• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

グループA万歳のブログ一覧

2011年02月28日 イイね!

シエラ屯、なんちて。

シエラ屯、なんちて。皆様こんばんは。
私は元気です。

「スベルノスキー・ラリー、総括。」にコメントを頂戴しました皆様、ありがとうございました!

皆様からのコメントで客観的に物事が考えられるようになりました~!

で、週末は久しぶりのカミさん孝行でこんなところに行ってきました。

とはいえ、この宿泊券もカミさんが当てたのですが(苦笑)

もちろん、ここに泊まったからには翌日(=日曜日)が本当の目的だったわけで。
そのお話はまた後日~♪
Posted at 2011/02/28 01:46:22 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記
2011年02月22日 イイね!

第三代スタキン、発表~!!!!!

第三代スタキン、発表~!!!!!スタック救出に向かう写真、ほとんど遭難ですね。

さて、スベルノスキー・ラリー前後に押しやっていた仕事が表層雪崩を起こしていたグル万です、こんばんは。
この1週間ちょっと、めちゃめちゃ忙しかった~!

ということで、長らくお待たせいたしました!
スベルノスキー・ラリー最優秀賞(=スタックキング)の発表です!!

過去のスタキンを振り返ってみると、2009年、大荒れの北志賀スノーサーキットで、バンパー破壊&フロントリム落ちという荒業を繰り出したまっちゃん555さんが見事初代スタキンには輝きました。
次点では、スタートして10mぐらいで普通に轍にはまって動かなくなっていたK原さんのVIVIOや、本当の最後の一本で横向きにコースアウトしたLagunaさんなどがランクインしていました。

続いては、2010年のアイスクリームチャレンジ最終SS、総合2番手につけていたラリー部長さんが、誰しもが「サスガ全日本どらいばー、アンナすぴーどデ曲ガレルンダ~」と思った次の瞬間、目を疑うほどの超高速スタックで、二代目スタキンの座に。
「曲ガレテナイジャン!!!」
この年のスタキン候補には、定常円の通路でキレイな刺さりっぷりを披露していたシモジマさんと、リバースギヤをぶっ壊して前進しか出来なく強制スタックの罠にはまっていたまっちゃんさんがノミネートしていました。


そして、皆様、お待たせいたしました!!!

ついに、三代目スタックキングの発表です~!!
栄えある第三代スタックキングの栄冠に輝いたのは……!!!!!






人任せさんです~!!!


二輪駆動ドライバーとしては初めての受賞、それもこの難易度の高いヒルクライムイベントでの受賞、本当におめでとうございます~!!

それでは早速、ロテンブロ・ダイスキー大会委員長のジャッジ・ディテイルを読んでみましょう~。

「FIAスタックキング選手権のポイント判定基準に準拠した基本点は、上りのスタックは四駆の場合+2点、二駆の場合難易度が上って+3点、但し、刺さっていない(=路上での)スタックは考慮されません。
逆に下りのスタックは-1点という判定になります。

また、GOE(Grade of Execution 出来栄え点)が+3から-3の範囲で7段階の得点がつけられます。
例を挙げますと、前転、横転などの3Dアクロバット回転系スタックは+3、スピンなどの2D回転系スタックが+2点という評価。
また、右に刺さりかけたお釣で左、や、ケツが壁に当たって反動で頭からスタックなどは+1点の評価になります。

さらにここに、RFAN特別ルールで+3点までのGOL(Grade of Laugh お笑い点)も加算されます。

以上を踏まえて、得点上位3選手までを見てみましょう。

1位=人任せ選手(10.5点)
上りで2回、下りで1回という手堅いコンビネーションで基本点5点を獲得。
更に、GOEでは横転しそこなったという大技で+2.5点、完全に道をふさいで止まるという横方向の回転で+1点(らぼ♪さんガンカメラで確認済み)、GOLでもナビを乗せていたにもかかわらず横転しそこなったという苦笑い点×2名分で+2点と大量に得点を積み重ねました。
これで下りの減点がなければほぼパーフェクトという演技内容は、事前試走を30mで断念したとは思えない仕上がりレベルでした。

2位タイ=まっちゃん555選手(7点)
まず、上り2回・下り0回というメリハリの利いた刺さり方が4点を獲得。
さらに、カメラマンポイントで気合が入りすぎて刺さるという見事な空回りっぷりにGOLが+2点。
ここに右へのフェイントのまま右に刺さるというGOE+1点を獲得しています。
特筆すべきは減点がないということ。
初代スタキン、第二回もノミネートという実力派スタッカーの面目躍如です。

2位タイ=Nyon選手(7点)
FRながら上り2回、下り0回というこれまた手堅いコンビネーションで基本点が6点という高得点。
また、左の雪壁で視界をうばわれてからの右スタックというコンボでGOE+1点も獲得しています。
スタキンにたらればはありませんが、当日もしオープンで走っていたらGOLでの大量得点獲得でデビュースタキンも夢ではなかったと思います。
まだ若いNyon選手、来年での成長を期待します!!」

以上、ダイスキー委員長の講評でした~。

その他の上位ランカーには、Uターン場所で豪快なスタックを披露したあくろぽりすさん(そこは土俵の外ですよ~)、ルーフベンチレータを開けっ放しで刺さるという爽やかなシベリアンスタックを見せてくれたmiha-mihaさん(来年は窓も全開でスーパーシベリアンアタックを♪)、オフィシャルながらたった一本の下りであざやかな3連続スタックを決め更に「ちょっと調子に乗りすぎた」という爆弾発言をしてitsumoさんを震撼させたGun-megaさん(どうやったらその短い間に調子に乗れるんすか~(笑))、雪を払おうとしたらワイパーが張り付いて視界不良を起こした自爆スタックの白いたちさん(罰として全戦参加でお願いします!)などが名前を連ねています。

また、2012年度より、ガードレールより高く舞い上がって横転することを「キタムラスキー」と呼ぶ事になりましたが、深く詮索なさらないで下さい。

ちなみに、このダイスキー委員長、「クレームは受け付けんぞい」と言い残して、ウォッカ片手に本日夕方のサンクトペテルブルグ行きアエロフロート584便で帰っていきましたのでご了承下さい。


ということで、あらためまして、人任せさんおめでとうございます!!
次回の2011年のRFAN第2戦で表彰式ですね♪

そして、惜しくもスタキンの座を逃した皆様、来年のスタキンはあなたかも!

2012年は4WD勢の巻き返しなるか、はたまた2WD勢の連勝か?!
もちろん、2WD勢内のFF vs FR vs MR vs RRの駆動方式対決も見所でしょう!!
いまから来年のスタキンレース、目が離せません!!!

では、全国4800万のスタックファンの皆様、ごきげんよう!!

(くれぐれも街中でスタック練習はなさいませぬよう~♪)
Posted at 2011/02/22 23:41:06 | コメント(8) | トラックバック(0) | RFAN | 日記
2011年02月19日 イイね!

スベルノスキー・ラリー、総括。

スベルノスキー・ラリー、総括。ここ1週間、毎晩ブログ書いてる途中で落ちてました(苦笑)
体力の回復が遅くなってますな~。
なさけなや。

ということで、なんとか初の林道イベントも無事に終える事が出来、素晴らしいエントラントの皆様には感謝感謝でございます!

遅ればせながら改めまして、エントラントの皆様、ご見学の皆様、お疲れ様でした!
そして、ご参加いただきまして本当にありがとうございました!!

また、お手伝いいただきました奥様方にも深くお礼申し上げます!!


ということで、スベルノスキー・ラリーを振り返ってみたいと思います。

と思ったのですが、すべてが見渡せない林道ステージ、おまけに当日もドタバタで全然どんな状況だったか分からないのですよ~(汗)

なので、その辺りの詳しい模様は皆様の濃ゆ~いブログをごらん下さいまし~♪


で、私はイベントの裏側などをご紹介してみましょう!

私が初めてK's Factoryの鈴木さんにお目にかかったのは、「ラリー北志賀」でタイム計測のお手伝いいただいた時にさかのぼります。
そのあと、グラベルのヒルクライムにA/m/sさん経由でお誘いいただいたり、鈴木さんがナビで出られていたラリー北海道でお会いしたりしておりました。

一方で、鈴木さんはスキー場のゲレンデを使用した前述のヒルクライムや、林道を閉鎖したターマックヒルクライムなどを開催されてらっしゃいました。
そんな中、冬に他の地域とは違った特色あるイベントを開催したいと思ってらっしゃった木曽の地元の方の思惑と、鈴木さんの独自性のあるイベント構想とが合致して、今回の「オールジャパン御岳スノーフェスティバル」開催という運びになったということです。

ところで。

RFANとして2年間、やれる範囲でいろいろイベントを開催してきたのですが、基本的には「用意された場所で走るだけ」とならざるを得ませんでした。

ま、もちろん個人主催ではこの辺りが限界なのですが。

例えば、「公道占有許可申請」なんて、個人の遊びでは絶対出してくれません。
というか、手続きに行って何度も説明する時間すら捻出できない(笑)

JAF公認クラブですら、警察署への説明や地元の役場の方たちとの連携など、それはそれはご苦労の連続でようやく許可が下りるというレベルです。

マラソンなんて、簡単に日中から道路封鎖できるのにね~!なんて、いくらイジけてみてもこればっかりは仕方ありません。

そういう国なんです。

モータースポーツは文化だ!なんて一部のマニアにしか通用しないのです、今はまだ。

そんな中で開催できた今回のイベントは奇跡だと思うのです。
木曽町の皆様の多大なるご理解と、K's FACTORYさんの継続してきた実績とがあって初めて開催できたのだと思っています。

当日も申し上げましたが、K's FACTORYさんの凄いところは「走れる場所を自分達で作ってしまおう!」を実践されているところです。

それも地方自治体から直接ご理解を頂いて。

こんなショップさんって他にありますか。
少なくとも私は知りません。

なので、RFANにユルイベント担当で~、とお声をかけていただいたときは本当に嬉しかったですし、身が引き締まる思いでした。

K'sさんのイベントが成功してもRFANでトラブルが起きれば、すべてK'sさんにご迷惑がかかるわけですから。

事故が起こったら = 来年以降はナシ!
住民の方から苦情がきたら = 来年以降はナシ!!
ゴミをポイ捨てして帰ったら = 来年以降はナシ!!!

何かあれば来年以降はナシ!になるかもしれない。
そう思うと、いろいろと緊張したわけです~。

今回のスベルノスキー・ラリーは無事に終える事が出来ましたが、オフィシャル側としては反省すべき点も多々あります。

例えば、安全の確保の為にコース中間にトランシーバー持った人間を配置する、とか。
スタック車両の救出にはやはりクロカン四駆が必要かな、とか。

でも、残念ながら、そういうことには全て出費がついて回るわけです。

RFANの例は卑近すぎましたが、例えば今回の除雪はほとんどK's FACTORYさんでご用意いただいたブリザード排土板仕様と、パジェログレーダー仕様(画像)とで道を切り開いていただいたのです。

これをもし、本格的な除雪車を頼んだら、除雪だけで一本のコースで軽く7ケタ行くらしいです。
ということは、ざっと考えて、1シーズンで延べ数百台の参加が必要になります。

さらに、圧雪路をどうやって作るかという話もあります。
イベント後の補修をどうするんだ、という悩みもあります。

ターマックサーキットは一度コースを作ってしまえばそれでオシマイ。
でも、グラベルは毎回毎回路面の補修を入れないと使い物にならなくなってしまいます。
ましてやスノーは、そもそもイベント開催期間が圧倒的に短いです。

更に輪をかけて難しいのは、圧雪路は「多少の非合法を覚悟すれば」タダで好きなときに走れてしまうことです。

じゃ、お金払っていただいてまで走行会で走っていただく価値はどこにあるのか、と。
それも、競技会じゃなくてRFANのユルイベントに。

これは、イベント前からずっと思っていた課題でしたし、いまでも解決していません。
イベント前も今も、ずっと不安なままです。
だから、なんとなく今でもイベントが続いているような気さえしております。

自分で書いていて支離滅裂な文章だと思いますが、自分の頭の中もやはり整理できておりません。

「スベルノスキー・ラリー」は、すごく勉強になったし、すごく悩みの多いイベントでした。

ただ、とにかく来年も沢山の方にお越しいただきたいですし、お越しいただいた方には思う存分イベントを楽しんでいただきたいと思います。

そしていつか、「第一回はバタバタで大変だったね~!」と笑って語り合える日が来ることを心から願っております。

今回お越しいただきました皆様は、ひょっとしたら日本のウィンターモータースポーツの転換点にお越しいただいていたかもしれません。

いや、そう思えるようにするかどうかは、今後の頑張りにかかっているのでしょう。

微力ながら出来る範囲内で頑張っていきますので、今後ともお付き合いのほどをよろしくお願い致します。

最後になりますが、ご参加いただきました皆様に改めて感謝申し上げるとともに、イベントの締めのご挨拶とさせていただきます。

本当にありがとうございました。
Posted at 2011/02/19 00:56:57 | コメント(23) | トラックバック(0) | モータースポーツ一般 | 日記
2011年02月15日 イイね!

孤独な男がバレンタイン翌日に日陰の雪で悪の限りを尽くす。

孤独な男がバレンタイン翌日に日陰の雪で悪の限りを尽くす。会社から帰ってきたら自宅アパートの駐車場の片隅に雪が残っていたのを発見したので、積年の夢を果たしてみました。

「輪蛇」の善波七五十や「虎武羅」の伊武恋二郎も幾度となく描いたであろうドーナツターンを今こそ私も描くべく、ギヤチェンジペダルを1速に押し込んだままアクセル半開!

フロントブレーキを残しつつチェンジペダルを放すと!!

バウバウバイィィィーーーーン。
ジョリジョリジョジョジョジョ~。

ふぅ。

やってやったぜ。
Posted at 2011/02/15 20:54:58 | コメント(7) | トラックバック(0) | スーパーカブ | 日記
2011年02月15日 イイね!

孤独な男がホワイトバレンタインにスノーオーバルで悪の限りを尽くす。

孤独な男がホワイトバレンタインにスノーオーバルで悪の限りを尽くす。近所の相鉄ローゼンにカブで買い物に行ったら、近くの会社の駐車場がキレイに積雪していて、走ってたら素人なりに調子が出てきて、8周目ぐらいでパワースライドさせすぎてやっぱりコケました、グル万です、こんばんは♪

木曽の雪を高級米沢牛A5ランクだとすれば、綾瀬の雪は半額売り切りオージービーフ並のクオリティですが、それでも雪は雪、美味しかったです!

鯵の刺身がメチャクチャになってたのはナイショの方向で。


ということで、スベルノスキー・ラリーエントラントの皆様、最後に一つだけお願いがございます!!

まだ記憶の新しいうちに、下記アンケートにメッセージでお答えいただけますと大変助かります!

①上りでのスタック回数
②下りでのスタック回数
③一番印象に残ったスタック(自薦他薦問いません!)

③のご回答は簡単で結構です~。

何に使うのかはヒ・ミ・ツ♪
Posted at 2011/02/15 00:46:32 | コメント(27) | トラックバック(0) | スーパーカブ | 日記

プロフィール

「大変ご無沙汰しておりますが… http://cvw.jp/b/408909/40388050/
何シテル?   09/10 23:48
ラリーとダートラを生きる糧とし、MotoGPとトライアルをこよなく愛し、旧車に憧れ、たまにホットロッドとチバラギ仕様に浮気しそうになる日本男児36歳。 一...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2011/2 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728     

リンク・クリップ

RFAN 
カテゴリ:自分のホームページ
2009/04/03 03:11:53
 
Gruppo 44 
カテゴリ:自分のホームページ
2009/01/01 23:29:31
 

お友達

現在のところお友達は募集しておりません。
せっかくお友達になっていただいても、コミュニケーションが疎かになってしまうと申し訳ないので…

基本的には、実際にお会いした方にこちらからお声を掛けさせていただいております~。
ご理解のほど、よろしくお願い致します!!
204 人のお友達がいます
JI1VJI1V * ロスレガロスレガ *
はし84はし84 * ラリー部長ラリー部長 *
毒島興業毒島興業 * 雪風@ZZT231雪風@ZZT231 *

ファン

105 人のファンがいます

愛車一覧

フォード その他 フォード その他
20年越しの夢のクルマ。
ホンダ S2000 ホンダ S2000
現在冬眠中 ← 私にとっては唯一無二の愛車です。エアコンもオーディオも幌もありませんが、 ...
BMW 3シリーズ クーペ BMW 3シリーズ クーペ
S2000の重メンテナンスを行う間のアシ車として購入しました。 条件としては、以下の5 ...
ホンダ S2000 ホンダ S2000
街乗り&ちょこっとサーキット仕様でしたが、現在の不便な車と二台のうちの一台を手放さなくて ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.