• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

藍色のドロップのブログ一覧

2017年06月12日 イイね!

純正アルミホイール☆

新品夏タイヤにする前にやりたかったこと。
純正アルミホイールの再塗装。



買ってから10年、純正ホイールにはスタッドレスを履かせて冬に使っていたので
こんな感じで塗装が腐食していました。

今回、新品夏タイヤを組むにあたって再塗装してもらう事に。
業者に送って1ヶ月くらい。



綺麗になって戻ってきましたー(*´∀`)
あと、1本だけ内側のリムに歪みがあったらしく、それも修正。

早速、タイヤを組み込みました!



センターキャップは後期型用を。
ホイールがちょっとピカピカ過ぎるかな(;´Д`)
でも、元々色の違いがあったので、こんなものでしょう。

ちなみに・・・



タイヤはブリジストン・ポテンザRE88。
2005年製ですが、倉庫保管の未使用品です。
なぜ、このタイヤなのかと言うと、カタログをよーく見ると履いてるんですね。
多分、新車時にはこれが装着されていたんじゃないかと。



かっこいい(*´∀`)
やっぱり、綺麗な純正ホイールは良いですね。

そして、タイヤが185/65R15のスタッドレスから195/60R15の夏タイヤになったわけですが、走行してみるとスタッドレスと同じ感触。

ほぼ左流れなし。

多分、何も言わなければ運転しても気が付かないレベル。
10年目にして、やっとここまで・・・( ;∀;)
結果的には以前履いていた夏タイヤにも問題があったんですね。

そして、あとはキャスター角の修正をすれば完治ですかね。
とりあえず、現状で走る分には問題ないので急いでやらなくても良いかなという感じ。
ホイールの再塗装に結構お金掛かったので、お財布と相談です・・・。
Posted at 2017/06/12 21:49:21 | コメント(1) | トラックバック(0) | エテルナZR-4 | クルマ
2017年06月04日 イイね!

原因☆

このところ、暇を見つけてはエテルナさんの左流れ検証作業をしていました。
車体側で個人で出来ることはやり尽くしたので、あとはタイヤ。

今までスタッドレスを履かせていた純正アルミに今度は新品夏タイヤを履かせるために現在準備中。
ということで、現在、夏タイヤの古いダンロップLM702が付いているOZクロノにスタッドレスを履かせてみました。



LM702は純正サイズの195/60でしたが、スタッドレスは185/65だったりします。

これで走ってみると・・・

ほぼ流れるのが収まった!

今まではスタッドレスでも症状が出ていたので、色々やったことも無駄ではなかったみたいです。

しかし、治ったわけではありません。
これでわかったことがありまして、
それはセルフアライニングについて。
ステアリングを切ったあと、手を放すと勝手にセンターに戻る機能ですが、
右折後はしっかり、戻ってきますが、左折後は途中までしか戻ってこないことが判明。

これは、やはり・・・
ということで、正確には測れないのですが、キャスター角を確認。
ジャッキアップ状態ですが、
右 5°30'
左 4°24'
ほぼ、1°くらい差があります。

メーカー基準値は2°±30' なので、正確に測れていないにしても、キャスター角が付き過ぎている可能性があります。
そういえば、ホイールベースも諸元値2600mmに対して右2618mm、左2613mmと10mm以上長い。

鍵になるのはキャスター角とホイールベースのようですね。

これを修正するにはメンバー位置を調整するしかありません。
ちょっと、ロワーアームが取り付けられているクロスメンバーの状態を目視確認。



これは右側のモノコック取り付け部。



同じく左側。
・・・モノコック取り付け部のブッシュに隙間が( ゚д゚ )
これ、接地状態でも変わらず。

やっぱり、クロスメンバー交換ですかね。
去年、中古のクロスメンバーは確保しているのですが。


とりあえず、これで原因がはっきりしました。
あとは、ディーラーにお願いするだけです。
とは言え、結構お金掛かりそうなので、夏のボーナスがどれくらい貰えるかですねぇ・・・。
Posted at 2017/06/04 17:56:41 | コメント(0) | トラックバック(0) | エテルナZR-4 | クルマ
2017年05月28日 イイね!

ステアリングラックのすきま☆

以前に左流れについてディーラーで診てもらったときの見解では
左折時にステアリングラック自体がズレて、元に戻らなくなるからでは?
と言われていました。

気にはなるので、できる範囲で対策をしてみることに。



これがステアリングラックを固定しているブラケット部分。
右へ全開状態ですが、ゴムブッシュに隙間が出来てますね・・・。
1mmくらいはありそうです。

ということで、ブラケットを外してみます。



E39Aの場合、メンバーと車体を繋ぐガゼットというプレートを外して、スタビライザーをブラケットだけ外してずらすとボルトを緩められます。
しかし、ブラケットを取り出そうと思ったら、4WSの配管と知恵の輪状態で無理でしたw
この辺りは三菱クオリティですかね(;´Д`)

仕方ないのでこの状態で、例のものを。



厚さ1mmのゴム板。
これをブラケットとブッシュの間に挟み込んでみます。



ぴったり隙間が無くなりました(反対側は余ってますが・・・)

さて、これで、どんなもんかな・・・とテスト走行。


・・・変わんねー(;´Д`)

ま、まぁ、マイナスの効果は無いと思うのでこのままにしておきます・・・。
Posted at 2017/05/28 17:34:28 | コメント(0) | トラックバック(0) | エテルナZR-4 | クルマ
2017年05月26日 イイね!

アライメント続き☆

前回、フロントのトーをゼロにするため簡易的に測定してみましたが、
今度はリアのトーを測定するために、ちょっと道具を作ってみました。

タイヤ高さの中心の間隔を測るためには、結局トーインゲージのようなものがなければ測定できません。
ということで、材料を用意。



ダイソー屋さんで540円。



いきなり、完成w
ブックエンドに両面テープで定規を接着。
ゼロ点を合わせてメジャーも接着。

使い方は・・・




定規を片側の測定点に固定して、反対側の定規も測定点に合わせて数値を読むだけ。
画像ではテープだけですが、ブックエンドに重りを置く等、しっかり固定しないと誤差が出ます。

フロントをもう一度測定してみました。
前側1473mm、後側1476mm。
前回の誤差の分かな。
ということで調整して、前側1474mm、後側1475mmに。

リアの方は前側1456mm、後側1458mm。
イン2mm。良いところかなぁ。


一方、キャンバーですが、
ちょっと、単位を勘違いしてました(;´Д`)

メーカー基準値は0°30'±30'

手持ちの角度計で測ると-0.6°
これを度分秒に換算しないとダメなんですよね・・・。

換算すると、-0°36'
そもそも、基準値はプラスなんですよねぇ・・・。少し立てた方がいいかな・・・。

リアの方はメーカー基準値は-1°00'±30'
測定値は-1.6°だったので換算して、-1°36'
ちょっと、基準値から出てますけど、リアだし、これはこのままでいいかな。

キャンバーについては少し様子を見ましょう。
Posted at 2017/05/26 20:59:31 | コメント(0) | トラックバック(0) | エテルナZR-4 | クルマ
2017年05月20日 イイね!

アライメント再び☆

前回、ステアリングのセンターを出して、走行してみて感触でトーを調整して終わっていました。

これはこれで、いいかな・・・と思っていたんですが、試しにトーゼロにしてみることにしました。
ショップとかの4輪アライメントもトーゼロが基本みたいですし。

どこかで4輪アライメントやって貰おうかとも思いましたが、どちらにせよトーしか調整箇所無いので自分でやってみることに。

どうやってやるのかというと・・・



こんな感じw
タイヤのトレッド面の中央付近の溝同士の距離を前側と後側で測ります。
空き缶は高さを合わせるためです。
これで、前側が広ければトーアウト、後側が広ければトーインというわけです。

ちなみに本来はタイヤの高さの中間点で測らないと正確ではありません。
中間点より下側に行けば行くほど前後の差し引きの値が小さくなります。
ただし、トーゼロの場合はどこで測っても差し引きはゼロになるはずです。

ということで、まず現状の測定結果
前側1475mm、後側1486mm。
差し引き11mmトーインということです。(正確にはもっと差があるはず)

メーカー基準値は-3~+3mmなので、激しくトーイン( ゚д゚ )

整備書によるとタイロッド1/2回転で約6mm調整できるとあるので参考に調整。

そして、調整後に再び測定。
前側1476mm、後側1477mm。
まぁまぁ、測定誤差もあるでしょうから、これで良いところかな。

だいたいトーゼロになったところで念のためキャンバーを確認。



右側-0.6°



左側-0.5°

こちらもだいたい良いところかな。
メーカー基準値は0.3°±0.3°なので一応基準値内。
車高が下がっている分、キャンバーが深くなるのは仕方ない。

ちなみにトーはゼロでもキャンバーが付いているのでサイドスリップはゼロになりません。
このネガティブキャンバーを打ち消すためにトーアウトにする必要があります。
トーゼロが良いのか、サイドスリップゼロが良いのか・・・(;´Д`)
車検ではサイドスリップゼロに調整されちゃいますけどね。
今回はトーゼロ優先で行きます。


さて、効果の程は・・・ということでテスト走行。
街乗りから郊外走行まで気が付いたら80km近く走ってましたw
なぜ、こんなに走ったかというと、効果覿面だったからです。

結果から言うと完全に症状が消えたわけじゃないのですが、
ハンドルを持っていかれる力が弱まったので運転していて楽。
路面状況によっては全く流れないこともある。
それでも、左折後に若干左流れが残るんですが。

4輪アライメントを業者でやって貰うと数万円取られるわけですが、
それで、この結果だと辛いですが、
自力でやって、ここまで効果があると満足かも。
気が向いたら、リアもやってみようかな。

Posted at 2017/05/20 21:32:47 | コメント(2) | トラックバック(0) | エテルナZR-4 | クルマ

プロフィール

三菱の車に乗ることが生きがい。 SKE48が心の支え。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/7 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

リンク・クリップ

五十嵐裕美オフィシャルブログ「GIRL'S MAGIC」 
カテゴリ:オフィシャルサイト
2013/03/16 11:40:53
 
SKE48 OFFICIAL WEB SITE 
カテゴリ:オフィシャルサイト
2011/11/20 18:41:52
 
藍色のドロップ (aiirodrops) on Twitter 
カテゴリ:ブックマーク
2010/06/05 11:03:54
 

ファン

15 人のファンがいます

愛車一覧

三菱 エテルナ 三菱 エテルナ
2007年2月購入。たまたま見ていたネットの中古車検索で発見。あのエテルナでサンルーフが ...
三菱 パジェロ 三菱 パジェロ
2016年8月納車。初めての新車。初めてのディーゼル車。 三菱自動車がニッサン傘下になる ...
三菱 アイ 三菱 アイ
2015年8月~2016年8月まで所有していました。エアトレックの車検切れの12月までに ...
三菱 エアトレック 三菱 エアトレック
2014年11月~2015年8月まで所有していました。三菱車、AT、4WD、サンルーフ付 ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.