• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

クロイノのブログ一覧

2017年11月18日 イイね!

街で見掛けた ちょっと気になった車・・・その121

街で見掛けた ちょっと気になった車・・・その121あっども♪ 信号待ちをしている黒のFJクルーザーが くまモンに見えたクロイノです♪

画像を比較すると より分かります(笑)


さて 今日の街見掛けシリーズは…
過去2回ほど すれ違って なんか平たいクルマ!って思い とったさに撮影したのもの ブレブレ画像しか撮影出来なかったクルマ…

それが 先日 ひょんな所で きちんと撮影出来ました♪

その車とは…




『レクサス・LC500』






見難いですが
サイドに hybridのエンブレムがあるので
『LC500h』



特徴あるデザインは米国カリフォルニア州にあるデザインスタジオで生まれた らしいです
詳しい説明は レクサスのサイトでどうぞ!(笑)

日本では2017年3月16日から発売が開始 比較的最近ですね


残念ながら リアは見れなかったなぁと 思っていたら
翌日… 昨日ですが…(ジャパンタクシーを見る前)




色違いを発見!(笑)
ブレブレですが デザインは分かるかと
レア車だと思うのに 続けて見るという(笑)

この個体も

『LC500h』 



パッケージにもよるんでしょが 価格は1350万円! (税込み)消費税だけで100万円です!!

鹿児島でこの車種買える方 少ないでしょうね~(^-^; 
少なくとも 2台は生息していることが 確認出来ましたぁ(笑)


追記

初めてこの車を視認したのは 9月29日
ブレブレだったので お蔵入りしていた画像


この赤の個体と 上記のリア画像の個体は ナンバーを確認すると
別個体という事が判明! 
しかし グレードまでは分からず…

という事で 『レクサス LC500』
鹿児島はには 少なくとも 3台は生息を確認しましたぁ(^^)/
2017年11月17日 イイね!

街で見掛けた ちょっと気になった車・・・その120

街で見掛けた ちょっと気になった車・・・その120あっども♪ 雨の中 海上保安大学校の練習船 こじま(PL21)を見に行ったクロイノです♪
 練習船なのに PLナンバーが付いてるんだぁ と思って調べて見たら 非常時には通常の巡視船として運用されるため船番号は巡視船の番号が割り振られている らしいです


さて その こじまを見に行く道中というか 寸前に 超目を惹いた車が現れました! 早速捕獲!(笑)

その車をは…



『トヨタ・ジャパンタクシー(JPN TAXI)』

以下 wikipediaより抜粋・編集

主にタクシー向けセダンとして販売されていたクラウンコンフォート/コンフォート及びクラウンセダン(2017年に販売終了)の後継車として、新たに発売されたモデル

同社の小型ミニバンであるシエンタのシャシーをベースとし、そのためミニバンに近い低床・高天井スタイルを採用。助手席側のリアドアは開口幅720mm、開口高1,300mmの開口幅を持つ電動スライド式で、車いすに乗ったままの乗降が可能となっている。



一方、運転席側のリアドアは開閉状態を前後方から容易に識別でき、かつ、人(特に子供)の前方への飛び出しを防ぐヒンジドアとしている。

ミラーは視認性最優先のため、全車フェンダーミラーを標準とし、ドアミラーはメーカーオプションでも設定が無い。

フロントは横基調の格子をモチーフとしたラジエーターグリルを採用。



リアはバックドアをノッチ形状としている

パワートレインは、トヨタのハイブリッドカーに採用されているハイブリッドシステム「リダクション機構付THS II」をベースに、タクシーで用いられているLPG燃料に対応した「LPGハイブリッドシステム」が採用。エンジンは1.5Lの1NZ-FXP型を用い、補機ベルトのメンテナンスが不要の電動ウォーターポンプが組み合わせられた。

2017年10月23日 - 「ジャパンタクシー」として公式発表し、同日より販売が開始された。 グレードは標準グレードの「和(なごみ)」と上級グレードの「匠(たくみ)」の2種類が用意されている。

「和」は、外観のバンパー・バックドアガーニッシュ・アウトサイドドアハンドル・電動リモコンフェンダーミラーが黒の素地、フロントグリルはシルバー塗装と素地の仕様、15インチスチールホイールの樹脂フルキャップはシルバーメタリック塗装、内装は一部の装備にイエローのアクセントが配され、ピラーアッパーガーニッシュやリアドアトリムロアは素地で、ヘッドランプはクリアランスランプを備えたハロゲンタイプ(マニュアルレベリング機構付)となる。

「匠」は、外観のバンパーがボディ同色(フロントの中央部はブラック塗装)、フロントグリルはメッキ+ブラック塗装に、バックドアガーニッシュ・アウトサイドドアハンドル・電動リモコンフェンダーミラーがメッキとなり、15インチスチールホイールの樹脂フルキャップはスーパークロムメタリック塗装となる。内装はウレタン3本ステアリングホイール・シフトレバー&ノブ・インサイドドアハンドルなどにサテンメッキ加飾を、サイドレジスターニクロムメッキ加飾がそれぞれ施され、ピラーアッパーガーニッシュは植毛、リアドアトリムロアはカーペット材となる。ヘッドランプはクリアランスランプとデイライトを備えたLEDタイプ(Bi-Beam LEDヘッドランプ、オートレベリング機構付)となる。また、専用装備として、リア左側サイドプロテクションモール(ボディ色+メッキ)、コンライト(ライト自動点灯・消灯システム)、リアシートヒーター、天井サーキュレーター(サテンメッキ加飾)が装備され、15インチアルミホイール(切削光輝+グレーメタリック塗装)+センターオーナメントのオプション設定が追加される。


初めて見ました! というか 10月23日発売で 一か月経ってないので 珍しい言えば珍しい(笑)
しかも 鹿児島に地で(笑)
撮影個体は 「匠」と思われます。



降車する時から見てましたが、お客さん 降りやすそうでした

今から少しずつ コンフォートやクルーから このジャパンタクシーに世代交代していくんでしょうね~
2017年09月02日 イイね!

街で見掛けた ちょっと気になった車・・・その119

街で見掛けた ちょっと気になった車・・・その119あっども♪ 先日8月31日に終わりゆく夏を感じる為に 海に沈む夕日を見に行ったクロイノです♪
久しぶりに 水平線に沈む太陽を見ることが出来ました。 



さて、今回の街見掛けは~



『ダイハツ・YRV』 (2000年 - 2005年)

以下 wikipediaより抜粋・編集

YRV(ワイアールブイ)は、ダイハツ工業が生産していた5ドア・セミトールワゴン型の小型乗用車

車名の由来は 
「Youthful style(若々しく)」「Robust body(たくましく)」「Vivid performance(イキイキと)」の頭文字。

1998年に発売されたストーリア(初代)をベースに、当時人気のあったコンパクトRVとして開発された。初めからヨーロッパ市場での販売が計画され、デザイン、操縦性もヨーロッパでの使用を意識して開発が進められ、実際にヨーロッパでの走行実験において足回りをヨーロピアンテイストに仕上げた。エンジンは初代トヨタ・ヴィッツ用の1,000ccエンジン(1SZ-FE型)をベースに排気量を1,300ccに拡大したターボエンジン・K3-VET、ノンターボ・K3-VEが開発された。これらのエンジンは、ストーリア、テリオス、アトレー7にも搭載され、ダイハツのこのクラスの主力エンジンとなった。なお、K3-VETは発売当時世界最強の1,300ccエンジンと言われ、パワーウェイトレシオは、6.7kg/PSとスポーツカーといえるほどの動力性能(7が基準値)を誇った。YRVの販売が終了した現在でも(2013年時点で)これを超える同クラスのエンジンはない。



独特のサイドウインドウ形状は「ダブルウェッジスタイル」と呼ばれる。インテリアでは幾何学調のシボを用いたダッシュボードや順手で握るインパネシフトが特徴。


なお、開発当初はトヨタ自動車向けにOEM供給の計画があったが、結局 OEM供給の実績がない完全オリジナルの登録車(小型)普通自動車)として最後まで販売された車種となった


撮影個体は ターボグレード

そして、インテークダクトと アンダースポイラーが 黒色で 往年のシャレード  デ・トマソや 
ミラ TR-XXアバンツァート を彷彿させる… 気がする(笑)

良いデザインだと思うのですが 販売面では 苦戦したのでしょうか
あまり、見掛けなかった気がします
2017年08月29日 イイね!

クレープ自販機 と 護衛艦かが

クレープ自販機 と 護衛艦かがあっども♪ 先日歳を一つ重ねた クロイノです。 何だか 一年が早い…(汗)

トップ画は 誕生日にあった花火大会の花火~


さて 8月26日(土) ふと思い立って 護衛艦を見に行ったお話を…
まぁ 何シテル?でも 上げましたが(笑)


まず 金曜夜に 錦江湾に 護衛艦かが が来ているらしいという 情報が…

調べてみると… うん!来てる!

場所は 行ったこと無いけど 検索して 翌朝 ナビを設定、出発!




途中 前日、新聞で クレープ自販機の記事が載っていたので 久しぶりに寄ってみる事に(笑)


鹿児島県内には 4か所あるそうで その内 行ったのは A-Zはやと 
まぁ 通り道なので(笑)
先日 みん友さんも 行っている模様…(苦笑)



店舗入口に あります♪
ちょっと ポップがうるさいかな?(笑)




ラインナップは こんな感じ♪



色々あるので 悩みましたが…

レアチーズを選択

こんな感じで 瓶に入って自販機から出てきます
これは クレープがつぶれない為の工夫かと思われます



中身を取り出し 
瓶は 横にあるコンテナへ 



長方形に畳まれた 手のひらサイズの クレープ
記載の会社が販売しています
この会社は 店舗は持たず、自販機のみでの販売との事



一口♪

美味しい♪

いつかは全種類制覇したいかな(笑) 


小腹も満たされ引き続き 福山町に向かいます

着いたのは


「海上自衛隊 鹿児島音響測定所」

福山町にこんなのあるんです

数年前 良く海沿いを走っていた時 錦江湾で 良く 海上自衛隊の艦船や 潜水艦を見掛けてたんです…

錦江湾には、海上自衛隊の基地は無いし 入港情報もないし 補給とかでも無さそうだし…
なんで、鹿児島に来ているんだろう?と 思い調べてみると…
 音響測定所 なるものがあり 海上自衛隊の艦船は すべてここで なにかをされるらしい(笑)

内容は 詳しくはわからないのですが

HPからは こんな 画像


海上自衛隊の自衛艦隊に属する部隊の一つ 海洋業務・対潜支援群に所属し
魚雷及び機雷の性能及び運用に関する試験及び海上自衛隊の使用する艦船の音響測定を
任務としている

らしいです…(^^;)

要は、錦江湾には 海上自衛隊の艦船が所属関係なく ほとんど全艦 来る!
ただ、自衛隊の広報から情報が発信されるわけでなく ほとんどが 目撃情報のみ…

まぁ 沖合に停泊している時は スマホからでも 桜島のライブカメラなどで 確認は出来るみたい(笑)




少し高台からなので 飛行甲板が見える!
情報が非公開なのですが 結構 見に来る人が多い(^-^;
まぁ 情報がなくても 大きい船見えれば 見に来ますよね(笑)
地元の方々は ほとんどの自衛艦を見れるんでしょうね~ 



手前の建物が 音響測定所と思われる

ちょっと場所を移動して…



『海上自衛隊 護衛艦かが』



以下 wikipediaより
かが(ローマ字:JS Kaga, DDH-184)は、海上自衛隊のヘリコプター搭載護衛艦(DDH)。
いずも型護衛艦の2番艦。

艦名は令制国の加賀国に由来し、旧海軍の航空母艦「加賀」に続き日本の艦艇としては二代目、海上自衛隊の護衛艦としては初代である。1番艦の「いずも」と共に海上自衛隊史上最大の艦艇。

「かが」は、しらね型護衛艦2番艦「くらま」の代替艦として計画され、23中期防に基づく平成24年度計画19,500トン型ヘリコプター搭載護衛艦(24DDH)として、ジャパン マリンユナイテッド横浜事業所磯子工場で2013年10月7日に起工され、2015年8月27日に命名・進水、2017年3月22日に就役
 
ちょうど 2年前に進水し 5ヶ月前に任務に就いたばかり!




艦艇の四隅に ブイが浮いており それで船から出る音を測定していると思われる。
「音」は 対潜水艦戦で かなり重要になるので 自分が出す音がどのくらいの音量や
音質であるかを把握する必要があるかと 

同型艦でも スクリューなどの些細な形状違いで 音が違うとか…
その一艦一艦違う音をソノーで捉え 艦種・艦名を判別するらしい

鹿児島県霧島市福山町と言えば 
今や全国区? 黒酢の産地! 産地って言って良いのかな?(^-^;
なので 少し 引きで撮影すると…




黒酢を仕込む 壺畑が眼下に見える!(笑)



少しパンすると…

『桜島と黒酢壺畑と護衛艦かが』


この時は 桜島に雲が掛かっており 少し残念でしたが お昼から行かれた方々は 雲が晴れて 良い写真が撮れたと思います!



護衛艦かが の ある意味先代となる 


しらね型護衛艦2番艦「くらま」は 
  2014年7月19日 「第9回自衛隊みなと祭り」  と

  2016年9月22日 「くらま一般公開」  で見学しています

そして 同型艦の いずも は 

2016年7月23日 「第11回自衛隊みなと祭り」
で 外からは見学しています♪

DDH-181ひゅうが も 見掛けているので

海上自衛隊の全通甲板型護衛艦 4艦のうち 3艦は見れているので あとは DDH-182いせ を見たいものです!(笑)
佐世保に行けば 良いかな( ̄― ̄)
Posted at 2017/08/29 23:42:38 | コメント(0) | トラックバック(0) | 自衛隊関連 | クルマ
2017年08月12日 イイね!

街で見掛けた ちょっと気になった車・・・その118

街で見掛けた ちょっと気になった車・・・その118あっども♪ 本日 ラジオを聴きながら運転していたら あんこう音頭が流れてきて ビックリしつつも
テンションが上がったクロイノです♪

まさか NHK FMで聴けるとは思わなかった(笑) 


さて 今回の車は 先日UP したボディ形状繋がりです(^^)/




『スズキ・アルト  ウォークスルーバン CA72系』



やはり 運転席のドアは無いんですね~

ダイハツは L55系ミラ 1984年5月 - 「ミラ・ウォークスルーバン」発売

スズキは 1987年1月 - 「アルト・ウォークスルーバン」発売
(あの 有名な初代アルトワークスの1ヶ月前に発売)


以下 wikipediaより
ミラ・ウォークスルーバンの 市場の反響の大きさからスズキ・アルトと三菱・ミニカにもウォークスルーバンがラインナップされたが、先行して登場したミラに比べて各部に造りの荒さや詰めの甘さが散見されることから販売台数は少なく、これら2車は軽自動車の規格変更前に消滅している。


1987年1月発売 
1988年9月には 3代目にFMC 
ざっと調べてみると3代目にはウォークスルーバンの設定が確認出来ず 
規格変更前には 消滅しているとの情報があるので
おそらく 一年9ヶ月の販売期間… そして ミラの牙城は崩せず…
絶対数 少ないんでしょうね~

しかし・・・希少なアルト  ウォークスルーバン



2台まとめて 保管?している方が居る!(笑)
室内保管の黄色個体は 悪くはない状態なのでは?
野外保管?の白個体は 黄色個体の 部品取り車とか?

この画像で分かるのは…
助手席ドアは ミラとは違い 大型のスライドドアという事…
この辺りが ミラに比べて各部に造りの荒さや詰めの甘さが散見 という所かなぁ

ミラ と アルト の個体は見掛けたので 後は…ミニカウォークスルーバン を見付けたいですね(笑)

ちなみに 白個体は 焼酎のイラストが描いてありますが…
この焼酎 五代 といいますが  
高橋留美子著 めぞん一刻の主人公 五代くんの名前繋がりで、鹿児島県薩摩川内市の酒造メーカー「山元酒造」が製造する焼酎「さつま五代」(由来は所在地の「五代町」から)の広告に絵が使用されていたことがあります

検索したら あったので 拾いですが 掲載…





(笑)

プロフィール

「ようやく\(^^)/」
何シテル?   12/17 14:30
趣味 クルマ妄想いじり 外装はノーマルっぽく見えて 良く見ると純正とは少しだけ違う  少しのオリジナリティ と自分が思う快適さ と さらに実用性を兼...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/12 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

ホンダ ライフJB5 マニュアル 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/03/29 00:22:29
 
TODAYシリーズテキスト系図 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2010/03/01 16:35:50
 
TODAYシリーズグラフィック系図 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2010/03/01 16:32:43
 

お友達

少し恥ずかしがり屋ですが、お友達になっていただけるとうれしいです。
よろしくお願いします。
87 人のお友達がいます
B.99B.99 * ShowJi。ShowJi。 *
ハイパー04ハイパー04 * blue skullblue skull *
MANSUKEMANSUKE divajb5divajb5

ファン

35 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ ライフ ディーバ ホンダ ライフ ディーバ
ライフ  Diva Turbo(FF) GBA-JB7 諸事情で 急に 購入する事情に ...
ホンダ トゥデイ ホンダ トゥデイ
JA4 (Rs) MTREC搭載機 ペンタ型(角目)トゥデイを3台乗り継ぎ 4台目と ...
ホンダ トゥデイ ホンダ トゥデイ
JW‐3 Ri‐Z  JA2 XTiからの買い増し後、入れ替えになります。 トゥデイ車 ...
ホンダ トゥデイ ホンダ トゥデイ
JAー2 XTi  JW2(Ri-Z)が手元に無くなってから、少し寂しかったので、 今 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる