車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年01月22日 イイね!
いちご狩りにC63撮影にドライブ昨日は、家族でイチゴ狩りにいった。
季節を感じれることは良いことだ!!!
子供は毎日イチゴを食べているので、食べているものがどのように生っているか知って欲しかった。



夜は早く寝てくれたので久々にイタリア街を覗いてみた。
イタリア街を知ったのは10年ほど前、社会人となりランチにデートで行っていたころからだ。
そのころは、夜も車1台も停まっておらず、夜のドライブにも使えた。

今は撮影場所のメッカとなり、公園の中は入れず、警察も巡回・・・
随分と環境は変わった。

私も撮影好きの一人なので、爆音や大騒ぎしなければ撮影は許してもらえると思っているが。。。
最近は、撮影終えた車を置きっぱなしで、大勢で話しているグループが多い。
話すなら、みなさん車を移動させればいいのにと思う。。。

今日も撮りたい場所には運転手不在の車が駐車・・・グループで話しており、移動されることはなかった。

なので、車の停まっていない場所で撮影して、さっさと帰った。

お互い、背景に入らないか・・・
次にここで撮影したいのでは・・・
と周りの方のことを考えるのが大事だと思う。

てなことで数枚だけ・・・













思ったように撮影できなかったが、C63を運転する楽しみは変わらずなので、都内を巡回した。

アライメントとギアボックスの調整で本当に気持ちの良いハンドリングだ!!

C63は、通常の速度で走るだけでも面白い!

E55はESPを切っていなくてもお尻を振る暴力的な加速をするが、安定していて怖いものはない。しかしC63はそのような加速はないものの、3000回転から上によく回る高回転ユニットのM156が気持ちよくしてくれる。

ステアリングを動かすと、思い通りに気持ちよくノーズを振ってくれ

路面の悪い道ではKWのサスペンションが一発吸収

コーナーでは、自分好みに減衰調整されたKWver3が踏ん張ってくれる

人がいない場所では、ハイブリッドシステムのIPEのマフラーバルブをOPENにして、シフトダウンでブリッピング!!を楽しめ

撮影しなくても十分に楽しんで自宅へ帰った。

こんなC63大好きな自分ですが

こんなTシャツは着ていませんので!!!笑

Posted at 2017/01/22 09:22:33 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年01月18日 イイね!
素人にはミッションの仕組みがわかりませぬさぁて、この写真はなんでしょう??ƪ(˘⌣˘)

先日、ググっていると気になる記事を目にした(*⁰▿⁰*)
車業界では、DCTからトルコンに戻していっているとの記事だ。
え?こんなDCTが復旧している今なぜトルコンに戻る?(・・?)って思った自分でした。

トルコン戻りの理由は、DCTはATより吹け上がりが良く、MTよりもスムーズであるという高評価も得ている一方で、擬似クリープなど機能はあっても、やはりトルコンのように滑らかではない、状況によってギクシャクする、渋滞登りで変な動きをする、大都市の富裕層をターゲットにした高級車としては、極めて厳しい評価になったようです。
確かに高級車だと少しでもガタガタするとイヤだという人は多いかもしれないですね。
ダイレクト感と燃費向上というメリットだったDCTですが、トルコンAT8速や9速がでてきている今は燃費ではDCTと差異がないようです。
高級車だけ、トルコンに戻るのかしら・・・
まぁ、どーなるか分かりませんね!✌︎('ω')✌︎

ただ、自分の率直なDCTの感想は、友人のアウディーやポルシェに乗せてもらうことがあるのですが、S-tronicやPDKはすごーく良くできていて、考えられないようなシフトスピードで驚くんですよね。やはりトルコンとは全然スピードが違う、滑りもなくダイレクト感ある。シフトアップのクラッチ繋がる時もバフンっ!!という排気音、DCT最高(๑˃̵ᴗ˂̵)って思っちゃいます。
初期のゴルフ5とかのDSGは排気量も小さい割りに、コストを削減した乾式クラッチではなく湿式だった記憶があるので良いですよね( ̄▽ ̄)

別の日、とある中古車屋さんの試乗レポートというYouTubeで現行のC63Sのエディション1のものがあったので見ていました。
そのレポートでは、このC63SはDCTから更に進化したMCTなので、デュアル(二個)からマルチ(複数)になったから、更にシフトスピードが速いとおっしゃってました。
メカのことはど素人の自分ですが、DCTはギアボックスが奇数、偶数の2つに分かれていて、二個のクラッチが交互に繋いでいくように記憶していたので、マルチが複数!?って意味?!ギアボックスが何個もあるのだろうか?またクラッチも複数あるのだろうか?その場合ミッションは大きくなりそうだし??と疑問が残りました。

調べてみると204のC63後期からトルコンからAMGスピードシフトに変わっているのですが、これがMCTというんですね!

以下メルセデスベンツHPから参照
トルクコンバーターの代わりに湿式多板クラッチを使用することで、さらに高性能化。ダイレクト感のある素早いシフトチェンジと高い伝達効率を実現しました。シフトダウン時の自動ブリッピング機能やレーススタート機能によってダイナミックな走りも愉しめます。さらに、走りの好みに合わせて自由に選べる4つのシフトモードを設定しました。「Comfort」は、高速道路走行時などにアクセルから足を離すと、エンジンとトランスミッションを切り離して燃料消費を抑えるセーリング機能の採用によって燃費を優先するモード。「Sport」と「Sport+」は、よりスポーティなドライビングが愉しめるモード。「Individual」は、様々なパラメーターを個別に設定できるモードです。
以上

正直、湿式多板クラッチって構造を調べてみましたが私のような素人では、さっぱり理解できませんでした。しかしながらたぶんAMGスピードシフトMCTはシングルクラッチのようです。
先ほどのレポートからMCT=複数のギアボックスがあるのか!?という疑問は、シングルクラッチみたいなのでそんなことはないということで自分なりにすっきり解決しました。(間違えているかもですが・・・)

なんてたって、湿式多板クラッチや乾式多板クラッチ・・・ネットサーフィンしてると様々な言葉が出てきて、構造図とか出てきても理解不能(@ ̄ρ ̄@)
ホンダは、トルコンとDCTを組み合わせたなんて出てきたときには、お手上げでしたW(`0`)W

またメルセデスでは、SLS AMGやAMG GTなどは7速DCTを使っているようですね!これも初めて知りました。

↑先日、AMG GTの生脚を見たばかりなので、むしろゴッツイAMG GTの脚が気になってしまいます!ロアアームすげぇ。。

私のC63は、トルコンと7G-tronic plusの組み合わせですが、DCTまでのスピードはないものの、シフドスピードは満足できる領域です。シフトダウンもしっかりブリッピングしてくれますし、満足しています。


今後、トルコンに戻るとしても進化してるので更にダイレクト感のあるものになるんだろうなぁと思いました。

長々と素人のボヤキでした。
ど素人がネットで調べただけなので間違いだらけかもしれませんが、お許しをƪ(˘⌣˘)ʃ

Posted at 2017/01/18 21:25:15 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2016年12月30日 イイね!
C63メンテと2016遊び納め今日は、はるかえパパさんと2016年ラスト遊びをしてきました。

といっても、C63のメンテです(^-^)
予備メンテ大好きなsassa63です。

はるかえパパ総監督の元、作業開始です。
しっかり年末まで、遊んで頂きました。

1.パワステオイルタンク交換
このタンクですが、絶対M156のウィークポイントだと思います!!
エンジンカバーの引っかかり部であり、ボクの様にDIYで愛と力を込めて引き抜くと「パキッ」っとイキます。
もちろんボクは”やっちまいました”

ベンツのエンジンルームの樹脂は今まで210→211と幾度となく色んな物を割ってきたので、比較的慣れています。(自爆)
高温のエンジンルームで樹脂とゴムは劣化しますので・・・仕方ないと思っています。

気合を入れて古いタンクを摘出します。
と、その前に養生しまくってオイルを抜きます!!!


その後、ホース類を外していきます。
バキュームホースもゴムなのでだいぶ劣化が始まっています。(ここも今度新しいホースを買って交換が必要そうです)
外してる姿をまた総監督が盗撮してくれました。



割れたりヤブれたりすると”終わり・・・”なので手こずっている私です。
でも引っ張らないと抜けない!ヒヤヒヤ!!
ホース類は摘出完了です!!








タンクの交換しホース類を戻します。
ここで、ホースを留めているクリップをひとつ割りました。
もはや、全く凹みませんでした。



対策品なのか、新しいタンクのキャップはエア抜きがついています。

ディーラーで買ったオイルを循環させながら3回に分けていれます。


このオイルは1Lで3500円程度です。
C63は全量で0.9Lですので1本買えば問題ありません。
きれいな緑色になりました。
(写真は撮り忘れ)

2.ステアリングギアボックスの様子確認
前回メンテしたところを更によくしよう!作戦です。

盗撮された図




今回はもっとイケイケなグリスを買ったので、それを塗るために前のグリスを拭きます。




夢中になっている私・・・





こんな感じでグリスアップ終了です。
作業写真がありません><

3.ハイビームバルブ交換
ちょっとワンポイントで青くしたいんですよね~と総監督に言ったら・・・
くれました!ありがとうございます!!



見えないかもですが、向かって左が交換後です。
点灯しないときのリフレクターからの反射の色が青色になります。
ワンポイントです。




白内障が気になります。
遂に殻割りしないといけないですね!!
4.CLS55の撮影
まだまだ撮影の修行が足りません。
CLSのケツのラインは最高です。




スーチャーとマイスター


こんな具合で2016のラスト遊びとメンテは終了!!
明日はいつも通り筋肉痛でしょう。
年末まで、はるかえパパさんありがとうございました。
また来年も遊んでください。



帰りにかっこいいE46 M3をみました。
46もまだまだイケてますね!!



2016年、お会いした方々、大変お世話になりました。
オフ会で初めてお友達になった方もいますし、今まで通り楽しくしゃべって遊んでくれた方、ありがとうございました。
また、来年も宜しくお願い致します。


さぁ、家の大掃除だ~!!!!
Posted at 2016/12/30 01:28:35 | コメント(4) | トラックバック(0) | 日記
2016年12月25日 イイね!
あっという間に年末ですね。
今のところ都内はそこまで寒くないので嬉しい限りです。
今日は、TEAM63の今年最後の定例会に参加してきました。
天気がよくオフ会日和でした(^-^)v
今日は13台の参加!!
この台数だと端まで写りません(><)















ブレーキ特集
























全車種、ブレーキでかいっ!!!
ブレーキでかいのは萌えます♪
中には憧れのRddも数台・・・

TEAM63ですが、63から皆さん箱替されたり色んな車種になってます。
それでも63の事、相談できたり、新たな車種の情報もらえたり、のんびり楽しく過ごさせて頂いています。
それにしてもみんなハイパワー車です!
しかも個性あふれていて刺激になります。



それにしても、GTSがこんな身近で見れるなんて・・・萌♪




憧れのマセラッティー!!萌♪




何繋がり!?w




221に続き、最高な仕上がり!!萌♪






パツパツ!!こんなかっこいいM3見たことない!!萌♪




C63









今年はお世話になりました。
また来年もオフ会参加した際は宜しくお願い致します!ペコリ

この後、帰って子供と公園で遊んだ後、いつものディーラーにパーツを買いに行きました。
そこには


こんなかっこいい車両がっ!!色も素敵すぎる!!!

いつものサービスさんは人気者なのか、まだ3人対応してからというので、パーツだけ受け取ってコーヒー飲んで帰りました(●´ω`●)

帰りに車に乗ろうとしたら、いつもの担当してくれるサービスの方が走ってきてくれて、話したいことあったんですよー!って!
僕も相談したいことあるので、また来ますーって感じで帰りました(>人<;)
こんな利益にならない客にも優しい担当サービスマン素敵すぎます(╹◡╹)

って、車だらけの一日でした!!
Posted at 2016/12/25 20:58:23 | コメント(4) | トラックバック(0) | 日記
2016年11月13日 イイね!
C63 成城タイヤでアライメントと車高上げ今日は、成城タイヤにお邪魔しました。
作業の内容は、リアの車高上げとアライメントです。
C63の場合、リアの車高を上げるためにはバラさなくてはいけません。なので工賃がまぁまぁします。安くても左右で10000円はいきます。
しかーーし!成城タイヤに問い合わせしたところ!!
左右で5000円でいいですよ!とのこと!やすーーい(*'▽'*)
しかーも!新アライメント機投入に伴い、10月までアライメントテスター代無料!!!こりゃあいい!!
だって、車高上げたらアライメントとりたいですもの!!
え!?今もう11月だって!?
まーそうなんですが、貧乏な私、10月の時に前もって成城タイヤに行ってアライメント予約していたので11月でも無料で対応してくれました。お店の人優しいっ!!
ちなみに調整は一箇所2000円です。
基本トーだけフロントリア調整するでしょうから8000円です!!
自分はプラスで、フロントキャスターとキャンバー調整も頼みました。

作業は、まずへ車高上げから!!
3人でサクサクと作業開始です。


あっという間にバラして、上側のお皿を摘出!!
やはりアームを押さえておける機能付きリフトは、作業効率高いっ!
摘出したお皿、KWのver3ですが樹脂とアルミ製でした。


ここから、強度も考えて山のあるギリギリまで回してお皿で7mmのアップです。


レバ比でしたっけ?!計算方法知りませんが車高は10mmくらいアップでしょうか???
見た目はこんな感じ!


いい感じです。ほんとはあと5mmくらい上げたいです。今回フロントも若干下がったようなので次リアを5-8mm程度上げるならフロントもそれくらい上げる必要があります。

さぁ、ここからが本番のアライメント!!!






E55の時は調整ボルトに2つの溝がありブッシュ側の山に合わせて調整出来たのですが、C63の調整ボルトはボルトに1箇所溝が入っており、その溝分を調整するというものです。そのボルト専用のワッシャー(溝あり)を使わないと締め上げれません。ベンツは3段階調整できますが、この調整ボルトを使用する場合は今までのE55の時と違い、標準の真ん中には入れれない仕組みになっています!
これが!!完全に誤算でした!
E55と同様に調整ボルトで真ん中もさせると思っていたからです。純正ボルトがないのでお願いしていたキャスターを真ん中に持っていけないのです。
近くのDに電話しても純正ボルトはなく、芝浦本社の方にも電話しましたが、ないとのことでした(*'ω'*)

諦めてキャスターは今度純正ボルトを買ってきてお願いしようと思っていましたが、キャンバーを調整しているとキャスターも変化!ドンドン真ん中の値になっていきます!
そして、全部規定値内に入っちゃいました!!
すげー!!!奇跡です!
自分のワガママで作業の最中も中に入れてもらえ、数値も細かく、この数値でいきます?と確認してくれる丁寧なスタッフに感謝です。作業みせてくれるところって安心ですよね!




最終的なデータです。
これで少し走ってみてフィーリングを確かめたいと思います。


フロントは、キャンバーをこんなに立てたので左右0°1分にしてトータルトー0.2が理想かも・・・です。再調整の連絡しよーか悩み中(*´ω`*)


ちなみに店の中は、懐かしいモノブロ5がありました。
210で最初に履いたなー!


この店には所ジョージのサインがあったり、ポルシェ、フェラーリなどもアライメントに来られていて、すごいなーと思いました。
詳細は、HPで!!↓
http://www.e-tire.co.jp

是非オススメです!

僕もまた車高微調整するときは伺いますっ!!!

妻が風邪を引いたので、走りに行けずウズウズ・・・
Posted at 2016/11/13 21:28:03 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記
プロフィール
「@はるかえパパ さん 広々した良いお席にお座りですごいっ!!(*´꒳`*)お気をつけて(╹◡╹)」
何シテル?   02/20 19:23
車に関して全くの無知なので、みなさまの整備を参考にさせて頂いております。 どうぞ、みなさん宜しくお願いします♪ 車は常に綺麗でないと嫌なタイプです。洗車...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/2 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
リンク・クリップ
KW V3減衰調整(縮み側) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/10/01 19:44:22
Xデーまで着々と・・・。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/08/10 08:30:28
お友達
色んな弄りを自分の車にも取り入れたいので情報交換したいです。宜しくお願いします。
186 人のお友達がいます
ギガオギガオ * mashita@mashita@ *
エムラインエムライン *みんカラ公認 プロミナプロミナ *
T1979T1979 * amggtsamggts *
ファン
53 人のファンがいます
愛車一覧
メルセデス・ベンツ Cクラス セダン メルセデス・ベンツ Cクラス セダン
W204 C63AMG前期 4710×1795×1440mm 1770kg V型8気筒D ...
メルセデス・ベンツ Eクラス ステーションワゴン メルセデス・ベンツ Eクラス ステーションワゴン
W210 E430 アヴァンギャルド ステーションワゴン 左H BRABUS mono ...
メルセデス・ベンツ Eクラス ステーションワゴン メルセデス・ベンツ Eクラス ステーションワゴン
知り合いから購入後、友人と共同所有でしたが、すぐにエンジン、足回り、外装の修理が必要とな ...
AMG AMG E55 AMG AMG E55
2006年1月のE55ファイナルモデル ダイナミックシートが純正オプションでついています ...
過去のブログ
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.