車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年05月21日 イイね!
ADAC Zurich 24-hour race ファルケンモータースポーツと優勝マシン来週は、Nurburgring 24H耐久レースですね!

正式にはADAC Zurich 24-hour raceと言うらしい。
保険会社のチューリッヒが冠スポンサーなんですね。

ニュル、ノルドシュライフェの知名度UP、聖地化により
ドイツの山奥で開催されるローカルなイベントが、
凄く有名になってしまったというレースイベントですw

ローカルなレースなので、ピットは複数チームがシェア、給油もスーパーGT等で
使われる給油リグの使用は認められておらず、私達がガソリンスタンドで給油する際に
使用する給油ガンから行われるという、1分、1秒を争うのに、非常に緩い感じw

そんなニュル24H耐久レースに1999年から参戦を続けているのが、ファルケンですね!
タイトル画像のR34GTRはS耐のマシンをベースにNISMOのZ-tuneエンジンを組み合わせて
SHIFTのオペレーションで走らせたマシンになります。RAYSのNT-03がステキです。


そして、このファルケンGTRは表彰台に手は届かなかったのですが、その当時の優勝マシンが、
BMWのE46 M3のGTRというマシンになります。このE46 M3 GTRと言うマシン、アメリカで開催
されていたALMSで打倒ポルシェ911GT3を目標に、シュニッツァーによって仕立てられました。
(このミニカーはニュル24Hでは無くスパ24Hへ参戦したマシンですが・・・)


ただ、このE46 M3 GTRは市販車に無いV8エンジン(P60B40)を詰め込んだマシンであり、
ポルシェからのクレームを受けてALMS(アメリカンルマンシリーズ)から追い出されたのです。
そして活躍する場として白羽の矢が立ったのが、ニュル24H耐久レースだったんですね。
DTMマシンの次はコレかよっていう、反則だよなーって印象のマシンですw


ファルケンは初年度の1999年はR33GTRをKENT Racingによるオペレーションで走らせますが、
2000年はGT選手権のGT500スープラを投入するも、ニュルの起伏に富む路面とのマッチングが
良くないという事で、2001年~2005年は写真のSHIFTによるS耐のR34GTRで参戦でした。
S耐のマシンからすると、Z-tuneのフロントフェンダー、SGT仕様とも違うワイドなリアフェンダーが
マッチョで非常にGTRらしいGTRですよね。カッコ良いマシンです。


ファルケンの参戦ですが、2005年をR34GTRでの参戦は最後となり、2年の休止を経て
Z33 280RSでの参戦になりオペレーションはMOLAでした。
では写真を!と言いたい所ですが、残念ながら我が家にも、ミニカーが無いですw

というわけで、お次は一気に時間が進んで昨年のファルケンポルシェです。
2015年は初めての表彰台に上がったファルケンモータースポーツのポルシェでしたが、
昨年は競争の厳しいGT3なので、相対的にポルシェの戦闘力が低かったですね。

というわけで、シュナーベルのオペレーションによるポルシェ!


そして、昨年の優勝マシンの登場です!
ブラックファルコンのMercedes AMG GT3!HTPとのラスト1周の大逆転劇が思い出されます!


Mercedes AMGはロングノーズが非常に美しいマシンですね。
一般的な大衆車では、とてもじゃないですが許されないパッケージングだと思いますw


そんなロングノーズなので、冷却系にスペース的な余裕があるんですね。
ボンネットを彫り込んで、排熱は完全にボンネットの上からになるレイアウト、カッコ良すぎ!


このミニカーはミニチャンプスです。台座にあるように、AMG GT3も911 GT3Rも、1of250pcs.の
文字があるように、全世界で250台しか発売されないんです。BMW M3 GTRは1632台です。
ここ数年、非常に盛り上がったミニカー市場ですが、価格高騰で縮小しているのかな・・・
10年で、ミニカーの価格は倍以上になってます・・・。中国に人件費高騰、材料費の高騰、
その辺りが理由らしいのですが。さすがに、6000円で買えてたものが14000円となると・・・


レースに話を戻して・・・
今年のファルケンは、シューベルトがオペレーションするBMW M6 GT3との2台体制です!
AMG GT3は今年も強敵だと思いますが、ファルケンにも上位に食い込んでもらいたいです!


そして、上位に食い込んでもらいたいのは、こちらも忘れてはいけませんね!
今年はザクスピードも走らせるので楽しみにしていたんですが、残念ながらキャンセル
まあ昨年型からポルシェと同じく、戦闘力が厳しい状態でしたからね、
でも、このニュースから2018年モデルのGTRは大幅な変更がありそうなので・・・!


では最後に、マシンを並べた写真です。

2004年


2016年


ファルケンモータースポーツ


今回の写真は台座にある販売台数もネタにしたかったので、台座から外さず手抜きでしたw


話題はミニカーから離れて・・・
そんなニュルブルクリンク24H、F1モナコGP、そしてINDY500な来週は非常に大変です!
というわけで、月曜は有給を申請しています!万全なモタスポ観戦体制ですwww

たっくんも、昨日の予選では2位という良いタイム!
今夜のTOP9を決める最終予選も非常に楽しみです。ホンダのエアロ、戦闘力あって良かった!

ですが、元トロロッソのセバスチャンブルデのクラッシュ、INDYではありがちなスナップで、
前から当たるというクラッシュでしたが、スピードが乗っていたので・・・骨盤の骨折との事。
動画見ても、痛そうなインパクトでした・・・

そして、レースでは無いですがmotoGPチャンピオンのニッキーヘイデンが自転車での
トレーニング中に交通事故で脳に重大な損傷との事・・・
990cc時代の有り余るパワーを押さえつけて乗る最後のmotoGP時代のチャンピオンですね。
その後、排気量の縮小、トラクションコントロールの進化で埋もれてしまったのが印象的。
このような怪我だと、回復を祈るのが良いのか非常に難しいと感じます。

そんな、良くない流れもあるので、来週の濃いモータースポーツな週末、楽しく終わりますように!

美味しい牛乳を買っておこうw
Posted at 2017/05/21 23:19:58 | コメント(4) | トラックバック(0) | ミニカーで語ろう | 日記
2017年05月08日 イイね!
ゴールデンウィークを振り返る今日が連休最終日の、やーまちゃんですw
今年のGWは愛媛旅に行ってきました!

本当は厚木基地の春祭りに行ってから・・・
って思っていたのですが、連休前に風邪を
ひいてしまい、そちらは断念しました。。。

愛媛と言えば5年前、後期顔スワップする事になった
出来事が思い出されます…安全第一w

久々のスカイライン、この角度から見るとキャンバーが良い感じ!踏ん張り感が出てます♪

そんな5年前は、雪で行けなかった別子銅山リベンジしてきました。

2012年の四国旅①

2012年の四国旅②
2012年の四国旅③
2012年の四国旅④

別子銅山と言えば水樹奈々のPV撮影ですが・・・
その前から行きたかったんで聖地巡礼じゃないですw


良い雰囲気です!


そして今回、初めて通った、しまなみ海道!このルート、素晴らしい景色でした!!!
車だと写真が撮れないのが本当に残念ですが、瀬戸内海の素晴らしい景色を堪能しました!
次回は、しまなみ海道を目的に旅がしたいなーって思いました。


ぜいたくな悩みですが、長期連休の最終日は気が重いですね・・・w

今回の旅の、風邪で体調が悪かったのもあり写真も雑ですw 
いちおうフォトアルバム
Posted at 2017/05/08 19:13:39 | コメント(1) | トラックバック(0) | スカイライン | 日記
2017年04月18日 イイね!
apr 大走行会@富士ショートコースに参加してきました!今日は有給休暇を取得して、
apr主催の走行会に参加してきました!

サーキット走行、一昨年のニュルブルクリンク以来です!
こう書くと、ワールドワイドな男みたいですねwww

でも、国内のサーキットは10年ぶりという・・・w
何はともあれ、久々の走行会、楽しかった!!!


今回、友人が以前から参加しているGT300のプリウスを走らせるapr主催の走行会に
乗り込んだのですが・・・そんな、マイカーでの参戦は10年ぶりのサーキット走行会でしたが、
前日の夜から、出発時間の朝になっても天気は嵐・・・

というわけで、こんなスケジュールでしたが、雨なので朝の座学は長めになりました。


座学は影山正美選手、昨年ポルシェカップのチャンピオンになりGT300デビューを果たした
近藤翼選手、日産ドライバーデベロップメントNDDPの藤波清斗選手が講師です。


そこで、タイヤの面圧の話や、もっと基本的なアンダー出てクリップ過ぎてもスキール音が
出てるような状況は根本的に操作がおかしいといった話まで聞けました!雨も結果オーライw

で、路面が乾きつつあり、プロの運転による同乗運転から開始になりました。
私が今回、お世話になったのは影山正美選手!プロの運転による同乗は初めてでしたが、
操作のメリハリ、特にブレーキに迷いが無く、自分が如何にあやふやなブレーキしてたか、
気が付く事が出来ました。それと、ケツが出ても意外と安定していますw
この写真は、aprのFacebookから写真を借りてきましたw


路面も乾いてきたドリフトクラスが1クラス、グリップは変態向け1クラス、並み3クラスでした。
富士ショートコースは30度バンクの内側にあります。ぐるっと、バンクの遺構が。


朝の雨が嘘のような快晴の午後は、日焼けで顔が痛いです・・・


というわけで、初めての富士スピードウェイのショートで、10年ぶりの走行会でしたが、
今回のタイムは36秒台・・・ま、こんなもんかw
ESPはスポーツにしてみましたが、普通にケツ出ますがw
V36スカイラインの超安定志向のVDCとは違って、やっぱりさすがウルゴンな味付けです。

それにしても、まったくの買った吊るしの状態でも、油温もブレーキも全く問題無し!
これも、ニュルなメガーヌRSならではって感じでしょうかw

タイヤの状況は・・・フロント


リアは・・・


前後ローテーションしたら、もうちょっと使えるかな・・・ミシュランCUP2

今回一緒に行った3台!手前のローレルは今回誘ってくれた友人で、RB26はエゲツナイ速さw


帰りは、御殿場インターのさわやかで、げんこつハンバーグ食べて帰ってきました!

というわけで、秋にはまた参加しようw
プロが運転する自分の車って、どんな動きをするんだろうって興味がある方、おススメです!
Posted at 2017/04/18 22:35:25 | コメント(4) | トラックバック(0) | メガーヌ | 日記
2017年04月09日 イイね!
F1 中国GP う~ん、バトルが濃いぜ!!! 事前の予報通り雨が絡んだ展開でしたね。

まあ、正直な所・・・
メルセデスとフェラーリの拮抗を見ると、
普通にドライでガチなレースが見たかったなぁ。

どこかが独走な状況だと、今回みたいな
ごちゃっとしたレースで何かに期待をするしか
楽しみも無いのですが・・・w

それにしても、今年のF1は予選が本当に楽しすぎますね!!!
ベッテルでさえ、ビビッてアクセルを戻しちゃったぜ、というコーナリングの速さ!

そして、メルセデスの予選マップの破壊力w
このカウンターはQ3のベストラップの、もう1周前のアタックですけど、まさに速いドリフト!
こんだけスリップアングルついてもベストラップ更新してしまうとはw

でも残念だったのが、開幕戦ではあった1つのセクターをさらに1/10に区切るカラーバーが
国際映像から消えてしまったという事・・・
中継ブースの情報としては見えてそうな感じがしたんですけど・・・
次のバーレーンでは国際映像にも出して欲しいなぁ。


では、今日の決勝を振り返ると・・・

バトルの濃さがヤバイ!!!

DRSの効果が落ちて、見応えの無い順位の入れ替えみたいなオーバーテイクが減り、
これぞ、F1ドライバーの凄さというオーバーテイクが目立つようになったのが素晴らしい!
このベッテルとリカルドのホイールtoホイールのバトル!270kmでタイヤ接触で白煙出るとかw
やっぱり、あなた達は凄いよって純粋に思いましたw


公式から、動画のLINKです!(LINK飛んでください)



でも、そんなバトルの中で、でもやっぱり気に入らないのがフェルスタッペンのコレ。
ちょっと、うまく画像を残せてないのですが・・・コース中央を走る先行フェルスタッペン。


アウトサイドにラインを変えたのを見て、リカルドはインサイドに飛び込んでフルブレーキ。


でも、アンダーブレーキングなのにフェルスタッペンにインサイドへとラインを変えられた事で、
フルブレーキを解除して、アウトサイドに回避、そのブレーキリリースで減速が遅れたので
タイヤロックするリカルド。


というわけで、こちらも公式からの動画を追加(LINK飛んで、6:00~見てください


今年はブレーキング中の進路変更も1回なら認められるようになったんですよね。

というわけで、違反ではなくなったので、何の問題も無いのですが・・・危険には変わり無い。

では、アンダーブレーキングでの進路変更、何が危険なんでしょうか。

まず、タイヤの摩擦円というのがあります。

F1ドライバーのフル制動は、前後方向の制動にほぼ100%割り当ててると思います。
この状態では急に何かを避けようとして舵を切っても、タイヤの性能上、もう旋回には
余力が無いため、ブレーキをリリースして前後のベクトルを戻して、戻した分を旋回分に
割り当てるしかないのです。摩擦円の大きさは決まっているので。

なので、後ろから仕掛けるドライバーは前走するドライバーよりも、グリップ力を制動に
降り分けてます。そこで進路を塞がれれば、今回のリカルドのように、ブレーキをリリースして
減速が遅れた分でロックさるしかない状況に追い込まれます。

なので、このフェルスタッペンのアンダーブレーキング時の進路変更というのは、
相手をコース外に押し出すのと同じ、相手の息の根を止めるディフェンスなんですよね。
なので、多くのドライバーはマナーとして、この手段を択ばないのです。

甘いのかもしれませんが、インを取られたらクロスを仕掛ける、そんなキャッチボールの
ようなバトルが見たいんです。相手を潰すバトルは見ていても・・・

最初に書いたリカルドとベッテルのバトルは、まさにお互いをリスペクトしているから、
相手のスペースを残してるので、素晴らしいバトルになるんです。

1周目のフェルスタッペンの走り、もの凄く魅力的だと思うんですけどねぇ。
相手のドライバーの息の根を止める事故になってからでは遅いんだけどなぁ。

オープンホイールの場合、これがありますからね・・・



息の根を止めると言えば、ホンダパワー!今回もアロンソは入賞圏内を走る激走!!!
でも、あまりにホンダのパワーが凄すぎて・・・左の後輪部分からスモークが・・・


きっと、ホンダのPUが非力というのはフェイクニュースに違いないと確信しましたw
だって、これ以上パワー出たら、マシンがバラバラになっちゃうと思いますw

アロンソの走りを見てると、本気で言うほどマシンは悪くないのでは?って勘違いしてしまうw
でも、バンドーンを見ると、やっぱりこの辺がマシンのポジションなんだろうなぁ。
バンドーンは2戦連続で燃圧が落ちて、アロンソもサスペンションが折れ、ドライブシャフトが
折れて、PUがどうこうだけでは片付けられない、この状況。


そして、レース中に何シテルにも書いたんですけど、ERSのレベルゲージ!
ICEのみの時代は目に見えてる速さ=エンジンの強さだったと思います。
でも、いまのPU時代になって、エンジン部分のICEと、モーター駆動のESの組み合わせが
タイヤに伝わっています。そして、デプロイがどーのこーのって情報はありますが・・・
時々しか出ないんですよね、その情報が。


どんなに凄い事をやってると言っても、それが見えなきゃ、やってないのと同じですよね。
観客視点で言わせてもらうと。

エンターテイメントでオーバーテイクを増やすというよりも、この辺の見える化の方が、
いままだF1を見ている層には喜ばれると思うんですけどねー。

というわけで、今回のレースは雨でごちゃっとしたのでデータで振り返るブログは無いかもw
でも、オーバーテイクも見れて楽しいレースだったので、良しとしますか!
そして、連戦なので来週の日曜も昼過ぎには家でテレビの前を占領という肩身が狭い・・・
Posted at 2017/04/09 19:03:58 | コメント(8) | トラックバック(0) | F1_2017 | 日記
2017年04月06日 イイね!
嘘だと言ってよ、長谷川さん・・・あー、聞きたかったけど、聞きたくなかった。

そんな内容でしたね、長谷川さんの記事。

motorsport.com
【F1】ホンダ「単気筒では素晴らしい
          進歩を遂げていたが……」


というわけで、単気筒試験用エンジン
燃焼室もガラスで丸見えですって💛


思い返すと、2017年の新車レビューのブログで私は、このように書きました。

それなのに、これほどまでに作動しないPUになっているという事は、ホンダの開発環境が
実走行状態を再現できていない、もしくはマクラーレンMCL32のクーリングやハーネス含む
制御関係が開発前提を守れていない、このどちらかだと想像できます。


残念な事に、ど素人の私の妄言が、あながちハズシテ無いのが悲しい。

そりゃあ、さあ。単気筒の燃焼試験エンジンでの開発を終えて、6気筒のエンジンが完成して、
思ったように回らないと認識したのがクリスマスの頃って・・・
もう、そこから2.5ケ月でマシンが完成してなければならない日程じゃないですか。

2017年からトークン廃止って決まったのが2016年の2月ですよ。
ルノーやフェラーリはトークンの縛りがある中でも、ジェットイグニションを入れてました。
それなのに、エンジンが完成したのが開幕の2.5か月前って・・・

オシレーションって言ったって、最大の起振源であるエンジンの固有値が分からなきゃ、
そりゃあマクラーレンだって、駆動系やサスペンションの設計、できないでしょうに。

そもそもホンダからマクラーレンへ、提示できてなかった。そういう事なんでしょうね。

なんか、ガッカリしてしまった。

というわけで、デジタル設計。いんたーねっつ、こんな情報も手に入るんですねー。

自動車用次世代空力・熱設計システムの開発



日産生産方式のグローバル戦略 追浜チャレンジの成果報告




自動車産業における 新車開発期間の短縮


デジタル設計、コンピューターの進化で進んでます。
でも、これだけで100%にはならないんですよねぇ。うーん、難しいね。
Posted at 2017/04/06 23:07:38 | コメント(4) | トラックバック(0) | F1_2017 | 日記
プロフィール
「MONSTERハミチンVerが出るのかー。ロッシVerは運良くゲットしたので、これも欲しいなー!イギリス行かなきゃw」
何シテル?   05/20 10:37
車は純正がイチバンと思っています。 ですが、ナゼだか残念な事に、愛車スカイラインはノーマルとは、 程遠い姿になってしまっています・・・w ブログは、も...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/5 >>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
リンク・クリップ
サーキットで使えるGPSロガーあれこれ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/05/20 09:53:31
できました! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/02/20 00:30:52
最速のストリートサーキット 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/04/10 19:26:22
お友達
実際にお会いした事がある方、もしくはコメント等でやりとりして知り合ってからお願いします。
96 人のお友達がいます
ACCESSEVOLUTIONACCESSEVOLUTION *みんカラ公認 TruthGPTruthGP *
はるまきV36はるまきV36 * ゆういっつぁんゆういっつぁん *
mistbahnmistbahn 斑駒_斑駒_
ファン
58 人のファンがいます
愛車一覧
日産 スカイライン 日産 スカイライン
白の350GT TypeSです。 FACE SWAPにより顔面だけ後期仕様で、 内装と ...
ルノー メガーヌ ルノー・スポール ルノー メガーヌ ルノー・スポール
2015年6月中旬 納車しました ニュルで乗ったR26.Rの素晴らしいハンドリングに魅 ...
日産 ローレル 日産 ローレル
最終型のクラブSターボ タイプXです。 本革+スエードのシート、黒木目がポイントです。 ...
日産 ローレル 日産 ローレル
メダリストVターボです。 エアドレスのフルエアロで、バンパーはインタークーラーの開口部 ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.