• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ひらの。のブログ一覧

2017年09月17日 イイね!

F1である必要って、ありますか?

ホンダがマクラーレンに愛想をつかされたようで、F1におけるパートナーシップは
解消されるとの報道がありました。

うまくいかなかったことの原因はいくつもあるかもしれませんが
マクラーレンが期待していたほどのパフォーマンスを、
ホンダが提供することができなかった。

パワーユニットのパフォーマンスというよりも、
ホンダの企業としてのF1に対する姿勢が、現在のF1のパフォーマンスに
そぐわなかった、と、考えています。

欧州の新自由主義経済下に置かれたF1というビジネスモデルが
どういうものになっているのかを、ホンダの日本の経営陣はよく把握できていなかったのか。
レース活動をしながらホンダの社員の能力を高める、そんな甘いことは、
資本の運動の全てをお金に換えていくことに最大限の注力をしている世界では通用することではなかった。

レース活動という見た目で見失いがちなのは、F1という巨大なビジネスモデルが
資本の新自由主義経済下で、この20年どのような変化をしていることか、でしょう。

F1のビジネスは、欧州の資本主義経済のモデルと直結していると考えるのは
遠いことではないと考えています。

トロ・ロッソでは上位チームを目指していくといっていますが、
そのようなことが可能になる条件は、外部コンサルタントの導入と
パワーユニットの研究所を欧州にも準備をする、もしくは日本国外への移転。

ここからは情緒的な見方になります。

マクラーレンで最も嫌われたホンダの行動は何だったのだろうかと想像してみます。

それは、メカニックの方々の声からだったのではないかと考えます。

壊れるとわかっているパワーユニットを、徹夜をして組み付けてセットアップして
そしてそれが予定通りに壊れるという作業を、何度繰り返させたのか。

例えば、壊れるにしても現場の意見が優先されていたならば、もう少し違いがあったのかもしれません。

さくら研究所のモニター越しに、送られてくるデータを見ながら現地のチームに
車を止めさせる指令を出す。

このことがマクラーレンの現場のスタッフの士気を下げさせていることに
ホンダは気付くことができないのでしょう。

アロンソやバトンを座らせながら、どうせ壊れるのならば、彼らに壊してもらえば良かったのです。
うまく走らせることができるドライバーは、壊し方も一流です。
日本人F1ドライバーは壊し方も二流なので、ドライバーも二流とも言えます(自分のことだ)

アロンソが、どうせ止めるならばパワーを上げてレースをさせろ、といったのは
現場にもいない人間が、データだけを見て決めているということに、不信を抱いていたからでしょう。

壊れることを一概にマイナスの要因として考えるのは、レースの世界でも違うことでしょう。
むしろ壊れたことによって、想定通りに壊れたとか、思ってもいなかったところが壊れたとか、
壊れることによって得られる知見というものは数多くあるはずです。
ましてやドライバーが、へっぽこ日本人ドライバーなどではなく(毒)
年間チャンピオンを経験している二人がドライバーだったのですから、
その「壊し方」は、素人が想像できるものではないでしょう。
ホンダが人材を育てる、という思想が本当にあったのならば、この3年間に彼らに
どんどん壊させるべきでした。
机の前に座って画面で計算している人たちの、現実社会との距離を実感させてあげる絶好の機会でした。
これこそが、レースの経験を車造りに生かす、そのように思えてなりません。

人にストレスを過大にかける方法は、
積み木を積ませて、それを崩し、また同じ作業を繰り返させることだそうです。
結果がないのに作業をする、そのストレスを現場に与えていたことをホンダはどれだけ理解できていたか。

当然、F1という狭い村社会ですから、トロ・ロッソのメカニックたちにも情報は共有されているでしょうし
何よりも、それを側で見ていたのですから、現場のメカニックの方々の士気は上がるのかどうか、
出始めからマイナスの出発となることでしょう。

入れ替わりの激しい世界ですから、トロ・ロッソは新しくメカニックを募集しているのかもしれません。
ただ、ホンダのパワーユニット、が、明らかにマイナスイメージを伴っていることは、否めません。

最後に、来年のパワーユニットの使用規定が、年間通して3基、という情報を目にしました。
これが本当ならば、20戦近くあるレースで割り振ると7戦に1基の計算になります。

コスト制限だとか、チームの戦力の均衡化だとか、綺麗事のお題目のために色々失われています。
どれ一つ達成できていないあたりが、綺麗事が好きな方々の結果です(毒)

綺麗事が好きじゃなくて、拝金主義が趣味の人たちが収益率を高めようとすればするほど
その人たちの考えでは、ますますビジネスモデルが縮小してしまうのは
彼らが作り出した経済の参考書の内容が間違っているから、なんてことは
よもや考えてもおられません。

もうF1じゃなくてもいいんじゃないでしょうか。
Posted at 2017/09/17 13:25:50 | トラックバック(0) | F1 | 日記
2017年08月15日 イイね!

ブランドとは継続するもの

ランエボの復活だとメディアが騒いでいます。

私の夢の中では、次世代のランエボは、EVでのスポーツ車が準備されていたはずですが
利益商品を準備しなければ、メーカーも販売店もやってらんないよ、といった事情も
あるのでしょう。
私の夢の中でのお話です、あしからず。

内容としては、メガーヌのR.Sの内燃機関を使って作るそうです。

ここら辺は、情報ソースを検索していただければと思います。

シビックのタイプRも復活をしました。
本田のHPのニュル走行の動画を見ましたが、ギヤ入れにくそう。
その金額だったら、メガーヌのニュルを早く走ったよ車を買ったほうがハッピーなのかも知れませんと
非国民である私は考えてしまいました。

内燃機関を製造できるまで、20年だか30年だかになってまいりました。
英国は別にして、仏国などは本国生産はしないけれど周辺国では作りますけどね、
そういった綺麗事が準備されているような気もしますが、これも私のうがった見方です。

企業が投資をして、かすりを分配されないと気が済まない人たちが、
環境問題を理由にして投資をさせているだけのような気もします。

ランサーエボリューションというブランドを使いたいという気持ちはわかりますが、
ミラージュエボでも、ギャランVR-4でも良かったのではないでしょうか。

しれっとVR-4の名前で仕立てておく、でもそうすると、スバルのWRXのブランドに勝てないか。
なのでランエボなのでしょうね。

辛いところですよね、金融資本主義型の企業経営を取り入れて、
今までのブランドを盲目的に捨ててしまってから、その重要さに気づいた時には
取り戻すにも今まで以上の労力を要してしまう。
その点、トヨタのカローラの名前を消えかかりながらも残し続けたあたりは、
会社の懐の広さを想像させてもらえるところでもあります。

資本主義社会における最終搾取者の新規増設に伴った社会構造の変革のための
旧来型の産業資本の企業として揚げ玉にされた三菱自動車でした。
そのことを知って、当時のメディアの情報の扱い方を顧みるとき、戦争が起こるときは
政治家が暴走をする前に、社会が合理的で客観的な判断を行えなくなってからなのだなと
なんとなく思うわけであります。
Posted at 2017/08/15 23:07:27 | トラックバック(0) | つれづれ | 日記
2017年08月06日 イイね!

速度一定

走行車線を、前走車が前の車から、じわりじわり離れていくほどの一定速度で走行。

微妙なんですよね、ルールは守っているけれども、周囲との関係性から逸脱している。
しかし、社会には色々な人がいますから、こういう人もいるもんだと思わなければ
仕事で車を走らせていられません。

そういう愚痴の内容ではなく、この前走車は一定速度で走行したのち
道を横にそれて、わたしの前に空いた空間に、違う車が追越車線から入ってきました。
この車は周囲の車との速度差をつけずに走っていたのですが
後ろを走っている私のペダル操作が、急に慌しくなります。

区間で測定すれば平均速度を一定にしているのでしょうが
細かく見ると速度を一定にして走行できていない。
目標としている速度があるのでしょうが、
それを超えるとアクセルを離し、下回るとアクセルを踏む、そういったやり方で
速度一定で走行しているのが、後ろを走っていてわかります。

私のアクセルペダルの操作が忙しくなった理由です。

ここでふと、もうちょっと速度を足して欲しいなと思った前走車の車種を思い出すと
日産のプロパイロットと呼ばれる技術を搭載したミニバン。

なるほど、あの速度一定の走り方は、いわゆる車の自動運転技術だったのかと理解できました。

確率としては運転手の技量であったかもしれませんが、それならばもうちっと周囲に合わせた
走り方をして欲しいですし、綺麗に速度一定で走らせることができる人ならば
そういった目端が利くような運転をされる確率の方が高いと私は判断します。

機械の方でもうちっと周囲の状況に合わせられるのか、もしくは、
もっと同じような技術を搭載した車両が街中に増加をすれば、
交通の流れというのは、大体がスムーズになる、そのような明るい未来を感じました。

えぇ、世の中色々な人がいますから、色々なことがあるのですけれども(苦笑)

自動運転の技術が好きか嫌いか、そういう話はともかく、
移動手段を目的とした物体に乗り込んで、目を瞑っていても目的地に無事に到着をする、
そういったことが最終的な目標のはずですから、それまでは、自動運転というものでもないでしょう。

家の古い話で、先の大戦中、祖父が荷役の仕事をしていたそうで
父が幼少期の頃には、馬もいたそうです。
今でも家の墓に行くと、戦争で徴用を受けた(収奪されたともいう)馬のお墓があります。
いつだったか父親が話をしていて、祖父が仕事先に荷物を届けてその帰りに荷台で居眠りをしていても
馬が道を覚えていて、勝手に納屋の前まで帰ってきたそうです。
今でいう自動運転ですね(笑)
Posted at 2017/08/06 13:45:42 | トラックバック(0) | つれづれ | 日記
2017年08月02日 イイね!

ドタバタ

はい、7月の更新を忘れましたが気にしない、
そんなに几帳面ではないA型です、こんばんは。

先月末からドタバタ。
それは今月も続く予定。

夏バテ防止には何をする?と聞かれた時に、
不足気味なB12を意識的に摂取して、アミノ酸スコアの高い食品を摂ることです。
と、心の中で思いながら口にしたのは、
よく食べることです!
でした。

当たらずも遠からず。

世の中、こういうことって多いんだろうなと思い知らされました。
Posted at 2017/08/02 21:23:59 | トラックバック(0) | つれづれ | 日記
2017年06月04日 イイね!

乗ってみてもわからないけれど、乗らないとわからない。

久しぶりに、試乗をしてきました。

体力と集中力がどこまであるのか楽しみでしたが
期待以上に保つことができて何より。

M/TとEDCと、もう一度M/T。

M/T車がエンジンも何もかも冷間だったのか、走りのスムーズさが今二つほど無く
同乗していた営業氏が、私の試乗の後に出ていった試乗車が戻ってきてから
暖まっていますから、もう一度乗りませんかと、配慮していただいて
M/Tを二度、EDC車を間に挟んで試乗させてもらえました。

大きな車だなという印象は、冷間時の車両を運転していても、すっかりと消えました。
不思議なものですね。
ステアリングとブレーキと走り心地と、自然で、いかにも演出しています、
といった印象がない。
何が一番不自然だったかというと、M/T車の動力関係。
ここだけスムーズではないというのも、他のスムーズさを考えると整合性が低いので
何らかの理由があっての欠けたスムーズさだったのでしょう。

ギヤを上げていくのをまめに早く上げていけば、問題は解決できそうです。

低い速度域でのステアリングの入力と車体の動きが、イメージから外れない。
駐車場へ入れるときにしても、全幅1830であることを感じさせずに、すんなり枠内に入ります。

気になったのは、二点。
バックミラーの小ぶりさと、ハザードスイッチが助手席側にあること。
ハザードスイッチは、左ハンドルが基本として作られているからでしょう。

<追記> 動画サイトで確認した、左ハンドル仕様のハザードスイッチの場所は
シフトノブを挟んで、運転席の反対側にありましたので、上記の観察は間違いでした。
2017年6月6日

アイコンとしても面白そうですが、
人と荷物を乗せて走る、ということが、楽しそうな車という印象でした。

大きな車だからといって毛嫌いするのは、食べず嫌いなのは、やめようと思いました(笑)

ルノー カングー:M/T、EDC ミシュラン エナジーセイバー 195/65/R15
Posted at 2017/06/04 21:04:57 | トラックバック(0) | つれづれ | 日記

プロフィール

「F1である必要って、ありますか? http://cvw.jp/b/422802/40421285/
何シテル?   09/17 13:25
気の向くままに更新します。車の事ばかりですが、よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/10 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

ファン

2 人のファンがいます

愛車一覧

ミニ MINI ミニ MINI
MINIに呼ばれて、買ってしまったのかもしれません。 長いお付き合いをしたいクルマだと ...
トヨタ アルテッツァジータ トヨタ アルテッツァジータ
できるだけ純正然としていたいです。走行性能は町乗りも高速でも不満は少ないので、純正で行き ...
マツダ RX-7 マツダ RX-7
愛機と呼べるクルマです。 2010年10月で、お別れです。
三菱 レグナム 三菱 レグナム
ツインターボのVR-4。色んなことを勉強させて貰ったクルマです。 このクルマに乗ってい ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.