• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Masa@IS Fのブログ一覧

2017年05月18日 イイね!

春は出会いと別れの季節

皆さままたまたお久しぶりです。いちおう生存報告です。

タイトルの件ですが、まず

私事ですが、4月に転職いたしました!

会社から借りていたキャディは綺麗にしてお返ししました。。。
※ボコボコなのは最初から中古品な為です。私が多少イワした部分もあるかも(笑)

ちょうど7年間自動車ディーラーでコツコツと整備士をしておりましたが、この度思い切って
別の業種にチャレンジしております。
いやぁ、7年間+専門学校の2年間を捨てるのはかなりの時間悩みましたが、どうでしょう
少なくとも3年以上は考えましたかね?起きている時はもちろん、夢の中でも結構考えて
いた気がします。

ちょうど転職から1カ月ほど経ちましたが、今の手応えとしては
☆転職して良かった!☆

その一言につきます。仕事はたくさんあって忙しい職場にはなりますが、体力的には勿論、
精神的にもかなり余裕が出来てきてプライベートでも色々と始めようかと思案中です。



そして、カーライフの方ですが、こちらも大きく変わりました。
まず、ヴィッツGRMN降りました。


最後の別れの時の写真です。
転職が決まる前から、今後のGRMNの扱いをどうしようかとも悩んでいましたが、
この車は整備士であった私の象徴みたいな車なので、色んな思い出とかが蘇ってきて
清々しい気持ちで楽しく運転できなくなってしまいました。
車が悪い訳では無かったのですが、あの仕事をしていなければ乗ることもなかった車。
自動車整備という仕事によって出会い、そしてその仕事により別れが来ました。

っとその前に最後のメンテナンスを色々。

ブレーキパッドとローターがすぐズルズルになるのは仕様です。
とはいえ、新しいオーナーの元に嫁ぐには少し頼りないブレーキ。
ホントはブレーキパッドも変えたかったのですけども、相変わらず取り寄せがめんどくさい上に
時間がかかるので諦めました。


新品のローター、アライメントは純正相当に戻し、ロングハブボルトスペーサー類も純正へ。
不慣れなドライバーでは乗りづらいであろう機械式LSDもデフオイルをブレンドして極力引きずり
は少なく乗りやすいセッティングにし直しました。

今のところ次のオーナー様は決まっていないようですが、どんな方が乗るのでしょうか?
楽しみですね。


そして、私のニューマシンですが、免許取得から10年が経ち、そろそろ落ち着いた車が欲しくなり、
人生初のFR、セダン、AT、V8エンジンと大幅にキャラクター変更したものになりました。



5.0リッターV8、IS Fです。

純正とは思えないエキゾーストノート。エンジンを掛ける度にテンションが上がります。


この車を維持していく為に車通勤を辞め、電車通勤になりました。
基本IS Fは土日の休日専用マシンになりました。
GRMNの時から感じていましたが、車通勤ほど無駄なものはないなと。
渋滞にはまりハイオクが無駄になり、エンジンオイルが汚れ、タイヤが減り、走行距離が伸びる。
そして何よりせっかくの愛車なのに朝の憂鬱な気分での運転。
車通勤を辞めたら車の有難みというか、新鮮味というか、そんなものが戻ってきました。
もちろん車が素晴らしいというのもありますが。


そんなこんなで仕事もカーライフも、新しい人生が始まったばかりです。
Posted at 2017/05/18 22:52:31 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記
2016年06月13日 イイね!

最近の出来事。

最近の出来事。またまたお久しぶりです。

まずは突然ですが、入院してます(笑)
尿管結石です。3/31に突然激痛に襲われ、倒れて人生初の救急車でした。
今回で3度目の入院&破砕手術です。
最初、腎臓内にあった15mmの石は前回で5mm程まで砕かれ、今回で木っ端微塵のはず!(希望的憶測)
1年以上も苦しめられてきた背中の痛み、腰痛の原因がまさか結石による内臓からの関連痛なんて思いもしませんでした。
原因不明の体調不良、尋常じゃなく疲れやすいのも結石と関連がありそうな感じで、一緒に治ると良いのですが。

さて、車の方ですが、何があったっけな…

まず、作手のALTバッジ獲得しました!
4点式シートベルトを装着し、気合い入れて望みましたが、あと1歩ベスト更新には至らず。
30.947でした。



こうやって観てみると、やっぱり走りにキレがない。なんだか車を振り回しているというよりは、車に振り回されているような。
ちなみにバッジの方はまだ取りに行ってはないです(笑)


それから、3/31をもって営業終了したYZサーキットとお別れ。
YZは人生初のサーキットデビューの場でした。が、コースがかなりリスキーで、素人には色々と難有りなので、それ以降ほぼ行くことはなく…。
久しぶりに行ったらコースのコンクリが地割れみたいになっていたりボロボロで、より難易度の高いコースに。
それでも初代RSの頃とは次元の違う、シャシ性能、特にブレーキの安心感で、とても楽しく走れました!




ちなみに前を走るS2000は友人。頑張ったけど、S2000にはコンマ1秒負け、40.009
まぁ、あっちはスポーツカーだし?こっちはヴィッツだし?花を持たせてやるよ!(負け惜しみ)

そんなことをしていたら前々から気になっていたブレーキペダル周りの異音が悪化して、本気で原因究明することになり、無事に完治させることに成功しました(詳細はパーツレビューで)


そして、本来のブレーキ性能が復活したヴィッツで、久しぶりにスパ西浦へ行きました。
西浦はLSD交換後、初走行。もともと比較的VSCが悪さをしない西浦だったので、機械式LSDを入れたからと言って、劇的変化感はあまりなく。
けど、それでもベストラップを2秒ほど縮めての1'04.988
シケインの所とかで縁石に乗ったときのTRC作動でモタつきがなくなったおかげでストレスなく走れます。

逆に言えばTRCのモタつきがなく、それこそVSC残したままTRCを切れるような仕様であれば、ヘリカルLSDでも良い走りを純正でできたんじゃないかと思うところです。
何度かプロドライバーの運転するGRMNの助手席に乗せていただきましたが、あの方々ってすぐVSC切っちゃって、ターンインこそ鋭い突っ込みで驚かされますが、コーナー出口で失速&ドアンダーで曲がらない。エンジンだけレブっててカッコ悪い。なんてプロの方は愚痴ったりしませんが、そんな空気を感じますよね。。
作手ではプログラムの不具合かなと思うレベルの誤作動っぷりですが、最終的に改良はされないっぽいので諦めて機械式LSDを入れた次第です。

ちなみに西浦の最新の車載動画はドラレコ不調で映像が消えました。

そして、あらたなトラブル。西浦の1コーナーで4→3速にギアが入りにくくなりました。
3速に入らないというか、3速の場所に3速がいなくなり、5速に入ってしまいます。
なので、フルブレーキング中、4速からシフトダウンする時は1速方向に入れないと3速にならず。
でも下手したら4速→1速に入って車壊しますよね。

おそらくエンジン&ミッションマウントのヘタリによる感じですが、ただ新品を付けるだけでは面白くないので、対策品を試作テスト中です。
Posted at 2016/06/13 22:20:38 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2015年12月28日 イイね!

ヴィッツGRMN 機械式LSD装着 そして?

ヴィッツGRMN 機械式LSD装着 そして?お久しぶりです。最近仕事にとても疲れているMasaです。

ここ数か月、車は色々ありましたが、一番大きな出来事はLSDが
純正ヘリカルからクスコの機械式1wayになりました。
元々GRMNはNAヴィッツに比べると大きなヘリカルLSDが付いて
いる車両ですが、それもVSCが良い仕事をしてこそのヘリカル
です。作手では過剰にスロットルが閉じられ気持ち良く
走れません。
それどころか交差点の右折の時に少しでもタイヤがズルっと
なるとTRCが過剰介入。
TGRF2015のミーティングの時にも他のオーナーさんが指摘されていましたが。
初めて右折の時になった時は、自分は早く右折したいのに車がモタついて全然動かないので、
連続クラッチ蹴りで脱出。それからは50km/h以下では常にTRCオフにしてました。それでも50km/h
を越えると勝手にオンになってしまうので、その度にVSCスイッチをポチポチ。

慣れてきて気づいたら、ギヤを4→3→2速とヒール&トゥしながらブラインドタッチでTRCを切るような
ことを無意識にするように。それでもVSCはオンだとステージによってはモタついてNAのFIT3にも
置いていかれる。VSCを切ればトラクションがかからない。

結果、純正ヘリカルを捨てて、VSCは諦めてクスコの機械式になりました。

ワインディングは驚くほど速い!素のターボエンジンのパワーを右足で自由にコントロール
できるので、今までどれだけパワーを無駄に(封印)していたか知ることになりました。

街乗りでは旋回しながらアクセルオンするとハンドルがセンターに向かって凄い勢いで戻るので、
交差点はデフと相談しながらゆっくりとアクセルを開けています。最初はビビりましたが、1週間も
乗ると慣れてきて、こんなもんかなという感じです。あまりデフを効かさないように乗らないので
あればそれなりの腕力が必要ですね。NA用の機械式と比べても明らかに戻り方が豪快です。

そして、問題のサーキットですが、シェイクダウンではビックリのタイムが全く変わらず!
ワインディングでは明らかに速いのに、限界領域で走るサーキットではヘリカルと同じっていう。

まず原因の一つ目が慣れの問題。機械式に慣れていないっていうのと、乗り方を変えようと
しているのに無意識に今までの走行ライン、走り方に戻ってしまい、最終的にタイムが同じ
になる。

そしてもう一つの大きな問題。テクニックの問題です。こんなに作手を回数走っているのに
センスが無いのもあって、1~2コーナーがとっても下手。終始アンダーステア。
それがヘリカルの時は何となくダマしダマし走ってきましたが、機械式を入れるとフロント2輪が
横滑り&縦滑りで完全にコーナリングフォースを失って超絶アンダー!
LSDによって下手さが露呈し、遅いっていう事態に。

そんな時、悪気無く言われた
「そこまで速くないし、GRMNなんて買うより100万で改造した方が速かったんじゃないの?」
少しその言葉にイラっとしましたが、実際上手く速く走れない自分にもっとイライラしている
自分があり…。

「んなら、もっと速く走ってやるよ!純正脚で!純正ボディで!軽量化無しで!」
と一人、心に決めました。

とは言いつつも、GRMNは車体が重い!作手のトップ2台は初代ヴィッツNAで車重940kgから!
作手3位の3代目ヴィッツNAも1020kg。それに対しGRMNはカタログ1070kg(実測1080kg)
直線が短いミニサーキットではパワーが役に立たず、逆にターボ化の車重増が足を引っ張る
のかヴィッツターボは上位に入っていない(そもそもレアなのもありますが)

そして1~2コーナーのアンダーステア克服と、コース全体のLSDとターボを活かした走りの
見直しの特訓を始めました。
アクセルを踏めるタイミングを早くするドライビングを詰めていき、なんとか31秒代に入り
ベスト8ぐらいの位置に。

まだまだ。

これでは闇雲に試しても答えは遠いなと、あらためてYouTubeを散策。ヴィッツはもちろん、
スイフト、シビックなどなどのFFハッチバック車の走りを研究。イメトレ。

そして先月の走行のラスト5分で、何かが見えてきた?

31.412!ベスト3!




そして先日、その“見えてきた何か”を実践しながらのタイムアタック!



念願の1位、ヴィッツが新たな領域の30秒台に突入することができました!

コーラが上手い!



とりあえずこれで目標の一区切りになりました。今後は他のサーキットをメインに走りつつ、
ときおり作手で実力テストをしながら腕を磨いていきたいと思います。

っと言いながら年明け早々、初めてのALTバッジにチャレンジしてみようかと企んでいますが(笑)

あっ、オンボード映像は音声がなぜかオフになっていたので無しですorz
ALTバッジ取れたら、その時にでも。
Posted at 2015/12/29 00:51:23 | コメント(4) | トラックバック(0) | 日記
2015年07月22日 イイね!

【レビュー】トヨタが作ったチューンド・ヴィッツ

【レビュー】トヨタが作ったチューンド・ヴィッツ あの真面目で、味気なくて、つまらないトヨタがこんなマニアックな車を出したことに評価
できますが、ベース車の出来と値段の設定がおすすめ度の足を引っ張っています。
 確かに“ベースのヴィッツ+改造費”を考えれば270万円は安いのかもしれませんが、
新車の価値は“ベース+改造費”ではありません。「売れないからー」「限定車にしないとー」
言い訳を並べればキリがないのでしょうけど、こういう売れない空気を作ったのはトヨタ自身。
ヴィッツも3代目になり「無駄に高いだけのヴィッツにもう特に選ぶ価値はない」と言われるような
車を作ったツケです。
 コルトVRを作ったミツビシなら、スイフトスポーツを作るスズキなら、フィットRSを作るホンダなら、
もっと効率良く楽しい車が作れると思います。

 もしも仮におすすめ度を☆4になるとしたら、内装周りは130系後期G'sの仕様に準拠し、
メーターは液晶付きをベースに最低でも水温計を搭載。
これでだいぶと見栄えも良くなると思います。

 そして、もしも仮におすすめ度を☆5になるとしたら、さらに楽しさの演出があればと思います。
カタログにある通り、確かに“気持ち良い”ですが、楽しいと思えるほどの刺激は不足気味。
特にサウンド面では、静かすぎる吸排気音、冴えないタービン音。ホンダのようにブローオフ音
を聞かせて下さいよと。

 そんなこんなで“次回に期待”の厳しめの☆3つ。ベース車は一体☆いくつなんだって話ですが。
改造費がかかるなら、ベースの車をもっと本気で作れば良いじゃないですか?
 GRMNの車づくりが量産車にどこまで生かされていくのか?それによって今後トヨタが面白く
なっていくのか、それともつまらないままなのか、命運がかかっています。
Posted at 2015/07/22 23:26:13 | コメント(0) | ヴィッツGRMN レビュー | クルマレビュー
2015年07月21日 イイね!

GRMN Fブレーキパッド&ローター交換

1年前にフロントパッドを交換し、次回は社外品にしてみようかな?
と思いつつ、早一年。
先日、またフロントパッドが3.0mmになってしまったので純正品で交換。

今回はローターもかなり傷んでいるので交換しました。




古パッドと古ローター。




このローターの減りっぷり。アベンシスの高摩擦パッドなんて、優しいもんですね!

新品の厚み 22.0mm
計測値 20.0mm
限度値 19.0mm

あれ?厚み的にはまだいける感じ?
でもパッドで言ったら限度は1.0mm。そこまでギリギリまで使うのは危険です。




新車の時こんなんだっけ?というぐらい新品の状態にピンと来ません(笑)
まだ納車から2年経ってないはずなんですけどね。
そういえば磨耗が早すぎて納車前の構内移動でホイール汚れてましたっけ?



組んでみてもピンと来ません。

ついでに今回、邪魔くさいアンチスキールシムは撤去しました。
漢のブレーキにそんなもの必要ありません。
ブレーキ鳴き音がランエボみたいな音に変わりました(笑)
ペダルタッチも少しカッチリ寄りに変化。

さらにブレーキフルードも交換。これも2度目ですね。もちろん純正です。

まだ鳴らし中ですが、ブレーキがリフレッシュされると気分が良いですね。



そんなこんなで明日から3日間、2号機は愛知県で入院です。
代車は何かなー?

プロフィール

「近所の黒のISF最近見なくなったな。。と思ってたら、黒のGSFになってた!カッコ良い!」
何シテル?   07/29 16:11
免許を取ってからNCP13ヴィッツRSと、限定車のNCP131ヴィッツGRMNターボとマニュアル車が10年続き、そして現在のIS-Fで初のAT車になります。 ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/8 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

ファン

50 人のファンがいます

愛車一覧

レクサス IS-F レクサス IS-F
10代の頃からの憧れの車。 エンジンを掛けた瞬間、アイドリングの瞬間、アクセルを踏み始 ...
トヨタ ヴィッツ 2号機 (トヨタ ヴィッツ)
全国200台限定ヴィッツターボです。 ベース車ヴィッツRSからの変更点 〇メカニズム ...
トヨタ ヴィッツ 1号機 (トヨタ ヴィッツ)
初めての愛車ヴィッツRSです。 高校の時ずっと貯めてたバイト代で買いました。 乗れば乗 ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2009年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2008年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.