• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ノッシーのブログ一覧

2010年12月20日 イイね!

神奈川県伊勢原市へ行ってきました…

神奈川県伊勢原市へ行ってきました…こんにちわ…

今、年末進行というもので、大騒ぎ…
といっても自分のところの電子マガジンなのですが…

そんな中、「君の不幸は信仰心がないせいだ。
ただちに神奈川県の大山寺へいってきなさい」と
またまたmixiの中で知り合った霊感者と呼ばれる人に
アドバイスを頂いたので、

これは次号のカービートのネタになると思い
出かけてきました(^^)

しかし、しかし…先々週と先週の二回渡って
神奈川県伊勢原市に行ったのですが

一度目は大山寺には辿りつかず、

何度もカーナビで設定しても
どうしても、ある人のゆかりのあるところへ
導かれてしまう…

神奈川県伊勢原市と言えば…

先祖が殺された場所???

実はウチのじいさんから言われていることがあって
「ご先祖様は信頼している人から風呂を勧められて
殺されてしまったんだ。だから人は信用しても信頼するな」と

おまけに清和天皇から始まり源氏→太田氏の家系図に
繋がる巻物と言いますか、家系図を小さい時に見せられて
その時に見たのが、道灌という名が…

まぁ僕は、あまり興味がないので、
その時は気にしていませんでしたし

自分は人に名前を教えるに当たっても
僕は「大きい」字ではなくて、僕の体型と一緒で「太い」方ですと
ギャグにしていてほどで…f(^^;)

あまり信心深くはなく、ましてや、ご先祖様が眠っていることなぞ
つゆ知らず、神奈川県伊勢原市へと導かれてしまったので

つい、その霊感者のアドバイスは
信じてしまいました…f(^^;)

ところで、大山寺に行った後に
ご先祖様、ゆかりの地と思わゆしところへご挨拶…

それにしても、どこへ言っても駐車スペースが設けられていて
神奈川県伊勢原市が、市を上げて観光を積極的に行っていることを
感じました(^^)

とはいっても、ココに行くのは、クルマしかいけないかなぁ…

と思い立ち、クルマで行けるちょっとした穴場スポット紹介を
するのも良いのかなぁと…(^^)

これも、もしかして、ご先祖様の教え?

そんなことを考えてドライブをしてきましたよ(^^)



Posted at 2010/12/20 12:17:46 | コメント(4) | トラックバック(0) | 日記
2010年12月15日 イイね!

バタバタとしておりますm(_ _)m

おはようございますm(_ _)m

コメントを付けて頂いた方、心配をして頂いている方
本当に、みんなさん、ごめんなさいm(_ _)m

色々と日々が流れて行く間、なかなかこちらの方へ足が運べない状況で
日々動いておりますm(_ _)m

ところで、とうとう僕はシステムエンジニアの仕事の領域までするような
ハメになっております。

ハッキリ言いまして、Webの仕事は7年ぶりくらいになるので、
正直、どっかからどのようにしたら良いのか?わからない状況ではです…f(- -;)

僕が編集制作の仕事と平行して、ウェブの仕事をやっていた頃は、
XPが出たばかりの頃で、NTや2000などがまだまだ花形だった…

Perlというものが「お〜ぉ」、unixからLunixへ移行されて「最新じゃん」と
言われていた時代…

僕がパソコンに触れたのはMSXで、コンピユータ上で
ベーシックで絵を作ったりクルマを走らせたり…

それからマシン語というものが出てきて、エンジンコンピュータや
ゲームのソフトなどなどのプログラムに用いられ

PC-8801マークIIやPC-9800のDOS/Vを知り

そして富士通のCPUが75mhzのFMVでウインドズ95を知り

内外出版社では中古で購入したダイナックの386ノートを使い、
ウインドウズ3.1と一太郎で原稿を書いていた…

それからウインドウズの98、2000、XPパソコンへと移行しつつも

当時、取引していた出版社がマックだったなので、
OS7.6→8.0→8.1→8.5→8.6→9.0.4→9.2→10.2→10.3→10.4…へと

振り返ってみれば、クルマと一緒でこの30年間でコンピュータの進化は
大きなものですね…f(^^;)

クルマに関わっていたために、振り返ってみれば、
エラいことをやっておりました…f(^^;)

とは言っても数年前までは、クルマとコンピュータは男の子のステイタスアイテム…

カッコいいクルマに、携帯電話で話しながら、ノート型パソコンをわきに抱えている
というスタイルが、「できる男の証明」みたい時代だったこともあるので

けれど、修理工風のおデブなにいちゃんの風貌で、
「カッコで中身がなければ、どうしようないですね…」と
一言を言ってやるために

「僕はこだわり」という「本当は負け惜しみ」から始まっていて…f(^^;)

自分で自画自賛かるのもおこがましいのですが、
「よくまぁ、ハングリー精神だけで色々と頑張ってきたなぁ」と
思う今日この頃です…f(^^;)

まぁ僕はハングリー精神が強いせいか、外国の一緒に仕事している人が
今までは「大変なシステム構築だから、時間がかかっていてもしょうがないよ」
「言葉がわからないから、理解できないよ」などなどと
電子マガジンの方も、なかなか進まなかったのですが

僕が久々に色々とシステムまで作成するようになったら
スピーディにやり始めて…

というよりも完全にアタマにきて、「本当にお前らの言っている通りか
俺が試してやる…」と思って始めたのですが

「日本人って、こんな馬力がある人がいるんだ…俺たち、負けたよ」と
言って、胃けいれんやストレスなど、プレッシャーがかかったようで…f(- -;)

この辺は最近の日本人も、海外の人も変わらないようですね…

やっぱり誰に教わらないと仕事ができない、棚ぼたを期待する意識が強く
言うなれば、家畜化され生きていくのに慣れ親しんでいるというのが
実情なのかもしれません…f(- -;)

しかし、インド人は全然違う…彼らはハングリーで苦しさの中から
楽しさを見つけようとしますし、彼らの概念の根底の中に、
「お腹も減るけれど、アタマも減るもんだよね…」というから

僕が変わったことをしていると、「どうして、なぜ?教えて、教えて?」
と聞いてきますし

「ノッシーに教わったもので、こんな発想してみたんだけれども、
どう思う?良いでしょう?ノッシーに勝ったでしょ?(^^)」と言うし、

話していても、インド人は「こういうことに言っていたら、こういう答えを返すだろう…
だから、こういう答えを用意して準備しているよ」とアタマの回転が早いので

「こういう答えで君が引き出したいとはわかっているけれど、実は君の答えとは
正反対で、こういう理由でこう考えるんだ…」と説明しないと
納得して動いてもくれないところもあって、まるでゲームをやっているようです…f(^^;)

ちなみに、東京スター銀行の貯金が増えると借り入れに対する利子が減るという
金融商品も、日本人の発想ではなくて、インド人が考えたものと言いますからね…

それと、鈴木自動車の社長さんがインドにべた惚れになったのか?
本音の部分の理由が見えてきたような気がします…f(^^;)

すみません、とりとめもなく書きましたが、本当に日本の国の借金が増えるように
僕の借金も増えておりますが、一昨年、昨年と違って、今年はビジネスの領域が
一気にグローバルに仕事をする道筋ができたので、何とか来年を超えるまで
持ちこたえて頑張りたいと思います(^^)v

そんな訳で、なかなか返信コメントが付けられなくて、お許し下さいm(_ _)m
Posted at 2010/12/15 08:58:00 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2010年12月06日 イイね!

色々な意味でパンクしそうです…

色々な意味でパンクしそうです…色々な意味でパンクしそうですよ…f(^^;)

12月と言えばボーナス…

でも編集プロダンションのオヤジである
経営者側から言えば…

ボーとしたから、ナス(無す)と言いたいもの…f(- -;)

おまけに売り上げが上がらないのに、
やれ県民税なの、固定資産税なの…
「税金を払え、払え」通知がやってきて
税金を払うために、銀行に勤める友人に相談して
借金して払う始末…

またアルコールアレルギーなのに酒を一滴も飲めず
とは言え、昔、酒を飲んでいたこともあるから
美味しそうな人の飲んでいる姿を見ながらの
忘年会ラッシュ…

くわえて、おかげさまで電子マガジンが
パンクしそうなので、さらにサーバーの載せ替えと
それに伴ってアドレス変更を行って
システム技術者も、僕の方もてんてこ舞い…

はたまたクルマ雑誌の出版社の年末進行により
助っ人業がイッパイあって、

さらに変にビデオのカメラマンなんかやって
それが意外と売れてしまったから別の会社からも
オファーが入ってきたりして…f(- -;)

資金調達のために、色々とヤフオ●へと出品しながら
お金はない、時間はない、精神的にゆとりがないの
三重苦になっており、愚痴をこぼしたくて
みんカラに書き込みをしております…f(- -;)

そのため、お気に入りだったibookの3台の1台も
今…実に悲しい思いをして頑張っております…f(- -:)

ところで、県税事務所に行ったついでに
電気自動車のことと車検切れになって自動車税の免除に
なっている話を聞いてきました(^^)

ちなみにシグマを電気自動車にした場合、
一応、エコカー減税の対象車にはなるようで
通常の電気自動車のように税金が免除されるようです

それと車検を切れた状態で放置し、数年間、置いといて
再び復活させる場合にはナンバーが付いている場合には
たとえ走れない状況にあっても、払っていない年にさかのぼって
納付しなければならないとのことで…

本当に役人って、税金をせしめることばかりで
全くほどこしもくれないんですよね…f(- -;)

でも、ちゃんと「一応、規則ではそうなっておりますが
その時が来ましたら、再度、相談しにきて下さい」と
お得意の逃げ口上も忘れずに…

市民より、まずは自分たちですからね…f(- -;)

「補助金をあげるから…」という言葉に騙され年配者を雇用しても
「すみません、手続きのミスで、今回は許して下さい。その代わりに
次にはちゃんと上積みもしますから…」と言って、役人の言う通り
「トライアル制度で人を雇えば…すみません、手違えで…政権も
変わっててんてこ舞いで…」という言い訳もされたし…

本当に役人のということは、信じられない…

おまけに2008年の日本のGDPが約500兆円弱というのに
国税や消費税、特別税、地方自治関連の税の総額が300兆円を
超えている訳は何故なんでしょう…?

日本国民は単純計算でも給与の約7〜8ヶ月は税金として
納めている訳で、コレでは若者もクルマなんて買えないし
ましてや大卒の就職率が約58%だったら…f(- -;)

さらにはトヨタの生産台数が800万台を切っている現状では…

い〜や、本当にクルマのタイヤがパンクする前に
僕の心がパンクしそう…

さて、新橋の飲み屋でクダを巻いているオヤジさんなみに
イッパイ愚痴をこぼしたので、さらに今から頑張っていきたいと思いますよ…








Posted at 2010/12/06 17:38:18 | コメント(6) | トラックバック(0) | 日記
2010年12月03日 イイね!

旧いものを見直してみませんか?(^^)

旧いものを見直してみませんか?(^^)人はなぜか、新しいものに惹かれます。

クルマもパソコン、家電製品も…。

確かに新しいものは多機能で、操作が簡単で、
扱いやすくて…

しかし最近、僕はそれで良いのかなぁと
思い始めております

というより昔から思っています(^^)

なぜなら、新しいものはコストの追求で、
かなり製品に使用されている部材が
チィープなものになっているし、
耐久性能もかなり落ちているような気がします。

とりわけ、ここ2008年くらいからは顕著に…

ユーズ・サイクルが短いものであれば、コレで十分な発想であると
僕は思います。

しかし消費低迷、リサイクルが叫ばれている今、本当にコレで良いのかなぁと
一方では考えてしまいます。

エコカー減税やエコカー補助金により、旧いクルマが潰されて、
本当に経済は考えている計算通り発展しとエコに繋がったのでしょうか?

僕は、そう思ってはいないのです。

例えば、クルマが廃棄される際、使用されているプラスチック樹脂や
シートなどの布、タイヤやブッシュなどのゴム類、
ボディに付いた塗料などなどの処理にあたり

本当にクルマのエンジンから排出されるCO2と比べて
少ないと言えるのでしょうか?

新しいものを作り、一方で処分することにより、本当に環境に
優しいというのでしょうか?

ですから、僕よりアタマが良くて、「環境に良い」と声高に叫んできた
政治家や官僚、広告マンなどに対して、疑問に感じてしまうのです。

なぜなら、クルマを処分するために使用されるCO2量は
ある学者に言わせると、従来の普通に走っている3年分に相当し

また新しいクルマを生産するにあたり
従来の普通に走っている3〜4年分に相当すると
書かれた記事を読んだ記憶があります。

そうなると…処理することにより、現状のCO2が逆に増えてしまうような
結果を招いてはいないでしょうか?

そんな言い訳として、「先を行けば、取り戻せるので大丈夫です」ということを
良く耳にしますが、

その一方で、その人たちが「今の地球の環境は差し迫っています」と
いっている言葉と矛盾しているような気がしてならないのです…f(- -;)

ところで、11月に東京ビックサイトで行われた中小企業の産業イベントで
旧いクルマを電気自動車にするという企業のブースがあったので
お話をさせて頂きました。

確かに、その企業が出されていた電気自動車の変換キットも
エンジンを捨てなければならないため、環境に対して負荷は
かかるかもしれませんが、

現状のトータル環境負荷は低く抑えられ、発展途上国などにおいても
簡単に変換できるシステムです。

僕としては、新しいものよりも、そちらの研究費にかける方が
ローコストで良いような気がしてなりません

とりわけクルマにおいては、
日本やドイツなどは1980年半ば〜1990年代半ば、
他のヨーロッパ諸国やアメリカにおいても1990年前後、

やたら素材や部材などにこだわり、徹底的な品質向上の追求がなされた
製品が多く作られたように気がします。

その一方でローコスト製品、NICS(ニックス)と呼ばれた国々での
生産も多くされるように、「安く、安く…」と追求されるキッカケになった
時代でもありました。

でも安い商品はすぐに壊れて廃棄されますが、

製品として評価が高いもの、例えばベンツのW126や124
日産のスカイラインのR32のGT-Rなどは
まだまだ愛用者が高いものな気がします。

話は脱線しますが、僕は電子本の開発で、
現在、電子マガジンであるカービートを作成しております。

旧いと言えども、2005年式のマックのG4のコンピュータと
2007年式のインデザインCS3というDTPソフトを使っていますが

これよりも旧いバージョンソフトでも、コンピュータでもできるように
つまり、お年寄りが昔買ったパソコンでも利用できるように
開発と実験を始めました

クルマも旧いクルマをイジっていて、僕なりの技術と発想が習得できたように
コンピュータも旧いものをイジることで、新しい発見ができるなのではないかと
5年前でくらいまで使っていたダイナブックを引っぱりだして
もう一度、システムの概念や構造などを勉強してみようと思っています(^^)

遠回りの言い方をしてしまいましたが、今、乗られているクルマを
簡単に乗り換える前に、もう一度、見直してはみませんか?

ちょうどボーナスシーズンだから、買い替えをして後悔するより
今の乗っているクルマの楽しみ方を見つけ出すというのも
面白いと思って、ちょっとブログ書いてみました(^^)

いつもながらの感情任せに書いているので、乱文、乱筆などを
お許し下さいm(_ _)m
Posted at 2010/12/03 13:47:09 | コメント(7) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「カーオブザイヤー組織との裁判所での対決 いよいよ判決に向けて http://cvw.jp/b/427650/38925849/
何シテル?   11/28 11:03
クルマのメディアを中心に活動している貧乏オヤジです(^^) 編集プロダクションの社長でありながら カービートというクルマのメディア(電子本カービー...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2010/12 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

悪役のイラストとか♪ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/11/16 20:43:20
午前中は運転手でした。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2012/11/09 09:13:56

お友達

クルマいじりが好きな人と情報交換ができれば、助かります。何卒、宜しくお願い致します。
132 人のお友達がいます
moto(&#39;91)moto('91) * macモフモフmacモフモフ *
sontasonta * じおんぐじおんぐ *
80868086 * 勝とう常時勝とう常時 *

ファン

153 人のファンがいます

愛車一覧

三菱 シグマ 三菱 シグマ
相棒は平成元年式のギャランシグマです。 そろそろパーツを集めて、末永くつきあっていこう ...
メルセデス・ベンツ Cクラス セダン メルセデス・ベンツ Cクラス セダン
昔、雑誌で活躍していた燃えて死んでしまったC230を復活させるため、同じ型のクルマを手に ...
トヨタ エスティマ トヨタ エスティマ
平成17年式の実家のクルマです。とはいいつつも、時々、コイツでお出かけします。実は50系 ...
メルセデス・ベンツ Cクラス ステーションワゴン メルセデス・ベンツ Cクラス ステーションワゴン
かみさんのクルマです。最近、ちょくちょく利用させて頂いておりますので、加えさせて頂きます ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる