• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

やーまちゃんのブログ一覧

2017年07月17日 イイね!

カーズ・クロスロードでMX4D初体験!と、イギリスGP

カーズ・クロスロードでMX4D初体験!と、イギリスGPネタバレ無しですw

というわけで、カーズ3観て来ました!

チケットを予約中、MX4Dのロゴが。

シートが振動して風を感じながら、
水しぶきを浴びて、煙が出るとかw

よーし、+1000円ですが、ポチっとな。

結果:めがねユーザーにはしぶきが・・・

ちょっと考えれば分かる結果に、自分でもガッカリですwww
でも、シートの振動、風のエフェクト、ストロボの演出は臨場感アップで良い感じでした!


カーズと言えば、マックイーンという車がピストンカップで優勝を目指すストーリーですが、
これはNASCARのデイトナ500の優勝を目指す、オリジナルストーリーなわけです。


そんなデイトナ500を題材にした、きっとカーズのスタッフも大好きだったんだろうという映画に、
トムクルーズ主演のデイズオブサンダーがあります。
起承転結なトップガンの自動車版と言えるストーリなんですけど、私は大好きな映画です。

そもそもレースが好きになったのは、この映画の影響があるんです。
というわけで、いまもF1も好きですが、アメリカンなオーバルレースも大好物なんです。

というわけで、カーズ、カーズ3にもあった、オーバル特有のピットインから、同一周回で
ピットアウトするシーンが出てきましたが、その元ネタを紹介しますw

まずストーリーを。
主人公のトムクルーズは、センセーショナルなデビューをするも、スランプに陥ります。
これは、カーズもカーズ3も同じですねw

で、いろいろな助言を得てスランプから復活し、ストーリーも終盤、レースでの展開です。

マシンにトラブルが発生してピットインするシーン。


そして、ペースカーの隊列が迫る!
先頭を抑える赤いペースカーの前で戻らないと、ラップダウン、周回遅れになって、
勝負の権利を失ってしまうのです。


マシンの修理を終え、ピットロードを押されてコースに戻りたいが加速しない!!!


そこでチームオーナーが同じ別マシン担当のスタッフも手伝います!


マシンは加速してコースに戻ります!!!


やったぜ!!!ペースカーの前に戻ったので最後尾ながら同一周回です!!!


同一周回でのコース復帰を喜ぶチームクルーとオーナー!


隊列最後尾に戻るべく、コースを走るメローイエローのカラーリングのシボレールミナ!


そしてグリーンフラッグでレース再開です!!!


ここからの展開は、カーズ3を劇場で観て下さい!
じゃなかったw ブルーレイでデイズオブサンダーを買って観て下さい!!!

そんなわけで、カーズ2で世界に飛び出してストーリーとしては面白かったものの、
アメリカンな雰囲気が薄くなっていた所を、今回のカーズ3では原点回帰というストーリー。

引き際は若者が教えてくれる。
限界って、誰が決めるんだ?
自分の運命は自分で決める。


個人的には大満足な出来栄えでした!



では、少しイギリスGPのネタを。

アロンソのノーパワーの無線に絶望しました・・・
でも、トラブルは燃料系統で、ホンダのスペック3のPUは無事みたいですね。
せっかく今回、30グリッド降格したのに次戦ハンガリーでも、またペナルティか!?って
思いましたが、大丈夫そうで何よりです。
バンドーンのレースペースもウィリアムズ、インドと同等でメルセデスカスタマー勢とは
戦えるレースペースでした。スペック3で、やっとここまで来たかと言う感じですね・・・


そして、今回のレースはボッタスのレースが非常に面白かったですね。
ベッテルは序盤、フェルスタッペンとレースをしていたので、ベッテルは何度も仕掛けるも、
結局、コース上でのオーバーテイクを諦めました。
そこでフェルスタッペンに対してアンダーカットを仕掛けて、フェルスタッペンもカウンターで
タイヤ交換するも、ベッテルのオーバーテイクは成功しました。

しかし、その仕掛けが対ボッタスで考えると非常に裏目に出ましたね。
黄色〇のベッテルのタイヤ交換に対して、緑〇がボッタスのタイヤ交換です。


こうなると、ベッテルは成す術無しです。
このようなストラテジーが違う相手が出て来てしまうと、非常に厳しい。
思い出されるのは可夢偉が表彰台に乗った、鈴鹿でのあのレースです。

あのレースもバトンが変に仕掛けて来なければ、もっと上の順位を狙えたはず・・・

そんな感じで、誰とレースをするか?冷静にターゲットを決めないとダメなんですよね。
まあ、今回のベッテルは、あのままフェルスタッペンの後ろに居て良かったのか?というと、
それはそれで、またラップチャートを分析してみないと見えてきませんw

最後に、F1公式twitterから2枚の写真を。

いやぁ、同郷なのに仲の悪い2人を、こんな放置しなくてもよかろうにwww


その頃、ハミちんはというと・・・


ハミルトンの人気、凄いんですね!
Posted at 2017/07/17 22:58:26 | コメント(5) | トラックバック(0) | その他、興味の有る事 | 日記
2017年07月15日 イイね!

オーナーが変わればF1も変わるんですね♪

オーナーが変わればF1も変わるんですね♪F1 Live London 良かったですね!

バーニー時代はドライバーとファンとの間に壁を作り、
SNSに関しても制限して、ある意味で神格化と言うか、
手が届かない事で、価値を高めていました。

ですが、オーナーがアメリカのエンターテインメント界の
チェイス・キャリーに変われば、そんなのは許しませんw

まあ、オーナーのチェイス・キャリーは、この髭からしてエンターテインメントですw


というわけで、連戦のグランプリのウィークデイに開催された、このイベント!
ドライバーとファンとの距離が近く、新旧のマシンが連なって走るシーンもあり、良かった!


INDY500の参戦で、アメリカでのファンとの近さ、凄く良かったと語っていたアロンソ。
最近はホンダへのコメントも、変わってきましたね。


ボッタスもファンと自撮り中w


マクラーレン、ホンダとの関係改善が感じられる、MP4/6です。
開幕前はザック・ブラウンのSNSの画像にメルセデス時代のマシンの写真を掲載する
なんていう、ガキみたいな嫌がらせをしてた事を考えると、過去のマクラーレン・ホンダを
前面に出してきて、アロンソの発言だけでなく、SPEC3が転換点のきっかけになりましたね。


そういえば、このような市街地でF1を走らせようイベント、日本でもRedBullが開催しましたね!


横浜・元町での開催という事だったので、私も行きました!

しかし・・・

人・人・人・人・人・人・・・・・・

で、音しか聞こえませんでしたw


そんなわけで、F1 LIVE YOKOHAMAなんて期待してしましますw

そんな感じでF1も変わっていますが、フジテレビNEXTも今回のイベント、生中継でしたね!
いやぁ、サービス向上とは程遠い有料放送でしたが、DAZNというライバルの登場で、
フジテレビの焦りも感じます!まあ、ファンの方を向いてのサービス向上は大歓迎ですw



話は変わって、ミニカーネタ。
1000円で買えるチープなミニカーながら、そこそこのクオリティのブラーゴの新作情報です!
この写真の左端のフェラーリSF16-Hが、ブラーゴなんです。以前も登場した写真です。


今年のカタログをチェックしたところ・・・



2017年モデルも、フェラーリとRedBullの発売は確定っぽいですね!

塗装の塩梅も1000円とは思えないクオリティなので、今年もフェラーリはブラーゴでいいかなw

メルセデスは紹介が無いけど終了なのかな・・・


さーて、明日の決勝はQ1でP1だったアロンソの走りが楽しみです!
あっ、30グリッド降格だったwww



Posted at 2017/07/15 23:57:54 | コメント(4) | トラックバック(0) | F1_2017 | 日記
2017年06月25日 イイね!

BS1スペシャル 佐藤琢磨 頂点に挑む2016&優勝への軌跡2017

BS1スペシャル 佐藤琢磨 頂点に挑む2016&優勝への軌跡2017NHKのBS1でやった特番が、非常に素晴らしかったです!

というわけで、紹介したいのですが非常に写真が
多くなってしまったので、フォトアルバムにアップしました。

ポイントは、AJFoytのマシンにはモザイクが無く、
今年のアンドレッティのマシンはモザイクがあるという事。

ワンメイクのINDYCARですが、そこにはマシンセットアップの秘密が詰まってるんですね!

では、肝になる2枚だけブログには貼っておきます!まず丸見えのAJFoytのマシン。


そして、今年のアンドレッティのマシンはカウルが外れた写真は、全てモザイクでした。
モザイク越しに見る限り、メインの左右ダンパーとサードダンパーと言う構成は同じに見えます。


再放送のリクエスト、こちらから!
BS1スペシャル「世界最速レース インディ500~佐藤琢磨 頂点に挑む」

BS1スペシャル「密着!インディ500~佐藤琢磨・優勝への軌跡~」

反日的な番組しか放送してないのかと思ったよ、NHKさんw
わたしの支払っている受信料が無駄に使われて無い、GOODな内容で良かったです!

よーし、バクーのスタートに間に合った!w

↓↓フォトアルバムはコチラから↓↓
Posted at 2017/06/25 22:01:36 | コメント(4) | トラックバック(0) | INDYCAR | 日記
2017年06月18日 イイね!

LeMans24H まさに悪夢

LeMans24H まさに悪夢まさに悪夢。

AM5:00に寝る時は、TS050がワンツー体制で、
どこかで、今年は獲ったなって思った。
そして、4時間ほど寝て起きてテレビを付けると・・・

なんだこれ。何が起きたんだ・・・。
寝ぼけた頭には、夢か?夢なら覚めてくれ。
もう一度寝ようかって思ったw


予選では可夢偉の驚異的なアタックでユノディエールにシケインの無い時代のタイムを超えた、
そんな圧倒的な速さを魅せていた7号車はトップ走行中にクラッチトラブルからのリタイヤ・・・


9号車は一時的に、8号車のハイブリッドのトラブル、7号車のリタイヤで、バンカーとして、
まさかの2位を走行中に追突されバースト。ピットに戻る途中に出火してストップ。
その後、電動パワーで再走行を開始するもバッテリー切れでストップ。


8号車がマシントラブルで後退、7号車、9号車の連続リタイヤで表情失う2人。
右側がTMGとジョイントして現地オペレーションを担っているオレカ代表のショーナック、
左側がTMGのチームディレクターのロブルーペンのこの表情・・・


あぁ、既視感のある光景だ・・・

2016年、残り3分30秒の悪夢。



私が仮眠の為にテレビの前を離れた、この時間まで速さも流れも完全にトヨタでしたね・・・。


今年のTS050の速さは本当に圧倒的でした。トヨタのマシン開発、凄かった事が想像できます。
でも、レースに勝つというのは本当に難しい。

AUDIの撤退、ポルシェは2台体制、そのなかでも今年はトヨタは3台体制でした。

ルマンの鉄則。1台はマシントラブル。1台はクラッシュなどのアクシデントで失うもの。
だから3台体制での参戦じゃないと勝てないのがルマンという事でした。


だからこその3台体制を準備した。
なのに、今年はトラブルで2台を失う事に。
完全新造なTS050で、懸念はマシントラブルを出さない事でしたが、まさにそこにハマった。
でも、これも攻めた結果です。前年型のマイナーチェンジで失敗した2015年。
そして、敵の戦力は減少したものの攻めたマシンを造ってきた今年。

この悔しさは全てが伏線だ。365日後、楽しみにしてます。章男社長!!!



Posted at 2017/06/18 11:30:12 | コメント(6) | トラックバック(0) | 海外レース | 日記
2017年06月11日 イイね!

INDY TEXAS600 いつものたっくん・・・

INDY TEXAS600 いつものたっくん・・・今朝はINDYテキサス600でした!
北米ながらナイトレースという事で、
日本時間だと9:00からという優しさw
ですが、レースの展開は激アツでしたね!

残念ながら、たっくんの結果は・・・
いつもの、たっくんに戻ってしまいましたw
2位じゃダメなんですwww

さて、今回のテキサススピードウェイは、1周の距離は中間的な1.5マイルオーバル、
バンクは勾配の大きく、ハイバンクというレイアウトです。

このハイバンクオーバルというのは、INDYにとって、いわくつきのスピードウェイになるんです。
というのも、CART時代にバンクが大きく、速度を落とさずに周回できてしまう事で車速が伸びて
強烈なGでドライバーの視力や意識に障害を生じるという事で、キャンセルされたのです。

NASCARの場合、マシンの運動性能がINDYと比べると劣る為に、バンクを大きく設定して、
集団で走るパックと呼ばれる展開をコースレイアウトからも作り出しています。

しかし、マシンの運動性能が高いINDYにとって、ハイバンクでパックになってしまうのは、
オープンホイールの宿命として、タイヤとタイヤの接触があるので、あまり歓迎できません。
いまのマシンは大きなサイドポンツーンや、後突での舞い上がりを避けるバンパー付きの
デザインになっているのですけど。

そんなわけで、INDYがハイバンクオーバルを走る場合はダウンフォースを少なめに設定して、
運動性能を制限したり、なるべく重大なアクシデントは避けるようにしているのですが・・・

今回のレースはパックレース、非常にヤバイ展開で、変な汗が出るぐらい大興奮でした!


では、動画からキャプった画像を並べてみます!残り11周からです!

たっくんのレース、ここまでの過程はピットで当てられてフロントウィングの脱落、周回遅れに
なって、今回はダメかもって所からラップバック、トップ5に戻ってきて、この動画が始まります!

これ、インディとは思えません!NASCARのような3?4?5?ワイドですねー、これは怖い!!!
あ、台数が少なく感じますが、それだけここに至る間に、いろいろあったという事ですw


青と白のマシンだらけで、どれがたっくん?状態なので、名前を書いてみました。

琢磨:青と白のバランスが中間的
ディクソン:琢磨に非常に似てるけど、リアウィングに黄色が
カナーン:ほぼ青


2ワイドの2列から、琢磨がアウトサイドから1列目に対して3ワイドを仕掛けます!
この少し前に、ニューガーデンが3ワイドから姿勢を乱してクラッシュしてたのに・・・!


キターーーーー!今日のたっくん、まじでINDY500初制覇で生まれ変わったかも!?
って、思ってしまうこの展開!!!ちなみに、ここから赤丸がたっくんです!


マシンが決まってるし、琢磨の走りもヤバイ!!!でも、インディで3ワイドは怖い!!!


今日のレースで、アウトサイドに強いのは琢磨とカナーンでしたねー。
そして、琢磨とカナーン、良い意味でも悪い意味でもレースを盛り上げました・・・苦笑


そして、インに降ります!この選択が結果的に本日のターニングポイントに・・・


アウトサイドからの攻略は諦めてインに降りたものの、前はパワー、アウトにディクソン!
このトラックは、トップ2の2台になる事が重要なんですが、どうしても前に出れない!


最後のイエローの前には、2位に上がってたんですけど・・・
鉄壁過ぎる、パワーとディクソンの壁!!!
でも、この光景はインディ500でも見たし!ここから大逆転したし!イケるよ!!!


あーーーーー、ディクソンに寄せられて、イン側にマシンを落とした琢磨!!!!!!
カメラの切り替えのタイミングが微妙過ぎですが、ディクソンの寄せがキツイ!!!
このカメラに切り替わる直前、1つ前の上の写真辺りで、じわりとディクソンが寄せてる。


スピンモードです。まじかーーーーーーーーー。


Hahaha、寄せたディクソンも巻き込んでやったぜ!!!


シリーズタイトルを考えたレース、期待したかったけど・・・
それを琢磨に期待してはダメなのかなぁ。うーーーーーん、やっちまった!!!


まあ、これが琢磨だよね!いい意味でも、悪い意味でもw


こんな感じで、展開を予習してから、動画をどうぞ!
こんなパックな展開のインディのレース、そうそう見れないと思います!
たぶん、今年の結果から来年は、また規制がキツクなりそうな気もします。
正直、見ていて怖かったですし。でも、面白いんですよね・・・


終盤の12周分です!
動画をキャプチャーしたのは、こちらの動画からです!
いきなり見ると、どれが琢磨だよ!!!ってなると思いますが、上の解説を見た後だと、
琢磨のレースが浮き出て見えるはずですw


今年のINDYCAR、優勝者が複数いるので、まだポイントが散っています。
なので、インディ500で優勝した琢磨、シリーズタイトルも狙える位置に居ます。
シリーズタイトルを狙って欲しい。でも、その為にポイントを稼ぐ琢磨を見たいか?
そう自問した結果、私の結論は・・・
NO ATTACK,NO CHANCE だぜ!

コントラスト高めですが、ナイトレースの雰囲気、良く出てる1枚で〆たいと思います。


Posted at 2017/06/11 22:31:04 | コメント(4) | トラックバック(0) | INDYCAR | 日記

プロフィール

「フェラーリは開幕直後のレースペースの良さが失われましたねー。アリソン離脱はロリーバーンが復帰したから影響ない、なんて言ってたけど、やっぱりこのマシンはアリソンの置き土産なんだね。ま、誰とレースをするか?2人を相手に戦うのは難しいというストラテジーの面白さが見えるレースでした!」
何シテル?   07/16 22:55
車は純正がイチバンと思っています。 ですが、ナゼだか残念な事に、愛車スカイラインはノーマルとは、 程遠い姿になってしまっています・・・w ブログは、も...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/7 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

リンク・クリップ

サーキットで使えるGPSロガーあれこれ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/05/20 09:53:31
できました! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/02/20 00:30:52
最速のストリートサーキット 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/04/10 19:26:22

お友達

実際にお会いした事がある方、もしくはコメント等でやりとりして知り合ってからお願いします。
96 人のお友達がいます
インフィニティG25インフィニティG25 * ACCESSEVOLUTIONACCESSEVOLUTION *みんカラ公認
けいぞおけいぞお 斑駒c斑駒c
はるまきV36はるまきV36 RallyeRallye

ファン

60 人のファンがいます

愛車一覧

日産 スカイライン 日産 スカイライン
白の350GT TypeSです。 FACE SWAPにより顔面だけ後期仕様で、 内装と ...
ルノー メガーヌ ルノー・スポール ルノー メガーヌ ルノー・スポール
2015年6月中旬 納車しました ニュルで乗ったR26.Rの素晴らしいハンドリングに魅 ...
日産 ローレル 日産 ローレル
最終型のクラブSターボ タイプXです。 本革+スエードのシート、黒木目がポイントです。 ...
日産 ローレル 日産 ローレル
メダリストVターボです。 エアドレスのフルエアロで、バンパーはインタークーラーの開口部 ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.