• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ARIA-Rのブログ一覧

2011年03月31日 イイね!

FUSION WORHS GUNDAM STAND art を買いました。 その4

FUSION WORHS GUNDAM STAND art を買いました。 その4コンビニで見かけたので早速購入しました。

今回のFUSION WORHSのラインナップは、フルアーマーZZガンダム、ユニコーンガンダム、量産型ズゴック、シャア専用ズゴックの4種類です。

とりあえず、ガンダムだけ揃えてみました。

相変わらず、いい出来ですね~600円もするだけはあります。

次は何が出るか楽しみです(^^)
Posted at 2011/03/31 19:46:04 | コメント(8) | トラックバック(0) | 趣味
2011年03月27日 イイね!

完成!その55 MSM-07S  シャア専用ズゴック

完成!その55 MSM-07S  シャア専用ズゴック完成シリーズも再開します。

今回は、シャア専用ズゴックを作りました。

初の水陸両用MSキットで、何時も作っているキットと違い面白い構造で楽しく作れました。

モビルアーマー (MA) を多く開発したMIP社の開発による唯一のMSであり、ツィマッド社のゴッグと同時期に開発に着手した。アッガイの型式番号であるMSM-04は本来なら本機に与えられるはずであったが、先に運用されたゴッグのデータをフィードバックしたためアッガイよりも量産化が遅れ、別の型式番号を与えられた経緯を持つ。だがその高い完成度はジオン公国製MSの中でもトップクラスであり、先行して量産化されていた2機種に代わって水陸両用MSの主力となった。前線からの評価も高く、フラナガン・ブーン大尉は、「ゴッグよりズゴックの方が当てになる」という趣旨の発言をしている。キャリフォルニアベースにおいてゴッグの後期型と同じラインで生産が行われた。名前の由来は、ペルシア語の「蛙から産まれた」である。

ジェネレーターの冷却を水冷式から水冷・空冷式のハイブリッドに変更したことで搭載する冷却水を減らすことに成功し、ゴッグより20tほど軽量化されている。そのパワーは従来のジオン軍MSに比べて「段違い」であった。一方で十分な防御力も確保されており、正面装甲はガンタンクや61式戦車の砲撃にも耐えた。水中では股間部分の水流ジェット推進器で航行し、その速度はゴッグを凌駕する。また背部には熱核ジェットと熱核ロケットを兼ねた推進器を装備し、水中はもとより陸上でも陸戦型ザクIIと同程度といわれる軽快な運動性能を示した。モノアイ・レールは全周ターレットとなり背部の視認性が向上した。

本機には、ジェネレーターの高出力化、機動性の強化、装甲の軽量化などを施したS型 (MSM-07S) も存在し、初期は指揮官用として生産されていたが、一年戦争末期には一般兵向けの量産機も全てS型に生産が移行されている。初期生産S型の中では、赤く塗装されたシャア・アズナブル専用機が有名で、同機はジャブロー攻略戦で活躍した。後に戦場が宇宙に移行したため、宇宙では使用出来ない本機の一部は使い捨て兵器ゼーゴックに改造された。

ちなみにこのキットは3本ネイルと4本ネイル、どちらにも出来ます。

調べてみると、 映画『機動戦士ガンダムII 哀・戦士編』のポスターを描いた大河原邦男氏が、本機のアイアン・ネイルを4本に描いたことに由来する。と書いてあったので、僕は今回4本ネイルにしてみました。<

フォトギャラにシャア専用MSをUPしました~~

Posted at 2011/03/27 20:43:55 | コメント(10) | トラックバック(0) | 趣味
2011年03月26日 イイね!

久々に・・・

久々に・・・お久しぶりです。

今日から、再開したいと思います。相変わらずガンダムネタばかりですが、ヨロシクです。

本屋で見かけたこの本、思わず買っちゃいました(^^)

この漫画は、いまから約30年前にガンダムが放送されていた最中に「冒険王」という雑誌で連載されていたファーストガンダム唯一の漫画版機動戦士ガンダムです。

この作品、一言で言うなら「とんでもガンダム」ですね、色々とツッコミ所が多くてアムロがやたらと熱血野郎でTV版とはまったく性格が違います、シャアも同様、かなりワイルドな性格になっています。

あとはランバ・ラルが雑魚キャラ扱い、シャアがジャブローで乗っているのがズゴックではなくなんとアッガイです、コレは流石に吹いてしまいました(笑)

あとは宇宙にズゴックがいたり、ガンダムを上回る機動性を持つゾックなど・・・かなり凄い作品です。

ガンダムもリアルロボットというより、マジンガーZみたいなスーパーロボットっぽい感じです。



Posted at 2011/03/26 19:52:02 | コメント(14) | トラックバック(0) | 日記
2011年03月07日 イイね!

竹原オフに参加しました~~

竹原オフに参加しました~~昨日は疲れていたのかUPせず寝てしまいました。

昨日とにさん主催の「竹原オフ」に参加しました。

現地集合組の僕はBOSSさんに起こされ、7時に呉を出発~~1時間弱で到着しました。

9時頃とにさんたちと合流して、以前下見した町並み保存地区を散策、今回は願い事を胸に祈りながら地蔵を抱え、想像したより軽ければ願い事が叶うといわれている、「お抱え地蔵 」を持ってみることに。

願い事は・・・秘密です(笑)

その後雨がポツポツ降ってきたので、道の駅で駄弁り、お昼は保存地区の中にあるお好み焼きのお店「ほり川」にて昼食、僕はシーフードのダブルを注文しました。

昼食後は各々帰る準備を始めたので、そこで解散となりました。

参加された皆様、お疲れ様でした~~

とにさんは企画からホントにお疲れ様でした。

また集まりたいですね~~
Posted at 2011/03/07 23:31:37 | コメント(10) | トラックバック(0) | クルマ
2011年03月02日 イイね!

完成!その54 RX-78GP01-Fb ガンダム試作1号機フルバーニアン

完成!その54 RX-78GP01-Fb ガンダム試作1号機フルバーニアン久しぶりの完成シリーズ、今回はガンダム試作1号機を作ってみました。

古いキットですが、スタイルなどは良いですね(^^)

しかし、コアファイターがあるMSは作るのが面倒ですね~~Vガンダムほどではありませんでしたが(^^;)

地球連邦軍の試作型汎用MS。ガンダム試作1号機を宇宙戦仕様に換装・改装したものである。コードネームはガンダムフルバーニアンゼフィランサス(GUNDAM FULL-VERNIAN ZEPHYRANTHES)。

本来ガンダム試作1号機はコア・ファイターの換装と脚部のオプションなどにより重力下仕様から宇宙戦仕様に変更することができるように設計されていた。

開発初期のトライアルプランでは胸部スラスターは片側4基の計8基を設置している。一方、肩部のスラスターユニットは片側2基となっている。バックパックには後の同じくアナハイム社製のEx-Sガンダムへと繋がるジェネレーターを内蔵するタイプのバーニアユニットを2基装備している。そこにビームサーベルとともにムーバブル・フレームで接続されたユニバーサル・ブースト・ポッドには片側3基のスラスターノズルが設置されている。また、脛部にも2基のスラスターが確認されている。

実際に宇宙戦仕様の装備はガンダム試作1号機のロールアウト時には完成していた。しかし本来予定されていたテストを行えないまま、ガンダム試作1号機はデラーズ紛争に投入されシーマ艦隊との戦闘で大破してしまった。機体はアナハイムのフォン・ブラウン工場に搬入され、機体の補修を兼ねて大幅な設計変更を行うことで宇宙戦仕様に改修された。結果、当初予定されていた「宇宙戦仕様」とは大幅に異なる機体となった。この作業はわずか2日で完了し、アナハイムのリバモア工場で運用テストが行われている。

デラーズ紛争後は記録が抹消された影響で、この機体の存在は闇に葬られたが、ガンダムTR-1[ヘイズル]のブースターユニットなどにこの機体の技術が流用されたと言われ、「フルバーニアン」の名を持つガンダムとして、パイロット達の間でその存在が囁かれることとなる。

その圧倒的な加速性はシーマ・ガラハウに「バッタか!?」と絶叫させたほどである。
コア・ファイターの換装により2基のブースター・ポッドはMS時には背部に位置する。当初このポッドは固定される予定だったが、AMBACの作動肢としても利用することとなり、機体の高い運動性能に大きく寄与している。また、重力下仕様ではコア・ファイターのエンジンブロック部にはカバーが設けられていたが、脱出時の障害となる可能性があったため、これを廃している。それに伴い各部の強化が施されている。また、胸部のエアインテークも姿勢制御スラスターに変更されている。普段はカバーで覆われているが、使用時に展開してスラスターが露出し噴射を行う。

肩部アーマーは片側5基の姿勢制御スラスターが設置されたショルダー・バーニア・ポッドに換装されている。このうち先端部の3基は胸部と同様に使用時のみ展開する。また、関節部には耐弾性の向上のため可動アーマーが追加されている。

腰部のフロント、サイドアーマーは重力下仕様に比べ大型化されている。

脚部は機体の損傷が激しかったため、ほぼ全面的に改修が施されている。脛部は推進剤タンクのスペースが設けられ、機体の稼動時間の延長に貢献している。足部には4基のスラスターが設けられたユニットを靴を履くような形で装着する(ウィキより)

ぜひMGかHGUCで、GP04をキット化してほしいものですね。(^^)
Posted at 2011/03/02 21:06:54 | コメント(11) | トラックバック(0) | 趣味

プロフィール

「エフケーテック・ジェイズ祭り!ホットバージョンでお馴染みの魔王号S2000!!」
何シテル?   12/10 11:36
ホンダ車好きで、念願の タイプRオーナーになりました。 コメント返信などは遅くなりますがご了承ください。 車ネタはほぼ皆無です。自分が今ハマってい...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2011/3 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

ファン

17 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
現愛車 ディーラーでカタログを見て、次の日に衝動買いをしてしまいました。(爆) 乗って ...
ホンダ ズーマー ホンダ ズーマー
セカンドマシン「ズーマー」です。 シビックで行けないところはこいつが活躍します。 大 ...
ホンダ オデッセイ ホンダ オデッセイ
アブソルートを購入。 乗り心地もよくエンジンもパワフルでした。コイツには二年半乗りました ...
ホンダ フィット ホンダ フィット
初めてのクルマ。 非力だったけど楽しかった三年乗って下取りへ。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる