車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2016年10月10日
ビートルズの映画 (アンプの話)
ビートルズの映画 (アンプの話) この連休は亡父の49日法要がメインの行事で、その道中にいろいろと挟んでいこうという目論見でした。

結果としてはこういうメニューになりました

食べツーリング
映画2本
アバルト124スパイダー試乗
水都フェラーリ軍団と御堂筋を並走(たまたま)
夜のだんじり
車整備(本日の予定)


今日はビートルズの映画の話を。

ビートルズファンならすでに見た後かと思われ、時代背景やビートルズの変化、いろんなことが
すでに語られた後かと思いますので、今日はニッチなアンプの話を。

初期のクラブギグではAC-30ぐらいのVOXのコンボアンプを使ってるのは有名ですが。
アメリカを含む世界ツアーに出るのは1964年~1966年で、ここでも基本的にはVOXを使ってます。
イギリス製品であることはもちろん、バンド黎明期より専属的に機材供与する何らかの契約もあったのではないかと推測します。
ツアー初年度の64年2月はワシントンDCコロシアムやカーネギーホールなど大会場も用意されたものの、基本はTV出演やレセプション的な出演だった。
が、その年の後半64年9月以降の世界ツアーでは大型コンサートホールでの単独コンサートが増え、
翌65年8月15日のNYシェアスタジアムを含むアリーナコンサートがブッキングされるに及んで、機材の出力不足は決定的なものとなり、
アンプメーカーであるVOX社は出力のUP、大型キャビネットでスタック化を図る。
PA設備のまだ進化していない時代において、拡声装置は歌を中心に音を出し、楽器の音は楽器アンプに頼るという時代だったのですね。
しかし結果は、現代のようなPA設備は無く、会場の拡声装置のトランペットスピーカーから歌が聞こえ、
それすら歓声でかき消され、ステージ上にモニタースピーカーの一つも無い。
耳で聞き、音でコミュニケーションを取るミュージシャンにとって、これは拷問のようなものでしょう。

リンゴはフロント3人の後ろ姿で曲の進行を推測しながら叩き、ジョンとポールの歌の掛け合い部分では、
ジョンが自分のパートを歌い終わるとポールに手で「はい、次ポール!」とサインを出す始末。
ポールが曲のエンディング付近で曲を見失う瞬間も記録されています。
しかしながら、そんな状況できちんと演奏をまとめていけるのは、曲が体に完璧に入ってるのと、ずっとライブバンドとして叩き上げてきた経験がモノを言ってるのだと感服します。


ジョージは神経質そうに自分の出音を何度も何度もスピーカーに顔を近づけて確認しに行っています。
そのスピーカーとは?
フェンダーのキャビネットです。VOXのスタックアンプ(AC-100?)ではなく。
映画の中でリンゴが証言していますが、VOX社はこのツアーの為に特注で専用アンプを用意しています。
出力は100W程度だったか?と言っています。多分これ。
でもジョンのサイドギター音は歪み気味だし、全体的に歪みっぽい。 
これはVOLが8くらいまで上がってたのではないか?と推測します。
ジョージは多分自分の立ち位置からでは自分の楽器の音が聞こえず、もっと近くにアンプを持ってくるか、自分が下がるか・・・
でもビートルズである以上、フロント3人は前に一列に横並びしないといけないのです。
(でも映像や写真では少しづつ下がってスピーカーに寄って行ってますね)
おそらくジョージはエキストラスピーカーを自分の立ち位置の真後ろに一つ持って来いと要求したと思われます。
アメリカで現地調達したのがこのスピーカーだったのではないかと。
ブラックパネル期のブラックトーレックス、シルバーサランネットのおそらくバンドマスターのキャビネット。12インチ×2です。

65年、当時の新品でしょうね。

この後、ロンドンのアビーロードスタジオに籠るようになって、アンプは小型のフェンダーアンプも使われるようになり、
有名なルーフトップのゲリラライブではシルバーパネルのツインリバーブです。


おっと、あの有名なマーシャルアンプは? そうですね。
あの有名な100Wヘッドの3段スタック 1959が発表されたのは1965年の後半と言われています。
注文主はThe Whoのピートタウンゼントです。
そして200WヘッドのMAJOR(1967)が出たのはその名の通り1967年。
主なユーザーはリッチーブラックモア
クラプトンもマーシャルを使い、ロンドンに渡ったジミヘンドリックスもマーシャルに出会い。

このようにその後のロックのアンプ=マーシャルと思われがちですが、じゃあVOXはどうなのか?
VOXのAC-30アンプをうまく使って独特の音を作り上げた人がいます。 QUEENのブライアンメイ。
このヴァイオリンのように伸びるサウンドは素晴らしいです。


このビートルズの映画については語り足りないくらいいろいろありますけど、まあぼちぼちと。

(余談) 
当時のコンサートでは前座バンドとの転換時間をなくすため、3バンド程度のセッティングが
同時にされており、バンドメンバーはステージに上がってきて自分のアンプにプラグインするという
今のライブハウスのような状況でした。

この写真ではVOXがビートルズの機材。
ツイードやブラウントーレックスのフェンダーアンプも写ってますが、これは前座バンドのアンプと思われます。
ちなみに1966年の東京武道館では3つのステージが組まれており、前座のドリフターズや内田裕也さんのバンドはそれぞれのステージに上がっています。
アンプはテスコのアンプが写ってますね。  司会はEHエリックでした。


(以上、受け売りや憶測が多く、間違いがたくさんあると思います。
もし、ご指摘の点ありましたら教えて下さい♪)
ブログ一覧 | 楽器 | クルマ
Posted at 2016/10/10 12:32:33

イイね!0件



この記事へのコメント
2016/10/10 13:00:37
勉強になりました^^
コメントへの返答
2016/10/10 13:12:29
この映画、昨日泉州方面どこ行ってもだんじりで混んでたので、堺浜のmovixで見ました。
夕方ですけど・・・・

朝にみなさんおられたんですね・・・・
2016/10/10 14:55:03
私も昨日観て来ました(^_^;)
シェアスタジアムが実はシェイスタジアムだったって真実に
シェアスタジアムで育った私はちょっぴりショック受けてます(笑)
コメントへの返答
2016/10/10 15:10:51
え?シェアスタジアムじゃないの?

と、ボケてみました(笑)

全く同感で、もうこのままシェアスタジアムって言っちゃだめなの?って思っちゃいました。

Cutsさんも読んでるのに、分かった風なこと書いちゃって失礼しました。
お恥ずかしい限りです・・・・・
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 
プロフィール
「エアー関係、テストの続きを追記しました。
http://minkara.carview.co.jp/smart/userid/413260/blog/38944998/
何シテル?   12/04 18:35
2012年8月14日からアルファロメオ147 2.0TS 5MTに乗り始めました。 10年以上前から好きだった車、今だからこそ147。  出来るだけメンテナ...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
リンク・クリップ
エンジンマウント交換 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/09/29 12:06:08
エアバッグ警告灯消去手順まとめ(永久保存版♪) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/05/23 16:54:09
Corsa di macchina a nagano2015観戦 photo3 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/04/23 10:50:37
ファン
54 人のファンがいます
愛車一覧
アルファロメオ 147 銀ちゃん (アルファロメオ 147)
(銀) 2012年8月から乗っています。 2016年3月31日、初年度登録から13周年 ...
ホンダ XR250R ホンダ XR250R
USレーサーの逆車。91年式。 アチャルビスビッグタンク、マルカワレーシング強化ジェネレ ...
マツダ デミオ マツダ デミオ
(黄) 久しぶりのマツダ車。 H20年に中古5年落ち、走行3万キロで入手。 まだまだこれ ...
ホンダ モビリオスパイク ホンダ モビリオスパイク
(赤) 便利な車でしたが、わりと短期で乗り換え。 グリルにはS800のHondaアルミロ ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.