• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

プラチナロビンのブログ一覧

2017年06月05日 イイね!

4-5月に撮った野鳥写真集

2か月以上みんカラをさぼっていた。もう9月で10年だから区切りまでとも思う。この間限局性憩室炎が悪化し腹膜炎をおこしていたりもしたし、その他もあった。仕事も忙しかったけど野鳥撮影も頑張った。念願のサクラクマタカ、獲物持ちクマタカ、絶滅危惧種イヌワシの撮影も念願かなったし、ハヤブサの巣立ち数日後の空中餌渡し撮影も成功したのでこのあたりで発表しとこうと思います。
(コメントオフにしています)

山桜がポツポツと残る斜面をクマタカが飛んでくれた。

DSC_1944

たまたま野鳥写真展へ行くと奇跡的にオオルリが八重桜バックにとまった。

DSC_3327

S氏に渓谷へおいでよと誘ってもらい思いがけず撮れたヤマセミの翼端ベイパー。

DSC_4090

DSC_4091

DSC_3993

突然その時はやってきた、アオダイショウを嫁と子供へ運ぶクマタカの野生の叫び。

DSC_1515

The Mountain hawk-eagle of prey have

The Mountain hawk-eagle of prey have

逆光で露出も決まったヤマセミの若いもうすぐお父さん。シャイニーリバー。

Shiny River


DSC_3812

3度目の正直で諦めかけていた時現れたレッドデータブックのイヌワシ。

Golden eagle(Endangered species)

厳しい環境で暮らしているのがよく分かった気がする。

Golden eagle(Endangered species)


Golden eagle(Endangered species)


Golden eagle(Endangered species)

Golden eagle(Endangered species)


夕方近く太陽が川面を黄金色に染めたときヤマセミはやってきた。ゴールドりバー。

Gold River


Gold River 2

巣立ち間もない飛ぶのもおぼつかない幼鳥に空中で餌を渡そうと促す母ハヤブサ。



空中初キャッチ。



ホットする幼鳥。



安心した母ハヤブサと大喜びの雛ハヤブサ。




Falcon brothers


kurotyan

撮影待ちしていると突然ガサゴソ、クマじゃなくて良かった日本カモシカ、しかし近すぎ。



山で出会った野生のシカが夕日に照らされて綺麗でした。



2か月で貴重な写真がいっぱい撮れてしまい運を使い切ったかもしれない。

Posted at 2017/06/05 20:39:20 | トラックバック(0) | 趣味
2017年03月19日 イイね!

さかよしさん運転C43クーペ他2/25~3/19に撮った写真集

さかよしさん運転C43クーペ他2/25~3/19に撮った写真集さかよしさんが横浜より帰ってきたので先ほどお会いしてきました!画像はさかよしさん運転マイC43です。
流し撮りをチョコっとしてきました。ご家族みんなお元気でなにより。
後は2/25より3/19今日までの撮影を並べてみました。
鈴鹿へも行ったよ!


2/25は昼過ぎまでクマタカ狙いでしたが一瞬稜線を飛んだだけだったので夕方湖北の夕日でも撮ろうとMさんと向かいました。そしたら湖北野鳥センターの職員さんが山本山方面を双眼鏡で覗いているので聞くと、まだオオワシが塒に入らず松にとまっているとのことで急いで麓まで車を走らせました。今日は遅くまで粘ってるんだなーと。



間に合った!カメラマンに聞くと今日も(2-3日)餌にありつけていないらしい。腹減って焦ってるから塒へ入らないと理解。しきりにノスリがモビングに来てなんかイライラしてる感じ。そろそろ北帰のために栄養つけておかないと。このままじゃ栄養不足でまた明日の北帰もなさそうかな。とかいろいろ考えてると不意に飛ばれた、アチャー、塒入りだ。
一瞬の飛び出しを取り損ねた。でも空抜け青空!(結果的に次の日2/26朝オオワシは北帰したので最後に撮れて良かったです、翌日北帰時は濃霧だったらしい)は間に合った。

なんか今思うと「明日シベリアへ帰るのに何も食べてないぞ-」とイライラしながら枝掴んだまま塒入りしてる感じだ。

DSC_4000

その後野鳥センター前の夕日スポットへ移動し夕日を待つことに、多くの風景カメラマンが集まってます。でも対岸は雲が厚いです。残念ながら夕日は完璧には見えず。でも夕焼けは綺麗です。
カメラは2台体制。

DSC_0157

夕暮れコハクチョウを狙います。いい色に染まってきた!コハクチョウの半数はまだ北帰せず残ってます。サンヨンでシルエットを狙いました。コハクチョウは日が完全に落ちてから田圃より塒の野鳥センター前ヤナギ浜に戻ってきます。
ここ野鳥センター前は湖北で一番好きなスポットで哀愁あっていいなー。

DSC_4845

今夜は明日のクマタカに向けG県の温泉完備の道の駅へMさんと走ります。さあ温泉入ってビール飲んで道の駅で今季初の車中泊です。

次の日。

今日はワンチャンスですが飛びましたよ!VR切り1275mmで狙いました。

DSC_5158

やっぱ森の忍者はカッコいいわ。

DSC_5153

DSC_5246

3月4日は鈴鹿サーキットファン感謝デーへ

DSC_5914

昨年は目の前でジャンアレジを撮れたけど、今年はピットウオークに出なかったみたい。
マクラーレンホンダ等F1カーも走らずということで最終コーナーやS字コーナーとかへ行ってみました。

DSC_7021

ホームストレッチでガチ勝負してくれました。

DSC_7027

3月11日はニコン大阪SCにいると「南のお山へオオマシコがいるよ」ってことでMさんが連絡してくれたので一旦帰宅して向かうとお山は5-6名でMさんに感謝です。カメラセットしてる間に「クマタカの交尾が撮れた」といっぱいいっぱい自慢話聞く羽目になったけど(爆)これは超うらやましい、一生で一度ある無いのこと。僕が鈴鹿へ行ってる日だ。今日はクマタカに満足してたまたまお山に登ったらオオマシコがいたとのことでした。

DSC_0335

綺麗な雄の親子でした。

DSC_0392

雄親も真っ赤で綺麗な成鳥。

DSC_0739

DSC_0691

たぶんその子供も綺麗で可愛かった。

ヒレンジャクも一瞬飛んできた。これはオオマシコ2日目の画像、次の日すでにカメラマンは50人超に、どなたか「レンジャクやっ」て叫びに反応、ほんの一瞬の出来事だったのでたぶん撮れた人は皆無。自慢?
まあ人が動くと野鳥は当然逃げるから仕方ないです。

DSC_0845

そして昨日は東の崖へオオアカゲラを観察に。(百田さんの南の崖は尖閣諸島、笑)

DSC_1385

巣穴と思われる穴が小枝で見えにくいので15m地点にロクヨンをセットしさらに20m離れたところからワイヤレスリモコンをセット。3時間待って諦めかけていたところに登場、連写、すぐ巣穴に入りました。

DSC_1422

マイホーム作りに余念がありません。ここからは他のカメラマンも僕のレンズの横で撮りだしたのでカメラの傍に移動して撮影。

DSC_1451

働き者のオオアカゲラ君です。でも相方が来ない。

1時間半仕事して飛んで行った!

DSC_1753

飛び出し写真は失敗した(泣)が綺麗にオオアカゲラを撮れたので大満足で落石がそこらに落ちている細い道を帰路へ。
Posted at 2017/03/19 20:08:31 | トラックバック(0) | 撮影 | 趣味
2017年02月23日 イイね!

冬のクマタカと雪ヤマセミ

冬のクマタカと雪ヤマセミもうすぐ2月も終わり、雪がらみの野鳥が撮りたくて撮影地を考えていると、土日に限って大雪で行けないところや、雪が鳥取県のように積もりすぎで躊躇したり、雪上走行が慣れてないのでアイスバーンになってないかなとか心配してみたり自然相手なので不安もよぎりましたが、せっかく冬タイヤ行きますよ!

野鳥撮影は仲間と鳥情報を共有して1日過ごすのも楽しいですが、やはり純粋に自然の中で野生に接することが達成した時の喜びは大きいです。獲付けされた野鳥なんて物見遊山と同じですから。今月は雪がらみの野鳥が撮れるチャンス、どうせなら撮りにくい野鳥を探そうと先月よりネット検索、野鳥仲間からの目撃情報等を主体に車で山を徘徊していました。でも簡単には出会えません。

今回は谷を越えて登っていきます。いけるんだろうか!?1台登った跡があるからGO!



その探す鳥はクマタカ、たいへん撮影しにくい猛禽です。野鳥撮影において最も難しい部類。なんせ個体が少ないうえ警戒心も強く近づけない。
探し回ってようやく見つけました!しかも雪の斜面バックに飛んできて枯れ枝にとまりました。距離は200mくらいと遠いが存在感ある雄姿、さすがに森の王者です。しかも、とまりものが初撮影で撮れるなんて感激でした。夢中でファインダーに見入りシャッターを切りました。尾羽のシマシマと頭の髪型が印象的で威厳に満ちている。

Mountain Hawk-eagle

しばらくして枝の左へ歩くように移った、今度は前向きだ。飛ぶのかな。

Mountain Hawk-eagle

クマタカ撮影は距離があるのでこの日のために気になっていたブレ対策で採用したベンロの望遠レンズブラケットを装着しD500+600f4FL+TC14Ⅲで換算1250mm(クレジットは1275mm)を使用。
確かにレンズを振り回してもマウントの遊びが無くなりより低速で撮れそうです。これは安心感がある。カメラ側とレンズ側でとめるので安定しています。

ちなみにセットした状態をiPhoneで撮ってみた。(これはTC17Ⅱ、換算1530mm)



飛び出した!

Mountain Hawk-eagle

クマタカ初撮影が劇的な撮影となった!これで200m弱くらいあるだろうか、トリミング前提でISOを640まで下げたのでSSも1/640となってもブレにくい。ブラケットの効果もいきなり出た!
カッコいい!!

Mountain Hawk-eagle

飛び出しの連写ほぼ全部ジャスピンでレリーズを押しながらヤッターと叫んでいた。

Mountain Hawk-eagle

Mountain Hawk-eagle

Mountain Hawk-eagle

クマタカは1日で2回出たので満足な1日となった。

あと雪のヤマセミも撮りたくて探しに行ったが雪で大苦戦。この日はあまり飛ばなかったので探すのに一苦労。

こういう状況なので。



それでも一瞬飛んできたところを粘って見付けました。これは車窓からSS1/30、f11で息を止めて撮った(笑)D5+600f4+TC14Ⅲ(換算850mm)

DSC_9877

DSC_9733


雪ヤマセミ、これが撮りたかったんです。雪よ降れ、降れーと念じていたら降りました!
一時猛吹雪で全く見えなくなったけど、小降りになった時にパチリ。
もう少し近くでとは思うけどそううまくはいきませんから。

DSC_9725

そしてこれは湖北に飛んできた福井県が放鳥したコウノトリのユメちゃん。
突然の飛来にオオワシともども大人気でした!でも広い湖北、なぜここに飛んできたのかな!?
足環と背中のアンテナが印象的でした。

YUME

コハクチョウもオオワシも北帰目前、寂しくなります。

DSC_2292

もうしばらく雪と遊んでいたい。

DSC_3165

今週関東へヤツガシラ遠征しようと思ってましたがどうやら抜けたらしい。ヤツガシラには縁がありません。
Posted at 2017/02/23 19:39:10 | トラックバック(0) | 野鳥撮影 | 趣味
2017年02月05日 イイね!

2週連続湖北へのオオワシ撮影行

2週連続湖北へのオオワシ撮影行先週土曜日と昨日、VRXで足元を固めたレヴォーグで湖北山本山へ2週連続オオワシ観察へ行ってきました。昨日はポカポカ陽気で雪上も全くなく春を感じさせる日で、そろそろ今月末にはシベリア方面へ北帰するオオワシを見ておこうという撮影行です。


とりあえずオオワシが山本山にいるとは言っても毎日狩りに行くわけでもなく、2-3回飛んでくれるのを辛抱強く待つわけですが、どっちへ飛ぶか、何処で狩りをするか野生なので当然決まってません。
またそれを予測して劇的写真に臨むというのが面白いわけですが、低い可能性の中撮れれば喜びも大きいです。
この2回に関してはほぼ満足のいく写真が撮れました。

Haliaeetus pelagicus

Haliaeetus pelagicus

青空バックで飛んでくれた.

Haliaeetus pelagicus

Haliaeetus pelagicus

そして昨日はなんとか魚狩りの瞬間を撮ってみたいとバクチですが早朝より(と言っても7時半ころ現地着ですが)野田池から西へ200mくらい西の湖岸で陣取ることに。先着2名、後に6-7名くらいになりその瞬間を待ちます、ここと漁港、製材所横、橋とみんな山を張って何処へ出るか分からない状況で待機です。

朝からポカポカ陽気で風が無い。オオワシは山本山の上のほうでとまって琵琶湖を見ています。
こんな風のない日は飛ばないことも多い。(そうです)
3年前よりシーズン中毎週神戸から電車で参戦の若いMさんや駿河から来られてるHさん、愛知のMOさんらと歓談しながら待つこと12時ころに琵琶湖に向かってオオワシは飛んだ。
かなり奥まで飛んで魚に逃げられたのかまた戻ってきて製材所の北の山の上の松の木にとまった。
かなり高く遠いがまだ琵琶湖を見ている。
僕を含め三名が北向いて重い機材担いで5-600m歩いて近くまで行きました。
しばらくするとまた今度はもと居た付近へ戻って行ってしまったので諦めて僕らも戻りました。

ジェットボイルで熱い味噌汁とオニギリで昼食を済ませ待っていると今までのポカポカ陽気が嘘のように風が吹き波が出寒くなってきた。すかさずダウンコートを取りに車へ戻りました。

風が吹くと逆風ついてオオワシが飛びやすいんですよ。スキーのジャンプと同じ、琵琶湖から吹いてきているので魚をとる場合ここからだと後ろ向きかななどと話しながら。

その時は2時過ぎにいきなり訪れた。オオワシが湖へ向かって急降下、さっき歩いて行った北の方角だ。そして予想外にすぐに着水で魚を仕留めた!
その距離900m先。

DSC_0689

遠いけど夢中で撮ります!機材はD500に600mm+1.4テレコン=1250mm なんせ1k近く向こうで大気の揺らぎもある。

DSC_0694

画像は2000ピクセル程度に大トリミングしていますが魚も見えてますネ。

DSC_0729

大浦湾や山バックだともっといい絵が撮れたと思うけど湖を飛ぶ写真を初めて撮りました。

オオワシはブラックバスをつかんで上にあがり漁港のほう目指して飛んでいくところを追っていると
急にこちらへ向かって飛んでくるじゃないですか。今度はレンズが長すぎる(汗)
ここからノートリ画像です。

DSC_0794


DSC_0801

カメラマンにとって至福の時が来た!あっ、近すぎるー。

DSC_0814

あかんー!嬉しすぎる悲鳴。



凛々しいおさかな掴んだオオワシをまじかで撮れて嬉しい。
しかし一転場所移動です。食事は山本山の低いところで採るため皆一斉に車で移動。

山本山前は元々ここで待機していた方が多いのでいっぱいです。僕も場所を探します。なんとか枝被りが少ないところでお魚は殆ど食べたのか枝の向うで見えませんが、カラスが横取りに来ているところをパチリ。ノートリです。

DSC_0995

えらい怖い顔で睨みつけるのでカラスも眼圧で体がのけぞります。

DSC_1292

どれだけ顔が可愛いかアップした画像

DSC_1235

食事が終わるとまた飛び出した!いったん湖向いたが旋回して塒方向へ、オオワシは健康のバロメーター?無理しません。

DSC_1538

この後早い目の塒入りだったのでみんなも早い目の解散で帰路へ。
帰りに野鳥センター前に行くと風景カメラマンがけっこう三脚建てて待機しています。そうここは夕日百選の地です。夕日にコハクチョウが飛べば良い写真が撮れます。良い天気だし今日は絶好の夕日が撮れそうなので僕も待機しようかなと思ったけどレンズは16-80積んでるんだけど三脚を忘れたことに気が付き断念。



山本山のオオワシさんももう後約20日ほどでシベリア方面へ北帰します。ドライブがてら一度見る価値はありますよ!コハクチョウの北帰行も見られいいものです。
Posted at 2017/02/05 19:30:54 | トラックバック(0) | 撮影 | 趣味
2017年01月22日 イイね!

初撮りはオオワシ、雪の金閣寺へ、今日は鳥くんにも逢ったよ。

2017年初撮りは暖かい1月2日に湖北山本山へオオワシを撮りに行ってきました。
お正月ということですが雪も無くゆっくりC43AMGで家を出て湖北へ着いたのは10時半ころ、もう飛んだ後かなーとダメ元で車を野田池のパーキングへ入れカメラマンが集まっている山本山麓まで歩きました。



カメラマンに尋ねると、今日はまだ枝被りの中に入って飛んで無いとのこと。まあラッキーかな!
そして三脚をセットしているといきなり飛んだー、もうちょっと待ってくれー。
まあ設定中なのでシャッターは切ったが完全ではない。

Haliaeetus pelagicus

琵琶湖へ飛んだので狩に行ったと思い待っているとしばらくしたら帰ってくるのが見えた。
誰かが獲物持ってると叫んだ!

Haliaeetus pelagicus

大きなブラックバスを掴んでいる。初撮りで1日1-2回のチャンスを短時間で達成。今年は効率いい年になるのかなと幸先いいスタートを切れました。

Haliaeetus pelagicus

その後ブラックバスを食べるため酷い枝被りの中へ入ったので本日は終了と野鳥センターへ立ち寄り今年のカレンダーを購入、その後近江の西の湖へチュウヒ等の情報蒐集に立ち寄ってきました。

2回目の撮影は14-15日と雪の野鳥を撮りに日本海へと考えていましたが、降り過ぎたので雪の金閣寺を撮りに京都へ行くことに。



京都市内は雪で敬遠したのかえらい空いています。金閣の駐車場へはすぐに入れたのですがそれからが......。切符売り場を経て金閣の門まで1時間雪降る中5-6列で並びました。
みんな考えることは同じ、雪の金閣を撮りたい、電車、バスで来られるのです。外国人観光客もいっぱい。雪が激しく降る中皆さん文句も言わず並んでました。これは並んでいる時に頭上にカメラを突き上げて撮った金閣寺の鐘です。1ツキ300円だったかな。


そして入場すると池を隔てた絶好ポイントは酢詰め状態(笑)じっくり空くのを待ちます。当然三脚、1脚は禁止なので手振れ補正の無いD810(3600万画素)やレンズ(旧24-70)は厳しいです。なんせオシクラまんじゅうですから。

Beautiful Snowy Kinkaku-ji

ISOを400.シャッター1/2000の野鳥撮影くらいに上げて撮った雪降る金閣。

Kinkakuji in snow

池の半分以上は氷ってます。

Kinkakuji in snow


なんとか一番前までたどり着き息を止めて撮った1/125、f14のちょい晴れ間の出た金閣と池です。
まあ休日に雪が積もってくれて良かったです。

その後耐震工事でもうすぐ見れなくなる清水さんへ。

the stage of Kiyomizudera

体感90%外国人で賑わってました。
また中国のお嬢さん方が着物をレンタルして観光することが流行してるようで、まさに西陣復活ですネ!でも薄着でちょっと寒そう。

Enjoy your stay in japan

雪の京都駅伝も見たし久々の京都良かったです。

そして本日は珍鳥カラアカハラが入っていると聞いていたのでホームグラウンドへ。
そして今回から4Kモニター導入したのに合わせカメラ設定色空間をadobeRGBで撮ることにしました。ただWEBではsRGBの環境なのでプロファイル変換して投稿l。色変りましたかねー。

ルリビタキ(今季初撮り)



_DSC9211




遠く埼玉県や名古屋からも撮影に来られてました!野鳥図鑑670やタッキー、関ジャニ、ジャニーズjrの作曲家のバーダー、鳥くん(永井真人さん)も来られていて話しかけていただき名刺交換もしてもらうというハプニングにも恵まれ皆さんを魅了するカラアカハラ女子のおかげすネ。



堺のホームグラウンドでは前述のカラアカハラにルリビタキ、活発になったカワセミ、トラツグミ、アリスイ、アトリ、オオタカ(主に若、たまに成鳥)イカル等出ていますよ!
Posted at 2017/01/22 18:05:16 | トラックバック(0) | 撮影 | 趣味

プロフィール

「さかよしさん運転C43クーペ他2/25~3/19に撮った写真集 http://cvw.jp/b/428957/39479052/
何シテル?   03/19 20:08
16年10月メルセデスベンツE250カブリオからC43AMGクーペに乗り換ました。レヴォーグ2.0GTSにも乗ってます。13年1月17日奥さんの車ですがニュ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/12 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

お友達

BMWに乗って車の繰る面白さを再認識しました!
メルセデスベンツEクラスカブリオレに乗ってオープンの気持ち良さとメルセデスの乗り心地良さ、乗る人を疲れさせない車作りニ感動♪
C43AMGクーペの官能的サウンドに酔いしれそう。
レヴォーグのAWDとパワーにも満足しています。
87 人のお友達がいます
Tenkinzoku@KTenkinzoku@K * ひろ@V60ひろ@V60 *
TAKE4TAKE4 * えむスポッツえむスポッツ
アマ3アマ3 かるたん(⌒∇⌒)ノかるたん(⌒∇⌒)ノ

ファン

235 人のファンがいます

愛車一覧

メルセデス・ベンツ Cクラス クーペ メルセデス・ベンツ Cクラス クーペ
待望の新規設定C43AMGというV6ツインターボ 4MATICクーペが出たのでお気に入り ...
スバル レヴォーグ ニッキー (スバル レヴォーグ)
2014年1月4日予約開始日予約。 スバル車はレガ3台に続き4台目。 ベースキット(ド ...
メルセデス・ベンツ Aクラス メルセデス・ベンツ Aクラス
腰が痛いとき助手席に乗ると、治ってしまった! くらい我が家の車歴のなかでは、乗り心地が絶 ...
BMW 3シリーズ クーペ BMW 3シリーズ クーペ
3LツインターボDCTモデル

過去のブログ

ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる