• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ノッシーのブログ一覧

2013年08月30日 イイね!

本当に、すみません‥体調不良で頑張っております

こんにちわ

コメントとも付けず、何もできていないノッシーでございます。

本当に、すみません。

実は、ベストカーさんをはじめとする講談社さんとの新メディアの立ち上げに向けて、動き回っております。

本も発売する予定で、本屋さんに並ぶ方向で、各位に調整している最中です。

さらに広告出向や編集協力などを得るために、一人でも多く一緒にクルマ文化を盛り上げる活動して頂けるように、身も心もすり減らして頑張っております。

昨日、テレビでも見た人も多いと、TBS系のNEWS23でやっていましたように、近藤真彦さんのみならず、多くの人たちが「クルマ文化を盛り上げよう」と立ち上がり始め、行動し、

ほんの少しずつですが、

「クルマが元気になれば日本が元気になる。
クルマ文化が盛り上がれば希望あふれる日本ができる」と

思い、そして理解し、活動する人たちも増えてきたと思います。

農作物は種をまき、水をやり、時には害虫を取り、愛情をかけてやればやるほど、美味しい実をつけます。

確かに最初の開墾や種まきなどは投資ですが、その投資にウマくいけば、大きな収穫を得られます。

生活は、こうした投資の上に成り立っている訳で、常に投資しなければ、発展もなく、リターンもないのです。

実体が実績を生み、実績が信用を作り、信用が信頼を獲得していく…

失敗しても理由があれば周囲の人達は納得するけれど、信念がない成功は単なるラッキーであり、そのうち誰にも支持されなくなってしまう

最近、それを強く感じるようになりました。

さて最近、ドラマの半沢直樹というのが高視聴率をあげておりますが、アレを見ていると「困難から逃げたらアカン」と思わされます。

一時は敵であっても、信念さえ持ち続ければ、味方にもなる…

一番典型的なのは、小泉純一郎氏と田中角栄氏…あの日が日本を壊したという人も多いですが、彼は議員になってから23年間は相当くろうきてしております。

でも、あの総理大臣がいたからこそ、あの当時の若者雇用の受け皿として、若者の夢としてITの分野が生まれた訳ですし、北朝鮮の拉致問題も進展した

一円で設立できる株式会社も誕生し、ナスラックなどをはじめ市場から資金供給も企業は受けられるようになった…

確かに派遣問題は生まれましたが、一方、派遣社員も企業と対等にビジネスができ、

第二次安倍政権の時代には、就職できない若者たちが寄り集まって会社を設立するという、アイデアと行動もするようになった…

自民党の派閥政治も衰退し、民主党が政権が取ったように、政治家は本気で仕事をしない限り、権力のポジションにつけなくなってしまった

僕のような発達障害をもった人でも発達障害支援法というのが出来たり…

田中角栄氏の登場で

日本のあっちこっちを高速道で行けるようになったし、新幹線も通るようになった訳で…

確かに改革するのに弊害が生まれることもたくさんあります…

しかし、信念と志を持って、1つ1つ解決していくしか方法がない…

僕は、そう思って頑張っておりますし

また、それをしていかないと助けて頂いた方や応援してくれている人達、そしてカービートの仲間たちにも申し訳なく思って、必死に頑張っております。

そしてカミサンや支援してくれている師匠をはじめとするお仲間さんたち、カービートの縁の下の力持ちをして頂いている方々たちには、本当に感謝でイッパイで、

くじけそうになると、皆さんの顔を思い出して立ち上がっております。

こうしてコラボ・メディアができたのも、

電子本カービートの創業期、RJCメンバーにして頂き、CD版の切り替え、カービートの編集を助けて頂いたことによる勉強会の立ち上げ、ノスタルジックカーショー実行委員会との提携、それらの業績が評価されたことによるRJC理事就任

そしてベストカー・ノスタルジックカーショー実行委員会・カービートが力を合わせて本を出して、コラボメディアの立ち上げ…

さらに僕の大学時代のテレビ局に勤めるプロデューサーたちにも声をかけ、大きな絆を結んでいくための希望ができたのも

皆さんがいたからであり、助けて頂いたからです

今日も正直、自分の力を100%、いや、20%も出せないくらい辛い状況でありますが、走っていればリタイヤではないし、どこかでチャンスは必ずやってくるはず…

そう思っていけるところまで、生きたいと思います。

そして、コラボメディアが皆さんにとって、ほん少しだけでも幸せになる引っ掛け作りになるよう、僕がその恩返しが皆さんできるように、一歩前進したい…






Posted at 2013/08/30 11:34:16 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2013年08月19日 イイね!

RJCカーオブザイヤーに向けて part2 (^^)

今日も、お忙しい、そして相変わらず貧乏なノッシーでございますm(_ _)m

ところで、「クルマが元気になければ日本が元気になる。クルマ文化が盛り上がれば、希望あふれる日本ができる」

そのために、色々と動いているのですが…なかなか大変でして…f(^^;)

まぁ「総論賛成、各論反対」という人が多く、調整するのにエネルギーを使い過ぎて、全くもって儲かっていないというか、何だか貧乏くじを自ら進んでいる感もあり

最近では萎えてきております…f(^^;)

でもカービートを応援してくれている仲間たち、そして、僕を陰で支えている人たちがいるため、それには応えたいと思っておりますが…

しかし美味しいところだけ貰おうと、善意を利用する人たちもいるから、正直、そういうのは…そういう人たちから、金を巻き上げてがっぷりと儲けてやろうと思う今日このごろです…

悪人から、こちらが悪人になり、儲けるのは良いですよね…f(^^;)

悪人×悪人=善人…マイナス×マイナスはプラスに転じるように…だから悪人を大いに活用しなければ…なんて、思っていたりして…

ドラマ「半沢直樹」に影響させているせいかなぁ…f(^^;)

ところで前段は長くなりましたが、一般の人たちにもRJCカーオブザイヤーに対して興味を頂き、将来的には一般の人にもRJCカーオブザイヤーに参加して頂けるような僕の思いも含めまして

昨日はRJCのホームページを管理しているシステムエンジニアと、RJC会長にも同伴して頂き、会いに行ってきました(^^)

詳しいことは言えないのですが、色々と前向きな意見交換ができ、将来的には僕が考えているRJCのインターネットTVも可能であることがわかりました(^^)

それも、カービートが使っている日本・韓国・中国・アメリカで特許を取っている電子本システムや、カービートで開発中のインターネットTVシステムなど…

昨日、RJCのホームページを管理しているシステムエンジニアやRJC会長の前でも、デモンストレーションしましたが…感動して頂きました(^^)

ちなみに、このシステムをインポートの自動車メーカーの技術者たち、もちろんドイツ人やスウェーデン人、アメリカ人、イタリア人などなどに、カービートのメディア技術を教えて、デモンストレーションしてあげると…

Oh~,"Made in Japan" is wonderful.(^^) Can you test me, too?(^^)
(やっぱ、「メイド・イン・ジャパン」はスゴイだね。俺にもやらせてよ)

と言われて、「try」ではなく「test」という言葉、つまり「実験させてよ」という「test」を用いて、より強い感情を示すんだなぁと、その時、初めて理解し、逆に僕が感動したくらいでした(^^)

話はもとに戻して、なかなかマンパワーも資金的にも個人的な活動であるため、メチャクチャ大変ですが、「志」を持つ仲間が1人、また1人と現れ、だんだんとクルマ文化を盛り上げるパワーが付いてきており、

来月当たりのRJCのホームページのマイナーチェンジで、どれくらいの人たちに、「クルマが元気になければ日本が元気になる。クルマ文化が盛り上がれば、希望あふれる日本ができる」に訴えることができるのか?

また、小さな力しかなくても

RJCの会員であり、マツダのFD3Sの主査としても実績のある、カービートの勉強会などでお手伝いして頂いている小早川隆治さんがおっしゃるように



http://youtu.be/eSPWP1DbxV8

「必死に、何が何でも、負けても、負けても、負けても、とにかく情熱を持ってやってくると、どこかで女神がほほ笑んでくれる」

また、日産において車両実験部において名車S30フェアレディZのプロジェクト主管として、世界一売れたスポーツを作った男の1人でもある、元RJC会長の武井道男さんの



http://youtu.be/Ov8VgAbAOxs

「よし、ドイツに負けない技術を実現しよう」

そして、RJCの創立者の1人である新車情報というテレビ番組のメインキャスターされていた三本和彦さんの



http://youtu.be/M273sg3jKUg

「この辺で反乱を起こしてみてはいかがですか?」

皆さん、逃げずに小さい力でも時の権力者たちに立てついていったからこそ、今のクルマ文化に対するステータスが生またり

新しい価値観を築けてきたと思いませんか?

僕は不器用な人間であり、メーカーさんからの御接待は苦手、オベッカもできない…

そのために多額のお金をもらってもみ手をするような記事も書けないし、編集マンの言いなりの原稿も書けない…

だって、僕の思っていないことを書いたことで、最悪の場合、人を死なせる可能性だってあると思って主張しているのだから…

原理原則・大義名分の通らず、意のしないものを言いたくないというのが信条してある限り

しかし持ちつ持たれず、ギブ&テイクの関係でありながらも、くわえて御接待を受けたら、自分の価値基準の中で、やったらやった分の対価をもらい、もらったら貰った分の対価を渡す

つまり読者の皆さんなど、応援してくれているひとたちに対して、結果なり何なり、出して恩返ししなければならないと、僕は思っている…

だからこそ、RJCのメンバーにさせて頂き、RJCの情報委員会 担当理事に、RJCメンバーの方々にさせて頂いたからこそ、何らかの成果は残させければならないし、

2013年次RJCカーオブザイヤーに日産ノートが最優秀車になり、クラスナンバー1、つい最近までRJCカーオブザイヤーの受賞マークがCMに流れていた以上、一般の人たちにも、日産ノートが良いクルマであることも原理原則・大義名分のもと、説明していく責任があると、僕は思っていますから…

今年のRJCカーオブザイヤーのクルマに対しても…

僕のやっている事は、本当にバカにさせることかもしれないし、貧乏くじをひくような場面もたくさんありますが、

やっぱりクルマが好きだし、クルマ好きな人と話していることに充実感を感じるし、心から自分が良いと思うクルマは自信を持って良いと言いたいし、表現していきたいし、

「クルマが元気になければ日本が元気になる。クルマ文化が盛り上がれば、希望あふれる日本ができる」という希望を願望に変え、実現したいから

今日もイケるところまで生きたい思いますよ(^^)

そして、僕をサポートして頂いていらっしゃる方々、本当に、心より感謝しております。

また僕の「志」に賛同して頂ける方々、ほんの少しでも、何でも良いので、僕たちにお力を下さい

宜しくお願い致しますm(_ _)m
Posted at 2013/08/19 12:51:41 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2013年08月17日 イイね!

いよいよカーオブザイヤーの季節…

今日も電車で移動中のノッシーでございますm(_ _)m

い~やお盆…今年も無縁でした

もう20年近く、お盆休みとは無縁に生活しています…

若いうちにサラリーマンになれば良いなぁと、後悔することも…

会社の経営者をやっていると、会社分担と言っても人件費になる

オマケに労働基本法に、雇用者は会社に損させてはならないと旨の要項が入っていても平気で損させたままバックレる…

ちなみに労働法にはバイトと正社員との区別は無い…

でもバイトからでっち小僧で内外出版社のオートメカニック編集部に入った僕は

「お前はバイトのクセに」とか「身分が違う」とか「お前を潰してやる」…散々と言われて精神的にキツかったなぁと

僕を人間として認めてくれたのは数人だけ…

どっちにしても、レギュラーのわがままな人間たちが日本の雇用体形を潰した…だからこそ互いにイーブンにいこうぜという思いから

こんな僕になってしまったのかもしれません…(^_^;)

さて…あと2~3カ月したらカーオブザイヤーo(^-^)o

内外出版社のバイト上がりの僕と同じ歳の人間たちも今や

月刊自家用車の編集長になりCOTYの実行委員

オートメカニック専属ライターはRJCの選考員

そして僕はRJC理事としてRJCカーオブザイヤーの選考実行委員

余談ですが同年代のオートメカニック編集長はCOTYの実行委員

オートメカニック編集出身の師匠もRJCの副会長であり選考実行委員のボスとして

僕と同じ名字オートメカニック出身のRJC幹事もオブザイヤーの選考実行委員

さらにCOTYのカーオブザイヤーの商標登録は内外出版社の先代社長の清田孝子さんが所有…

カービートやアポロ出版の創業者たちも内外出版社出身

石を投げれば、内外出版社の出身者だらけ、陰で、クルマメディア業界の内外出版社は自民党か?と冗談で言う人もいるくらいですが…(^_^;)

まぁこの時期になると…直接にお互いに言葉はしないですが…「今年はあれか?」と言う会話も…

僕としては、小泉純一郎さんではないけれど、もっと一般の人も…とは思っているのですが…

この牙城を潰すような竹中平蔵さんのように、頭と行動力ある人はなかなか表れず、このまま僕は変人の状態かなぁ…

でも今日も、クルマ文化を盛り上げるために頑張っていきたいと思います
Posted at 2013/08/17 17:32:37 | コメント(4) | トラックバック(0) | モブログ
2013年08月14日 イイね!

苦境は続くけれど…今、求められているのは「半沢直樹」のような人間

苦境は続くけれど…今、求められているのは「半沢直樹」のような人間今日も動いているノッシーでございますm(_ _)m

まぁ、ベストカーを読まれた方からも、「ノッシーさん、本当にボロボロだね…」と言われるくらい、本当にボロボロです

体調を崩して、6月は尿毒素中毒、7月は突然、胸が痛くなって軽い心筋梗塞、8月は体調を崩した分の稼ぎと仕事の処理、そしてRJCのホームページの切り替えに向けて、机の上が資料だらけになっている状況です…(T T)

でも、どんな状況にあっても、逃げる訳にはいかないのです…

だって、カービートを応援してくれる人たち、僕を励ましてくれ、サポートをしてくれている人たちがいるからこそ、逃げる訳にはいかないのです。

スーパー耐久 第4戦 富士 決勝の咲川めりさん…
http://minkara.carview.co.jp/userid/289016/blog/30835259/

表彰台にまた乗りましたよね…カービートで一昨年より、連載しておりますが、彼女は苦しみながらも、着々と努力して実績を残している

継続は力なりと言いますが、まさにそうですよね…(^^)

そういえば…数年前から、僕が言っていた現象…それに近いのが『半沢直樹』というドラマ

色々なところで話題になっていますが、東日本大震災以降、今までの価値観が壊れてきており、あっちこっちの企業でも世代交代、社内抗争が勃発…

http://diamond.jp/articles/-/40105

自分らしく生きていない人たちは、ドンドンとリストラの方向へと進んでおりますね…そのせいか、日本の景気も上向きで、一時期ダメと言われていた電気業界も、一気に世代交代、人事異動などで回復基調にありますよね(^^)

くわえて…マツダを始め、自動車業界でも世代交代、大幅な人事の入れ換えにより、急激に攻めに転じて、海外進出ではなく日本生産を見直し

さらに、クルマのメディア業界も、今まで雑誌などに出ていた人たちが、「彼らを寄稿しても雑誌やメディアに反響が無ければ、新しい人に切り替えるか、安全パイな著名人にするか」の2極化へ…

まぁレンチを握って、手足をキズつけたこともない人に、クルマの面白さや深さ

時速200キロ以上、峠の3ケタの速度で走り込んだ人でない限り、本当のクルマの限界なんて

理解できないと思いますし、また、実際にやりながら勉強していかないと死にますからね…

余談ですが、伝説の雑誌であるオートワークスが、メカニズムのページが設けられていてのも、限界を求める人たちがクルマに対する知識がないと死んじゃうから、メカニズムのページが設けられたということを、皆さんはご存じですか?

僕がE15Aシグマでのオートメカニックでカッコ悪いことを書いていたのも、実は一歩間違えれば、大きな事故になる…そんな気持ちで執筆していたことは、誰も知らないと思いますが…

話は戻りまして、皆さん、もっと言えばお金を出して欲しい情報というのは、サラリーマン根性の誌面や情報ではなく

命がけのストーリーが読みたいし、知りたいから…だと、最近、つくづく思うようになりました。

さて、さて、カービートvol.15は完成しているのですが、製造機械が、この暑さでオーバーヒート、お盆休みも関係なく、復旧作業しつつも、8月26日売りのベストカーの原稿も書かないといけないし、

単行本の制作依頼も、ココにきて、出版社からきているし、新雑誌の立ち上げもやらねばならないし、

RJCの議事録をまとめて提出しないといけないし、RJCのホームページもリニューアルに向けて打ち合わせもしないといけないし、カーオブザイヤー絡みの準備もボチボチとしないといけないし…

そして、カービートのvol.16の制作も、電子本の出版社の社長業としても…

クルマの予備校の授業カリキュラムも…

でも、コレからの時代、これくらいの仕事をこなしていかないと、サラリーマンとは言えども、みな派遣、それこそアルバイト扱いを受けても仕方がない時代へと突入したような…

カッコつけたり、気取っていたり…カタチから入る人間よりも、泥まみれにもなれて結果を出す人間が価値ある時代へとなってきたから…

本当に日本企業が海外に進出したため、単純作業は安くできる。だからアルバイト並みの仕事しかできない人間は、日本でドンドンと削除されてしまう

しかし代わりの利かない人の人件費は、努力と器量に応じてウナギ登りになる…大変な時代かもしれませんが、結果と実体が常に求められる時代へと突入したんだから

だからこそ、負けないで、今日も頑張ってイケるところまで生きたいと思いますよ(^^;)
Posted at 2013/08/14 10:38:28 | コメント(5) | トラックバック(0) | 日記
2013年08月13日 イイね!

昨日は寺へ行ってきました

おはようございます、ノッシーでございます。

最近の僕は、自分では自覚していないのですが、周囲から見ると、相当に精神的にも、肉体的にも疲れているようで

心配してくれたお仲間さんが、僕を励まそうとしてくれて、食事に連れ出してくれたり、

「自分のクルマを運転してくれよ」と言って頂き、久々にFDで峠をドリフトをしながら攻めさせて頂きたり…

昔、掘り出しパーツで作ったロータリーエンジン…そのロータリーエンジンは時計にしてプレゼントをしたのですが

どういう訳か、また、それが縁で、久々にロータリーエンジンを触れる機会があったりと…

単純の構造でありながら、アペックスシールやスプリング、エキセトリックシャフトを触れながら、シグマの電気自動車化についても考えておりました…

それがまた、考えてしまう種にもなってしまったり…

単純なこと…しかし、単純なことが大量になると複雑になり、自分が何をしたいのか? また自分が何処に向かっているのか?

全くもってわからない状況になっており、僕自身も疲れているのは、事実ですし、誰かに救われたいと思っていても、僕のやっていることは、僕以外の人から見ると、とても複雑すぎて、マネができないことらしく

1つ1つ、自分で解決していくとか方法がない…でも、どうすれば良いんだろう?

そんな時、寺に行かないか? と誘いがあり、大宮にある日蓮宗の寺に行ってきました。

僕が20代の時に、自分でも頭がオカシイと思った際に、助けて頂いたお坊さんも日蓮宗の方…

ウチのオヤジの戒名も、その方に付けて頂いたり…

実は僕の誕生日も、日蓮上人と同じ誕生日でコレも何かの縁と思い、行ってきました。

と言っても、僕は宗教に対しては寛容で、キリスト教だろうが、イスラム教であろうが、仏教であろうが…全く垣根なく受け入れてしまうタイプで

実際にエホバの集まりにも、座禅を組みにいったことも…節操がないと言われればないのですが、所詮、宗教とは学校のようなものとしてなく

政治家さんの知り合いも、自民党だったり、公明党だったり、日本維新の会だったりと…

その組織がエラいとか、ダメとかではなく、原理原則、大義名分がちゃんとしていれば、なんでも良いんじゃないの?と思っております。

あくまでも所属しているとかは、単なるその人を表す住所のようなもの…

例えば、僕の場合、日本国埼玉県吉川市…そこに住んでいる…それによって僕の価値を判断する人もいれば、僕のように価値基準の一部にしかならないという人も、全く価値を見出さない人もいる訳ですからね…

まぁ、それが僕のことを誤解する人も多いのかもしれませんが、それはそれで仕方がないですから…今更、迎合しても…

さて…昨日、話をしていまして、この世の原理原則というのは、全て共通しているんだなぁと思いました。

そして、アインシュタインのE=mc2(エネルギー (E) = 質量 (m) × 光速度 (c) の 2 乗)

奥深さを改めて、理解しました。

つまり、今の電気自動車のバッテリー開発において、どんなカタチで、応用されているのか?

そして急に頭の中に浮かんできた般若心経に出てくる、「色不異空 空不異色」

これを要約すると、色は空にあらず、また 空は色をあらず 

「色即是空 空即是色」

物があるように思えて実際は空っぽ、空っぽであるように思えて実際は物がある

「不生不滅 不垢不浄 不増不減」

生まれることもなく滅びることもない 汚れることなれば浄化されることもない 増えることもなければ減ることもない…

すみません…小難しい話になってしまいました…

とにかく、意外に難しく考えていても、実は答えは身の回りに存在する…それを理解できるか、理解できないか、行動するか、しないかで、答えが決まってくる…

とりあえず、今日も一歩進みたいと思います。



Posted at 2013/08/13 10:09:31 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「カーオブザイヤー組織との裁判所での対決 いよいよ判決に向けて http://cvw.jp/b/427650/38925849/
何シテル?   11/28 11:03
クルマのメディアを中心に活動している貧乏オヤジです(^^) 編集プロダクションの社長でありながら カービートというクルマのメディア(電子本カービー...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2013/8 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

リンク・クリップ

悪役のイラストとか♪ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/11/16 20:43:20
午前中は運転手でした。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2012/11/09 09:13:56

お友達

クルマいじりが好きな人と情報交換ができれば、助かります。何卒、宜しくお願い致します。
132 人のお友達がいます
SUNOCOSUNOCO *みんカラ公認 みんカラスタッフチームみんカラスタッフチーム *みんカラ公認
てつ230てつ230 * ゆーけんゆーけん *
ナカガーナカガー * よこよこ(y5y5)よこよこ(y5y5) *

ファン

153 人のファンがいます

愛車一覧

三菱 シグマ 三菱 シグマ
相棒は平成元年式のギャランシグマです。 そろそろパーツを集めて、末永くつきあっていこう ...
メルセデス・ベンツ Cクラス セダン メルセデス・ベンツ Cクラス セダン
昔、雑誌で活躍していた燃えて死んでしまったC230を復活させるため、同じ型のクルマを手に ...
トヨタ エスティマ トヨタ エスティマ
平成17年式の実家のクルマです。とはいいつつも、時々、コイツでお出かけします。実は50系 ...
メルセデス・ベンツ Cクラス ステーションワゴン メルセデス・ベンツ Cクラス ステーションワゴン
かみさんのクルマです。最近、ちょくちょく利用させて頂いておりますので、加えさせて頂きます ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる