車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年02月10日 イイね!
車検とアレコレ最速戦の開催が決まったその頃、我が愛機S2000は車検でして。

車検ついでにアレとコレも。

アレの方はショックのO/H。

S2000を購入して丸4年、距離にして約30,000km。
履きっぱなしで頑張ってくれていたKYBのショックをやっとメンテ。
FCは年に一度でO/HをしていたのですがS2になっては今回が初(汗)
抜けや漏れは無かったのですが、このタイミングで行うことに。



コレの方はミッションファイナルの交換。

現時点のAP1純正からAP2純正へ。
ATS製も検討してみましたが、ホームコース上では届かなくなる可能性が。
AP2純正で約5%のローギヤ化がそっと背中を押してくれると信じて。

今回はチーム先輩の新池モータースさんに丸投げで依頼しました。
出来上がりが楽しみです。


ちなみに・・・

最速戦は後ろ向きな理由ではないものの、走らない予定。
ある程度状況を把握している誰かが、一日通して動ける位置にいた方が良かろうとの判断です。

でも下心出してS2で行ってるかもしれませんけど(笑)
Posted at 2017/02/11 01:28:41 | コメント(0) | トラックバック(0) | メンテナンス | クルマ
2017年02月10日 イイね!
この記事は、中山最速決定戦2017(仮) 開催まで2か月!について書いています。


元老院の方で口火を切りましたがコチラでも。

例年、開催がウヤムヤながらもある意味 「 やらざるを得ない 」 雰囲気に押し切られて開催される最速戦。
当初の目的は 「 各山間の交流を名目として勢力図を見てみたい 」 とか 「 結局、誰が一番速いのかをハッキリさせる 」 とか。
そして崇高な目標として 「 若い世代に刺激を与え、山に活気を! 」 というところ。


しかしながら時は流れ、当初の思惑からは最速戦の立ち居地が変わってきました。
若者の山離れ、年長者のリタイヤや中山サーキットへの不満などなど。


最速戦を開催する意義を見失いつつある中、それでも突き動かされるのはある種の使命感。
少しでも走る事の楽しさを見つけ、それを共有できる仲間を広げるキッカケとなるのなら。

ご参加いただける皆さん、観戦・応援に来られる皆さん、楽しい1日にするべくご協力をお願いいたします。



さて、硬い挨拶はここで終了。

今年の最速戦はどんな大会になるでしょうね。
例年通りに 「 決勝レース 」 はどのクラスも熱く面白い展開になる事必至だと思うのですが、個人的には 「 フリー走行 」 も見応えがあるのではないかな、と。
大会的にはレース至上主義な趣きが強いのですが、ここ最近のトレンドとしてはタイムアタックに重きを置く方々も増えてきていると思います。
そこで今回はレース不参加枠(笑)を作成してみました。
同じ路面コンディションの中で誰が上手くタイムを出すのか、アイツとオレとどっちが速いのか、スキルに状況判断に決断力、そして運を競う。
そんな全てを使って勝負する 「 フリー走行 」 のみの戦いも見応えがありそう。

まだ色々と思うところ、お願いしたいところもありますが・・・
とりあえず今日はここまで。
Posted at 2017/02/10 23:12:21 | コメント(0) | トラックバック(0) | 中山サーキット | クルマ
2017年01月21日 イイね!
チキンレース!?今年は毎週のように大寒波が訪れる。

昨晩も雪が積もりそうだったのだが、さすがは岡山県南。
夜更け前には雪から雨に、太陽が昇ると路面状況は好転していく。



とはいえ過去の経験則からコース上の湿り気は予想に難くない。



悪条件化で無理する必要もないか、という効率的な考えを若者たちは笑うかもしれないが、しかしそれもまた経験則から成り立つセオリー。
通常なら出撃を見送るところだが、2週間に1度はバッテリーやオイル循環にエンジンを掛けたいところでもあるので、ドライブがてらS2を始動した。

面倒ながら出てきたものの、軽やかに回るエンジンに心は満たされる。

一抹の期待を胸にホームコースに現着するも、予想通りの状況。
しばらくすると県南各所から状況情報を持った面々が一堂に会した。


輪留めまでの距離が各人の車両感覚なのか、深層心理下の勇猛さアピールかは不明だが。
真ん中に止めた自分が一番チキンなのは推して知るべしである。
Posted at 2017/01/22 14:33:01 | コメント(0) | トラックバック(0) | 現役ランナー | クルマ
2017年01月07日 イイね!
遅ればせながら、あけましておめでとうございます。
ここをご覧いただいている方々は基本、何かに賛同し、どこかに共感していただいているのだと思います。
紆余曲折があるかもしれませんが今年も一年、稚拙な文章ながらもまたお付き合いいただければ幸いです。


閑話休題。

2017年も1週間が過ぎ、休暇モードから通常モードへとシフトしつつあります。
クリスマスからカバーを掛けて眠っていたS2000とも、遅ればせながら新年のご挨拶。

少しだけ重たそうに回るセルモーターとは対照的に、火が入ったエンジンはまるで咆哮のよう。

空気圧の確認、エンジンオイルの確認、窓を拭きレーシングシューズに履き替える。
いつものルーティーンをこなしてホームコースへ。


新年一発目は奇しくもオープンカーが揃い踏み。

そのMR-Sやロードスターと合わせてコースインするも、まだまだフレッシュなZⅡ☆におんぶにダッコ。
お正月休みでたるんだ乗り手ではS2000と対等な位置まで届きませんでしたが、まずは2017年の第一歩を。


本年も引き続き、よろしくお願いいたします。
Posted at 2017/01/08 12:06:34 | コメント(0) | トラックバック(0) | 現役ランナー | クルマ
2016年12月24日 イイね!
世間では聖夜。

暖かな部屋で温かな時間を過ごされてる方々が多い中、やはり。
いつもの面々がいつもの場所に集う。


カレンダーの流れで個人的には今日が走り納めになる可能性が高い。
タカタで卸したばかりのフレッシュタイヤをホームコースでゆっくりと馴染ませていくつもりが、早々に白い機体が待ち構えていた。

申し訳ないがいきなり先頭で引っ張る自信がない。
最後尾で様子見させてもらうつもりが、フォーメーションに組み込まれてしまう。
先行するチャンピオンホワイトのS2000に、後ろに回り込むグランプリホワイトのS2000。
手荒な歓迎に応えるよう、アクセルをガンガン開けていく。

2017年もこの2台と、そして黒いBRZとの4台でギリギリのバトルを行うだろう。
その中に居続けられるように、来年も一歩一歩。

焦らず、自分のペースで前に進められるように心を強く持ち続けていきたい。


Posted at 2016/12/25 22:48:34 | コメント(0) | トラックバック(0) | 現役ランナー | クルマ
プロフィール
「PS3の初期化が5時間弱かかるとは…」
何シテル?   02/21 22:58
生涯 『現役ランナー』へ向けて。
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/2 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
リンク・クリップ
2013 「道場破り」 in TSタカタ サーキット  ドラテク編 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/09/08 02:20:56
真夏のアウェイ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/08/05 13:19:26
ファン
48 人のファンがいます
愛車一覧
ホンダ S2000 ホンダ S2000
長年FCに乗り続けてきましたので、NAもレシプロも、HONDAも初めてです。 S2000 ...
マツダ サバンナRX-7 真っ赤なFC3S (マツダ サバンナRX-7)
平成3年式のGT-Rです。 平成8年12月に購入し、平成24年11月まで本気で走っていま ...
マツダ RX-7 マツダ RX-7
「一生に一度はFDに乗りたい!」ので手に入れた嫁用弐号機(あくまでも初号機はデミオくん) ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.