• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

グループA万歳のブログ一覧

2018年01月01日 イイね!

2017年の最大の出会い。

2017年の最大の出会い。みなさま、明けましておめでとうございます。

あっという間に過ぎ去った2017年ですが、私にとって一番大きなクルマ関係の出来事といえば、憧れのパトリック・スナイヤーズ氏にお会いできたことです。
Gr.A全盛期といえば、マルク・デュエツ、ベルナール・ベギン、フランソワ・シャトリオ、そしてパトリック・スナイヤーズといったローカルヒーローが時としてリザルト上位に上がってくるという醍醐味まだあった時代です。

そんな「ヒーロー」の中のお一人に、ベルギービールでホロ酔いの中、ラリーに関していろいろお伺いできた一部をお届けします。

************************************************

私:まず一番お伺いしたかったことをお聞きしたいと思います。
いままでたくさんのラリーカーに乗られてきたと思いますが、どのマシンが一番好きですか?

パトリック・スナイヤーズ氏(以下PS氏):どのマシンもそれぞれに特徴があったけど、一番印象に強く残っているのはランチアデルタS4かな。

私:デルタS4は本番では乗られてませんでしたが?

PS氏:037で走ったシーズンオフにカナダでのデルタS4のテストの合流したんだよね。
1日しか走れなかったけど、あのパワーで4WD、楽しかったなぁ。

私:同じランチアでは037はどうでしたか?

PS氏:後輪駆動で面白い車だったけど、デルタS4の方がエキサイティングだったね。
でも、037で走ってるときはドライビングを楽しめたよ。
タイムは悪くても後輪駆動は楽しいよね。

私:駆動方式によって好みはありますか?

PS氏:よくできたFFは楽しいし、FRはドライビングが楽しいけど、やっぱり4WDだね。
一連のWRカーはよくできてたし安心して踏めたからストレスがたまることは少なかったね。

私:私はGr.A時代からWRCにのめりこんだのですが、1989年が2WDと4WDの覇権争いの天王山だったように思います。
あなたはちょうどE30M3とST165に前後して乗られていますが、Gr.Aの印象はいかがですか?

PS氏:当時のGr.AはBカーに比べるとパワーがなかったからリスキーだったね。
市販車ベースでサスペンションストロークにも限界があったしね。

私:ローパワーだとリスクは少ないのでは?

PS氏:それは逆でね。
ローパワーだからタイムを出すためにはブレーキをギリギリまで遅らさなければいけないんだ。
コーナーリングスピードを落としたらストレートでは挽回できない。
だから、リスクを承知で限界ギリギリのスピードでコーナーに進入しなければならないんだ。
Gr.BとGr.Aで同じタイムを出すのに冒さなければならないリスクは全然違うんだよ。

私:なるほど、観てるのと乗ってるのは全然違うんですね。

PS氏:そうだね。
だから、S2000やR5のマシンもあまり好きではないんだ。
若いドライバーはR5マシンをドライブするときにやはり大きなリスクを冒してるよね。
だからクラッシュした時のダメージも大きい。
あまり健全な姿ではないと思うね。

私:そういう意味でWRカーは良いマシンだったですか?

PS氏:そうだね。
パワーもあってサスペンションもよく動いて、乗りやすいマシンだったよ。

私:そんな中、あなたはGr.Aのエスコートでサンレモ2位という成績を収めてますが。

PS氏:うん、Gr.Aの最大の功績はある程度だれにでも優勝のチャンスを与えられたことだね。
Gr.BもWRカーもそういうわけにはいかなかった。
お金のあるチームが絶対的に有利だったし、プライベーターにはチャンスが少なかった。
Gr.Aは車のレギュレーションが厳しかったので、チーム力の差は出にくかった。
もちろん、サファリとかは全く別世界だけどね。

私:そういうイコールコンディションという意味では、Gr.Nはどうですか?

PS氏:Gr.Nはつまらないよ。
遅いんだもの(笑)

私:でも、裾野を広げるという意味では意味がある?

PS氏:もちろん、それはそうだよね。
あと、自動車メーカーにとっても大切なカテゴリーだったと思う。
インプレッサやランサーが市販されてたというのは凄いことだと思ってるよ。

私:これからのモータースポーツはどうなっていくんでしょうね?

PS氏:そんなのは知らないよ(笑)
でも、この前乗ったトヨタ86 R3みたいな車は良いよね。
入門としてはやっぱりFRだと思う。

私:やっぱりFRが基本ですよね!!!

PS氏:うん、遅いけどね(笑)
でも、クルマの挙動を理解するのは一番だと思う。
あと、絶対的に運転して楽しいしね。

私:ですよね!!
私も今ダートを走るレンタカーイベントを計画してまして、レンタカーとしてE36を考えています。

PS氏:いいんじゃないかな。
あとは、エスコートMk.IとかMk.IIとか、ボルボ240とか740とかね!

私:古いエスコートなんて日本ではお宝すぎますよ!
ボルボも日本にはATしか入ってきていなくて…

PS氏:そうなんだね~。
でも、日本には良い4WDがたくさんあるじゃない。
特にスバルはどれもノーマルでダート走れる良い車だよ。

私:ありがとうございます、大変参考になります。
ところで、失礼かもしれませんが、40年近くもラリーに参戦してこられて飽きませんか?

PS氏:(笑)
まったく飽きないね、というか、あと20年ぐらいはラリーやりたいと思ってるよ!

私:いつかラリーを観に行きたいと思います!
ありがとうございました!!

************************************************

ということで、今年は新しいことにチャレンジしたいですね!!
特に、丸和さんでのダートレンタカーとか。
毎年言ってる気もしますがね…(笑)

ということで、今年もよろしくお願いいたします~!
Posted at 2018/01/01 03:50:35 | コメント(3) | トラックバック(0) | ラリー | 日記
2014年01月16日 イイね!

モグリからの脱却。

モグリからの脱却。ついにライセンスが来ました~。
なんだかんだで結構嬉しかったり。

ということで、BICCにもエントリーしちゃいました。

人生初ラリーがBICC。
それもいままでやったことないコドラで。

えらいこっちゃ。

あ、そういえば、スベルノスキーもエントリー少な目です、今のところ。
このままだとお腹いっぱい走れてゲップが出ちゃいそうww
Posted at 2014/01/16 07:19:10 | コメント(9) | トラックバック(0) | ラリー | 日記
2012年09月02日 イイね!

違和感。

違和感。今日はGun-megaさんのラリーの応援に佐野まで行ってきました。
とはいえスタートのみで申し訳ないのですが~。

で、その帰りのコンビニで読んだオートスポーツのコラムにこんなことが書いてありました。

某元ラリーストのライター氏曰く。

「最近の若者はラリーに対する情熱が欠けている。借金してまで車を作って走りこまねばならない時が必ずあるのだ」云々。


はは、無理っしょ。


若者の情熱の前に、今のラリーがそこまで魅力的かって。

全日本ならいざ知らず、イーストなんてエントラント以外には関係者と友人しかいませんよ。
それも夜のスタートで朝ゴールでしょ?
ドラキュラかよ。

車だって、Gun-megaさんのSaxoが素人目には一番カッコいいんすよ。
その他数台のカラーリング車輌を除いては、あとはポンコツ。

外装にかける金があったら走りこむべき。

はいはい、そうですね。

で、全日本ラリーの底辺を支える地区戦は、かくして解体屋目前のクルマの晴れ舞台になりました。

あぁ、だからスタート時刻は人目をはばかる午後7時なのね。
そりゃ、日の光にさらされたら直視できない車ばっかりだもんな~。

当然、上記すべては素人目線です。
でも、ラリーを始める前の、免許を取る前の子供たちはみんな素人なんですよ。
彼らにあこがれられない車で何がラリーの将来か!!!

全日本は将来がないから、その労力で海外ラリーを目指そう。
これ、本気でラリーやる人の合言葉ですよ。

で、海外でラリーやるためには運転技術はもちろん、会話力・プレゼンテーション力・プロモーション力・マナー・身だしなみなどすべてが求められるわけですよ。

日本にこれらを育てられるラリー、いや、モータースポーツがありますか?

「情熱が欠けている」だと?

不平不満を言う前に、わが身を反省せいよ!!!!
あなた方がきちんと育てなかったから、今国内ラリーは瀕死なんですよ!!


それでもね、地方戦でもラリーのスタートは感動するんです。
それだけに、ジリ貧の将来を目の前にして「時代かねぇ」なんて考えてる関係者に腹が立つ。

だからね、RFANのレンタカー「人民エボ2号」はカッコよく変身するんです♪

レプリカしてないマシンをお客さんに貸せますかっつーの!

ちょっと酔っぱらっていてすみません。
でも、今夜は日が昇る前に寝るとイヤな事が起こる予感がするもんで…
Posted at 2012/09/02 03:00:40 | コメント(9) | トラックバック(0) | ラリー | 日記
2012年03月11日 イイね!

集えレプリカ乗り! (新井さんトークショー@横川SA)

集えレプリカ乗り! (新井さんトークショー@横川SA)久しぶりのみんカラ更新です。
いや、マジで久しぶりだわ。

再来週からは少し落ち着くかな~。
ドラパレの告知もしなきゃですし、その前にスベルノスキーの順位やらスタキンやらも…
あー、ダイスキー氏に怒られる…

さて。

3月18日の横川サービスエリアで新井さんのトークショーがあります。
レプリカ乗りの皆さん、見に行くとひょっとして特別な場所に並べさせてもらえるかもですよ?

【下り線】
◇WRCドライバー新井敏弘選手トークショー
 9:45~10:15
 新井選手愛機のラリー仕様インプレッサの展示いたします。

【上り線】
◇WRCドライバー新井敏弘選手トークショー
 15:00~15:30
 新井選手愛機のラリー仕様インプレッサの展示いたします。

で、私もちょっとした打ち合わせの為に下り線のトークショーを見に行こうかな、と。

あ、あと、林道ファン、ラリーファン、レプリカ乗りの皆様。
モントレー2012 in 渋川 (7/27~29)は予定を空けておいて下さいませ♪
ひょっとするとイロイロひょっとするかもしれませんので。
Posted at 2012/03/11 01:30:36 | コメント(2) | トラックバック(0) | ラリー | 日記
2011年12月04日 イイね!

群サイ冬フェス、終了~!!

群サイ冬フェス、終了~!!二年ぶりの観戦になりました群サイのラリーフェスタ、今年は満喫させてただきました~。

今回は、枯れ木も山の賑わいで恥ずかしながらレプリカ展示の末席に並ばせていただきましたし、お陰でGr.A撮影会も開催できました(笑)
最後には少し離れた場所での勝手にジムカーナ(もちろん許可いだたいてます)で遊ばせていただきました。

友人のレガシィ(91コルスのシャトリオ号)、実車かと思うほどのエキゾーストノート!!!

今回初めてお目にかかった学生さんの90年アクロポリスラリー仕様のレガシィも良かったなぁ。
若いのにGr.A好きとは見所があります(笑)
いや、それはそれでヤバいのか???

レプコン優勝もお友達のC4が獲得できましたし、なかなか充実したラリフェスでした~♪

が。

この写真の御仁。
人が撮影ポイントに定めた目の前に登場して、なんの確認も無くいきなりビデオ回し始めたんです。
おまけに、マーシャルの指示にもブツクサ言ってるし。

だいたい、ラリフェスで傘????
女性子供なら分かるけど、大の大人が雨具も持たずに傘ですか??

想像力の欠如ってのは、ラリーファン云々の前に人間として絶望的に恥ずかしいですねぇ~!

一応、武士の情けで目線だけは入れてやったよ(笑)
こういう人が増えると困るんだよね~。
Posted at 2011/12/04 00:20:03 | コメント(1) | トラックバック(0) | ラリー | 日記

プロフィール

「B枠も満車になりました~!! http://cvw.jp/b/408909/40984747/
何シテル?   01/14 23:31
ラリーとダートラを生きる糧とし、MotoGPとトライアルをこよなく愛し、旧車に憧れ、たまにホットロッドとチバラギ仕様に浮気しそうになる日本男児36歳。 一...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/1 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

リンク・クリップ

RFAN 
カテゴリ:自分のホームページ
2009/04/03 03:11:53
 
Gruppo 44 
カテゴリ:自分のホームページ
2009/01/01 23:29:31
 

お友達

現在のところお友達は募集しておりません。
せっかくお友達になっていただいても、コミュニケーションが疎かになってしまうと申し訳ないので…

基本的には、実際にお会いした方にこちらからお声を掛けさせていただいております~。
ご理解のほど、よろしくお願い致します!!
206 人のお友達がいます
雪風@ZZT231雪風@ZZT231 * シモジマトーチカシモジマトーチカ *
ゆうタロンゆうタロン * 同行二人同行二人 *
yohei nishinoyohei nishino take☆take☆

ファン

109 人のファンがいます

愛車一覧

フォード その他 フォード その他
20年越しの夢のクルマ。
ホンダ S2000 ホンダ S2000
現在冬眠中 ← 私にとっては唯一無二の愛車です。エアコンもオーディオも幌もありませんが、 ...
BMW 3シリーズ クーペ BMW 3シリーズ クーペ
S2000の重メンテナンスを行う間のアシ車として購入しました。 条件としては、以下の5 ...
ホンダ S2000 ホンダ S2000
街乗り&ちょこっとサーキット仕様でしたが、現在の不便な車と二台のうちの一台を手放さなくて ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2009年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2008年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.