• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2015年07月16日

特徴の無い一人の男性の話

特徴の無い一人の男性の話 特徴の無い一人の男性の話

22:53 2015/05/29

新しいシリーズを書き出しています 此処では余り車ネタは出てこないです



久しぶりの再開という言葉で始まる物語であります


ある男性と幼馴染の女性との話であります


普通・・・というレベルではないのだけど容姿は特にイケメンでは無いけど 周りからは笑顔がいいんだよな アイツ というのが皆の共通のコメントです





そんな 特徴の無い一人の男性の話です 








 

 そんな家柄を 信ちゃん には気づかせないようにしていたのは祖母の指示でもあったが 基本は可愛い 和ちゃん だった。

 そんな事を気にしている程深い関係でもなかった・・・また後でいろいろと暴露していきます  おいおい


※でものそのことを知ったとしても、付き合い方に 変化は無いと思われるほど 無頓着 でフリーダムな 信ちゃんである 和ちゃん 一族の財力を知っても割り勘は譲れない 信ちゃん であったとさ



エピソード

 そんな いつものファミレスでの出来事 週末で いつもの席でおしゃべりを楽しんでいた二人であったがそんなところに 隣街の高校生集団が入店 暫くして 大きな声で騒儀初めていた それを二人も余り良いこととは感じなかった

  其れを感じとった 一人 が動いた

 同じ店に居た 私服の高校生らしきものと和ちゃんが愛コンタクト(アイコンタクト)をとったら その者が携帯電話を使って何処かに電話をした

 しばらくしてその者が外の様子を確認してから

 店内で騒いでいる高校生のそばに移動した 一言二言 言葉を交わした その直後 その集団が一斉にこちらを(和ちゃん)を見た直後に 静かになった。

 信ちゃんは何気に外を見て驚いた 其処には その筋らしい もとい 街の治安を守るぞといった意味のジャケットをきた男が二十名ほど整列して居たがそのままだと営業某会になるのだが チラシを用意していて街の治安を守っている事のアッピールや安心して訪れられる店との宣伝までしていた

※この 裏話 私設 和ちゃん の親衛隊護衛チーム活動であった この団体の存在は 和ちゃんも理解して正式に承認しており活動報告は極秘となっていた

 先ほどの私服の高校生は親衛隊護衛チームの主要メンバーでいつも二人の遠くから見守っていた 当然分かれた後は和ちゃんに同行するわけで 信ちゃんは無防備になる

 なぜか スポーツ万能であちこちの大会でも名はせていた それらは各校の応援団から学校の番長にも知れ渡っており うかつに手を出して負けたりしたら自分のチームがつぶされる事になるために間違っても抗争しないなとの指示が出ていてちょっかいを出す物はなかった


 で 何か起きた場合 ・・・ 今回は二人の語らいの邪魔をした 高校生の集団を静かにさせることだった

 でっ 護衛チームの主要メンバーの一人 の今日の当番は 事務局に連絡して最寄の協力団体に協力依頼をすると即座に 街の治安を守るぞといった意味のジャケットをきた男が二十名ほど整列して居たのであった

 団体に連絡が入り集合していただいた 彼らにとっても彼らの活動をアッピールする良いチャンスなので いつもより沢山集まってくれました


 其れを確認したメンバーは 高校生の集団に近づき やさしく話した



 「すみませんがみなさん もう少し静かにしていただけませんでしょうか 他のお客様にご迷惑です

  それと そのままだと 外の集団がそれなりの行動をらせていだだく事になります。」

 「なんだとー 勝手だローよ 店員でもないのにでしゃばってじゃないぞー」と 言いつつ 高校生達は窓の外を見た、其処には なんと街の治安を守るぞー隊 といった意味のジャケットを着たいかにもいかつい男達が二十名以上も集まっているのを確認し 静まった。 固まった



 なにせ その中の一人は紛れも無い かれらの OB であった・・・あちゃー

 「それと あそこに居るお二人の女性方が 和子様ですよ」

 その瞬間 其処に居た高校生 全員が 和ちゃんをがん見した瞬間であった。 彼女が 裏裏番  表番がいて其れを操る裏番が居てそれらを牛耳っている 裏裏番がいるという話はOBから全員に告げられていたのだった。 彼女がその 裏裏番 聞かされて 全員が半分固まったのを確認したのち

 「ありがとうございました」 と伝えて自分の席に戻る途中で 和ちゃん に目礼して座った 

 和ちゃんは小さな声で 「ありがとう」  その一言を 席に戻った彼女は・・・えっ 女の子だったの 実力では 裏裏番の幹部であった 


 その日の支払いは 和ちゃんからの今日だけはお願いだからと 和ちゃん が三人分を支払っていた 財布の小銭全てで間に合った 

 そして外に居る方々が 此処で飲食したら ここへ 請求するようにと店長に 某団体の名刺を渡して依頼していった。


 後日 その団体にファミレスから 二十人でこんなに食べるのかと疑われるほどの金額が明細と共に請求されたが雑費として処理されたと思われる・・・











  

 








■あれから半年後

 田舎で出会った同級生から 半年後に メールで連絡が来て相談に乗って欲しいとの事

 メールには詳しい内容は書かれていなかったが、昔なじみの彼女が困っているならと、話を聞くことになった 急なことでもあり彼の会社て仕事が終わってからということになり 彼の職場近くにあるファミレスを指定して話を聞くことになった

 約束の時間を少し過ぎた頃に彼がファミレスに到着した、彼女は先に来ていて 一番奥の席にいて 手を軽く上げて彼に合図をした この仕草は高校性時代に通っていたときからの合図でよく行っていた田舎のファミレスを彷彿させる彼女のし草だったことを思い出して 一安心したかれだった 


 「かわって いないね 」

 「なにが・・・」

 「いやなんでもない いいんだ」
 
 「なによそれ でも今日は来てくれてありがとう 私のおごりだから 何でも好きな物を頼んでも良いわよ」

  おっと ではではと メニューを引きよせて 値段とカロリーを気にしなくて良いチョイスを楽しんだ・・・


 「チーズハンバークと甘口カレーにパスタ で いつものドリンクバー 笑い」・・・お子様ランチ風です

 「私も同じ物にする・・・でも 辛口カレーで 





 


■此処での出来事

 おこちゃま ランチを 食べてドリンクバーに以降しつつ メニューでモンブラン&プリン を追加注文する彼であった


 今回の彼女の相談話は彼女の関係している会社でのことではなく、彼女の親戚が経営している会社におきている事であった

 その会社の役員は親戚でいろいろな話をしているうちに相談という事になってよく世話を聞くと やくざのような組織がはいり込んでいるとの事 会社の経営にまで口を出しているとの事 ・・・ いまだに彼女の内部告発システムは存在しているものの親戚の会社までは及んで折らず実際の内部告発からの発覚であった

 彼女の知らない末端の会社だったためシステムがしっかりと構築されていないことと 内部で行っていた業務内容に不正があり弱みをつかまれているようだった


 実際 今の彼は経営システムの営業を行っている物の そんな 外部からの干渉問題を解決する手段までは開発してなかった為に 良いチャンスとばかりに少し新しいソフトを構築していった、その傍ら暫く内情を調査するために、本業のシステムのメンテナンスと言う立場で かの会社に堂々と入り込りこみ 彼「信ちゃん」 であった


 そのソフト自体は 彼女との合作のソフトであったが目的別に組みなおされており シンプルして 且 強力な物となっておりました 

 そのソフト自体で 会計ソフトを正規に運用しつつ内部の情報を引き出す事を目的としており、担当者からは会計ソフトがさくさく動くようになったと好評だったが実は内部の不要のエリヤを割愛する事で 新しいエリヤを確保して検索ソフトを組み込む事を可能にしていた

 ソフトを正常化すると共に、正規会計状態を見極める事も行っていて内部から調べると 解ってきたことがいろいろとあった

 

 これま でに行っていた業務内容に対すること自体は表ざたにすると会社はもとより 関連している一族の会社にも影響するために内密に処理することとなった



■暫くして

 システムを点検しながら ソフトと実際の資金の流れを チェックするシステムによる健全な経営ノウハウを組み込んだ 告発ソフト をウイルスとともに忍び込ませていた、タイミングを設定したおき 営業利益を ピンはねしていたやくざが組み込んだ ソフトのルーチンを逆手に取り振込み銀行口座自体 から同額を別の個人口座に残高が移行する様に組み込んでおいた 一度入金は記載されているが 入金されたはずの倍額が個人口座に移行させていくが 記帳には出ないシステムとしていた・・・おぬしも悪よのー


 次第に干渉していた組織自体の 資金源を移動させて 壊滅状態に追い込んでいっだ ・・・ 他のしのぎで得た金も当然個人口座に移行させていて 当然のこと次第に 二重帳簿でごまかしている悪徳会社の真逆の手法を使い 表向きはお金はあるものの 内情は多額の資金が個人の口座に振り込まれつつその形跡を消していた


 ある日 事務所として借りていた不動産業者からの催促で賃貸料の振込みがされていないとの連絡が入り 最初は 信じられなかったが正式に口座の残金を確認すると・・・五円



「えっえええええええええええええええええええええええええっ」

 「五円 って 」

 「はい 五円の残金でございます」

 「帳簿上は 次回の上納金分を引いても 二千万円以上ある事になっているはず・・・」


 事務所は大騒ぎで 銀行にも 怒鳴り込むものの門前払いで 組に掛け合っても 金の切れ目が円のイヤ縁の切れ目で 全国に絶縁状まで配布されていた・・・




 組織自体は自分の借家の賃貸料も払えなくなり、電話代や 日々の経費(たばこ銭)にも事欠くようになっていったのを気づいたのは半年も経たないときであった 毎月入金があるものの貯蓄高は目減りするといった 不思議な状態になっていることにも彼らは気づかず、組を維持確保するために資金が必要となり今までのような裏ではなく金銭を要求したために仕事が表沙汰となることで 即警察沙汰になり 関係者全員が逮捕されることになってしまった 
 関係者の間でお互いが着服した物とかんぐりあい組織自体も分裂してしまっていた




 残った金額も内緒で とあるあの口座に振り込まれたお金と、プロでも見つけられないようにソフトの履歴を消し去っていた、ソフトの痕跡・・・何十行 かが空白になっているエリヤが あっただけである



 その後は一族の関連会社の全ての会社の経理部門に この経営ソフトといわれていた 組み替えて 同様の不正や干渉が無い様に指示をした 彼女であった

 かの口座は 謝礼として 金額の確認を行わないまま彼に通帳と印鑑が送られてきた・・・小さな会社をひとつ起こせるだけの金額になっていた


 彼の裏技で そのソフト自体は関係しているやくざの関連団体にも ウィルスソフトを介して・・・一団体を壊滅状態に追い込んだことは彼は知らないでいた。


  知らない間にあの口座の残高もそのぷん増加していることには、無頓着であった ・・・ おいおい 




 

  





■彼は 降って沸いた 資金を元にこれまで勤めていた会社を無事に円満退職し 独立して個人で会社を立ち上げていた

 会社自体は彼の実力を知らないまま 放出してしまっていた物の 仕事は順調に入ってきていたのは彼女の指示でスムースな業務移行をサポートしていたためでった



 余り人に指示をされることを好まない彼だったので自由な空間と時間で好きなことをすれば仕事になることを理解していた彼女は 遠くで ほほえんで手を差し伸べていたのだった
 
 今までのお付き合いで行っていた業種とはそのまま引き継いだために、仕事自体無くなることは無く順調にすすんでいた



 そんなことでお礼にとばかり 彼女にデートを申し込んだ

 彼女は普通のOLといっていたが 彼女の一族の経営する会社で全体を把握して指導するといった組織をつくりあげて運営していた、そんな事もあり 彼女の組織から依頼の仕事も多くなっていたのだった






■ドライブで起きた事

 明日はドライブに行こうとばかりに彼からのお誘いがあった・・・

 彼女は全ての予定をキャンセルしたり変更して彼との時間を生み出し都合した、ドライブと思い少し早く起きて お弁当を作り指定された駅前で待っていたら

 彼が改札口の反対側から歩いてきた

 「あはよー 和ちゃん」

 「はーい おはよう 信ちゃん 車は何処に止めているの」

 「実は車は用意していないんだ・・・」と言いつつ歩き出した 信ちゃんの後を

 「えっー ドライブじゃないのー」 と言いつつ付いていく 素直な和ちゃんであった


 近くの橋まで歩いたら 

 「今日はこれで行こうと思います」

 「これって 車ないじゃないのー」

 「和ちゃん 下を見てごらん」


 橋の下を覗いてみた 和ちゃんであった



橋の下には船が停泊していた

 橋の脇から降りていく道があり船着場になっていた

 降りていくと意外に大きなプレジャーボートが停泊されていた・・・彼女を誘って釣りに行くのにレンタルしました見たいな感じだったが 彼女は船長さんが付いてくれるのと思っていたが意外に船着場には彼が一人だった

「クルージングだと、誰が運転するの、船長さんは・・・」

「えっ 俺だよ 船体だけ借りてきて 点検も終了 燃料も満タンですよお嬢様」

結局 信ちゃん船長で一日日没まで 東京湾から三浦半島を回り クルージングをエンジョイした

 そんな一面も有るのかと 彼の事を改めて感心した彼女であった 

 『やはり おばあ様の言葉を信じてよかった』


※プレジャーボート(英: pleasure boat, pleasure craft)とは、海洋レジャーに使われる船艇の総称。ヨット、モーターボート、水上オートバイなど
舟艇のうち、個人が海洋レジャーのために用いるものを指し、一般に旅客輸送、貨物輸送、漁業等の業務を目的したものでないものを指す。






■歌謡ショウ・・・に飛び入りして お食事券をゲット  

 といっても歌が上手なわけではなかったが、お世話になった学校の文化祭に招待された彼女に付き添って デートと称して遊びに行った時のことだった 

 何せ学生のやることですから、決勝で音響設備が故障してしまい 最小限度のマイクシステムのみ生き残っていた物のバックで演奏することやカラオケを流すことが出来なくってしまいました

 あたふたする学生のリーダーから頼まれた 彼女は彼を見つめていたら 彼は 

 「仕方ないなー 」 といいつつ

 ステージに出て行った

 「どうするのかな 」 と半分楽しんでいる ・・・ 彼なら何とかしてくれる との 根拠の無い自信が見てとれた

 

 先ずは楽曲の楽譜をと通り見た後に 「信ちゃん」は一本のハンドマイクを手に取った ・・・ 暫くの静けさ後で次の瞬間 何人かで演奏しているようなリズムがはじけていた

 会場をひとつにまとめてしまった、その音楽は そうです 

 『ボイスパーカッション』 でした 以前からカラオケに行っても うたう ことは無かった彼は その苦手を逆手に取り裏方に徹することで ボイスパーカッション を修得することになったのです

 会場はのりのりで生演奏を凌駕するパンチの効いた(死語) ボイパで ブーイングをしていた観客を黙らせた上に 全員縦乗りに ・・・ 実はこの間に残っている出演者にこの状況を伝えて 歌唱をし易くしていたのであった。


※ボイスパーカッションとは、打楽器の奏でる音色を、そっくりそのまま口で表現する技術である。
日本ではボイスパーカッションと呼ばれているが、英語ではVocal Percussion(ボーカルパーカッション)
と呼ぶことが一般的である。
その他の呼び方としてはMouth Drums(マウスドラムス)がある。



 お陰で 結果 決勝のふたチームの演奏を一人でこなしてしまった 

 のりのりの決勝戦の後で 優勝チームと準優勝チームへの表彰後には 特別賞として ボイスパーカッションを演奏した彼に与えられ 副賞として学食の無料チケット 一月分が送られた 彼が一番喜んでいたのは その副賞のことだった その後一月の間に 二十二回食事をしに来ていた彼はそのたびミニコンサートを開かざる終えなかったのは事実だったがそれでも来るのは学食のおばちゃんの魅力であった ・・・ おいおい 




ブログ一覧 | 読み物 | 日記
Posted at 2015/07/16 16:42:05

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

ブログ人気記事

Aqours クラブ活動
ぷっちゃん6号さん

来たれ! 囲碁サッカー部!
ネコショウグンさん

ドラキュラは居るのかな?
Hiro.sさん

集合!→今年1年頑張った方
ウッドミッツさん

「行くぜ、◯◯。」冬のごほうび!羨 ...
シン@009さん

女子は見ている! さりげないつもり ...
タビトムさん

この記事へのコメント

コメントはありません。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「弄りの小ネタ http://cvw.jp/b/428159/40864137/
何シテル?   12/18 06:06
車好きのオヤジです。 自転車、バイクといき結果は車の運転が大好きになったのです、仕事柄車両の機構や構造から車両挙動の解析が得意です 以前はカーメーカーで...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/12 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

FILE 5 ローカルルール は 是か 非か 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/12/06 18:29:50
お知らせ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/12/06 12:34:57
3M / 住友スリーエム カーボン調(ブラック) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/02/25 07:44:50

お友達

 車関係の疑問はどんな専門的なことでも受け付けます。

 得て不得手がありますので、即答することが出来ないものもありますが調べて答えたいと思います。


 好きな事なら 調べるのか好きです

 知らない事があると 心配・・・・になる     いやな性格ですね

53 人のお友達がいます
ジョーズ( つかさファミリー)ジョーズ( つかさファミリー) * tomo-sutomo-su *
Jolly RogersJolly Rogers * パンストフェッチーパンストフェッチー *
津久茂津久茂 * 青ス青ス *

ファン

48 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ S660 ツインズ (ホンダ S660)
長年の夢が叶います 家族とのバランスで四人乗りを維持してきましたが 二台体制になり  ...
スバル レガシィツーリングワゴン スバル レガシィツーリングワゴン
 人生最初で最後(なぜ・・)の四輪駆動でワゴン車であります。  予算の都合で NA 5 ...
いすゞ ジェミニ いすゞ ジェミニ
※写真は無いので同じ形の物を探してきました。  雨の中に佇むリヤビューに惚れて購入 ...
いすゞ ジェミニ いすゞ ジェミニ
※デジタル写真が無いので他の所から持って来ました。  今までのペレットから乗り換えて ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる