは#38から#41に改められ、ドライバー陣は、A 植松忠雄、B 筒井克彦、C 長野賢也となり、なぜか全員、過去に一緒にレースをした事の有るドライバーさん達が集まってくれましたので、今年もシリーズを密か~に狙いつつ、オートラボ通常業務が終わった17日の夜10時出発で、トラックにて片道10時間の長距離移動を開始しました。



18日(木)は『搬入日』です。

10時間移動を遂行し、そのままの勢いで搬入作業を進めます。出発時の大阪は春めいた陽気が続いていましたので、半袖&半ズボン持参で仙台入りした私は、まず東北の寒さに度肝を抜かれました・・・。真冬かと思うくらいの寒さですが、現地の人達は口々に「暖かくなってきましたね~」と、嘘を平気で言って来るのです。(←東北の方達スイマセン!嘘じゃないのは判ってましたが、嘘にしか思えない寒さだったんです!)

冗談はさておき、寒さに負けず搬入作業を進めつつ、昼からは『練習走行枠』も有りましたので走行準備も進めました。この日の#41は、Aドラ 植松選手のみの参加で、まずは初めてとなるS2000に慣れて貰う為にLAPを重ねるのみに徹しました。



今シーズンのチーム「TRACY SPORTS」は#41の他に、昨年からの継続参加車輌#38 レクサス IS350で、A 藤田竜樹、B 植田正幸、C 川口正敬で、



新規製作した#39 レクサス IS350には、A 兵頭信一、B 佐々木孝太、C 橋本達也 で、2013シリーズを戦う事が決まったようです。



19日(金)は『フリー走行』です。

この日はドライバーさん達が全員集まり、翌日の予選に向け、マシンのセットアップやマシン&コースへの習熟度を上げる為、3枠をフルに使ってLAPを重ねます。



20日(土)は『予選日』です。

Aドラ&Bドラの合算タイムで競われるS耐予選、#41は2人ともにクラス8番手。合算タイムで、1つ順位を落とす9番手から、翌日の決勝グリッドが決まりました。

予選後のドライバーさん達との話し合いで、昨シーズンに比べてアンダー傾向が強いマシン特性のセットようで、レースを前に博打ではありますが、セットをガラリと変えて翌日の決勝に挑む準備をしました。



21日(日)は『決勝日』です。

決勝日の予定・・・だったんです。朝の移動中に雨交じりの「雪」が降り始め、どんどんと雪が強くなっていきました。



やがて、こんな感じになり。



サーキット側も、レースは諦めモード(?)で、悪ノリが始まりました。ちなみにこの時のバックミュージックは、ゲレンデの定番!広瀬香美さんでした。



そして、珍しい光景がw 雪と水着のミスマッチ!プロ根性のあるレースクイーンさん。

そんなこんなで・・・昼前にレース中止が決定し、セットアップなどに不安を残した#41としては、まさかの雪に救われる形で、ノーカウントとなったレースが終了しました。



雪のSUGOの次週となる、4月27日(土)から29日(祝・月)の日程で、『スーパーGTレース2013 第2戦』を戦う為に、富士スピードウェイに行って来ました。

1週間前の雪のSUGOが、嘘のように好天気に恵まれた富士へは、ゴールデンウィーク始めの27日(土)の早朝より移動しました。



27日(土)は『搬入日』でした。

こちらも大阪から5時間の移動後、そのままの勢いで搬入作業を進めます。

早朝に移動したお陰で、気になっていたゴールデンウィーク渋滞にはあわずに済みました。



28日(日)は『予選日』です。

今回から、メインスポンサーとなる「甲殻機動隊」のキャラクター、ロジコマさんもレースに参加です。子供達を中心に、なかなかの人気者でした。

予選は、A 蜜山選手の頑張りで、今シーズン全てがノックダウン方式に改められた、予選1回目を8位で通過しました。



その後、予選2回目をB 横幕選手がステアリングを握り、翌日の決勝を13番手からのグリッドからスタートする事が決まりました。



29日(祝・月)は『決勝日』です。

レースウィークの3日間、毎日が気持ちの良い天気に恵まれ、たくさんのお客さまも来られていました。

その大勢のお客さまの前で行われた、シリーズ第2戦の決勝が午後2時より500㎞先のチェッカーを目指してスタートが切られました!

序盤から荒れた展開となり、#9はスタート順位を少し下げつつも、無事にスタートが出来たようです。5LAPほどで予選順位の13番手にポジションを戻した矢先に、「ベンツに当てられて、スピンした!」と蜜山選手より無線が入ります。(#11に後ろから当てられたようで、その後、この#11にはペナルティが課せられました。)この接触により順位を大きく落としてしまいますが、レースはまだまだこれから!とドライバーだけではなく、チーム皆が諦めずにレースを続けます。



その後、横幕選手にドライバーチェンジ→2回目の蜜山選手にステアリングを繋ぎ、PIT戦略としては2回のPIT毎に、タイヤ4本&給油の通常メニューをこなして、14番手でレースが終了しました。

結果としては少し平凡な、序盤の接触がなければ!という悔しい思いも有りましたが、私達のメンテしたポルシェが、500㎞の荒れたレースでも壊れずに走り続ける事が証明出来たので、今後のレースにとっての大きなプラスとなったと思います。

チームワークもどんどん上がっていってますので、今シーズンはまだまだ上を目指して行きますよ~!!
Posted at 2013/05/11 20:57:43 | コメント(0) | トラックバック(0) | レース | クルマ
2013年04月13日 イイね!

エキサイティングカー・ショーダウン2013&スーパーGTレース2013に行って来ました!

エキサイティングカー・ショーダウン2013&スーパーGTレース2013に行って来ました!4月5日(金)~7日(日)の日程で、ポートメッセ名古屋(愛知県)で行われました『エキサイティングカー・ショーダウン2013』に、K4-GPセパン24時間耐久レースでクラス優勝をかざった#156ミラジーノと、オートラボにてFJ20エンジンをFJ21ターボ化製作致しましたUS110シルビアを出展して来ました。

5日(金)は『搬入日』です。

同じく岡山国際サーキットで行われている「S-GTレース搬入日」に思いを馳せつつ、2台積みの積載車に出展車輌を積み込んで名古屋まで。いつもは1人でこなしていたショーへの出展ですが、今回は女性メカニックスタッフと一緒ですので心強いです。彼女にとっても、いつもの工場での作業とは違った華やかなショー、今まで見る側だったショーから見せる側のショーに携わった事で、なんらかのプラス要素が作れた事だと思います。



6日(土)は『ショー 初日』です。

一緒にブースをシェアしたS耐2012 4クラスシリーズチャンピオンの藤村選手と、東京オートメッセや大阪オートサロンでもお世話になっているセントラルオートさんと、仲良く物販ブースに商品を並べます。

今回はいつもの商品の他に「オートラボ オリジナルパーカー」や、「オートラボ オリジナルi phone5専用カスタムジャケット」などの商品も増やしました。



US110 シルビアです。外装はほぼオリジナルで、エンジン廻りを中心にカスタムした車輌ですが、予想以上の反響に驚きました。



#156 ミラジーノです。こちらはもはやお馴染みとなった車両ですが、数々の耐久レースで好成績を残した証であるトロフィーも同時に展示しました。


春の嵐が直撃したこの日、かなりの悪天候の中でも会場に来ていただいたお客さまの熱気が、出展者としても嬉しい限りでした。オリジナル商品をご購入頂きましたお客さまにも感謝です!



6日(土)のショー終了の17時から、私は次の仕事場である岡山国際サーキットへ移動する為、チーム関係者の方に迎えに来て頂いて移動を開始しました。女性メカニックスタッフは、一緒に出展した仲間に託し7日のショーもお任せです。

ショーの合間にも、レースの予選内容など情報をネットで調べてはいましたが、移動中の車の中で、接触クラッシュが有った事を知ります。現地で作業するメカニックに電話で状況を聞くと、状況は深刻ではないようで少し安心しつつ、大雨の高速道路での名古屋→岡山の移動を済ませました。



7日(日)は『決勝レース日』です。

テストの時はまだ真っ白だったポルシェに初対面。この日は今年のスポンサーカラーにフルラッピングされた#9「NAC攻殻機動隊ARISE DR PORSCHE」に再会を果たします。

前日の夜に合流した私の為に、朝からPIT作業の流れをみる練習からスタートです。私の今年のPIT作業は左側タイヤ交換担当です。

そして「フリー走行」や、「PIT WALK」などスケジュールをこなし、どんどん気持ちはレースモードへ。



レースは序盤の接触や、終盤の足回りのトラブルを抱えながら、なんとか19位で辛くも完走を果たしました。

このチームはスーパーGTレースとしては、まだまだ若いチームです。NAC(中日本自動車短期大学)の生徒さんをレースメカニックとして育てるプロジェクトも同時進行しています。私としては5年間続けたJLOCランボルギーニから、#9ポルシェに転向し、私の経験を少しでもチームのお役に立てる事ができるよう、心機一転頑張って行こうと思いますので、変わらぬ応援をどうぞ宜しくお願い致します!

今年もGTレースでメカニックが出来るよう誘って頂いた水谷社長、松井チーフに感謝致します。


レース後は、岡山から名古屋へ移動、ショーの撤収作業を済ませて積載車で大阪まで。帰宅はやはり夜中でしたw
関連情報URL : http://www.direction.jp/
Posted at 2013/04/13 15:06:03 | コメント(5) | トラックバック(0) | レース | クルマ
2013年04月05日 イイね!

エキサイティングカー・ショーダウン2013からスーパーGTへ!

エキサイティングカー・ショーダウン2013からスーパーGTへ!本日5日(金)~7日(日)の日程で、ポートメッセ名古屋(愛知県)で行われます『エキサイティングカー・ショーダウン2013』に、K4-GPセパン24時間耐久レースで優勝をかざった#156ミラジーノと、オートラボにてFJ20エンジンをFJ21ターボ化製作致しましたUS110シルビアの出展の為に、女性メカニックスタッフと共に参加致します。

恒例の中古パーツ販売や、新作の「オートラボ パーカー」や「オートラボ i phone5用カスタムジャケットステッカー」などの現地販売も行います!



そして、今回は当ショーイベントと重なってしまい、開幕戦のみ日曜日だけの参加という私のワガママを聞いて貰って、スーパーGTレースにも参加致します。(本日5日は積載車にて名古屋移動&搬入→明日6日はエキサイティングカー・ショーダウンに参加!→終了後に新幹線で岡山へ移動→7日はスーパーGTレース参加!→車で名古屋に戻って搬出&大阪まで積載車で帰宅なスケジュールです。)

今シーズンを通してレーシングメカニックスタッフとして参戦する事が決まった『スーパーGTレース』は、5年間お世話になりましたJLOCランボルギーニチームから、今年は#9「NAC攻殻機動隊ARISE DR PORSCHE」チームに変わり、ポルシェでの新境地のチーム&マシンで、頑張って行こうと思いますので、引き続き応援よろしくお願い致します!!



関連情報URL : http://www.showdown.jp/
Posted at 2013/04/05 10:49:06 | コメント(0) | トラックバック(0) | イベント | 日記

プロフィール

大阪で小さいながらも車屋を経営しています。自動車業界の人間ではありますが、レースや走行会などを楽しむ、一人の車好きとして気楽な感じで参加して行きたいと思いますの...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/11 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

リンク・クリップ

2012年 総集編。。。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2012/12/31 11:39:51
曲がり隊CUP 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2012/11/12 17:35:42
オートラボHP 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2008/06/27 20:16:26
 

お友達

こんな私と絡んで頂けるお友達をたくさん!募集していますので気楽に声を掛けてください。 ♪友達百人出来るかな~?♪
50 人のお友達がいます
T-POWERT-POWER marukos-cafemarukos-cafe
らんぼ88らんぼ88 車のある風景車のある風景
坂もっちゃん坂もっちゃん のんびり行こうのんびり行こう

ファン

31 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ カローラレビン RE-86(ロータリーハチロク) (トヨタ カローラレビン)
大好きなハチロクに大好きなロータリーエンジンを載せたいwっていう簡単な発想から、実際に実 ...
トヨタ プリウス トヨタ プリウス
走行風により生じる空気抵抗を抑える事で、もともと燃費の良いプリウスをより!燃費向上するべ ...
ダイハツ ミラジーノ 軽自動車耐久レース用 ミラジーノ (ダイハツ ミラジーノ)
マッドハウスさん主催のK4-GP(軽自動車耐久レース)用に製作した車輌です。パーツがほと ...
マツダ RX-7 オートラボ air force+ RX7 (マツダ RX-7)
スーパーGTやスーパー耐久などのレースメカニックの仕事で経験した空力を、エアロ開発に用い ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.