• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

グループA万歳のブログ一覧

2009年03月29日 イイね!

グラベルテスト!

グラベルテスト!ブラウンGPが予選1-2でホンダの立場はどうなってしまうんだと少し心配してしまう今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか?

さてさて今回は、深遠にして壮大なる「果たしてスタッドレスでグラベルはどれほどイケるのか?!」という、テーマに挑戦した結果のレポートをお送りします!
ドンドンパフパフ~!

結論から先に申し上げます。

「かな~りイケる!」です!

走った場所の路面コンディションは…
①こぶし大の石が点在するかなり深いグラベル
②ゆるいコーナーの続くアップダウンのあるコースが半分
③ツイスティなタイトターンの連続が半分
という感じでした。

これは、どちらかというとラジアルで走るのは敬遠したいコンディションですね~。
スタッドレスはラジアルに比べてサイドウォールとかも柔らかいのだと思いますので、よりバーストなどのリスクは高くなる方向だと思います。

まあ、野沢に向けてのテストということで、安全マージンをとりつつ走ってきました~。

FRなのでテール振り振りの走行でしたが、コーナーに突っ込み過ぎても刺さる前に止まってくれますし、深いグラベルでもなんとかスタックせずに走ってくれました。

私も今までは本格的なグラベルはラリータイヤで走ってきましたので、スタッドレスでかようなグラベルを走るのは初めてでしたが、運転操作は基本的には同じでしたね。

ただ、絶対的なグリップが不足しているので、「コーナーの進入でしっかりブレーキングをして姿勢を作ってあげて、立ち上がりはリヤタイヤとよく相談しながらアクセルを開けていく」のを心がけてみました。

今回の場所は「サファリックラリー」開催場所のオートランド野沢さんとは対極にあるような悪路だと思いますので、本番は爆発的に楽しくなりそうですよ

しかしながら、タイヤの如何に関わらずグラベルは最高に楽しいですわ~。

路面状況が刻々と変わるのだけでも、興奮が持続しますし、「路面の凹凸」「グラベルの深さ」「わだち」など、いろいろなものを計算しながら姿勢を作っていく醍醐味は、グラベルならでは楽しさです~!

コーナーの内側の深い砂利にイン側の前輪を通すと車はインに巻き込まれるとか。
上りストレート後下ってからのコーナーは、頂上を越える前にコーナーの出口方向にノーズを振っておくと、荷重が抜け気味にドリフトの飛距離が伸びてコーナーに届くとか。
S字コーナーでは大きくテールを振って路肩の深いグラベルにリヤタイヤを当てた方が、その反動で次のコーナーへの姿勢作りが短時間で作れる(気がする)とか。(←リム落ちやバーストなど、多少のリスクあり♪)

アクロポリスでのマルク・アレンのように、崖にフロントイン側を引っ掛けてコーナーを限界以上のスピードで抜けるとかまではとてもいきませんが、気分だけはWRCです!

我々は職業ドライバーではないので、「気分」がとても大事だと思うのですが、グラベルは本当に「気分」が乗りますね!!!

まあ、そうはいいながら大半のチャレンジは失敗に終わってしまうのですが、だからこそ計算どおりに上手くいったときは最高の気分です!!

また、路面コンディションのバラエティとその変化がとても大きいので、考えながら運転する勉強にもなると思います。
路面の傾斜も前後左右についていることが多いのもありがたいですね。

      「自分の操作による自発的荷重移動」
                 +
      「路面の傾斜による自然な荷重移動」
                 +
    「路面コンディションによる強制的荷重移動」

この3つがいっぺんに味わえるわけですし。

と書くとものすごく難しそうですが、実際は、走ってみると自然にそれらの事が考えられるようになるから楽しいんですよね!!

他にも、繊細なブレーキングやアクセルワークも身につきますし、すごく良いステアリングワークの練習にもなります。

グラベル走行は、傍から見ていると乱暴で雑でも何とかなるように見えるかもしれませんが、その実、ドライバーはとても繊細に車の挙動を感じ取りながら運転しているわけですね。

あとはminorun-Rさんのバックカントリースキーのブログを拝見していて思ったのですが、「浮遊感」もグラベル走行がヤミツキになる魅力の一つですね。
美しく表現すれば「雲に乗って空を飛んでいる感覚」ということになりましょうか!

特に、良いラリーサスを組んでいる車両は、助手席は眠くなるぐらい気持ちの良い乗り心地なのです。
暖かいフルバケにくるまれて、ふわふわ宙を舞う感覚がタマランのです~。
(私のS2000はアンダーコートもインナーフェンダーも無いので、今回車内は補聴器をつけて入るパチンコ屋よりも五月蝿かったですが♪)

スキーがお好きな方!
グラベルはハマりますぜ!!

ということで、まずは「グラベルでのスタッドレスインプレ」でした~♪

次は来月の野沢下見での路面状況レポートをお楽しみに!
ではでは!!


PS:そうこうしているうちに、ブラウンGP、ワンツーフィニッシュ!!!
  バトンもバリチェロもロス・ブラウンも、おめでとう!!!
  金と権力欲まみれのF1に、奇跡ですなあ~。
Posted at 2009/03/29 19:21:17 | コメント(6) | トラックバック(0) | RFAN | 日記
2009年03月27日 イイね!

「サファリックラリー」プラークデザイン決定

「サファリックラリー」プラークデザイン決定突破口というのは人生には突然やってくるものですね。

仕事がイライラする以上に喉に刺さった魚の骨のような懸案事項だった「サファリックラリー」のプラークのデザインですが、決定しました。
閃いた瞬間に仕事のイライラまでもが雲散霧消。

ってことは、プラークデザインは仕事よりも大事だって事ですね。
まあ、うすうす気付いてはいましたが。

前回のラフデザインをイラストレータで起こしてから、早半月。
会社や自宅でペイントソフトで色を入れ替えたりしながら検討してきました。

当初から、頭の中には「サファリ=砂埃、オアシス、土漠、夕日」って4つのイメージがあったので、まずは背景の色を選ぼうかと。
背景を暗い色にすると全体に落ち着いた感じ・寒い感じになる(ラリー北志賀のプラークはまさに「寒さ」のイメージでした)ので、逆に背景を明るい色にしてみます。
必然的に木とロゴは暗い色になりますので、まずはオーソドックスに木=緑、ロゴ=臙脂(夕日の当たった土漠のイメージ)で色を置いてみます。

それでできたのが、スタートになる『案01』でした。
ここでやや背景色が肌色っぽすぎると思えたので『案02』で全体的に色調を濃く、ロゴは夕日のイメージのオレンジにしてみました。
またその中間の色調の『案03』も作ってみます。

また『案20』『案30』『案40』は色調を完全に入れ替えて作成しました。
というのも、実は完全に違う色調が実はぴったりはまったりすることもあるので、馬鹿馬鹿しいと思っても念のため作成してみることにしています。

ちなみに、色のチェックはフォトビューワーでパラパラ漫画みたいにして確かめるのが常なので、数字は色調の似ているものを間に挟めるようにしてファイルを作っています。
(これが一番アナログで私にはあっています…)

中でも『案10』は異色で可能性を秘めているかと思ったので、明度を変えた『案13』を作成、その背景色を薄く、ロゴ色を濃くした『案14』も作ってみます。
まあ、結局はこの『案14』はゼロ番台に似てきちゃったのですが。

ただ、やはり印刷したものを離れて見ると、背景が濃い場合はキリンの足や木の枝が背景に溶け込んでしまってイマイチなんですよね~。

ということで、やはり背景は薄い色で行くことに決定。

ダメ確のために背景を「サファリ」イエローにしてみたり(『案05』)しましたが、やはり薄い色の方がしっくり来る感じがします。
何でこんな鮮やかな黄色が「サファリイエロー」なんでしょうね??

とにかく、並べて眺めてみると、『案05』はまるで、サフランライス付きキーマカレーだし、『案14』もホウレンソウ入りナン付きキーマカレーに見えて仕方がない。
これじゃ、「インディアンラリー」です。
文字の色が茶色なのはどうも良くないみたい。
これは別の企画に反映ですね!

ということで、背景は薄い色、ロゴは赤みの強い茶色、木は緑。
ここまで決まったので、あとは細かい色の調整です。

これで作ったのが『案012』『案013』『案015』。
しかしどうにも「ビシッ」っと刺さってこないんですよ!!
「ビシッ」と刺さらないうちは何かが足りないわけで、何か足りないプラークではイベントにも熱がイマイチ入りきらないわけで…
RFANのイベントのことなので、イマイチな要素は最大限潰しておかねばなりません!!

ということで、ここから3日間ぐらい悩みました。

以下カミさん改め神様との会話

私「なんかいまいちしっくりこないんだよね~。何が違うんだろ…」
神「私のサファリのイメージは夕日なんだけど」
私「それは分かるんだけど、背景をオレンジにすると派手すぎるんだよね~」
神「グラデーションにしてみたら?」
私「グラデーションはプラークっぽくないんだよね。美しすぎるっていうか」
神「じゃ、木の向こうに夕日が沈むイメージでしょ」
私「……」

ピコーン!

閃きましたよ!!
夕日のイメージをデフォルメしてかぶせると、結構いい具合かも!!!

恒例となった感謝の踊りを一通り奉納した後、一気に今までのアイディアをまとめてできたのが今回のデザインです。
背景はサンドベージュ(砂塵)、木はダークグリーン(夕闇のオアシス)、ロゴは臙脂(夕焼けの土漠)、そして背景に夕日(オレンジ)です!

ここにイラストレータでロゴと日付を入れれば完成です!
どうにかこうにかカッコついたと思うのですがいかがでしょうか??

ちなみに、これって何枚お渡しするのが良いのでしょう??
記念に1枚、で良いのか、2枚お配りしたほうが良いのか…
なにか、ステッカーに関してご要望がありましたらお聞かせくださいませ~!
(1枚も要らないよ!というのは私が落ち込むので勘弁してください~!!)

次はタイスケの発表ですね~。
ではでは!!
Posted at 2009/03/27 23:47:54 | コメント(8) | トラックバック(0) | RFAN | 日記
2009年03月27日 イイね!

4/12の丸和、行きませんか??

4/12の丸和、行きませんか??突然ですが、標記の件です!

RFANのイベントではないのですが、4月12日(日)に丸和オートランド那須にてフリー走行があります。

私はボディプロテクションシートのテストも兼ねて参加しますが、どなたかご一緒する方はいらっしゃいませんでしょうか??

丸和ですのでガードつきラリータイヤ装着が望ましいですが、本数はかなり走れます~。

参加ご希望の方は下記のURLより丸和のHPに入っていただいて、EVENT→FreeRunで詳細が見れますです。

見学だけでもぜんぜん大丈夫だと思います。
もし私のヘタレ走りでもよろしければ、助手席もガシガシ乗ってやってください!
FRで速度域が低いので結構安全なんですよ~。
あ、その場合ヘルメットとグローブだけはご持参くださいませね。

もし一度でもグラベル走っちゃうと、「サファリックラリー」も絶対に参加したくなっちゃいますけどね~♪

ではでは、ご検討下さい~!

※画像は丸和ではありません~、念のため!
Posted at 2009/03/27 22:32:17 | コメント(6) | トラックバック(0) | RFAN | 日記
2009年03月27日 イイね!

僕らのミライへ!

僕らのミライへ!期末でバタバタしておりまして、全くブログが出来ません。

会社について愚痴りだすとものすごく長くなるので止めておきますが、一言だけ。

「お取引先様が頭を下げていただけるのはテメエの名刺のすみっこに印刷してあるロゴがあるからでテメエが偉いんじゃねえんだ、バカ!!」

はぁ~、疲れます…


さて、そんな中、久しぶりにDVDなぞを新品で購入したので観てみました。
B級映画マニアの私としては、まずそのタイトルに惹かれてしまって。

「僕らのミライへ逆回転」!!!

このネーミングセンス、脱毛、いや、脱帽です。
ちなみに原題は「Be kind Rewind(巻き戻しは丁寧に)」というんですが、何をどうしたらこういう訳になるのでしょうね!
まさしく天賦の才のなせる業ですね~!

主演はジャック・ブラック。

もー、私大好きですよー、この役者さん。
出演作も、「ジャッカル」や「エネミー・オブ・アメリカ」などのシリアスものから、「スクール・オブ・ロック」「トロピック・サンダー/史上最低の作戦」などのB級ギャグものまで幅広いんです。
アニメでの声の出演も数多く「シャーク・テイル」「カンフー・パンダ」などなど、とにかく演技派!

また、脇役のダニー・グローバーもいい味出してるんですよ!

ということで、一気に観終わってしまいました。

良かったス~。

内容はここではお話できませんが、とにかく最初から最後の直前までずっと笑えて、最後にドンッと泣けるのです。

映画好きの人なら「なるほど~」と思わせてくれる趣向があちこちに凝らしてあって、最近のハリウッド映画の中では秀逸の出来でした。

これから観てみようと思われる奇特な方は「ゴーストバスターズ」「ロボコップ」「ラッシュアワー」「ドライビング・ミス・デイジー」「2001年宇宙の旅」などを復習してから観るのをお勧めします♪

それにしても、最後が良い。

「あ、映画って本当はこういうものだよな~。」ってシミジミします。
私は涙もろいのでもう号泣でした。

ま、私はターミネーター2でも泣いた男ですので…

でも、本当にお勧めです!!

全身タイツで手から糸が出たりする男の映画とかより全然良いです!
あくまでも個人的にですが!!

いやー、元気が出ました。

次回はプラークデザイン報告できるかな~。
結構悩み中です。

では!
Posted at 2009/03/27 01:48:24 | コメント(2) | トラックバック(0) | 映画 | 日記
2009年03月23日 イイね!

行ってきました、丸和!

行ってきました、丸和!先週末は待ちに待った全日本ダートラの開幕戦を観戦しに丸和オートランド那須まで行ってきました!

出発前の天気予報では土曜日=晴、日曜日=雨とのこと。
雨のダートラ観戦はなかなかに厳しいぞ~、と思いながら出発。

土曜日は公開練習だったのですが、こちらは所用のため観戦できず…
まあ、こちらの用事も家関連で大事でしたので、こちらはこちらで集中して片付けましたYO。

土曜日は非常に良い天気だったので、ひょっとしたらこのまま明日も?!と期待したのですが、夜の天気予報では各局のお天気お姉さんやお兄さんが「明日はゼッタイ雨!!」といわんばかりの剣幕でした。

日曜日の朝、元気よくカーテンを開けると…おっしゃるとおり「超どんぐもり(←方言?)」!!!

やっぱりな~。

私、丸和では結構雨にたたられる率が高いんです~。
(ハッ!私の所為??)

まあ、雨対策は十分してきたので、丸和到着後ほぼ定位置である一番奥のコーナー(「象の鼻」)付近に場所を確保。
丈夫そうな枯れ枝を拾ってきて簡易骨組みを組んで、その上にシートをかけます。
(自然保護の観点から生木は折ってないですよ!)

「雨よ、いつでも来いやぁ!!!」

と思ったのが通じたのか、早速雨が落ちてきます。

「前言撤回ぃ!!!」

…ぜんぜん止みませんでした。

まあ、サファリラリー風テントは思いのほか具合がよく、雨にもぬれずに座って観戦することができました~。
「サファリ最高!!」

しかし、エントラントの方はご苦労されたようです~。

通常は1本目は抑えて2本目勝負になるのですが、激しくなる雨を予想して1本目からアタックをかける選手もかなりいらっしゃったようで。
そのせいもあってか、7台がリタイヤとなかなかシビアな結果になってしまいました。

今回は全日本ダートラ初出場となるFD2シビックが観られて良かったです!
残念ながらデビューウィンとはいきませんでしたが、これからの熟成に期待ですね!
もちろんドライバーは「ラリー北志賀」にもお越しいただきました山本選手です。

その他にも児島選手、「hevo9」選手、「カントリー師匠」選手など、「ラリー北志賀」にお越しいただいた方が結構出場されていたので、応援にも力が入りました~!
(そう考えると「ラリー北志賀」は豪華だったですね~!!)

また、初めてご挨拶させていただきました「(自称)天才エンジニア。」様も、土砂降りの中お疲れ様でした~。
次回は7月、お待ちしております~!

そんなこんなで、もちろん表彰式まで観て帰ってきたのですが、やはりグラベルは面白い!!
アドレナリンが充電されたので、そろそろ「サファリックラリー」の準備も本格始動します!!!

※ 画像が噂の「最高なサファリラリー風テント」です♪
Posted at 2009/03/23 22:48:28 | コメント(5) | トラックバック(0) | ダートラ | 日記

プロフィール

「大変ご無沙汰しておりますが… http://cvw.jp/b/408909/40388050/
何シテル?   09/10 23:48
ラリーとダートラを生きる糧とし、MotoGPとトライアルをこよなく愛し、旧車に憧れ、たまにホットロッドとチバラギ仕様に浮気しそうになる日本男児36歳。 一...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2009/3 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

リンク・クリップ

RFAN 
カテゴリ:自分のホームページ
2009/04/03 03:11:53
 
Gruppo 44 
カテゴリ:自分のホームページ
2009/01/01 23:29:31
 

お友達

現在のところお友達は募集しておりません。
せっかくお友達になっていただいても、コミュニケーションが疎かになってしまうと申し訳ないので…

基本的には、実際にお会いした方にこちらからお声を掛けさせていただいております~。
ご理解のほど、よろしくお願い致します!!
204 人のお友達がいます
JI1VJI1V * ロスレガロスレガ *
はし84はし84 * ラリー部長ラリー部長 *
毒島興業毒島興業 * 雪風@ZZT231雪風@ZZT231 *

ファン

105 人のファンがいます

愛車一覧

フォード その他 フォード その他
20年越しの夢のクルマ。
ホンダ S2000 ホンダ S2000
現在冬眠中 ← 私にとっては唯一無二の愛車です。エアコンもオーディオも幌もありませんが、 ...
BMW 3シリーズ クーペ BMW 3シリーズ クーペ
S2000の重メンテナンスを行う間のアシ車として購入しました。 条件としては、以下の5 ...
ホンダ S2000 ホンダ S2000
街乗り&ちょこっとサーキット仕様でしたが、現在の不便な車と二台のうちの一台を手放さなくて ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.