車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年03月17日 イイね!
注意一秒・・・先日、子供がドアをぶつけてしまったとのこと。
もぉ、注意しなくちゃダメじゃんか!






しょうがないな、以後気を付けるように。









そんな感じでお咎めなしで済ませられるかと思ったのだろうか、こちらからの問いかけにも我が子はあいまいな態度。
久しぶりに大きなカミナリを落とす。
残念ながらパパはそんなに甘くないんだな。

妻と出掛けて立体駐車場に止めたSクロスから外に出る際、横の梁にぶつけたらしい。
駐車場の階数を覚えておこうと、それを見ることに気が向いてしまって梁にきづかなかったようだ。

へこんだのが自分のクルマだけでよかった。
これが隣のクルマにぶつけたりとか、たまたま歩いていた人なんかにぶつけていたら、大変なことになっていただろう。

ぶつけたこと自体ではなく、周りを確認せず無意識に勢い良くドアを開けたこと、もしドアに隠れるくらいの背丈の幼児がたまたまそこに居て、ドアをぶつけたらどんなことになるか、注意力散漫であったことを叱った。

早速スズキアリーナに連絡して修理の依頼をしたんだけど、立て込んでいて車両入庫は来週以降になりそうだ。
ドアエッジのへこみで修理費は大体8万円くらいとのことだけど、修理費よりもドア鋼板を板金処理しなくてはならないことが、気分的にかなりへこむ。
ドアエッジ部分を叩いてパテ塗って補修塗装するんだろう? ちゃんと周りと色合うかな。
はぁ、がっかり。


Posted at 2017/03/17 23:03:06 | コメント(3) | トラックバック(0) | マイカー | 日記
2017年03月04日 イイね!
先々週日曜に埼玉は越谷市のしらこばと公園で催された旧車イベントのU1000、既にいくつかのブログで紹介されててますが、当日僕もセルボで行ってきました。
「U1000」って変わった名前のイベントと思ったら、参加資格がunder 1000ccってことなんですね。
どんな車が来てるんだろう? やっぱり軽自動車ばっかり?




会場に入ってすぐに目についた珍しい車。
オランダのダフです。 なんでこんな車が日本にあるんだろう??
デザインはミケロッティだって。 なんだか風車とかチューリップなんかが似合いそうな、可憐なデザインですね。



会場を奥に進むと、さらにレアな車を発見。
イタリアのASA1000GT。 すげぇな。 博物館級のクルマだ。
一応市販車だけど、何台存在するんだろう。
ASAという会社もこの小型スポーツカーもフェラーリが企画したものようで、デザインはジウジアーロ、エンジンとシャシーはフェラーリやランボルギーニを渡り歩いたエンジニアであるビッザリーニによる設計とのこと。


イタリアンデザインつながりで、ダイハツのかつてのスポーツカー、コンパーノ スパイダー。
昭和42年にマイナーチェンジしてヘッドランプが大きくなったモデル。
こんなに堂々としたデザインなのに、排気量は1000cc。



さて、今回はるばる越谷までやってきたのは、このセルボを見たかったから。
ぱっと見、僕のセルボとおんなじ。 厳密にいうとこの車両は前期型なので僕の後期型とは違うんだけど。

赤いボディカラーだけでなく、純正オプションだったアルミホイールもおんなじ。
ただし、PCDは異なります。
自分のとおんなじ車って、まず見ないのでなんだか変な感じです。


そうそう、会場で偶然に顔見知りのNさん会ったんで、セルボのマフラーについて相談。
NNさん所有のフロンテクーペとセルボは、ワンオフのマフラーがついてるんだよね。
僕のセルボのマフラーもどうにかしないといけなくなってきたので、セルボ用のマフラーを作るとどのくらいのお値段がするのか聞いてみました。

「xxのお店でワンオフのマフラー作られてましたけど、あれっていくらするんですか?」

「えっ、あのマフラー? あれはだめだめ、毎年のように割れちゃんだもの。 」
だって。
さて、どうしようかね。


自宅から今回訪れたしらこばと公園までは往復180km。
行きはずっと一般道で行きましたが、帰りは用賀から東名高速を使用。
ここのところ、ずっと高速道路は使ってなかったから少し不安でしたが、全然問題ありませんでした。
Posted at 2017/03/08 20:44:40 | コメント(3) | トラックバック(0) | おでかけ | 日記
2017年02月24日 イイね!
たまにはセルボでお出かけこのところずっと体調がイマイチで週末はどこにも出かけてないです。 
なんかね、咳がずっと続いてて、治んないんだよね。 なんでだろね。

いつだったか、天気の良い日曜日に近所のダム湖にセルボで行ってきました。 





ここの駐車場には、毎週日曜日の午前中にいろんな趣味車が集まってきます。

早速すごいのが来てますね。
アルピーヌ ルノー。 
今更説明することのない誰でも知ってるスポーツカーです。


そんなのが2台も見れるなんて、来てよかった。


国産旧車も来てます。




旧車だけでなくて新旧いろいろな・・・あ、これももう旧車か。
フェラーリ308GTB。 デビューは1975年です。
あんまりきれいだったんで、そんな古い車と思えなかったよ。


そのお隣には、フェアレディZ 432。 フルオリジナルでした。


ケンとメリーのスカイライン。
お気に入りの一台です。 今見てもかっこいいね。


この日一番の目玉だったのがコレ。
スズキ キャリイ L30。 
エンジンは空冷2ストローク2気筒。

興味のない人にとってはただの古い軽トラですが、とても珍しいです。
公道を走ることのできる現役のL30なんて、もう10台にも満たないんじゃないだろうか。


すごいなぁ、よくこんなの残ってたな。


このキャリイ(L30)は昭和41年から44年の間、生産され、「スズライト」の名が取れてフルキャブとなった初のモデルです。
およそ50年前の軽トラってことですね。

短いボンネットのついた従来のスズライト キャリイ(L20)としばらく併売されてました。
僕がまだ幼稚園児だった昭和48、9年ごろ、現役のL20を見たおぼろげな記憶がありますが、L30って見たことないなぁ。

L30の後、キャリイは昭和44年にフルモデルチェンジし、ジウジアーロデザインで有名なL40にバトンタッチします。
Posted at 2017/02/24 22:25:35 | コメント(5) | トラックバック(0) | マイカー | 日記
2017年02月12日 イイね!
流行に乗るいつもと変わらず2017年も早、遅筆なブログ。 
でも、放置はしてませんよ。

この季節、毎年のように流行してるインフルエンザに、今年はとうとう罹ってしまった。







先週月曜日に妻と子供が高熱を出してダウン。 病院の診断では子供はインフルエンザのA型でした。
二人とも寝込んでしまったので僕が夕飯で腕を振るうことに。
料理のできる男でよかったぜ。

でも、それから二日過ぎたころから僕もなんだかとてつもなく寒気がしてきて、こりゃまずいなと思ったころには時すでに遅かりし。
体温はぐんぐん上昇して、夜には38度3分まで上がりました。
この年になると、38度はきついねー。
寒いわ頭痛いわ、全然寝れなかった。

翌朝、病院に行って長~い綿棒みたいなのを鼻の奥に突っ込まれる恐怖の検査をした結果、やっぱりインフルエンザのA型でした。 あぁ、罹っちゃったか。

会社は当然休みます。
というか、うつすから行っちゃダメ。
体内の菌が消失する最低5日は自宅で安静にしてなきゃいけません。
そんなこんなで現在、自宅療養4日目ですが、症状のピークは過ぎたものの依然体温は高めだし体のだるさも残ってて、ほんとにこれで完治するのかちょっと不安。
35歳過ぎたころから体に免疫力が年々劣ってきているようで、この先大丈夫かなと漠然とした不安を抱えてます。 ついこないだだって、風邪ひいて熱出したばっかしだしさー。 
毎週、ランニングしたり筋力トレーニングをしたり、食べるものにも気を使ってるんだけどなぁ。
Posted at 2017/02/12 16:52:33 | コメント(6) | トラックバック(0) | 日常 | 日記
2017年01月15日 イイね!
でも純正部品が好き我がセルボは、なるべくスズキ純正仕様の状態にしておきたいと常々思い、パーツリストを眺めてはたまに部販に注文を出すんだけど、もう製廃であることが多いです。
 
2011年3月に交換したリヤガラスハッチのガスダンパー、もうガスが抜け気味でガラスを開けたまま保持できなくなってんだよね。
先日、Sクロスを6か月点検に出した際に、そのガスダンパーを注文したんだけど製廃で手に入らず。



新品が手に入んないんなら、なんかほかの部品を流用するしかないんだけど、調べてみると他社のボンネット用ガスダンパーを加工して付けてる方もいらっしゃるみたい。
どうしようかな、僕もそのアイデアでやってみようかと思いましたが、流用するにももうちょっと純正寄りでできないかと考えた結果、ジムニーのバックドア用を使ってみました。


早速、ジムニー(JA22)用のガスダンパーの部番を調べてスズキ自販で新品を購入。
さて、セルボ用と比較してみると・・・

リヤガラス取り付け側先端は、まったく同じ形状でした。 いいねぇ。


ボディ固定側は、セルボ用はボディ固定用のブラケットが有る(上)のに対し、ジムニー用にはそれが無いですが、それ以外は同じ形状でした。


全長は・・・ジムニー用の方が100mmくらい長いかな。 


車体取り付け用のブラケットを流用するため、軸のカシメをはずします。



グラインダーでガリガリ削ること数分後、やっとブラケットが外れました。


外したブラケットの軸中心にドリルで穴をあけ、その穴にタップでM4の雌ネジを切り、ジムニー用のガスダンパーに組み付けてボルトで固定。



そして、組み付け後。


やったー!成功だ。
ダンパーが長くなった分、ガラスの開き方が大きくなりますが、問題なし。
もちろん、ガラスを閉じても干渉はありません。


ヒンジの可動域よりも開きが大きくなるんじゃないかと危惧しましたが、まだ余裕があり問題なさそうです。
さて、これで何年もつんでしょうかね。 また5年くらいでダメになっちゃうのかな。


余談ですが、このガスダンパーってSS40のフロンテにも使われていて、それもセルボ用に対して全長が少し長いですが、ずっと昔に試してみたら加工なしでセルボに取りつきました。 もうとっくに製廃だろうけど。
Posted at 2017/01/15 16:17:27 | コメント(2) | トラックバック(0) | マイカー | 日記
プロフィール
スズキ自動車のお膝元で生まれ育ち、依頼ずっとスズキファン一筋です。 北米ミシガンでの3年7ヶ月の駐在生活を終え、2009年11月に帰国。  どうぞ気軽に立ち...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/3 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
ファン
34 人のファンがいます
愛車一覧
スズキ SX4 Sクロス スズキ SX4 Sクロス
エリオからの乗り換えで購入しました。 めったに見かけませんが、S-CROSSのオーナーさ ...
スズキ セルボ スズキ セルボ
三重県のある旧車専門店で、確か50万円くらいで購入。 外装は塗装のツヤがまったく無くなっ ...
米国スズキ XL-7 米国スズキ XL-7
アメリカに来てはじめて買った車。 片言の英語を駆使してなんとか購入することができた。使い ...
スズキ エリオ スズキ エリオ
結婚してまともな車が必要になり、購入した車。 最初、スズキショウルームで見たときは、カ ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.