• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

セパンのブログ一覧

2017年11月08日 イイね!

またしても日本仕様?!

またしても日本仕様?!
 先の東京モーターショー2017でアルピナから新型D5が発表されました。正式名称は
   BMW ALPINA D5 S BITURBO
                          というそうです。
フランクフルトモーターショー2017で4WDのD5が発表されたということを知った時、日本に導入されたら万難を排して交渉に持ち込もうと考えていました。
そして迎えた東京モーターショー2017、アルピナブースに新型D5が展示されている写真が報告されました。
早速Dの担当に日本での発売を確認してもらうと間違いないとのこと。
フランクフルトでの発表のスペックと同じかどうかも問い合わせました。
ところが返ってきた答えは・・・、
                     日本仕様?!         だったのです。

 本国バージョンは単に   D5s   なのに対し日本に導入される個体には更に              BITURBO      という文字が続くのです。

 ハッキリ言って肩透かしを食ったようで  興覚め  です。



 ガッカリしながらも未練たらしくいろいろと調べていくうちに以下のことが分かりました。
つまり、D5sには  triturbp  と  biturbo  の2つの仕様があるらしいのです。
過給機を3個積んだタイプと2個積んだタイプです。
そして3個の方が382ps・81.6kgmで日本に導入される2個の方が326ps・71.4kgmということです。
なぜ日本には3個タイプが導入されないのかと言いますと、右ハンドルにすると技術的な問題で積めなくなるということでした。

 下の写真はF10タイプのD5と今回導入されるG30タイプのD5s BITURBOのスペック表です。



大きな違いはツインターボとシングルターボの違いだけですので、個人的には乗り換える価値はないと考えます。
これがトリプルターボなら話は違ってきますが・・・。

 ALPINA D5s  が正式に導入されるまで待つことにします。
我が家での台風の発生が避けられました。

Posted at 2017/11/08 15:28:24 | コメント(1) | トラックバック(0) | 閑話休題 | 日記
2017年10月26日 イイね!

浜田の「のどぐろ」

浜田の「のどぐろ」 
 青空に誘われてちょっと遠出したい気分になりました。

ということで、向かった先は浜田市です。
浜田市は
       浜田ののどぐろ
                            と称されるぐらいに「のどぐろ」が有名らしいのです。

 日本海側の各地にはやっぱりのどぐろを売りにしている地域があります。
例えば石川県や新潟県です。
ところが不思議なことにそれぞれの県でと言われる時期が違うのです。
新潟県は、石川県は、そして島根県ではなのです。

 高松で暮らしていた頃は、高級魚ということぐらいの知識しかありませんでした。
ところがその高級魚が当地ではスーパー等の魚売り場で普通に「開き」が販売されているのです。
それも一尾200円程度で。
一尾200円が高級なのかどうか分かりませんが、他の魚よりはきっと高いのでしょう。

 お伺いしたお店の名物が「のどぐろ炙り丼」という代物です。
海鮮物の丼は「生」が普通です。
焼いた場合はウナギで、揚物はエビが代表でしょうか。
炙った魚の丼なんて聞いたことがありません。
興味津々です。

 そのお店は魚市場の近くにありました。



建物の二階角にあります。
建物内から見たお店の入り口です。



丁度お昼でしたので店内は満席です。
20分ほど待ってカウンター席に案内されました。
メニューを一通り眺めましたがオーダーは既に決まっています。
通ぶって「炙り丼、二つお願いします。」





カウンター越しに出された丼に店の人から案内がありました。
「少し残して頂いてその上からこののどぐろの出汁を掛けてお茶漬けみたいにして食べて頂いてもおいしいですよ。」

淡白そうな白身の魚です。
ところが、さにあらず。
口に入れるとスーと溶けていく感じです。
そして教えられた通り、4分の1程残して出汁を掛けました。



小生は一度しか注ぎませんでしたが、家人は二度も注いでいました。

 こんな感覚は初めてです。
丼を食べ終えたばかりですが、是非生を食べてみたくなりました。
ということで評判のお寿司屋さんにお伺いしました。



回転ずしと侮ることなかれ!
レベルは街中のお寿司屋さんと同等若しくはそれ以上!
注文する度に一貫づつ握ってくれます。
ベルトは回っていますが、寿司は殆ど載っていません。
タッチパネルでのどぐろを探し早速お願いしました。



のどぐろは一貫盛です。
値段はマグロの大トロよりも高い。
やっぱり高級魚なんですねッ!

 山葵が全然効いていません。
板さんにお聞きしましたが、確かにサビ抜きではありません。
脂のノリが尋常ではなく、山葵を感じさせないのです。

のどぐろばかり6貫もオーダーしてしまいました。
家人は浜田3貫盛というのを頼んでいました。



丼を食べた直後だというのに・・・、いくらでも食べられる感じです。





サバやアジ、サザエ等々堪能してしまいました。



 家からは2時間程度かかりますが良い店を知ることができました。
Posted at 2017/10/26 10:31:45 | コメント(2) | トラックバック(0) | 海鮮料理 | 日記
2017年09月09日 イイね!

巡視船のいる街 境港

巡視船のいる街 境港


 山陰地方で暮らすようになって1年半が過ぎようとしています。
高松に住んでいたころに比べ海が遠くなったせいか、以前より魚を食べに行く回数が減ったような気がします。
四国の時は淡路島、徳島、愛媛、高知と4県をまたにかけ出かけたものですが、こちらに来てからは日本海が近いにもかかわらず、他県では境港にしか行っていません。

 そして今日も境港に行ってきました。
今日の目的は「名残のマグロ」です。
前にも書きましたが境港は生の本マグロの水揚げが日本一です。
但しマグロが揚がる期間は夏場だけですので、シーズン最後のマグロということになろうかと思います。

 午前11時30分。
開店と同時に入店しました。



 家人は「境港丼」、小生は「マグロ丼」をお願いしました。
境港丼というのは、その日に港であがった魚を使った丼だということです。
20分ほど待ったでしょうか?
漸くテーブルに運ばれてきました。

 境港丼




 マグロ丼




わざわざ食べに来た甲斐があったというものです。

 もう一軒行きたい店があるのです。
ということで腹ごなしに港に出ることにしました。
瀬戸内海では見かけない、外洋に出る大きな漁船が直線状に係留されています。



そして、眺めながら港を進んでいると真っ白なひときわ大きな船が入ってきました。
巡視船「おき」です。



山の頂にあるレーダーサイトといい、30ミリ機関砲や放水銃を装備した巡視船を見るにつけ海を隔ててはいるものの外国に接した場所で暮らしていると実感しました。

 小腹も空いてきましたので太平楽に気をとり直しもう一軒の目的の店に向かいました。
そのお店というのは、実は評判のおそば屋さんなのです。



家人は「納豆そば」を、小生は「釜揚げ」をお願いしました。









 地元産の蕎麦粉を使った十割蕎麦ですが、コシがあるのにその細いこと。
つなぎを使わずにそうめんのような細さに仕上げています。
今度はこのお店の蕎麦だけを頂きに来たいと思います。

Posted at 2017/09/09 18:37:25 | コメント(1) | トラックバック(0) | ピナで味巡り | 日記
2017年08月18日 イイね!

とろろそば

とろろそば
  お盆を過ぎて、漸く一息付けた感じの今日この頃。

ということで、またまた奥出雲へ蕎麦行脚に出かけてきました。

本日お邪魔したお店はこの辺りでは最古参だそうです。

「古ければいい」ということではなく、長い間親しまれてきたわけですから、そういう意味でも期待できるというものです。



想像とは裏腹の店構え!

打ちっ放しのコンクリートの外観が老舗のそば屋さんらしくありません。

 
 いつもは割子を注文する家人ですが今日はとろろに引かれた様子。

二人でとろろそばをお願いしました。

こちらの蕎麦は、つなぎに山芋を使っているそうです。

暫くして運ばれてきました。



涼感溢れる一品です。

別添えの出汁をたっぷりかけて頂きました。



 具材のとろろとつなぎに山芋を使っている蕎麦。

交ぜた食感が悪くなり様がありません。

あっという間の、最高ののどごしでした。



Posted at 2017/08/18 18:14:16 | コメント(2) | トラックバック(0) | そば | 日記
2017年07月29日 イイね!

大注連縄の主は?

大注連縄の主は?
 このタイトル画像、どこのお社かご存知ですか?

何を隠そう、実はJR木次線の出雲横田駅の駅舎なのです。

この駅舎を中心に(多分ですが・・・)この辺り一帯が統一された景観に改修されたのはいつの頃だったのでしょうか。







 駅の無料駐車場に車を停め目的のお店に向かいました。
この地区ではこのおそば屋さんが一番の老舗だということですが、近くには有名なお店もあり、なかなかの激戦区でもあるらしいのです。
そしてこのお店のお蕎麦は二八そばだということですが、そば粉は奥出雲産の玄そばを100%使用しているそうです。

 店内に入り早速注文しました。
家人は
「三品そば」を、小生は「おろしそば」をお願いしました。





 おろしそばに添えられている穴の開いた練物は何だと思いますか?!
あご野焼です。
山陰地方ではトビウオのことを「顎が落ちるほどうまい魚」という意味で
あごと言うそうで、それを材料にしたかまぼこです。
因みに、トビウオは島根県の県魚だそうです。



蕎麦そのものは奥出雲らしさの少ない、おとなしい感じのモノでした。



 
食後に鬼の舌震と呼ばれる景勝地を訪れました。



Posted at 2017/07/29 13:49:05 | コメント(2) | トラックバック(0) | そば | 日記

プロフィール

「プレミアム・フライデーとは関係なく・・・ http://cvw.jp/b/428696/39368967/
何シテル?   02/24 23:58
 BMW・E60M5が好きでした。 無骨なスタイルと極上の性能。 「駆けぬける歓び」を体感させてもらいました。    そして今・・・、 F10D5で遠...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/11 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

リンク・クリップ

新型TTの案内! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/08/20 00:29:58
年末のご挨拶! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/01/01 07:39:30

お友達

 どこかへ、出かけませんか?
43 人のお友達がいます
マル運マル運 * GTI-toshiGTI-toshi
なかひろなかひろ ken1003ken1003
☆アル君☆アル君 リトルキャットあっくんさんリトルキャットあっくんさん

ファン

15 人のファンがいます

愛車一覧

BMWアルピナ D5 Turbo BMWアルピナ D5 Turbo
 ステアリングの一部にオプションで、シート地のダコタ・レザーを使用しています。 でも、握 ...
アウディ TT クーペ アウディ TT クーペ
 登録が2000年12月で、走行距離16,000kmの8NBAMを見つけてもらいました。
BMW 5シリーズ セダン BMW 5シリーズ セダン
 M-Spoという設定が誕生する前の特別限定車でした。設定数量は528iが280台、54 ...
BMW M5 BMW M5
 通勤にも使用していましたので、毎日の走行距離が約60kmを超え、2年を待たずに累計40 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.