車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年03月25日 イイね!
車に乗りたくなってきた(うっかり失効6)車に乗りたくなってきた。

取得者講習は、教習所で土日にも受けられるのはいいが、1日かかる。救急看護はまだ分かるが、シミュレーションを使った高速教習(作りがちゃちいんだ、これがまた)や危険予測のビデオはどうやったらこんなに退屈なのを作れるのか謎の域に達していた。

しかし、無事修了証をゲット。あとは府中に取りに行くだけ。だんだん、車に乗りたく鳴ってきた。写真は教習所の喫茶スペース。立て替えたらしいが、それにしても私の取った頃からは想像できん。さすが東京。

I'm getting to want to go driving.

It's good short course is available on weekends but it takes a whole day. Though it's understandable for taking time for rescue training, freeway simulation training with amazingly poor simulator and videos for risk prediction made me feel wonder how you can make it such boring.

Anyway finally I got a certificate. All I have to do is going to Fuchu license center for the license. I'm getting to want to go driving. The photo is a break room in the driving school. Though it's new, I can't imagine such a beautiful one when I got the license first. Great Tokyo.
Posted at 2017/03/25 23:45:14 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年03月18日 イイね!
アメリカン歯ブラシアメリカで歯ブラシを買うと、こんな感じである。別に特殊なものを選んだのではなく、普通にこんなのが並んでいるのだ。日本にはないキテレツな配置、色使い、大きさ。

最初は友人への茶化し半分の土産だったが、自分で使ってみて、結構悪くない。日本のような繊細さはないが、ゴシゴシ磨いてキュッキュ鳴る。でかいので早いし。

This is how it looks like when you buy a toothbrush in the US. Not a special one, you see the brush like this lining on the shelves in a drug store. Odd design, coloring and the big size you can not see in Japan.

At first this was souvenir for a friend of mine with a joke, but this is not bad by using it by myself. It doesn't have a delicacy but scrubbing the teeth and they squeak. It's quick with the big size.

・こんな感じは、this is a look likeとしていたが、ヒットしない。how toothbrush looks likeもヒットしない...
・棚に並んでいるは、lining on the shelvesでいいっぽい。lining up onは少ない。
・キテレツなは、他にstrange(分からない), queer(古くて違う), weird(不気味)など出てくる。
・最初はは、at first。今は違うことを言う。最初にはfirst of all。
・繊細さは、delicacy。形容詞はdelicate。
・ゴシゴシ磨くは、scrub。polishが多かったが、ゴシゴシ感のため。
・キュッキュと鳴くは、squeak。歯に使えるか分からんが。
Posted at 2017/03/18 22:21:48 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年03月12日 イイね!
自転車の寸法をかなり適当に測ったBassoのViperを購入したのが2010年2月だったので、丸7年経過した。ちょくちょくいじって多少練られてきた感じがあるので、現時点の寸法をメモ。ちゃんと測るのは結構大変なので、サドルにまな板のせたりして、100 cmのアルミ定規でなんとなく。

A:270 mm
B:135 mm
C:20 mm
D:460 mm
E:886 mm
F:640 mm
G:170 mm
H:23 mm
I:863 mm

・サドルはMaxまで前にセッティングした状態で測定。
・Gは測ったが、クランクの裏に書いてあった。
・Hは、E−Iで算出。
・もう少しサドル高くしていいかも(乗った感じ)
・トップチューブ長が少し長い感じ(ステムは既にかなり短い)
・サドルの後退幅(C)が小さいが、仕方がない。


It has been 7 years since I bought the Viper of Basso in February 2010. The setting is matured by the small adjustments which has been done in these years and taking a size notes at this time. I measured it roughly with a cut board on the saddle and 100 cm aluminum ruler because It's a little hard to measure it precisely.

- Measured with the saddle as much as front.
- G is measured but marked back on the crank.
- maybe it's good to put a saddle a little higher.
- Length of the top tube seems too long(The stem is very short already)
- C is smaller than common theoretical value but nothing to do.

もう全然調べてない...適当に測るは、roughlyで検索はヒットする。適当には人に使う場合とは文脈とかで決まった用語はないっぽい。トップチューブは今515 mmなはずだが、次買うならもう少し短くしたい...
Posted at 2017/03/12 23:46:37 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年03月08日 イイね!
サマナーズウォー、クリスタルキングの大都会並みに果てしないサマナーズウォーを始めて約5ヶ月、クリスタルキングの大都会並みにああ果てしない感じが募ってきた。

パズドラ→黒猫ウィズ→サマナーズウォーとやり継いできたが、サマナーズウォーはパズルでもクイズでもなく、ただひたすらキャラを強くする為に経験値を稼ぎ(周回)、覚醒させる為にエッセンスを集め、強化するためにルーンを集める。周回は戦闘も単純作業なので、自動プレイモードがあり、勝手に動いてくれる。

同僚は1年やってようやく星5のキャラを引き、私から見ると贅沢すぎるキャラを揃えているが、それでもアリーナという対人戦では全く歯が立たないという。高い山を登ろうという人もいるが、私には少々しんどい感じ。しかし、ヴェルデハイルを覚醒させるまでは続けなくてはと、今日も火のダンジョンを周回する...


Five months after starting a Summoner's War, feeling of endlessness got accumulated like a metropolis by Crystal King.

Playing Puzzle and Dragon, Wiz a black cat and the Summoner's War, this is neither a puzzle nor quiz. You have to gain exp points for level up(circling a same dungeons), searching Essences for awaken and collect Runes for strength endlessly. Since circling is a routine work it has a auto play mode for the battles.

A colleague of mine summons a 5-star-monster for the first time after a year and has a collection of monsters I feel jealous of but has no chance of beat other players in Arena. I started feeling tired a little though I know there's someone who like claiming up a higher mountain. I, however, start circling a fire dungeon today for awakening the Verdehile, a fire vampire.

・果てしない感じは、feeling of endlessnessでいくつかヒットした。
・募ってきたは、got accumulate。文法...
・やり継いできたがは、playingで繋いだ。「が」が逆説でない場合は結構ある。
・ひたすらは、単純にendlessly。earnestlyとか出てきたが、you do it in a serious, heartfelt wayらしい。
・1年経っては、after a year。絶対違う気がする...
・羨ましいは、envyもあるが、あまり使わないらしい。
・歯が立たないは、no chanceにしたが...この辺りから、もう調べるのがめんどくさい。
Posted at 2017/03/08 22:37:14 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年03月05日 イイね!
自転車用ヘルメットをかぶると完全にキノコ自転車に乗り出してから6、7年、ずっとヘルメットを被らず走っていたが、本日ようやく購入。GiroのSavantという種類で、WF(wide fit)というアジア人の頭の形に配慮されていて、おかげさまでフィット感はいいが、鏡を見ると想像以上にキノコでショックである。

が、これを逃すと次にいつ買うか分からないので、えいやで購入。これを被って走ろう...

しかし、自転車に乗るというのは、嫌が応にも自分の体に向き合うことになる。購入の際の短足の烙印に始まり、腕の短さ、頭のデカさと突きつけられる。誠勇気のいる乗り物である。


Although I have gone cycling without a helmet since I started cycling 6 or 7 years ago, I finally bought a helmet today. It's a Savant from Giro designed as a WF, or Wide Fit, for Asian's head shape and with that, it fits me well but makes my head look like a giant mushroom than I expected. Shocking...

I don't know when the next time will come, I bought it in the fighting spirit. I'll go cycling with it from no on... You have to face against the body of yourself willing or not, starting with the stigma as a short leg, short reach and a big head. You can't be a cyclist without a brave.


・逆説の接続詞の表現にいつも悩む。althoughとかbutとかhoweverとか。もっとこなれた感じの表現がいい。
・ようやくは、finallyでいいっぽい。at lastとかも出てくる。
・えいやで購入は、in a fighting spirit。これでいいとも思わないが、もうめんどくさかった。
・今後は、from now on。以後ずっとという意味でちょっと重い?after thisなんかも。
・否が応にもは、willing or not。wetherが省略されている?検索で出てくるのが、日本語のページばかりで気になる...
・短足に始まりは、starting で無理やり繋いだ。意味通る?
Posted at 2017/03/05 22:52:33 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
プロフィール
「車に乗りたくなってきた(うっかり失効6) http://cvw.jp/b/410066/39512924/
何シテル?   03/25 23:45
「蟹は甲羅に似せて穴を掘る」
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/3 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
お友達
1 人のお友達がいます
らぶりぃぱんだらぶりぃぱんだ
愛車一覧
ホンダ ビート ホンダ ビート
2008年8月13日に納車しました。私にとってはこれが始めての車の購入でした。当時の私は ...
その他 その他 その他 その他
2月7日に納車のBasso Viper。本体120,000。ペダルと空気入れで総額130 ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.