車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2016年12月03日 イイね!
世間はタイムアタックシーズンたけなわ。
ご多分に漏れず、某氏がアタックにやってきた。

V700を履き、実測280馬力。
岡山国際サーキットを46秒台で走る状態でアタックに入ったS2000だが・・・
ZⅡ☆で出している自己ベストに0.5秒届かなかった。

タイヤサイズや路面状況などのかみ合わせにも一因がある。
ただ興味深かったのが、同じV700を履いた別のS2乗りが、やはり驚くほどグリップ感が無いと言っていた。
外気温が10℃を下回った当日のコンディションでは、もしかしたらV700の「適正温度」に届かないのかもしれない。

果たして路面なのかタイヤなのか。
比較の一端で、某BRZな先輩にもアタックを依頼。
インジケーターが1本あるかないかのZⅡ☆で、前出のS2から0.5秒落ちのタイムを叩き出した。

コースのあやというかコンディションのあやというか。
この辺りが難しく、そして面白いところなのかもしれないが。


せっかくなので私もアタックをしてみたのだが、3秒ほど遅いタイムに辟易。
ラストにアタックしたNAロードスターとのタイムは微差で、実際にバトルとなっていれば撃沈されていたかもしれない。

しかしこれが今のリアル。
受け止めて前を向こう。
Posted at 2016/12/04 14:57:09 | コメント(0) | トラックバック(0) | 現役ランナー | クルマ
2016年11月25日 イイね!
ここ数年、秋にはディレチャレのタカタラウンドがあった。
そのタイミングで毎回、ブレーキ周りやプラグ、タイヤ、オイル関係と消耗品を一新し備えていたのだが。

賛否両論となってしまったディレチャレ。

当然、一つの目標が無くなった事で消耗品の一新もズレズレに。
ギリギリまで使って最初に音をあげたのはブレーキパッドだった。
今までここまでの差は無かったのだが、不思議とフロントは綺麗に使い切ったのにリアは半分ほど残っている。
リアを上手く使えるようにセットするのはまた次の話として、とりあえずフロントのブレーキ周りを一新した。

次はおそらくタイヤになるだろう。


タイヤといえば、ダンロップは今年はかなりのユーザーを失う結果になったのではないかな?
A052やRE-05D、V700や07RR・・・etc。
次期ハイグリップ戦線の拡大が加速し、毎度のことながら一歩出遅れているダンロップ。
そこにディレチャレという囲い込みが不発となれば、背を向けるユーザーを責める事はできないだろう。


話を戻すが、件のブレーキについて。
明日が雨予報なのもアリで、イレギュラーながらコースへと赴いてきた。
道すがら邪魔にならない程度にブレーキを使って大まかなアタリ着けを行い、コースでグッと熱入れ。
多少の噛みつきや左右の振れが徐々に無くなっていくのはブレーキを育てているようでもあったり。

しかしながら当の乗り手のギクシャク感がなかなか拭えす。

タイヤの心許なさや路面状況への不信といった心の部分もさることながら・・・
細かな挙動に対する処理速度や対応力が鈍っている。


そう、錆びている。


元々、天才肌の乗り手では無い。
走って走って少しづつ何かを掴んでいく。
まずは錆を少しづつ研ぐところから、そして錆びないように鍛錬を。
ブレーキと一緒、自らもしっかり育てていこう。
Posted at 2016/11/26 03:49:45 | コメント(3) | トラックバック(0) | 現役ランナー | クルマ
2016年11月12日 イイね!
もう書くのも面倒になってきた 「 振動問題 」 。

ドラシャを換えて、激震が強震(中振?)程度になった事から、原因はドラシャだろうとアタリはつけたものの・・・
逆にそのドラシャ交換で振動が消えきらないのは、ドラシャ以外にも要因が?と疑心暗鬼に。

ただし第一候補はドラシャなので、再度、違う中古ドラシャにチェンジ!

同時に約2000キロ走行のデフオイルも交換。
デフから抜いたオイルに異常は見られず一安心も交換後は回りが軽くなった。
今、使っているクスコの純正オイルはチャタリングが一気に減る一方・・・
添加剤の影響からか若干の滑り(まろやかな効き具合?)と劣化による交換サイクルの早期化が顕著。

しかし、これで振動問題ともオサラバだ!とコースインしてみると・・・


「やっぱ変わらないよね~」


今回のドラシャ交換前後では、全く振動や動き(デフの効き具合に違和感がある)に差異がない。
違和感が生じる側のリアハブはベアリングを夏前に交換していたので要因となる可能性が低いし、振動以外にデフの効きにも違和感があるので、もしかしたらデフ自体に何かが・・・

この悩みを共有したくて、その場にいたALTEX氏を拉致(笑)
横に乗せてコースインしてみたら、振動もデフの違和感も薄くなった(消えた?)。

氏曰く 「 (コースの)段差を拾ってるんじゃね? 」

薄々思っていたし、自分でもそうであって欲しいと思っていたのだが・・・
●おさんも拉致ってコースインしても、やっぱり一人で走っているときよりも症状が薄い。
確かに症状は路面が悪い一定のコーナーでしか起きにくい。

やっぱり何かがおかしい!と言えなくもないが・・・
2名乗車で重量増なのに症状が薄くなるってのは、もしかしたら交換したバネ ( ハイパコ ) が敏感なのか・・・?

ハイパコが敏感に路面の段差を拾い、それが今まで感じなかった振動に。
タイヤの磨耗が進んでいるので、その段差の振動からタイヤがスリップして効き具合が強くなったように感じたのか?


敏感なのはハイパコで過敏なのは私なのか!?


次の走行時にはリアの減衰を少し固めてみよう。
きっと敏感なハイパコをなだめてくれるハズ・・・。




そして同時進行で懸案中の次期タイヤ問題にも触れておこう。

チューニングフェスタで火を噴いたA052を筆頭に、V700や71Rと新しくファーストグレードのタイヤ群が発生。
ディレチャレに出ないならZⅡ☆を選ぶ理由が薄くなり、そして新進気鋭の07RRも気になる存在に。

今年の最速戦前に投入したZⅡ☆もそろそろお役御免の状況から実はV700と71Rを購入視野に入れていたが・・・
自らの使用頻度や保管状況からこれらのスーパーグリップタイヤには少しだけ不安が残る。
そして振動問題が過敏だった事を裏付けるため、そして細かい仕様変更の確認作業にもう一度ZⅡ☆を履いてみるべきだろうとする思いもある。

新進気鋭の07RRは関東方面ではすでに火がついており・・・
元々ドリフト用に開発されたという点から、ドリフトではこの人!のシロビアさんに助言を求めると、重量増の裏話や実際に使用しているのドリフターの感想を聞くことができた。
そこから個人推察するに 「 かなり横方向のグリップに特化したタイヤ 」 なのではないかな?との希望的観測が強い。

現時点ではZⅡ☆か07RRが有力候補かな。

FM901からのダンロッパーな私。
ぜひZⅢの劇的発売も期待したいが12月中に1度、タカタへ行こうと思っているので上記2品のどちらかで2016年の締めと2017年のスタートを送ることになるのが濃厚。

はてさて、何を履こうか。
Posted at 2016/11/14 19:22:26 | コメント(5) | トラックバック(0) | 現役ランナー | クルマ
2016年11月05日 イイね!
41歳の春だから~♪


と唄ったのがもう1年前になる。
あっという間にバカボンのパパを越えて42歳になりました。

周囲の面々が週末のチューニングフェスタ参戦に沸く中、今日も独りコースへと赴く。
40歳を超えても贅沢な車遊びができる。
家族に、仲間に、環境に感謝。

走り続けてきたことで見えかけてきたもの、そして解らなくなってくるもの。
功罪相半ばする道のりでしたが、まだまだこれから。


続けざまにコースインしてくる若手からも刺激を受けつつ、アクセルを開けていく。
さぁ次の1年も踏み抜いていこう。
Posted at 2016/11/06 15:29:49 | コメント(1) | トラックバック(0) | 現役ランナー | クルマ
2016年10月29日 イイね!
少し時間が空きましたが先週末の事を。



異音・振動問題の対策と細かなモデルチェンジが重なってしまい、ここ最近は毎回何かが少しづつ違う。
今回は運転席側のシート交換に伴い助手席側もフルバケとなって初試乗。

とはいえ数kgの軽量化が解るほどの高度なセンサーは備わっておらず・・・
さらには異音・振動後からペース的には全く 『 乗れ 』 ていないので一切の効果は感じられず。

唯一、自己満足度が上がった程度。

振動も症状は相変わらず。
リンクしてか、たまにデフの効き具合に気持ち悪さが出たりするので、おっかなびっくりが拭えない。


それでもタイヤの摩耗度合に応じたアンダーが出るようになった(笑)
少しは適応しだしているのかな?


そんなモヤモヤした中、某BRZな先輩が久々にタイムアタックに。
結果は残念ながらモヤモヤした感じでしたが、課題がある程度見えているので今後が楽しみ。
そのアタック直後に、自ら単走でコースインしたら久々にハーフスピンをかました。
横乗りでペース乱すなんて下手くそかっ!とも思いつつ、やはりタイヤは摩耗しているのだとも再認識。


当日の〆で最後にコースインしたら、ブレーキのチェックランプが点いたので走行自粛。
おそらくパッドの摩耗でフルードが偏った際に点くのだろうけど、あれやこれやと色々が重なる。



結局、トラブル云々の事の発端である 『 バネの銘柄交換 』 の結果の程はまだ解っていない。
Posted at 2016/11/02 15:33:27 | コメント(0) | トラックバック(0) | 現役ランナー | クルマ
プロフィール
「よし、雨が降る前に洗車完了!」
何シテル?   12/04 11:43
生涯 『現役ランナー』へ向けて。
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
リンク・クリップ
2013 「道場破り」 in TSタカタ サーキット  ドラテク編 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/09/08 02:20:56
真夏のアウェイ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/08/05 13:19:26
ファン
46 人のファンがいます
愛車一覧
ホンダ S2000 ホンダ S2000
長年FCに乗り続けてきましたので、NAもレシプロも、HONDAも初めてです。 S2000 ...
マツダ サバンナRX-7 真っ赤なFC3S (マツダ サバンナRX-7)
平成3年式のGT-Rです。 平成8年12月に購入し、平成24年11月まで本気で走っていま ...
マツダ RX-7 マツダ RX-7
「一生に一度はFDに乗りたい!」ので手に入れた嫁用弐号機(あくまでも初号機はデミオくん) ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.