車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年02月20日 イイね!
滋賀県名産「とびた」
純正品ではない感じですがどうなんでしょう?
道路の飛び出し注意の人型看板「とびた」
この系ですね。

山間のとある集落、PTA版とのことでオバちゃんになってましたw
Posted at 2017/02/20 16:04:43 | コメント(1) | トラックバック(0) | 地域・鉄道・都市交通 | 旅行/地域
2017年02月18日 イイね!
古いパトカーが
かなりレア車ですねw
検査予備車かなんかでしょうか。
この型は普段見なくなりましたがまだ残ってたみたい。

獲物物色中か、右へ左へ制限+10ほどで走り去ってゆきました。




そういえばレアと言えば、車体はレアじゃないけど以前の写真。



愛媛県警in京都市

警備応援でよく見るんで京都では別にレアじゃないですけどw



帰り道の商店街。

交差点なんですけど何これ?



大型曲がれません。

左側のも路駐です。
人が乗っててブレーキずっと踏んだままでした。

対面で停める奴、結構いますよねえ・・・


Posted at 2017/02/18 22:03:42 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記 出来事 | 日記
2017年02月09日 イイね!
[EG4再生への道3]05-俺らのシビックは生かす・生かされるシビック
3度目の再生が決まった俺のEGシビック。
新たなオーナーの元で試行錯誤の改造が始まっている。

このシビック、というか我がシビックの仲間のシビックはすべて乗り手だけが支えてきたものではない。




http://minkara.carview.co.jp/userid/434586/car/621298/profile.aspx


以前、EGシビックの維持について異論を言ってた人がいるらしい。

実はEGのこれまでの投資はアホかというほどの巨額修繕費。
その言ってた人はそんなこと知らない。
教えてない。

あの車のことはわかる人にしかわからないし、わからなさそうな人には最初から多くを俺は話さない。

それにその人に言っていた様々なことは、別の観点から俺らのコンセプトを何気にわかってもらうべく、これから俺らの世界でシビックと付き合うならばとあえて言ってたこと。

結果、やはり主旨がわからずその行間を読めなかったようで、何かと一方的に異論を唱えていた。
それはそれでその人の価値観で俺らの価値観でないので仕方ない。
それぞれの車との付き合い方ってのがある。


あえて言うとあのEGシビック、というかあのEGシビックの仲間のシビックはどれも関わった人の互いの持ちつ持たれつな助け合いで生かされた車ばかり。

その人は残念ながら助けてもらってただけの人。関わる相手をその人から助けることは最後までなかった。


俺らは古いシビックは互いに助け合って互いのシビックを生かしてきた。

あれだけ古くなると金積むだけではどうにもならない。金積んで直すだけでは維持できない。

だから昔から仲間同士で相互のやりとりを当たり前のようにやってきた。


自分の車は相手から大事に思われ、相手の車も自分にとっても大事に思う。

そう思えるから自然な流れでお互いのEGシビックに困ったことがあったら自然に手が出たわけ。


相手のシビックに問題が起きたら頼まれなくても調べてアドバイスした。

楽しみのツーリング、山奥の現地で困りごとを話したら全員が工具持ってきていきなり分解工事始めた。
(もっともそのオーナーが女の子だったってこともあって下心丸見えな奴もいたがww)

部品が手に入らないとつぶやけば頼んでなくても使ってくれと互いにやってた。

壊れたと知ると先を急ぐにもかかわらず牽引のために時間かけて駆け付けた/駆けつけてもらった。


そうやって仲間のシビックはそれぞれの人の生活の中で限界まで生かされていったわけ。




基本的に富士山背景にやることではないw
緊急修理は自然に全員参加だったw


俺のEGシビックもそんなメンバーの一人に最高の危機に面した時に「居場所」を与えてもらって25年も生きている。


もちろん助けてくれた人もしくは助けてくれている人に俺から十分な恩返しができているかといえばまだ不十分。
だけど自分の得意な分野、できることでせめてと思い関わってきている。


いちいちメンバーの誰も、他人に誰から世話になってるとか言わないから誰がどうしてるかわかるはずはない。
むしろ世話しっぱなしだよとか言って適当に流すことが多いみたい。


こういう価値観の世界を理解できなければ、あの車は希少だから改造なんて!などとなる。
しかしそうではない。そういう価値観で支え合って来た人だからこそ、生かすための改造は理解できるようになる。
コレクション的観点であの車を見ると反対意見はもっともだろうけど、あの車はコレクションされて走ってきた車ではなくて、仲間みんなと暮らして来た車なわけ。



仲間のシビック同様、自己の管理限界値を過ぎようとしている今、最終的に居場所だけでなくオーナーという過去最高の助けまで出して来たEG仲間の時期オーナー。

これからは元自分の車を自分の車のように思って他人の車を助けられるかどうかということになるw


ここまでの関係がそれぞれの愛車EGシビックにあるってのは、みんなの車なかなかいい持ち方、できた結果じゃないですかね。だから長く乗って来れたって。


Posted at 2017/02/09 23:31:20 | コメント(1) | トラックバック(0) | EG4再生への道3 | クルマ
2017年02月09日 イイね!

アホか、マゾか、変態か、よほどの物好きでないと、もしくはそういった覚悟がないと乗れんw

古くなったら絶対壊れるもの。それ機械。

壊れた時は半端でない修繕費がかかる。

それを云々言って「もう降りる」とか思うなら乗り切れないw


壊れて巨額の修繕費がかかるのは当然のステータス。

もちろんその時々のやむを得ないどうしようもならない台所事情もあるだろうけど、とことん可能性の限界まで対策を考えてみる覚悟がなければ本当にその車が好きだって乗れないと思うんね。

諦めが肝心とか言われながら、しぶとくしつこく何とかしたいって暇人のごとく思い続けること、これがあって初めて解決の道がわずかでも見えてくるし、思わぬ助っ人も出てくる。


普通に考えたら新車が買えるだけの投資を修繕に充ててるのってアホだし変態。
それどころか壊れてもそれを自虐的にブログに書くなんてマゾ以外の何でもない。

だけどそこまでその車に価値を持ってるって証明で、そういうステータスを経ていろんな対応策を自然に身に付けてる。
だからさらにその車を延命できるという好循環。


そういう諸々の経緯を整理すると修繕などに多額の費用を要しているように一見見えても、意外にも新車や程度のいい中古を買いつなぐのと同様の対価価値は得られていることにも気づくもの。

人脈、ノウハウ、それらを金額に換算するとそれなりになってくる。
本業にもしもそれが応用できたらそれこそ対価価値は上がってくる。
営業してる人が客のマイカーの故障の雑談に対して何気にアドバイスできて、その客が喜んでくれたとすればそれはそれで大きな営業チャンスにもなる。(体験談)

そう思うと壊れて直し続けても変な納得感が生まれてくるわけで・・・


そこまで一つの個体にこだわるのはその人の性格もあるし考え方はいろいろ。

でもこれら古い車に乗っていて修繕費が莫大にかかるなと思い始めたら、そういうふうに考えを振替えてみるのもおもしろいかもしれないなぁ。


別に俺は自分の車にそんなめんどくさいこと考えながら接してなかったりww

単にその車が好きだから壊れても言い訳せずにさっさと費用組んでできるところから直すだけ。
もちろんその車ごとに付き合い方が異なるからすべてがそれじゃないけどレビンはそれ。

それを続けてるから22年目の夏をまもなく迎える。


Posted at 2017/02/09 22:53:34 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記 思いごと | 日記
2017年02月08日 イイね!
鉄道、風景ジオラマの製作 まとめ後編
駅周辺部の第1ユニットに続いて山部の第2ユニット後編です。

正直、作るべきではなかったと後悔してます。

極めてメンドクサイ!!





これ、いいなと思っていただいた方で作ってくれと言われても絶対作りません。

それくらいめんどくさかったです。


使用した木は115本
すべて自作品。

最初は60本の設計でしたが作り込むうちに必要になり・・・

仕様は前編を参照ください。


では作り方のまとめ。


21.山の形状を廃段ボールで成形します

今回も酒の空き箱。約2mm厚のボール紙を組み合わせてゆきます。
山の斜面に峠道、鉄道線路、斜面の畑などを作りますので、極めて地形が複雑になります。

線路と道路の部分を先に組んでゆきます。
支える柱はかなり手抜き工事ですが、全体ができると支え合って頑丈になるので構いません。



線路はカーブなので傾斜を付けます。

22.段ボール表面に雑紙を貼りつけて覆います

今回は土の面が多いため紙粘土がひび割れすると良くない上、面積が広いので、水分を含んで大きく歪むと全体のバランスが崩れる可能性があるため、段ボールでくみ上げた後に雑紙をボンドで張り付けて表面を覆っています。

これによって水分を含ませた紙粘土を塗っても部分的にひび割れたり歪むことが防げます。



23.各色にブレンドした紙粘土を塗りつけてゆきます

山が多いため茶色一色ではなく、黒や白を分量変えながらブレンドし、ランダムに紙粘土を塗りつけてゆきます。

綺麗に混ぜるのではなく適当に放り込む感じです。
粘土のままでは汚い色になりますが、表面を水に浸した絵筆で慣らす段階で色が適度に混ざり、良い感じのグラデーションとなります。

また、斜面を削った部分などは岩が露出していたり、雨水で浸食されていることが多いので、放置して固まってしまった紙粘土などをそのまま埋め込んでしまいます。
これを同様に絵筆で慣らすことで自然な山肌が表現できます。



灰色の部分は峠道と線路脇のコンクリート擁壁です。
擁壁は仕上げで風雨による劣化感を色水を塗布して表現します。

24.線路部分にバラストを敷きます

線路は市販のバラストを撒いて、上から木工ボンドを水に溶いた液を掛けて固定します。
今回は軌道敷も紙粘土を塗っていたので、紙粘土を水筆で溶かしてこれにボンドを混ぜ、バラストを固定しました。

山間部の線路ですので、下草も緑色のパウダーやスポンジのカスを使って表現します。

25.果樹園の土を撒きます

果樹園の場合は落ちた不要な実や落葉が腐葉土となって堆積しています。
なので、紅茶殻で茶色の土、コーヒー殻でこげ茶の石や土、茶殻で落ち葉などを表現します。
色合いを見ながらブレンドしてゆきます。
また木の製作で出たスポンジカスも適度に撒いておきます。



26.線路脇の斜面に草や木を配置します

盛り土になった軌道敷脇をスポンジなどを使って表現してゆきます。



27.果樹園に果樹を植えます

南天の実の落ちた部分を一般の木は隠しますが、ちょうど丸まっているのでここに絵の具などで色付けして果実を表現します。

枝の広がった部分を使って果樹を作ってゆきます。



木の根元は下草のために緑のパウダーなどを適度に掛けてゆきます。
出来上がったら最後にバラストと同様にボンド液をかけて固定します。

何となく雰囲気出てきました。

28.トンネル上部などの山林を製作します

ここからが大変です。100本近くの木を植えてゆきます。

スギ林、ヒノキ山、雑木林などによって下草などが異なります。
日当たり、勾配によって土のブレンド、緑のパウダー、スポンジなどのバランスを考えて山林の中を表現してゆきます。



紙粘土で岩を表現した部分は土を撒かずに露出させておきます。

何となくこんな感じではないでしょうか。

29.トンネル坑口付近を細かく表現します

トンネル付近は山の斜面に工事された跡が自然な感じに戻ってゆきます。
元からある山の木と、工事後に育った木々の違い、土の浸食や露出を加えます。



30.峠道、スギ林などを製作します

日照の届くところは下草が茂ります。
路肩は崩れてきた山土が被さります。
路肩が崩れて歪んできたガードレールや道路標識などを細工して峠道っぽさを表現してゆきます。



杉林は間引きした伐採木が倒れたままになっていることが多いので、こういう部分も不要になった南天枝を切って寝かせておきます。



ユニット連結すると連結部分にどうしても隙間が生じますので、ここにはスポンジで草を厚めに付けておき隙間が解りにくくします。



峠道の上部から見るとこのような感じ。
峠上部の切通から果樹園を左に見ながら急こう配で駅前まで下ってゆきます。



カーブミラーなどの小道具も設置。

上方からの全体像。



鉄道倉庫は古びた感を出すために色違いの青絵の具で2層瓦屋根を塗った後に濡れたぺーパータオルで拭きとって下地の色を所々浮き出させています。
壁面も絵具厚塗りです。

山は岩の横、人工林、天然林、道路脇、果樹園、トンネルの山、工事個所、切通とそれぞれに分けて生えている木の種類や樹齢を変えてコントラストに変化を付けています。



ということで極めてメンドクサイ工作でした。

ジオラマ製作が趣味な方で真似てみたい方は勧めませんがご参考に。


Posted at 2017/02/08 17:44:20 | コメント(0) | トラックバック(0) | 趣味 コレクション | 趣味
プロフィール
「ノーマルのDC2R前にいたので見とれてたら誤走。先の集落で一方循環して戻る遠回り。ま、田んぼに落ちるよりマシ。」
何シテル?   02/20 19:30
●居住歴 東京都、茨城県、静岡県、滋賀県、Chichester, West Sussex, UK 何かと各地走り尽くしています。 ●車歴 テンロ...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/2 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
リンク・クリップ
あの日一緒だったシビック 尋ね人 
カテゴリ:おたずね
2011/10/01 01:31:04
奪還!法律は知ってるもんのためにあるもんや! 
カテゴリ:EGシビ廃車から奪還のボケ記録
2011/10/01 01:29:54
価値観の問題とは思うが客観的に見て馬鹿な話w 
カテゴリ:EGシビ廃車から奪還のボケ記録
2011/10/01 01:26:57
お友達
いきなりのお誘いは断らせていただきます。何度かやり取りの上で。
こちらからお誘いすることは滅多にありません。
方向性、価値感の一致する方はお気軽に。

公道暴走や車を違法改造されている方はお断りしています
34 人のお友達がいます
とりつきいとりつきい * どすんどすん
たぽたぽ もちや。。もちや。。
林道茶会首席参謀林道茶会首席参謀 しーちゃん@名前を変えました(汗)しーちゃん@名前を変えました(汗)
ファン
34 人のファンがいます
愛車一覧
ホンダ シビック 凌栄 通称:ぽん子 (ホンダ シビック)
【最終更新】2017.2.1 ★こんな写真ですが、平成29年1月現在、まだ存在している ...
ホンダ シビック 穂津 (ホンダ シビック)
引き継いだばかりの車でしたが、都合で手放すことになりました。 前オーナーの意思を実現す ...
トヨタ カローラレビン 駿海 (トヨタ カローラレビン)
最初に乗った車。学生時代に4年間。 新製で配備され東海関東エリアを走り巡りました。 全 ...
メルセデス・ベンツ Cクラス セダン メルセデス・ベンツ Cクラス セダン
2013年 新製導入 2016年5月 管理転属 2016年6月 他へ移籍 1度だけ運転 ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.