• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ノッシーのブログ一覧

2011年12月31日 イイね!

今年は本当に辛かった…

やっとパソコンに余裕を持って向かっているノッシーで、ございます。

今、やっと電子本カービートvol.8の入稿作業が終わりました…

そして、コレからストリーミング形式だけなくDVD&CD版の電子本カービートvol.8を出すため、それもCD版は今日これから予約された方だけに販売するため、一所懸命に作っている最中です。まぁ本当の限定版なんですが…

正直、今月は本当に心が折れそうになるくらいにキツかった…

というより、今年は色々な意味で、精神的に壊れそうになりました。

そのせいか、何度となく精神的に追い込まれて、鈍器で殴られたくらいの孤独感も感じ、熱心に応援してくれる方々の気持ちも受け止められないほど、苦しかったです。

批難覚悟でお話しますが、今年から入れて頂いたとある組織も一部クルマ雑誌で書かれるくらいコンフューズし、内部分裂しそうになっていたため、自分が悪人になっても組織は守らないと、皆、もっと言えばクルマのメディア全体がダメになる…

コレが潰れてしまうと、民事再生法でガタガタになったア○ロコ○ュニケーションと一緒になって、クルマ文化が潰れてしまうと、恐らく人生をかけるくらいの勢いで奮闘しましたし、

僕の住んでいる埼玉県吉川市も、東日本大震災が発生したにも関わらず、平均月額給与36万9千円もらいながら吉川市役所の大半の職員が翌日と翌々日休んだため、吉川市に相談に行っても全く対応してくれなかったから、


僕の同学年の友人である現、埼玉県議会員たちと吉川市の街を駆け回り、吉川市の被害状況を調べて電子本カービートとコラボ版号外として配布したり、福島県から吉川市に避難している方を励ましたり、困り悩んでいる人が精神的に楽になれば良いと、色々と相談に乗ったり動いたり、埼玉県議会議員になるという友人のために仕事を全てキャンセルして友人の選挙活動を手伝いましたし

師匠に誘われて、宮城県南三陸町にボランティア&取材に行って、自分の力の無さの絶望感を味わい

また埼玉県吉川市の町おこし運動や、クルマ文化の盛り上げ運動なんかをしているものですから、

そんなことをしているから、一部の心ない吉川市の人達や出版社の編集マン達から、イジメや無視など、罵倒や中傷などの行為にあったり、ポストの中に「死ぬ」と書かれた紙も入ったことも…

僕の友人や知り合いの中には、将来を悲観して、クルマのメディア関係で知っている人で4人が自殺、吉川市においては1人、体を壊してなくなられた人が1人、クルマ雑誌業界に絶望感を感じ別の業界へ進んだのが約20名、そのうち完全に鬱病になって動けなくなったのが5名…

そのほかにも、「自殺したい」とか、「死にたい」とか、「犯罪を犯して刑務所へ行くんだ」とか、「クルマに火をつけて国家へ突っ込むんだ」とかいうバカなヤツらを、叱ったり

僕がココで挫けたら、皆がダメになると思って、必死になっていた…常に明るくて情熱的に振る舞っていた…

誰にも感謝されないことをわかっていても…

埼玉県吉川市を良くするためにと、選挙にも立候補しないのに、JR吉川市に朝立って、「1人は皆のため、皆は1人のために」と訴えて「吉川市を少しでも良くする為に選挙の投票率をあげましょう」と声かけもやりましたし、吉川市議会議員の全員に会って話し合いもしたりもしました…

くわえて、1人でも多くクルマのメディアを盛り上げて、クルマ文化を上げようと、クルマ雑誌関係の人達だけでなく、自動車メーカーさんやクルマ部品屋さん、オイルメーカーさん、電気機器メーカー、ハウスメーカーなどの色々な人とも会って話をしまったし…

そして、苦しい中でも必死になって電子本カービートを出し続けてきた…

今は誰もわかってくれないだろうし、誰も理解できないだろうし、でも誰かが犠牲者的になって動かなければ、皆、気付いてくれないと思って、ただガムシャラに頑張りました。僕が「闘いの中で、闘いを忘れる」姿を見せて、それによって死ぬ結果になっても、自分は本望だと思っておりましたから…でも精神的に苦しかった…

そんな中、本当の意味で心の拠り所になったのは、かみさんと同学年の友人である埼玉県会議員、僕と同じ年に生まれた編集マン、年配の編集マン、そして師匠など…数名程度…今、思い出せば、涙が出るくらい辛かったですし、苦しかった…もう一度、同じことをやれといったらやりたくないくらいしんどかったです。

知り合いなどを含めると3000名近く、1年間に話をするのですが、今年ほどは、孤独感を感じたというか、自分の親や兄弟すらも、ほぼ全員が敵に感じてしまった、また、そう思わないと行きてこれなかった年はありませんでした。

というより、僕の心を理解してくれる人間なんて、いやしないと、ずっと思って走ってきましたからね…ですから、ブログを書くことすら、「敵に自分の情報を見せる」と思ってしまうくらいの精神状況まで、追い込まれておりました…f(^^;)

まぁ唯一、僕と同じ年に生まれた編集マンの方が飲み会に誘って頂いたことが、本当の意味で救われたというか…アレが無かったら、本当に僕の精神的に壊れていたかもしれません。

彼にとっては大したことがないのかもしれませんでしたが…f(^^;)

でも、やっぱりそうやって救世士になってくれる人って、クルマ好きという共通点があるから、人生って面白いものですね…(^^)

さて、とりとめもなく書きましたが、今、やっと心からホッとしております(^^)

コンピュータがウマく電子本カービートvol.8をせっせこと焼いている間に、僕はクルマの洗車や買い出し、まだ1枚も書いていない年賀状書きができれば良いんですけれど…やっと、自分の時間が取れたので、今年残り少ないけれど、自分のために時間を使いたいと思います。

それと今年は皆さんのブログにコメントを付けることもできずに、本当にすみませんでした。何卒、その点はお許し下さいm(_ _)m

では皆さん、良いお年を(^^)

Posted at 2011/12/31 14:55:23 | コメント(5) | トラックバック(0) | 日記
2011年12月14日 イイね!

これだったら、クルマ好きなら楽しめるかもね(^^)

これだったら、クルマ好きなら楽しめるかもね(^^)今日も朝から打ち合わせに、追いかけられているノッシーでございます。

本当に、皆さんにメッセージやコメントなどを頂いておきながら、なかなか僕自身が追いついてイカなくて、申し訳ありませんm(_ _)m

貧乏で大変な状況は続いておりますが、3ヶ月前ほどから、さらに急激に色々の分野から相談やオファーの打ち合わせなどで忙しくなり、

また、ココのところ、電子本カービートにて取材をして欲しいというクルマ好きな方々、一緒にクルマ文化を盛り上げていきましょうとお声をかけて頂ける方々、住宅とクルマ文化について一緒に考えていきましょうというハウスメーカーの担当者さん

さらには、埼玉県吉川市の町おこし運動などもやっているせいか、20日以降くらいに大阪から人がやってきて、電子本カービートと町おこし運動との意気込みなどを聞きたい、また色々と意見交換することになっていて、

くわえて僕の出身校の法政大学の55/58の再生を望む会のOBやOG、OBやOGの方々が大手ゼネコンや皆が知っている大手新聞社の部長さんや課長さんと母校の校舎についてお話をしたり

55/58の再生を望む会には参加していないですが、同じ大学出身の石油元売り会社や日本一の売上げがあるタイヤメーカーさんや電機メーカーさんなどに勤めるクルマが大好きな先輩や後輩たちに、「ノッシー、忘年会に出て来い」と呼び出しを食らったりと…

極めつけは現在、母校の在学生の人生相談や恋愛の悩み相談まで…

たださえアタマが良くないのに、旧いパソコンのようにアタマの中がグチャグチャ状態で同時に5つも6つも…という物事を処理して行っている状況で、フリーズしそうになりながら頑張っている状況です…f(= =;)

ですから、「この際だから、全員を合体させて、皆で良くなりましょう」という方向に、安易に僕はくっつけようとしております…僕の身勝手ではありますが…f(^^:)

でも、その方が処理効率が高くて、皆が満足するのではないかと、一方では思っておりますよ…f(^^:)

ところで、昨日、RJCのカーオブザイヤー授与式で、お披露目になりましたRJCのブリテン…

意外や意外、各自動車メーカーの方々から、お褒めの言葉を頂き、印刷物になったのを見て、たくさん欲しいという方々がいらっしゃって、恐らく第一版分は、既に品薄状況に…

制作した僕ですらも、頼まれたクルマ雑誌の出版社の担当者たちに渡す分の数を確保できなかったため、一般の人どころか、クルマ業界の有名なモータージャーナリストさんが手に入れたり、見るのが困難な状況かもしれません…

まぁ、もっと時間があって、じっくりと作り込みをすれば、もっと良い出来なものが作れたのですが、タイトなスケジュールの中、精一杯でしたので、多少気になる部分は目をつぶることにしました…

けれど、けれど…制作に携わった人間がいうのも何なんですが、今回のRJCのブリテンは、なぜRJCがカーオブザイヤーの対象車、対象にしたテクノロジーなのかを明確にわかるようになっており、受賞した日産リーフのジャーナリストの率直な声、日産リーフの開発者の思い入れ、日本の電気自動車の歴史、輸入車においてはボルボS60/V60のジャーナリストの率直な感想、ボルボS60/V60のインポーターの声、ボルボというクルマの歴史、テクノロジーにおいてはマツダのスカイアクティブのジャーナリストの率直な分析、マツダスカイアクティブの開発者の声、そして師匠のマツダスカイアクティブに対してバッサリと切り裂くような解説やポイントなどが、今までと違ってふんだんにページが割かれている上に、わかりやすい言葉で表現されているため、今後の資料としても、十分に活用できるというものに仕上がっておりました(^^)

また、たくさんのモータージャーナリストたちに参加してもらって原稿を書いてもらっており、しかも各原稿に執筆名が入っているので、どのモータージャーナリストが、どんな思想や心情、信念に基づいて、クルマを見ているのかを見比べることができる醍醐味も味わえるほど、贅沢な一冊になっております。

もちろん僕も、ほんの少しだけ、今回、RJCのインポートにノミネートされたフィアットツインエア500/500Cについて、僕の試乗した経験を踏まえて説明文を書きましたが…f(^^;)

値段は正直言ってお高めですが、ヘタすると絶対に手に入らないかもしれない…

恐らく、自動車メーカーのお偉いさんも欲しいと言っても、なかなか入手困難な人気ぶり(かもしれない…)なので、よほど皆さんの声が大きくない限り、重版される可能性は少ないので、もしかすると、なかなか目にすることはできないかもしれませんが、今回のRJCのブリテンについては、クルマ好きな人なら絶対的に読むべき品物。

もしかすると、まだRJCの本部の方が整理が付いていないので、気になった人はRJCの方に早急に問い合わせてみると手に入るかもしれませんが…でも、たぶんダメかもしれません…その時には、ご勘弁あれ。

ということで、今日も電子本カービートの制作にも、集中して勤しみたいと思いますm(_ _)m



Posted at 2011/12/14 12:36:04 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2011年12月12日 イイね!

僕が初めて関わったRJCのブリテンが世の中に出る日です(^^)

ツイッターでも、「電子本カービートのノッシーです」のフレーズが
定着してきましたノッシーでございますm(_ _)m

ところで、一日24時間というのは、お金がないと同時にキツいモノがあるくらい
最近は、人と向かい合ってお話しする機会が増えておりますm(_ _)m

変な話ですが、ココで突然、例えば明日、事故で死んだとしても悔いが残らないよう
毎日、毎日を必死に生きており、電子本カービートの方もだいぶ佳境になってきました(^^)

さて、RJCのブリテンという印刷物が明日、RJCの授賞式典で、
いよいよ世の中に登場します(^^)

スゴい短時間ではありましたが、今までにないRJCのブリテンになりました(^^)

またRJCのブリテンの制作に関わられた方々も、出来うんぬんは別として
RJCの印刷物らしいものができたと満足されているような感を受けております(^^)

RJCのブリテンの制作に当たりまして、色々な苦労がありました…

始めの頃は、「何で僕が必死に頑張っているのか?
何で僕がRJCのブリテンの編集長の方々をふくめ、イヤことを言うやつか」
などなど疎まれていたと思います。

しかし、日に日に1人2人とRJCのブリテンという伝統的な印刷物に
魂を込めないと、一緒になっているRJCの仲間たちや自動車メーカーさんが
クルマ文化の大切さを、世間の人に広めることができないのではないか?と
思って頂くようになり、今回は自動車メーカーの担当者の方々も、
力が入った原稿を寄せて頂き、

はじめはRJCのブリテンの編集長と僕と師匠の3人程度が
アタフタしていたのですが

RJCの理事や理事長の方々や自動車メーカーの担当者の方々にも
「ノッシー、そんな頑張り過ぎると死ぬから、俺らに任せておき」と

最終的には印刷会社の現場の方々を含めますと
総勢約80名以上の人達が関わった印刷物になりました(^^)

「1人は皆のために、皆は1人は皆のために」思い続けることによって

RJCのブリテンの制作に関わった方々が皆、僕と会う度に
「ノッシー、頑張ったね(^^)
明日の授賞式でRJCのブリテンが配られて、
皆がどんな顔をするか実に楽しみだね(^^)」と

ワクワクされているような状況です(^^)

でも逆に「必死にあえいでいる僕を助けてくれて
本当に感謝するばかりです。皆さんと一緒に同じ目標に向かって
進めたことの方が何十倍も感動を得られましたm(_ _)m」と

逆に僕が皆さんに感謝しております。

このワクワク感、ドキドキ感は久々に感じている手応えです(^^)

これは僕がオートメカニック編集部で丁稚小僧の時に、
担当ページを持たされ書いていた時

掘り出しパーツで編集ページを自由に作らせてもらっている時

そして無心になって必死に作っている、電子本カービートvol.8と同じくらい
ある意味において自分を曝け出す制作物になっております。

さて、明日は授賞式…そこで招待された各自動車メーカーさんにも
配布されます。

そしてRJCに問い合わせをすれば、一般の人も購入することができます…

でも高いですけれどね…f(^^;)

ということで、これから、またまた広告代理店さんの社長さんと
打ち合わせのために、事務所を出ます…f(^^;)

何だか、ココに来て、お金には、まだ縁が遠いみたいですが

また埼玉県の自称カーデザイナーさんからも
僕のことを「自称モータージャーナーリスト」として
ツイッターなどで揶揄されているみたいですが

毎日のように住宅メーカーや自動車メーカー、自動車パーツメーカー、
自動車雑誌の出版社の編集マンや社長さん、役員さんなどなど

おまけに今月は自民党の代議士さんや政治家さんたちにも
直接にお目にかかる機会があって、話をし、

電子本カービートにも期待を込めて頂くような声援も頂戴しまして
おりますから、頑張らねば…f(^^;)

さて、クルマ文化を盛り上げる為に、頑張ってきますよ(^^)v
Posted at 2011/12/12 12:30:37 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2011年12月03日 イイね!

い〜や東京モーターショーも始まったし、色々と大変ですよ…f(^^;)

おはようございます。
今日も貧乏暇無し状態で生きているノッシーでございます

ところで、一部の人も御存知ですが、
僕、ツイッターで埼玉県吉川市の人たちにやられております…f(^^;)

ことの発端は、僕が思う発端は来年1月に任期満了に伴う
埼玉県吉川市の市議会議員選挙に関連することについて
ツイッターでつぶやいたことからスタートしている感がありまして

要するに、大阪のダブル選挙で大阪維新の会のように
埼玉県吉川市も変わって欲しいと思って
ツイートと始めてから、急激にイジメに近いイチャモンがありまして…

本当に困ったものです…f(^^;)

一部の吉川市の人達は、
「大丈夫、ノッシーには俺たちが付いているから…」などと
言ってくれまして、それで精神的に助けられております。

それだけではありません…

今、RJCのカー・オブ・ザ・イヤー雑誌を制作に携わっているのですが、
これまた大変で…てんてこ舞い状態です。

しかし、師匠は「お前、このまま頑張っていたら死ぬゾ…
俺は見てられないから…」と強い口調で言いながら
手伝ってくれたり

RJC理事の方々も、「ノッシーが頑張っているならば
俺たちも頑張るから…」と言って、毎日のように
昨日より今日、今日より明日でき上がるページが良くなる為に
必死になって、闊達な議論や集まって話し合ったり

それに賛同するかのように他のRJCのメンバーの方々も
「ノッシー、何か困ったら、俺に相談しくれよ」というので

「じゃあ、早速、宜しくお願いしますね」というと

「あいよ〜」というノリで東京モーターショーの会場で
各自動車メーカーの技術の人たちを捕まえて、
少しでも書かれている文章を、
より深くするために取材をしてまとめてくれたり

自動車メーカーの担当者の方々も
「ノッシーさ〜ん、何か面白そうな本を作っているんだって?
どんなのができるの?早く見せてよ〜、
ウチでできることがあれば、協力するからさぁ〜」と
励ましてくれたり

僕がRJCのカー・オブ・ザ・イヤー雑誌を制作で
古今奮闘状況にあるのを知って
電子本カービートが全くと言って良いほど
手に付けられない状況であることに対しては…

「俺さ、ノッシーの姿に刺激されたよ…ノーギャラで良いよ。
電子本カービートでサポートして欲しいことがあれば
取材スタッフとして手伝ってやるから、遠慮なく言ってくれよ」と
言って、東京モーターショーの各ブースの撮影や動画撮影などを
してもらったり

たまたま東京モーターショーで会ったOPTケン太郎さんたちに
突然「今から電子本カービートの動画版を撮影しているから
「スタート」と言ったらコメントして下さいね」ムチャ振りをしたら

「え〜」と言いながらも、ちゃんとコメントをしてもらったりと…

ただ、ただ「1人は皆のために」とやっていたことが
「皆が僕のために」という具合に流れが変わってきていて

本当に、皆さんには感謝するばかりですm(_ _)m

僕はいつも「1人は皆のため、皆は1人のために」行動すると
全員が幸せになると言っていますが、

自分自身が身に染みて、今回、強く感じました…f(^^;)

というより、クルマ好きな人たちって、思いやりの強さが
人一倍ありますよね…f(^^;)

本当は、皆さんも、ちゃんとコメントをしたいと思っておりますが
こういった状況ですので、お許し頂けば助かりますm(_ _)m

ということで、コレから電子本カービートのvol.8の
表紙や記事作りをしますので
この辺で、失礼致しますm(_ _)m



Posted at 2011/12/03 10:36:45 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「カーオブザイヤー組織との裁判所での対決 いよいよ判決に向けて http://cvw.jp/b/427650/38925849/
何シテル?   11/28 11:03
クルマのメディアを中心に活動している貧乏オヤジです(^^) 編集プロダクションの社長でありながら カービートというクルマのメディア(電子本カービー...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2011/12 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

リンク・クリップ

悪役のイラストとか♪ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/11/16 20:43:20
午前中は運転手でした。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2012/11/09 09:13:56

お友達

クルマいじりが好きな人と情報交換ができれば、助かります。何卒、宜しくお願い致します。
132 人のお友達がいます
SUNOCOSUNOCO *みんカラ公認 てつ230てつ230 *
ナカガーナカガー * アリ・マキネンアリ・マキネン *
しんむらけーいちろーしんむらけーいちろー * だまち @製造初年1981だまち @製造初年1981 *

ファン

153 人のファンがいます

愛車一覧

三菱 シグマ 三菱 シグマ
相棒は平成元年式のギャランシグマです。 そろそろパーツを集めて、末永くつきあっていこう ...
メルセデス・ベンツ Cクラス セダン メルセデス・ベンツ Cクラス セダン
昔、雑誌で活躍していた燃えて死んでしまったC230を復活させるため、同じ型のクルマを手に ...
トヨタ エスティマ トヨタ エスティマ
平成17年式の実家のクルマです。とはいいつつも、時々、コイツでお出かけします。実は50系 ...
メルセデス・ベンツ Cクラス ステーションワゴン メルセデス・ベンツ Cクラス ステーションワゴン
かみさんのクルマです。最近、ちょくちょく利用させて頂いておりますので、加えさせて頂きます ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる