車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年04月27日 イイね!
明後日29日に予定していましたイベントの件、急用のため当日参加できなくなりました。
当日会場で皆様とお会いできることを楽しみにしておりましたが、申し訳ありません。
また別の機会とさせてください。

Posted at 2017/04/27 07:50:10 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年04月22日 イイね!
ついに来た4月は何かと忙しい。
ぼやぼやしてたら、もうすぐゴールデンウィークです。
休みに入ったとたんに、気が緩んで体調崩しそう。










先日、大きな封筒が郵送されてきた。
えっ、学校から僕宛て? なんで?
 
中を開けてみたら、エントリー票が入ってました。
あぁ、ついに来たよ。
4月29日、セルボであのイベントに出動します。


もうそろそろエントリー票が来てもいい頃なのに遅いなーって、ちょっと気になってたんだよね。

久々の旧車イベント。 
今回エントリーしたとこは行くのも参加するのも初めてなので、なんだか不安。
鴻巣市って行ったことないんだよなぁ。 
当日朝は何時に出ようか。

イベントに参加される皆様、どうぞお手柔らかにお願いいたします。 

Posted at 2017/04/22 21:29:44 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日常 | 日記
2017年03月17日 イイね!
注意一秒・・・先日、子供がドアをぶつけてしまったとのこと。
もぉ、注意しなくちゃダメじゃんか!






しょうがないな、以後気を付けるように。









そんな感じでお咎めなしで済ませられるかと思ったのだろうか、こちらからの問いかけにも我が子はあいまいな態度。
久しぶりに大きなカミナリを落とす。
残念ながらパパはそんなに甘くないんだな。

妻と出掛けて立体駐車場に止めたSクロスから外に出る際、横の梁にぶつけたらしい。
駐車場の階数を覚えておこうと、それを見ることに気が向いてしまって梁にきづかなかったようだ。

へこんだのが自分のクルマだけでよかった。
これが隣のクルマにぶつけたりとか、たまたま歩いていた人なんかにぶつけていたら、大変なことになっていただろう。

ぶつけたこと自体ではなく、周りを確認せず無意識に勢い良くドアを開けたこと、もしドアに隠れるくらいの背丈の幼児がたまたまそこに居て、ドアをぶつけたらどんなことになるか、注意力散漫であったことを叱った。

早速スズキアリーナに連絡して修理の依頼をしたんだけど、立て込んでいて車両入庫は来週以降になりそうだ。
ドアエッジのへこみで修理費は大体8万円くらいとのことだけど、修理費よりもドア鋼板を板金処理しなくてはならないことが、気分的にかなりへこむ。
ドアエッジ部分を叩いてパテ塗って補修塗装するんだろう? ちゃんと周りと色合うかな。
はぁ、がっかり。


Posted at 2017/03/17 23:03:06 | コメント(3) | トラックバック(0) | マイカー | 日記
2017年03月04日 イイね!
先々週日曜に埼玉は越谷市のしらこばと公園で催された旧車イベントのU1000、既にいくつかのブログで紹介されててますが、当日僕もセルボで行ってきました。
「U1000」って変わった名前のイベントと思ったら、参加資格がunder 1000ccってことなんですね。
どんな車が来てるんだろう? やっぱり軽自動車ばっかり?




会場に入ってすぐに目についた珍しい車。
オランダのダフです。 なんでこんな車が日本にあるんだろう??
デザインはミケロッティだって。 なんだか風車とかチューリップなんかが似合いそうな、可憐なデザインですね。



会場を奥に進むと、さらにレアな車を発見。
イタリアのASA1000GT。 すげぇな。 博物館級のクルマだ。
一応市販車だけど、何台存在するんだろう。
ASAという会社もこの小型スポーツカーもフェラーリが企画したものようで、デザインはジウジアーロ、エンジンとシャシーはフェラーリやランボルギーニを渡り歩いたエンジニアであるビッザリーニによる設計とのこと。


イタリアンデザインつながりで、ダイハツのかつてのスポーツカー、コンパーノ スパイダー。
昭和42年にマイナーチェンジしてヘッドランプが大きくなったモデル。
こんなに堂々としたデザインなのに、排気量は1000cc。



さて、今回はるばる越谷までやってきたのは、このセルボを見たかったから。
ぱっと見、僕のセルボとおんなじ。 厳密にいうとこの車両は前期型なので僕の後期型とは違うんだけど。

赤いボディカラーだけでなく、純正オプションだったアルミホイールもおんなじ。
ただし、PCDは異なります。
自分のとおんなじ車って、まず見ないのでなんだか変な感じです。


そうそう、会場で偶然に顔見知りのNさん会ったんで、セルボのマフラーについて相談。
NNさん所有のフロンテクーペとセルボは、ワンオフのマフラーがついてるんだよね。
僕のセルボのマフラーもどうにかしないといけなくなってきたので、セルボ用のマフラーを作るとどのくらいのお値段がするのか聞いてみました。

「xxのお店でワンオフのマフラー作られてましたけど、あれっていくらするんですか?」

「えっ、あのマフラー? あれはだめだめ、毎年のように割れちゃんだもの。 」
だって。
さて、どうしようかね。


自宅から今回訪れたしらこばと公園までは往復180km。
行きはずっと一般道で行きましたが、帰りは用賀から東名高速を使用。
ここのところ、ずっと高速道路は使ってなかったから少し不安でしたが、全然問題ありませんでした。
Posted at 2017/03/08 20:44:40 | コメント(3) | トラックバック(0) | おでかけ | 日記
2017年02月24日 イイね!
たまにはセルボでお出かけこのところずっと体調がイマイチで週末はどこにも出かけてないです。 
なんかね、咳がずっと続いてて、治んないんだよね。 なんでだろね。

いつだったか、天気の良い日曜日に近所のダム湖にセルボで行ってきました。 





ここの駐車場には、毎週日曜日の午前中にいろんな趣味車が集まってきます。

早速すごいのが来てますね。
アルピーヌ ルノー。 
今更説明することのない誰でも知ってるスポーツカーです。


そんなのが2台も見れるなんて、来てよかった。


国産旧車も来てます。




旧車だけでなくて新旧いろいろな・・・あ、これももう旧車か。
フェラーリ308GTB。 デビューは1975年です。
あんまりきれいだったんで、そんな古い車と思えなかったよ。


そのお隣には、フェアレディZ 432。 フルオリジナルでした。


ケンとメリーのスカイライン。
お気に入りの一台です。 今見てもかっこいいね。


この日一番の目玉だったのがコレ。
スズキ キャリイ L30。 
エンジンは空冷2ストローク2気筒。

興味のない人にとってはただの古い軽トラですが、とても珍しいです。
公道を走ることのできる現役のL30なんて、もう10台にも満たないんじゃないだろうか。


すごいなぁ、よくこんなの残ってたな。


このキャリイ(L30)は昭和41年から44年の間、生産され、「スズライト」の名が取れてフルキャブとなった初のモデルです。
およそ50年前の軽トラってことですね。

短いボンネットのついた従来のスズライト キャリイ(L20)としばらく併売されてました。
僕がまだ幼稚園児だった昭和48、9年ごろ、現役のL20を見たおぼろげな記憶がありますが、L30って見たことないなぁ。

L30の後、キャリイは昭和44年にフルモデルチェンジし、ジウジアーロデザインで有名なL40にバトンタッチします。
Posted at 2017/02/24 22:25:35 | コメント(5) | トラックバック(0) | マイカー | 日記
プロフィール
「[整備] #セルボ リヤウインドーバイザー補修 http://minkara.carview.co.jp/userid/417576/car/329275/4210813/note.aspx
何シテル?   04/22 21:52
スズキ自動車のお膝元で生まれ育ち、依頼ずっとスズキファン一筋です。 北米ミシガンでの3年7ヶ月の駐在生活を終え、2009年11月に帰国。  どうぞ気軽に立ち...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/5 >>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
ファン
36 人のファンがいます
愛車一覧
スズキ SX4 Sクロス スズキ SX4 Sクロス
エリオからの乗り換えで購入しました。 めったに見かけませんが、S-CROSSのオーナーさ ...
スズキ セルボ スズキ セルボ
三重県のある旧車専門店で、確か50万円くらいで購入。 外装は塗装のツヤがまったく無くなっ ...
米国スズキ XL-7 米国スズキ XL-7
アメリカに来てはじめて買った車。 片言の英語を駆使してなんとか購入することができた。使い ...
スズキ エリオ スズキ エリオ
結婚してまともな車が必要になり、購入した車。 最初、スズキショウルームで見たときは、カ ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.