• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

waiqueureのブログ一覧

2008年12月14日 イイね!

今年一年を振り返って見る

今年一年を振り返って見る今年も出ますた、総集編♪ヽ(´∀`*)ノ
かれこれ2004年から、まだSUPER GTになる前から
毎年、買ってますヽ(´∀`*)ノ

2008-2009
SUPER GT 総集編
公式ガイドブック


完全保存版!
あの衝撃も、3メーカーのバトルも
1年間のすべての興奮をお手元に。


■今だから話せる1年の裏側【3メーカーエース座談会】
■バトルこそGTの醍醐味【GT500クラス全9戦プレイバック】
■1年の進化を追う【GT-R、NSX、SC430メカニズム詳細解説】
■最終戦までもつれた重圧と歓喜【チャンピオンの言葉】
■ドライバーの“声”で振り返る【GT500全チーム情報】
■知られざる1年の物語【GT300全チーム情報】
■パドックではイベントが盛りだくさん【全9戦TOPICS】
■今年も記録達成続出!?【オモテとウラ2008 DATA & RESULT】

AUTO SPORT 臨時増刊
発行元:株・イデア
発売元:株・三栄書房
12月4日(木)発売

2008-2009 SUPER GT 総集編 公式ガイドブック

■販売価格 1,100円


さて、さて、
GT500、今年はニッサン・GT-Rのバカっ早なテスト走行に度肝を抜かれ
第1戦で、まざまざとその復活を見せつけられ
9戦7勝と言うニッサン・GT-R三昧な一年だったなー
(*´∀`)アハ♪
その中でも、NSXの健闘が光る
(SC430もGT-RもV8なのよ?NSXは未だにV6、3.5L)
三つ巴の戦いはこれからどうなる?

GT300では遂に痛車がデビュー←そこかよ(゚Д゚;)
(ま、あれは商業主義によるもので、キャラクターに対する愛が無い時点で
痛くないので似て非なるモノと思うが)
最終戦はチームオーダーか?と思わせる、ガス欠事件
例年の如く乱戦で有った 。* ゚ + 。・゚・。・ヽ(*´∀`)ノ

今年の各チームの熱き戦いに敬意を評し
こんな厳しい世の中だけど、来年も頑張れ!と願わずにいられない
。* ゚ + 。・゚・。・ヽ(*´∀`)ノ
Posted at 2008/12/17 00:48:20 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2008 SUPER GT | スポーツ
2008年12月07日 イイね!

やっと決まっタ━━━━ヽ(゚∀゚ )ノ━━━━!!!!

やっと決まっタ━━━━ヽ(゚∀゚ )ノ━━━━!!!!まずは、(株)GTアソシエイション 代表取締役 坂東 正明より
ごあいさつがありますので
そちらから、どうぞ( ゚д゚)ノ ドゾー

SUPER GTファンの皆様へ 
先日行われたSUPER GT第9戦富士大会を最後に、今年のSUPER GTシリーズはすべて終了いたしました。延べ49万人のお客様がサーキットに足を運んでいただき、またテレビ東京系列6局で放映しております「激走!GT」の視聴率も昨年を上回る数字を記録することができました。この場をお借りしてSUPER GTを応援していただいた皆様に厚く御礼申し上げます。

 各大会で優勝したチームはいずれも優れたレースマネージメントでパーフェクトなレース展開を見せてくれました。GT500クラスにはGT-Rが復活し、GT-R対SC430、NSXという構図の中で毎戦激しいバトルが行われてきました。またGT300クラスはプライベーターが毎戦しのぎを削る、見応えのあるレースを展開してくれました。

 GT300クラスについては最終戦の富士大会の競技結果に対して、控訴が出されていましたが取り下げられ、12月5日、大会主催者から暫定結果どおりの内容で正式結果が発表されました。
 先日のモータースポーツアワードではGT300の表彰ができませんでしたが、シリーズ順位が確定したので後日GT300の表彰を行う予定です。
 最終戦のGT300クラスで提出された抗議・控訴の内容は「スポーツマンシップに反する順位調整が行われたのではないか」というものでした。今シーズンを振り返ってみますと、順位操作と言われてもおかしくないレース展開があったことは否めません。SUPER GTを統括する弊社としてはこのようなお客様や視聴者に不信を抱かせる行為はあってはならないものと考えていますが、従来の規則はこのような行為を防止するには不十分でした。今年の反省を踏まえ、来年に向けて鋭意規則の見直しを行っております。

 SUPER GTが本当の意味で「世界一のハコレース」となるために、そして皆様に毎戦毎戦感動を提供できるようになるために、株式会社GTアソシエイションはより一層努力をして参ります。そして来年の開幕戦には大きく成長したSUPER GTを皆様にお見せできることをお約束いたします。

株式会社GTアソシエイション
代表取締役 坂東 正明


なにが言いたいかって言うと
『明らかにチームオーダーじゃなかったのか?』
と言う控訴の取り下げによる
決まって無かった、GT300のシリーズチャンピオン確定ですよ

以下、carviewニュースより引用
【SUPER GT】ARTA、第9戦レース結果に関する控訴を取り下げ

オートバックス・レーシング・チーム・AGURI(ARTA)は、11月11日付けで日本自動車連盟に提出した「11月9日に行われたSUPER GT第9戦富士スピードウェイ決勝レース結果に関する控訴」を取り下げると発表した。

ARTAは、SUPER GTを統括する法人GTアソシエイションと、最終戦のGT300クラスにおける順位操作と疑われる行為、それに対する今後のGTアソシエイションの対応について協議を重ねてきた。

この結果、GTアソシエイションは、こうした行為がSUPER GTレースで今後二度と行われないために、SUPER GTスポーティング・レギュレーションの改訂を2009年度から実施することを確約。また、SUPER GTのプロモーション規則でも同様に、SUPER GTの利益を損なう行為に対して禁止規定を盛り込む方向で現在審議を進めているとの報告があった。

ARTAは、これらの規則の改定が行われSUPER GTが今後スポーツマンシップに則ったモータースポーツとして前進すると考え、当初の目的を達成できたと判断、控訴を取り下げるとしている。


ARTAをGTAが宥める形で決着しただね
来年まで結果が出ないのも困るし、
優勝チームは公式のレセプションに出れなかったのだから十分に制裁を
受けたとみなすのかな?

勝つための執念とは言え、何ともすっきりしない2008年のスーパーGT幕切れです・・・(*´д`;)ハァ
関連情報URL : http://supergt.net/jp/
Posted at 2008/12/07 08:34:56 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2008 SUPER GT | スポーツ
2008年11月10日 イイね!

2008 SUPER GT 最終戦

2008 SUPER GT 最終戦以下、公式HPより引用
XANAVI NISMO GT-Rの本山組がタイトル獲得!!

悪コンディションを逆手にカルソニックIMPUL GT-Rが2勝目!

驚異の追い上げも1歩届かず…ZENT CERUMO SC430奮戦及ばず

ドリフト男の真骨頂!ユンケルパワータイサンGT3Rが優勝!!
1ポイントを巡り、激しく争われたタイトル争い


2008 AUTOBACS SUPER GT第9戦「FUJI GT 300km RACE」の決勝レースが、11月9日、富士スピードウェイ(静岡県)で行われた。

GT500クラスはNo.12 カルソニックIMPUL GT-R(松田次生/セバスチャン・フィリップ組)が今季2勝目。

GT300クラスはNo.26 ユンケルパワータイサンポルシェ(谷口信輝/ドミニク・ファーンバッハー組)が、予選2位から今季初優勝を果たした。


決勝レースは14時から。
グリッドに着く直前、小雨がぱらつき始め、多くのチームがグリッド上で小雨用の浅みぞレインタイヤに交換。
GT500クラスではNo.12 カルソニックIMPUL GT-R(松田次生)、No.39 DENSO DUNLOP SARD SC430(アンドレ・クート)の2台がスリックタイヤに賭ける。
 フォーメーションラップは通常1周だが、今回は路面温度が極端に低く、タイヤのウォームアップに時間が掛かるとして2周行なわれた。
 スタートではNo.1 ARTA NSX(ラルフ・ファーマン)とNo.24 WOODONE ADVAN Clarion GT-R(ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ)が順位を入れ替える場面もあったが、けっきょくは大きな変動なくオープニングラップを終了。
 だが、2周目にNo.22 MOTUL AUTECH GT-R(ミハエル・クルム)がピットイン。どうやら路面が乾き始めたようで、スリックタイヤに交換して出て行く。

 その後、他のチームも続々とピットイン。これで順位はめまぐるしく変わり、No.12松田、No.39クートの2台がトップ2に浮上してくる。
 大きく離れた3番手にはタイヤ交換作業が抜群に早かったNo.23 XANAVI NISMO GT-R(ブノワ・トレルイエ)がつけるが、ハンデの厳しい同車はペースが上がらず、No.24デ・オリベイラの先行を許す。しかし、No.24は16周目にスローダウン。ドライブシャフトのトラブルで、ピットに戻っての修復作業を余儀なくされてしまう。
 No.23トレルイエはその後もずるずると後退を続けるが、これを見たチームはレース距離のちょうど3分の1を過ぎた23周目にトレルイエを呼び戻し、タイヤ交換と燃料補給、本山哲への交代を終えて送り出す。また、この時点で2番手にいたNo.39クートも27周目にピットイン。高木虎之介に交代を行なう。
 だが、ちょうどこの頃から再び雨が降り始め、スリックではラップタイムの維持が難しい状況に。高木は、タイヤが温まるまではGT300の車両にも抜かれるほどゆっくりしたペースでしか走れなかった。
 これを見たNo.38 ZENT CERUMO SC430(リチャード・ライアン>立川祐路)、No.36 PETRONAS TOM'S SC430(アンドレ・ロッテラー>脇阪寿一)らは、ルーティンのピットワークと同時に浅みぞレインへの交換を行なう。ピット作業を終えたばかりのNo.23本山も再度ピットインし直し、レインへの交換という安全策を取る。
 トップNo.12松田はレースちょうど半ばの33周目にピットイン。セバスチャン・フィリップへの交代と、やはりレインタイヤへの交換を行なう。
 これで全車のピット作業が終了。トップはNo.12フィリップ、2番手はNo.35 宝山KRAFT SC430(片岡龍也>ピーター・ダンブレック)だが、その差は40秒以上開いていた。

 3番手はNo.1伊沢拓也だったが、ペースを維持できない。また、No.18 TAKATA童夢NSX(小暮卓史>道上龍)、No.17 REAL NSX(金石年弘>金石勝智)も同様に極端なスローペース。どうやらNSX勢は、今回チョイスしたタイヤが、濡れて冷えた路面にまったく合わなかったようだ。これでNo.38立川が3位、No.6 ENEOS SC430(ビヨン・ビルドハイム>伊藤大輔)が4位に上がってくる。
 その後、No.35ダンブレックは48周目のヘアピンでミスし、No.38立川とNo.6伊藤の先行を許す。これで2位に上がったNo.38立川は、この時点でNo.23本山がポイント圏外だったため、優勝すれば大逆転でタイトルを奪取できる。トップNo.12フィリップとの差は40秒ほどあり、残り10数周では逆転は難しい状況だったが、No.38立川はあきらめずプッシュ。2台の差はじりじりと詰まり、残り5周を切って20秒以内まで接近。逆転タイトルに望みをつなぐ。
 だが、その差が16秒ほどになったところでフィニッシュ。No.38立川は、あと一歩で優勝に届かなかった。

 優勝はNo.12 カルソニックIMPUL GT-R(松田次生/セバスチャン・フィリップ)。
第6戦Pokka 1000kmにつづき今季2勝目、GT-Rとしては年間7勝目となり、車種別の年間最多勝記録を更新した。
 2位はNo.38 ZENT CERUMO SC430(立川祐路/リチャード・ライアン)。
 3位にはNo.6 ENEOS SC430(伊藤大輔/ビヨン・ビルドハイム)が入った。
伊藤は、ケガからの復帰初戦を表彰台で飾ることになった。
 その後方では、
No.23本山がペースの上がらないNo.1伊沢をパスし9位に。これで本山哲/ブノワ・トレルイエがドライバーズチャンピオンに輝いた。
 チームタイトルは、今回7位に入ったNo.36のPETRONAS TOYOTA TEAM TOM'Sが獲得した。


GT300は協議ちう、結果が確定次第うp予定ヽ(´ー`)ノ
関連情報URL : http://supergt.net/jp/
Posted at 2008/11/10 01:14:50 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2008 SUPER GT | スポーツ
2008年11月07日 イイね!

ありえないざー( ゚Д゚)

この方から頂いたのですが

ありえへんて!(・∀・)

以下、ニュースより引用
「SUPER GT」で痛車勝負 初音ミクvs.鏡音リン・レン
初音ミク痛車と鏡音リン・レンの痛車が「SUPER GT」に参戦。同じレースでガチンコ勝負だ。
2008年11月06日 19時01分

 「初音ミク痛車」と「鏡音リン・レン痛車」が、11月8日、9日に富士スピードウェイで開かれる「SuperGT 第9戦」の同じレース(GT300クラス)に参戦する。ボーカロイド痛車の“ガチンコ勝負”が見られそうだ。

 ミク痛車はこれまで「SUPER GT」に2回チャレンジしたが、エンジントラブルなど出走できず、今回が“3度目の正直”。リン・レン痛車は今回がデビュー戦だ。




 
リン・レン痛車は日産フェアレディZがベース。ボンネットや側面にリン・レンの公式画像が大きく描かれている。出走するチームは「MOLAレオパレスZ」。2008年のポイントランキング1位の強豪だ。



 ミク痛車は従来通り「Studie and GLAD with Asada racing」のレースカーとして出走する予定だ。


よりにもよって、現在GT300ランキングトップの
MOLAレオパレスZとはな(・∀・)ニヨニヨ

ミク立場無し?Σ(゚Д゚)エー


ともかく
2008年スーパーGT
最終戦・FISCO 300km
みどころが増えましたな
(・∀・)ニヨニヨ

ドライバー・星野一樹の心境や慮ると・・・アレだがな
Posted at 2008/11/07 22:29:02 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2008 SUPER GT | スポーツ
2008年10月19日 イイね!

やっとこれで安心して最終戦が見られるよ

やっとこれで安心して最終戦が見られるよキタ━━━━
ヽ(゚∀゚ )ノ
━━━━!!!!

これでザナヴィがポイントトップになって最終戦・富士だ!
まずは一安心だよ(´∀`*)ウフフ

SUPER GT第8戦 オートポリス 決勝(GT500)
(2008/10/19)
XANAVI NISMO GT-Rがポートゥーウィンで3勝目!


SUPER GT第8戦 オートポリス決勝 GT500クラスを制したのはXANAVI NISMO GT-Rが逃げ切り優勝、2位はEPSON NSX、3位はARTA NSXとなった。

レース内容は、スタートでEPSON NSXがARTA NSXを交わし2位に浮上し
ポールポジションのXANAVI NISMO GT-Rが好調なスタートで2番手以降に大差をつけダントツのトップを独走。
6周目にARTA NSXがEPSON NSXに接触しながらパスし2位に再浮上
15周目レース序盤の順位は、トップ車XANAVI NISMO GT-R、2番手ARTA NSX、3番手EPSON NSXの順位変わらず
24周目ARTA NSXドライバー交替
25周目XANAVI NISMO GT-Rドライバー交替
30周目EPSON NSXドライバー交替
35周目レース中盤の順位は、トップ車XANAVI NISMO GT-R、2番手PETRONAS TOM'S SC430、3番手MOTUL AUTECH GT-Rの順番、PETRONAS TOM'S SC430とMOTUL AUTECH GT-Rはドライバー交換は行っていない
40周目にMOTUL AUTECH GT-RがPETRONAS TOM'S SC430を交わし2位に浮上
42周目にPETRONAS TOM'S SC430ドライバー交替
43周目にMOTUL AUTECH GT-Rドライバー交替
46周目レース終盤の順位は、トップ車EPSON NSX、2番手EPSON NSX、3番手ARTA NSXの順
47周目にARTA NSXスピンで順位を落としRAYBRIG NSXが3位に浮上
WILLCOM ADVAN VEMAC 408Rの接触がありRAYBRIG NSXにドライブスルーペナルティでARTA NSXが3位に再浮上

RAYBRIG NSXとARTA NSXとの長いバトルの末、残り1周でRAYBRIG NSXがARTA NSXをパスし2位に浮上
最終的にXANAVI NISMO GT-Rが逃げ切り優勝、2位はEPSON NSX、3位はARTA NSXという結果になった。


※RAYBRIG NSXはペナルティによりタイムに30秒加算となっり9位となった

GT300は
ダイシン ADVAN Z今季初優勝!
SUPER GT第8戦 オートポリス決勝 GT300クラスを制したのはダイシン ADVAN Zが今季初優勝、2位はARTA Garaiya、3位はプリヴェKENZOアセット・紫電となった。

レース内容は、
15周目レース序盤の順位は、トップ車JIMCENTER ADVAN F430、2番手ダイシン ADVAN Z、3番手プリヴェKENZOアセット・紫電の順位変わらず
25周目ダイシン ADVAN Zドライバー交替
30周目レース中盤の順位は、トップ車JIMCENTER ADVAN F430、2番手プリヴェKENZOアセット・紫電、3番手ユンケルパワータイサンポルシェの順番、ダイシン ADVAN Zドライバー交替で順位を下げた
36周目プリヴェKENZOアセット・紫電がJIMCENTER ADVAN F430を交わしトップに立った
37周目JIMCENTER ADVAN F430ドライバー交替で順位を落とす
44周目プリヴェKENZOアセット・紫電ドライバー交替
50周目レース終盤の順位は、トップ車ダイシン ADVAN Z、2番手ARTA Garaiya、3番手プリヴェKENZOアセット・紫電の順番

最終的にダイシン ADVAN Zが逃げ切り今季初優勝、2位はARTA Garaiya、3位はプリヴェKENZOアセット・紫電という結果になった。

関連情報URL : http://supergt.net/jp/
Posted at 2008/10/19 19:00:57 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2008 SUPER GT | スポーツ

プロフィール

「後段作戦は|ω・`) 丙かな・・・ http://cvw.jp/b/415488/40731247/
何シテル?   11/19 10:09
週末や休みごとにディーラーやショップに出没する、 かなり間違ったホンダ・ライフ(JB1)オーナーですが( ゚Д゚)ナニカ? 長いことみんカラ登録環境に...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/11 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

FC2カウンター 
カテゴリ:スタイルシート関連
2009/09/13 02:17:51
 
Flag Counter  
カテゴリ:スタイルシート関連
2009/06/21 18:55:18
 
Opel.com International Site  
カテゴリ:自動車メーカー(海外)
2009/06/04 14:21:18
 

お友達

基本的に此方からお誘いする事は稀ですが・・・
ある程度絡んで頂いて、気にいって頂けたらポチっと、お誘い下さいヾ(^-^ )
数稼ぎ目的等、失礼な方は容赦無く対応いたしますのでよろしくお願い致します(_ _;(- -; ペコペコ
34 人のお友達がいます
花人☆うなぎパイ花人☆うなぎパイ * みんカラスタッフチームみんカラスタッフチームみんカラ公認
戯雅戯雅 ゆーR@MrモルモットゆーR@Mrモルモット
ケン@ARIAスカイラインケン@ARIAスカイライン √イナQ√イナQ

ファン

41 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ ライフ 4号機 (ホンダ ライフ)
キシリア 「使ってみるか?80パーセントしか完成していないようだが」 waiqueur ...
ホンダ ライフ 3号機 (ホンダ ライフ)
いろんな経緯によって乗り替わってしまった(;´・ω・)周りからは同じ車だと思ったとか、A ...
ホンダ ライフ 2号機 (ホンダ ライフ)
遂に210,000㌔突破!ヽ(´Д`ヽ)(/´Д`)/イヤァ~ン 此れで、イケる所まで ...
ホンダ シティ ホンダ シティ
1台目のライフを失って、2台目を探して貰っている間にディーラーから借りてた代車 「代車 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.