• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

もけけxのブログ一覧

2017年06月26日 イイね!

North Japan Custom Festival 2017に行ってきました(2/2)

 North Japan Custom Festival 2017に行ってきました(2/2)シェラトン北海道キロロリゾート(sheraton hokkaido kiroro)にて開催された『North Japan Custom Festival 2017(NJCF2017)』
North Japan Custom Festival 2017に行ってきました(1/2)の続きです。

カスタムカーのブースに行ってみます。


シボレー・コルベットもリップが接地しています。


こちらはノーマルよりやや低い程度でしょうか。

4灯丸灯最後の形ですね。


フォード・マスタングです。
出た当時はエボXぽいフロントだと思っていましたが、今見ると別物ですね。


アメ車のスポーツカーはストライプのラインが良く似合います。


光岡・オロチを初めて見ました・・・。


出展の方がせっかく息子にライトを渡してくれたのですが、受け取りませんでした。
こういう時は素直に受け取っておくべきですが、雨で傘をもった状態ですので、仕方がありません。


とても、元セリカとは思えない造形です。


リアもこれは煽られないですね。


こちらでもケンメリとフェアレディZの日産コンビです。






小生のクルマはヤン車と言われることがありますが、ヤン車とはこういうクルマのことだと思います。
ポンプがボンネットに突き刺さっています・・・。


ハンドルが左仕様のアキュラ版NSXです。



以前、地元の札幌市北区の石狩街道の高架橋で見かけた謎車も出展されていました。



みんカラの『つる35』さんも出展されていました。
みんカラ民のクルマは十数台程見かけましたが、全ての写真は撮っていません。


三菱・FTOです。クルマによっぽど詳しくないと外車に思われそうです。



そしてエボの出展は1台だけでした・・・。
でも、そんなことを払拭する程、地元札幌からのエボXは本州ユーザーに引けを取らないカスタム具合です。


このアイシェードは自分もフォルティスRAで付けていましたが、飽きて手放してしまいました。
最近はネットでも見かけない希少パーツです。


バリスバンパーのエアロ装着率が高くて、エボXの中では個性がなくなる分、このマジョーラカラーは会場内でも異様に目立っていました。


エアロミラーはヒーター機能がないので取付けを断念したのですが、現物を見ると欲しくなりますね。


ワイドフェンダー、リアディフューザーもVaris製品で統一されています。
小生のような中華製ではありません・・・。


あと、手を加えられる余地があるとしたら、リアバンパー、テールライトぐらいでしょうか。
それ程、あちらこちら手が入っています。


ミッションはSSTですね。
地元にこれだけのエボXがあるのは嬉しい限りです。


SRT・ヘルキャットです。アメ車は欧州車とはまた異なる魅力がありますね。


ミニバンコーナーにはみんカラでお馴染みの方々の愛車が出展されていましたが、ちょうどイベントが始まってしまい写真撮影は無理でした・・・。


会場を後にし、小樽『天然温泉湯の花 朝里殿』に。
集客数が多いためか、やや塩素の匂いがきつく感じました。シャワーもレバーを抑えていないと出てこない不便さがあります。赤井川温泉で良かったかなと思いました・・・。


昼食は地元の回転寿司『まつりや』へ。


目的のカタラーナはメニューから消えていました・・・。
タッチパネルがないので、口頭で注文するか紙に書いて渡す不便さがあります。
小生は声が小さい方なので、呼んでも気づいてもらえないことが多く、紙に書いても、傍にいるドランクドラゴンの細い方に似た若い副店長が気づかず、還暦程のアルバイトに注意されて紙を受け取る始末。
紙を受け取る際にも、ひったくる感じで、紙を渡しても暫くしてから、マイクで注文したりと、少々感じが悪かったですね。それでも10皿程食べました。

アボガド3種類。


魚醤を使用した牛肉ロース。


うなぎです。


まぐろはかかせません。


さんまの飯寿司が美味でした。


デザートはフロマージュ。


ソフトクリームはヨーグルトのような後味のさっぱり感があります。



以前は2時間待ちでしたが、今回は15分程で座れました。
まぐろが好きですが、ネタの味や大きさは同じような値段でも篠路の『銀次郎』の方が良かったですね。次回はやはり『銀次郎』にします。
駐車場にポルシェ・パラメーラが停まっていました。ドアパンチなど気にしないのですね・・・。


昨日についてのブログです。
天気予報では曇りでしたので、洗車をすることに。


いつも使用しているシャンプーがまだそれほど使用していないのに半分に減っています。

よく見るとキャップに割れがあり、乾燥で減ったようです。締め付けトルクが高過ぎたようで・・・。
今度からキャップは予備で捨てずに持っておこうと思います。


フォルティスRAの時には1回使用したきり、5年以上放置していたパープルマジックを使用してみました。エンジンルームに入り込んで、それが洗い流されず残ると、鉄パーツを浸食するのではと使用を躊躇していましたが、ガラスコーティングが施工されていても鉄粉は付着すると思い、思い切って使用してみました。


鉄粉に反応していないのか全くパープル色になりません。使用期限とかあるのかも知れないですね…。


洗い流して拭き取りしている最中、雨が降り出してしまい、車庫の中から傍観…。結局止まず、後片付けです。よくあることです。


昼食はすすきのへ。
洗車したばかりのクルマがもう汚れています・・・。


お店は『SALVATORE CUOMO & BAR(サルヴァトーレ クオモ アンド バール)すすきの』(札幌市中央区南4条西1丁目2番地1 ダイワロイネットホテル札幌すすきの1F)に。
全国チェーン店で札幌駅にも入っていますが、隣接する立体駐車場タイムズすすきの(駐車料金割引はありませんが1時間半で900円)があるのでこちらにしました。4階以上ではほとんど他のクルマがないので、ドアパンチやぶつけられる心配はなく重宝しています。


駐車場からホテルまで直結です。
ピザ食べ放題で1380円。ホットペッパーで500円割引券や平日10%割引を併用するとかなり安くなるかも知れません。



ピザ以外の料理も食べ放題です。


ピザは6種類から選べます。


最初は丸刈りーた、で注文してしまい、家族の突っ込みが入り、マルゲリータが10分程で出てきました。


生地はもちっとしていて、厚みは薄いです。1人で食べるには多いので、4人ぐらいがちょうど良いですね。ピッツア職人の気まぐれを注文。ナスが乗っていて、これも美味でした。


ハチミツがかかったミューレ。今回は3枚でお腹がいっぱいに…。



温サラダも美味でした。


窓からは月寒通が見えます。


全体的に味は良かったと思います。デザートのチーズケーキやシフォンケーキも何度かおかわりしました。また来たいお店ですね。

帰りに子供のカバンが痛んできたので、新琴似のサンキへ。
安いカバンは3カ月で駄目になりますが、安いので駄目になれば買い直しです。
つくばナンバーのギャランフォルティス・スポーツバッグ・ラリーアートが止まっていました。古さを感じさせない良いデザインです。


つちねこが気になりましたね。


その他の話題です。

いつもの床屋さんで、ロイズチョコレートの社長・山崎 泰博さんのクルマを管理されている方に初めて遭遇。その方は愛車の三菱デリカD:5・ROADESTで来店です。
床屋さんへは社長所有のトヨタ2000GT、ハコスカからMR2まで、走行テストを兼ねて乗ってくる羨ましいお仕事です。


トヨタ・新型カムリ(北米仕様)がとても良い感じです。
排気量の割に、馬力が低い気はしますが、リアの4本出しマフラー、ディフューザーのフィンなどデザインは好みです。レクサスのスピングリルとは異なる意匠ですね。





日本でも発売されるようですが、日本仕様はデザインが駄目ですね…。
Posted at 2017/06/26 09:53:46 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年06月25日 イイね!

North Japan Custom Festival 2017に行ってきました(1/2)

シェラトン北海道キロロリゾート(sheraton hokkaido kiroro)にて昨日から開催されている『North Japan Custom Festival 2017(NJCF2017)』に行ってきました。
今回は息子と母も同行です(母はクルマに興味がないので帰りの温泉と食事が目的)。
先週は土日が5週間ぶりに雨が降らなかったのですが、昨日から雨の降りが強く、今日も引き続き雨です。


札幌市北区から会場となる赤井川村まで下道で1時間少々。スーパーカーやカスタムカーを雨に晒したくない方もいると思いますので、参加を断念する車両が多いのではと気になるところです。


大人500円、中学生以下無料で、お財布にもやさしい料金です。ホテル側の駐車場が満車とのことで、少し離れた場所へ停めることに(帰宅してみんカラをチェックして気づいたのですが、正面に停まってる青のWRXSTIはブログをよく拝見しているじーしー@TKさんでした・・・)。


駐車場には、そのまま会場に展示されてもおかしくないクルマが散見され、クルマを見るだけでクルマ好きが伝わります。



会場まで雨が降りつけるなか5分程歩くことに。


まず、リバティーウォーク(Liberty Walk)さんや佐藤元春さん(スーパーカーカフェ・Ficata)等スーパーカーの展示スペースから見ていきます。



マツダ・サバンナRX-3です。
フロントリップが完全に着地しています・・・。


オーバーフェンダーはリバティワーク仕様でしょうか。


このテールがかっこ良いんですよね。


ホンダ・S660もリバティワーク仕様です。


S660でも、このオーバーフェンダーがとても似合います。


エアロがとても良く纏まっています。


ランボルギーニ・ムルシエラゴです。



ランボルギーニの中では落ち着いたデザインなんですよね。


BMW・I8です。


リアのディフューザーの形状がいいですね。社外品とは思えないデザインです。



アウディ・R8です。


オーバーフェンダーのダクトもカーボンの意匠です。


フロントよりもリアの方がいいですね。



すぐ傍が土手で、なかなか見れないアングルで撮影できました。


知っているシボレー・コルベットと少し違うような・・・。


リアのデザインが秀逸です。


フェラーリ・458イタリアです。
現行の488GTBよりも、こちらの方が好みです。




フェラーリ・モデナ360はフェラーリの中でも比較的手が出しやすい価格だったのですが、最近また価格が上がってきています・・・。


R35はリアだけ撮影です。
札幌CRUISEさんのブログでよく紹介されている方のR35もありました。



ランボルーニ・アヴェンタドールです。
札幌ナンバーで道内イベントではお馴染みです。



アウディ・A7でのカスタムは珍しいと思います。



ランボルギーニ・ムルシエラゴが多めですね。





リバティーワーク仕様のフェンダーがかっこ良いです。


ほとんど接地しています。


ホイールのリムもペイントしてあります。


日産・フェアレディZやケンメリも同会場に並んでいました。



このダッジ・チャレンジャーは麻生や篠路で何度か見かけたことがあります。
地元かな・・・。


ベンツは全く分からないんですよね・・・。




ポルシェ911。好みの色合いです。



大型ウイングを支えるトランクの形状にも拘りがありますね。


僕の知っている方のシボレー・コルベットです。




フェラーリ・612スカリエッティです。初めてみました・・・。札幌で所有されている方がいるのですね。



ここからは佐藤元春さん所有のですね。



マクラーレン・675LTです。造形が作り込まれています。




どこから見ても隙のないデザインだと思います。


R35等他のクルマも展示されています。佐藤元春さん本人もテントにいましたね。
クルマをいたずらされないよう監視する方も配置して万全です。





今回は愛車が雨で濡れるのも気にせず、また、傘等により傷を付けられる心配もあったのではと思いますが、多くのクルマが参加していて良かったと思います。
一方で、屋台の方々は地元篠路の『風雲児』さん等知っている店も多かっただけに、この天気であまり客が入ってなさそうで気の毒そうですが(値段もこの手のイベントとしては良心的でした)、次回の開催が晴れることを祈って、また参加してくれればと思います。

続いて、一般のカスタムブースの方を見てみます。(2/2)に続きます。

Posted at 2017/06/25 22:30:25 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年06月17日 イイね!

取付不能になったアンダカバーを小細工して取付けました

取付不能になったアンダカバーを小細工して取付けました先週、札幌CRUISEさんにてSSTオイル交換の際に、アンダカバーの取付部分が破損して、取付不能とのことで、持ち帰ったアンダーカバーの取付けを試みます。


先週の日曜日に作業しました。
この日は3回ジャッキアップすることに。


アンダーカバーをしていても、冬季の道道に撒かれる塩カルの被害はありますね。
白いのが塩カルで塗装を侵食しています。被害を抑えるため白い部分を拭き取りました。


アンダカバーの取付部はアルミ板を付けていない状態ですので、ボルトを延長した場合のクリアランスを確認します。


ボルトのネジの先が数ミリ出ている程度です。上に鉄板があるので、クリアランスは5mm~10mmといったところでしょうか。


破損したアンダーカバーの穴の大きさを確認。35mmは必要ですね。


ジャッキから降ろし、地元のホームセンター『ジョイフルAK屯田店』へ広がった穴を抑える座金を買いに。


35mmの円形の座金はありませんでした・・・。恐らく30mmでも大丈夫でしょう・・・。


反対側は轍がぶつかることもないので角型の座金です。こちらは35mmがありました。


作業場に戻り、寸法確認。大丈夫そうです。


穴の広がったアンダーカバーの取付口が平らではないので、ハンマーで叩いても、大きな音が出るだけで、なかなか平らにならず、ペンチで曲げようとしても固くて曲がらないので、テコの原理で押し込んで平らに近づけます。


少し穴が広がりましたが、なんとか付けれるレベルです。


再びジャッキアップし、オイルパン等に錆を発見してしまいましたので、万が一、錆びで穴が空いてしまうと、オイルが抜け、エンジンブローする恐れもあり、数年おきに点検が必要になりそうです。




可能な範囲で錆止めを施工。


アンダーカバー取付で座金を付けていない状態


座金を付けた状態。どう見ても付くはずがありません・・・。やはり今回もポカミスで、ボルトを買い忘れていました。


再びクルマからジャッキを外し、本日2回目の『ジョイフルAK屯田店』へ。
アンダーカバー付属のボルトは8mmの長さ40mm。


値段も安いので、45mmと50mmの両方を購入です。


左からアンダーカバー付属のボルト40mm、45mm、50mm


見た目悪いですが、45mmは付きませんでした。50mmを買っておいてよかったです。


3万円で新品を購入しようとしていましたが、数百円程度のパーツでとりあえず付いたので、これで何年耐久性があるかですね。

ここで分かったのは、アルミ製アンダーカバーは予想以上に重く、アンダーカバーを取り付けていない時の走行時の軽やかさが失われた感じがします。
でもカバーを付けないと、オイルパンは錆びますし、何より縁石等で、オイルパンやSSTミッションが直にダメージを受けないようにするためにはアンダーカバーは必須です。
これだけ体感が違うと、純正の樹脂のカバーを夏場に着けて、冬はアルミ製に替えるのがベストですが、交換が面倒なので、軽やかさを犠牲にして、アルミ製を付けることにしました・・・。
サーキットでタイムを争う場合にはアルミカバーはお勧めできないですね。悪路を走破するラリー向けです。


三菱エクリプスがSUV化して三菱エクリプスクロスとして発売されますが、ランサーエボリューションがSUV化して復活するという話が出てきました・・・。(記事

パジェロのようにエボリューションが付くのはまだ分かります。


セダンでもないSUVにランサーを名乗らせるのは複雑な気分です。
2023年頃にコンセプトが登場すると思われますが、以下の写真のエクリプスが箱を開けて見れば、SUV化し全くの別物であったように、今回もエアトレックエボリューション、RVRエボリューションであって欲しいと思います。


実は先日、CRUISEさんを訪問した際に、SSTが要交換となった場合に、MTに換装できるか聞こうと思いましたが、まだ具体的でないのに、見積りしてもらうのも悪いと思い、言い出すことはできませんでした。万が一、エボXがSSTのまま不動となった場合は登録抹消し、車庫保管する予定です。
セカンドカー購入は浮気するのと同じだと嫁に言われていましたが、そのことは承諾を得ました。

万が一、買い替えとなると、子供が大きくなり、エボXの後部座席3人は狭いので、父母を伴った旅行には最近は嫁がついてこないことから、3列シートのクルマになってしまう恐れがあります。
そうなると、家のクルマは完全に家族のためなので、趣味車としてのセカンドカー購入の余地が出てくるのです。

今まで、ジャガーXKR-S、フォーカスRSmarkⅢ、ルノーアルピーヌA110(新型)と購入候補を挙げてきましたが、オールドカーのイベントなどを見ているうちに、2シーターの国産車でもいいのではという気持ちが高まってきました。
MR-Sはかなり手頃なので車両保険なしで、プラモ感覚で弄るのも楽しそうです。


前回、カプチーノ3台を拝見する機会があり、こういうクルマも楽しそうだと感じていましたが、新型カプチーノがなかなか良いのです。今度は4WDというのも意外です。


フロント、リア共になかなか無難に纏まっています。S660、新型コペンも捨てがたいですが、新型カプチーノは素でも良く、エアロを替えるとなかなか面白そうなクルマになりそうです。
最近のスズキのMTはどうなのか気になりますね。最初に乗ったジムニーMTはクラッチのないところに入ったり、そもそも1速のクラッチが入らず3速発進させられたり、スズキのMTの恐怖心を植え付けるには十分過ぎるほどの破壊力がありましたので。



家庭的にセカンドカーを買えるかどうか分からないですが、悶々と妄想するのは楽しいものです。

食等の話題です。
昨日は職場の飲み会でした。終業後、自宅にクルマを置いて久々のJRです。
この時間帯の篠路駅はそれ程人が多くはないので、安心して乗れます。


以下のニュースを見るとJRに乗るのは正直恐いですね。今年は東京出張でJRに乗る機会があるので、今から恐怖を感じています。僕はこういう事件に巻き込まれる傾向があるので・・・。

痴漢冤罪について法曹関係者「カバンが当たっただけでも女性が痴漢だと言ったらアウト。仮に公判で冤罪を証明できても会社をクビになり社会的に死ぬ。全力で線路でもどこでも逃げろ」
痴漢冤罪で警察に連れてかれた男性、多数の目撃者の証言により無事に帰宅…痴漢をでっち上げて男性に暴行を加えた女性の動向は不明
電車内で電話してる女を注意した結果→痴漢をでっちあげられ逮捕される
名門女子高1「痴漢冤罪で稼ぐで!」名門女子高2「手を貸そう」

会場は札幌市北区麻生にある『北のイタリア酒場NOBUZOU』です。
後輩が店選びをしており、焼き肉を食べれない自分の件も考慮してくれたのかなと・・・。


お酒はいくら飲んでも酔わないうえ、味も分からないので自ら進んで飲むことはありませんが、
大学時代や職場に入った頃は飲み会が多く、だいたい先輩後輩を介抱して家に届ける役でした・・・。
今の職場は最初からジュースやウーロン茶を注文する人も多いので(それに対して文句を言う人もいません)、最初の一杯だけはビールで無難に合わせ、やはり苦味は得意ではありませんので、二杯目以降は甘いサワー系統を5杯程、さらにスターバックスのような甘い生クリームが入った塩キャラメルのアルコール入りのドリンクを2杯程飲んだのですが、案の定、全く酔わず・・・。
甘いドリンクばかりでしたが、僕にとってはただのジュースでしかないということが再認識です(日本酒ですら、フルーツの香りのするただの水でしかありません・・・)。
ビールや日本酒は本当に美味いと思って飲む人のためのものですね。

帰りの新琴似駅は閑散としています。今回も痴漢冤罪にならず無事に帰宅できそうです。


翌日は朝早くから軽く洗車して、父母を連れて、北広島市にある竹山高原温泉に向かいます。
久々に天気の良い休日です。


GTNET札幌さんの前を通過。86中古が手頃な値段になってきましたね。


竹山高原温泉に1時間程で到着。セントラル短資の会員なので100円引きで入れます。
泉質は茶色ですが、塩分がなく、サラサラした湯で温度も適温です。
シャワーも停まることなく出ますし、温泉のなかでも良い方だと思います。


昼食は北広島アウトレットにて。


駐車場は安全な場所に。


フードコートが充実しています。


最近豚丼続きですが、『豚丼のぶたはげ』にしました。


本当はメガ豚丼に行きたいところですが、母が温泉に連れて行ってくれたお礼に奢るというので、3人ともピリ辛ねぎ玉豚丼に。


タマネギに小生の苦手な花椒がまぶしてありますが、これはこれでなかなか美味でした。
父母にも好評だったようです。


1Fでは、パンが50円や100円ととても安いです。



チーズケーキも購入です。


味は無難ですね。


この味で100円は安いです。この日は夕食が2回(2回目は弁当二つ+1リットルミルクティーですので)になり、食べ過ぎだと嫁に怒られました・・・。


今、ポンタカードを持っているとローソンで1本焼き鳥が無料で貰えるので、乞食に行ってきました。
でも、案の定余計な物も買ってしまいます・・・。


中国から船便で2週間かかって商品が届きました。


クルマのパーツではなく、お友達登録の3CANさんがハンドスピナーを購入されているのを見て、気になったことから通販を見ていると息子もやってみたいと言うので送料込みで350円という驚異的な安さです。


ケースは中華クオリィティーなので凸凹しています・・・。


でも、よく回ります。3分程回転しますね。
僕は2~3度回して飽きたら、本の文鎮変わりにしようと思ったのですが、息子は時折回して遊んでいます。


ここ半月は息子がテスト前でしたので、夕方5時半に帰宅し、食事の後、問題作り、採点で寝るのは夜中1時過ぎ・・・イラストは全く描けず、今はアイデアを積むだけです。
中学校最初のテストでしたが、半月前にテストだと告げられ、準備期間半月で、現在2教科採点で、94点、96点と100点に及ばず。やはり準備期間は1カ月必要です。内申書は音楽や体育も影響しますが、それらは最下位に近いので、5教科で頑張るしかありません。
クラスにはアイドル並みの美少女で現在オール100点という息子の幼馴染に負けているので、いつかは追いついて欲しいものです。
Posted at 2017/06/17 22:13:58 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2017年06月10日 イイね!

札幌CRUISEさん訪問とモエレ沼公園ガラスのピラミッド

札幌CRUISEさん訪問とモエレ沼公園ガラスのピラミッドフォルティスRAからエボXに乗り換えてから、CRUISEさんにオールペンやサイドエアロ補修等、何度か見積りを出してもらいながらも、今まで一度も伺っていないことに気づきました。

フォルティスRA時代、僕はCRUISEさんにお世話になりながらも、ある意味、トラブルメーカー的な部分が少々あります。
そして、エボXになっても、今回やらかしてしまったわけです・・・。それは後程。

札幌CRUISEさんにて、SSTオイル交換を朝9時半に予約していました。
4週連続の土曜日の雨ですが、今回は降りが強いです。


トヨタぽいセダンですが、マツダエンブレムです。こんなクルマあったかな・・・思い当たりません。
ウイングの付いているセダンはやはりカッコ良いです。


10分前にCRUISEさんに到着。


そしてDaiさんからの一声は、予約が明日になっていますよと・・・。
やってしまいました。部屋に飾っているミスドのカレンダーは月・火・水・木・金・土・日の順に並んでいるため、通常のカレンダー日・月・火・水・木・金・土と見誤るのではないかと恐れていたのですが、懸念していたとおり、日にちを誤ってしまったのです。

それでも、時間はかかりますが、今日作業できますよとの温かい言葉に、お願いしました。


待ち時間に店内を物色です。
BRIDEのシートが展示されています。エボXにBRIDEのZETAⅢ-typeLを装着していますが、シートは座面の高さを最下位にしても、まだ高い感じがしています。
気になっていたローポジションのVIOSⅢ(青いシート)が展示されていましたので、無断で座ってみました。シートレールへの取付は3段階のうちセンターです。エボXは最下位の位置ですが、同じぐらいの高さに感じましたので、3段階中1段分低い感じでしょうか。
でも、typeLに比べ、お肉付き気味な小生には、やや窮屈に感じ、現在のtypeLのままが無難だと分かりました。


今回、SSTオイルに合わせてD1ケミカルの『SOD-1』を添加します。
『SOD-1』はパッキンやシールの劣化を遅延し、オイルの滲みや漏れを防ぐ効果があります。
ゲトラグのSSTミッションにはオイルの滲みや漏れがついて回ります。比較的新しい車体でも滲みが見られ、オイルが年々減っていけば、それはクラッチ破損の原因にもなります。SST延命には『SOD-1』の添加が有効かも知れません。
オートバックスでも手に入れることができますが1缶で1万円近くします。
SSTオイルに添加しても400ccなので半分も使用しません。残りを4~5年後も先のSSTオイル交換のために封をして残しておくのは、劣化することを考えれば得策ではありませんので、エンジンオイルで使用するのも、一つの手かも知れません。今回はCRUISEさんでの作業ですので、1本買うより安く済んだと思います。


これが噂のピンクシュタインですね。
ビルシュタインのシールが貼られています。


CRUISEさんがエボに強いというのも、このプラモが出たことからも当時が分かりますね。
サイン付きです。


もしかしたら、こちらも持っているのかも知れません。


雑誌を眺めていると、このアイシェードやエアロで、昔のアルトワークスぽい面影が出ると感じました。


6月24日(土)にシェラトン北海道キロロリゾートで『20th North Japan Custom Festival 2017』なるイベントがあるようです。こんなイベントがあるとは知りませんでした。
Ficataさんのスーパーカーも展示されるようです。北海道のイベントでは引っ張りダコですね。
でもお店のほうは、いつになったらザンギ定食をメニューに入れてくれるのでしょう・・・。新作料理完成までは行きませんので。


作業に入り、アンダーカバーを外したら、二度と付けれないかも知れないとのことで、確認に伺います。


アンダーカバーの交換が必要だと以前から思っていましたが、とうとうその時が来たようです。
そのまま撤去をお願いしました。


これで固定されていたのが不思議なぐらいです。


マフラーのセンターパイプの取付部も、破断しないと外れないですね。


リアディフューザーの破損具合を確認。
こちらは削れているだけですが・・・。


完全に割れているところも。


また潜って、削って、筆塗りが必要そうです。


新たに3万円程で新品を買い直すかどうかですね。


叩いて、平らにして、大き目のワッシャーを挟んで、ボルトを長いタイプにしようか思案中です。


SSTは相変わらず滲みがあり、赤いのは漏れた跡です。



後学のために作業を見学させてもらいました。
ホクティさんは何度もSSTオイル交換をしていますのでベテランです。
2個所ドレンボルトを外します。


前回から3年目で交換ですが、色を見ると、飴色ですので4年毎でも大丈夫そうです。
オイルの劣化で交換というよりも、オイルの減りのために交換ですね・・・。



フィルターも交換しますので、モンキーレンチで取り外しです。


始動時によくガリガリとSSTが鳴るのですが、フィルターを見る限り鉄粉は見られません。



次が見学で一番見たかった部分です。みんカラでも整備手帳でSSTオイル交換が見られますが、
トルク管理が不明でした。
取付は手トルクです。ここは経験ですね・・・。
フィルターのネジ山が樹脂ですので、トルクを掛け過ぎてネジ山を潰してしまった場合はフィルターが9千円近く、自身で作業するには一番リスクのある部分に感じます。


後はエアクリを外して注入するのみ。



SSTオイルに予めSOD-1を混ぜてあります。


電動オイルチェンジャーが欲しくなりますが、良いのだと15万円近いんですよね・・・。


6リッターちょうどです。


4年に一度程度の交換なら、DIYに比べ、差額が8千円程度(年間にして2千円・・・)ですので、オイル投入口が狭く、オイルチェンジャーはあった方が安全ですし、何よりフィルター破損が恐いので、
小心者の自分は次回も慣れたCRUISEさんかディラーにお願いしようと思います(ただ、ディラーの場合はSOD-1を添加してくれるかですね・・・)。


自身で作業するなら、
SSTクラッチ専用オイルSSTF-1 4L(C0002610) ×2個  28,600円
SSTフィルター 9,300円
SOD-1 9,800円
計 47,700円 が一般的な経費でしょうか。
オイルとフィルターが高いので経費を落とすのは厳しいです。

事務所に戻り、物色再開。
R34 V-specはとても魅力的ですが、相場は上がっていますね。


ウラカンは中古でもこんなに高いのです・・・。まさに走るお家。


予定より早く、1時間少々で作業が完了しました。
アンダーパネルはこっそり後部座席に積みました。明日にでもジョイフルAKで幅広ワッシャーやロングボルト等を購入して取付けてみます。


帰宅し、雨が降り続いていたので、息子が使用する英和辞典を購入するためイトーヨーカドーへ。


辞書は実際に自分に合ったのを各社見比べるのがベストです。ネットショッピングではとてもできないことですので、こういう時に本屋は必要だと感じます。
2時間程、各単語をキーワードにして見比べ、ようやく息子に合った辞書を購入。


最近はこのようなものもあるんですね。でも、中身は読みにくく実用向けではありませんでした。


昼食は、石狩市に最近、魚定食の店がオープンしたのですが、準備中でしたので、いつもの600円で食べ放題のお店に。


今回はこのパンケーキとチキン南蛮が美味でした。


今度は豚丼を食べに来ます。食べ終わった後に気づきました・・・。


先週の月曜日の話になります。
土日が雨続きでしたので、月曜日に休みを取りました。


助手席側の足周りから、乗車時に空いていた隙間が埋まるような異音が鳴っていたので、原因調査のため、朝から作業です。
ジャッキアップしてタイヤを揺すると異音がします。


ワイトレが緩んでいる様子はありませんでした。念のため一度緩めて、再度締め付けです。
また、マウント部分下回り等、あらゆるボルトを増し締めし、ホイールを付けて、再び揺すると、今度は異音がしません。原因不明ですが、暫く様子見です。


朝9時半には作業が終了してしまい、走行テストもかねて、モエレ沼公園に行こうと思い、ある事を思い出しました。
ランボルギーニ・ウラカンの所有者でもある里見さんがモエレ沼公園のガラスのピラミッド(HIDAMARI)を背景にして、同じアングルでクルマ等を撮影して、トレーディングカード感覚でアップするグループ(『ガラスのピラミッドで撮る! (glasspyramid)』)を立ち上げていましたので、同じ地元の方ですので、それに賛同してみようと思います。

途中のスーパーで、暫く探し続けていた『カールのカレー味』を確保しました。
カールが北海道から姿を消すその日まで、僕は毎日、カールを1袋食べ続けます。
カールが残してくれた過去の日々、思い出を二度と忘れないために。


途中、エボⅦが前に。今日はカールカレー味に出会えたこともあり、ツイています。


ドライブ日和です。


モエレ沼公園の撮影位置に辿りつきましたが、そこで犬を散歩連れのおじいさんがなかなか移動してくれません・・・犬がそこで糞をしたらしく、10分程待つはめに・・・。別な意味でツイていました。


お手本のアングルを忘れてしまったので、何パターンか撮影します。



それをフォトショマジックで道路の絵にならない物を削除。


別なところでも撮影です。


ここでもフォトショで余計な物を消しましたが、これでは路上に停めているDQNになってしまうので、これはアップしませんでした・・・。


エボXの影に隠れた侵入禁止の看板に気づかず、鉄柱の隙間を越えて、何台かピラミッドへクルマが行ってしまい、あわてて退場です。


モエレ沼公園に来られた際には参加されてはどうでしょうか。
オフ会ではないので、一人でもできる気軽さがありますね。
そのうち、印刷してラミネート加工してみようかなと思います。

先日のトミカR34 Z-tuneが気に入らなかったので、V-specを購入しました。


やはり断然、V-specです。


マフラーの形状も違います。


裏もリップ等、別パーツですね。


食の話題は先の居酒屋・瑠玖 石狩店のみです。
金曜の夕食の後、ラッキーへ行くと、弁当、総菜やパンが半額セールなのに驚きました。
結局、その日は夕食を3回食べることに・・・。


母からの貰いものです。
三越に入っているおやき屋・めめ 生地はもち粉ですね。


先日行った増毛のサーモンの燻製がとても美味しく、5袋程追加で通販したとのことで、1袋貰いました。ソフト鮭とばより、柔らかい感じです。


Posted at 2017/06/10 19:49:29 | コメント(8) | トラックバック(0) | 日記
2017年06月04日 イイね!

札幌つどーむ・オールドカーチャリティーに行ってきました

札幌つどーむ・オールドカーチャリティーに行ってきました今日は札幌つどーむにて『北海道オールドカーチャリティーミーティングinつどーむ』が開催されることから行ってきました。ここ数週間は土日が雨天となることが多く、3週間洗車していません。
雨天にはクラシックカーを絶対に走らせないという方も多いので、今回のイベントの参加率は低い気がします。


自宅からわずか10分程で到着・・・いつものようなドライブの楽しみがありません。
でも、このオールドカーチャリティーミーティングシリーズは見学無料なのがいいですね。

せっかく札幌での開催なのですが、見学者もそれ程多くはありません。開催を知らないこともあるのでしょうが、軽自動車やミニバン、SUVが大半を占めるクルマにおいて、クルマは走ればいいと考える人が多く、興味のある人が少ないとも言えます。
小雨がパラつくなか、開催時間になっても1/3のスペースは空白がありました。


北海道オールドカーフェスタ in 樹海ロード日高』に参加されていたクルマが大半でしたので、目新しいのだけをアップします。

トヨタ パプリカ(昭和41年式)です。


とても綺麗な状態です。



前回と同じホンダS800ですが、今回は幌を付けています。


シボレー コルベットC3です。


1968年当時で先鋭的なデザインでしたが、現在のクルマと比べても見劣りしないですね。


このセンターでホイールを固定するタイプは怖く感じます。
父から昔、長いトンネルの中で、軸が折れてホイールが外れてしまったことがあると聞いていたせいでしょうか。


当時のMT全盛期の時代を考えると、このミッションも時代の最先端ですね。


日産・フェアレディZです。3代目Z31型もいいですね。


ライトがリトラ(軸回転)ではなく、上下に移動するのも斬新です。


ダルマ・セリカは見飽きないですね。
小学生の頃、父が運転する赤いダルマセリカの助手席に乗った記憶があります。




いすゞ・ピアッツアも前回参加されていたクルマです。
フロントのデザインがいいんですよね。


いすゞ・ベレットも同じく参加されていました。


ホンダ・1300クーペ9は珍しいです。



帰る頃にトヨタ・AE86が参加です。


このダックテールがいいですね。


オーバーフェンダーのダクトが好みです。


新しい86・BRZもいいですが、AE86もいいですね。


会場の反対側ではバイクのイベントもありましたが、バイクはニンジャ、ハヤブサぐらいの名前しか知りません・・・。ブッガティとはクルマのと同メーカーなのでしょうか、よく分かりません。


来場者駐車場にも面白いクルマが見られました。
インサイトのデザインは目を引きます。


フェアレディZも参加してきたところで、雨の降りが激しくなってきたので、会場を後にします。
今回、ミニカーやプラモデルが販売されるとのことで、楽しみにしていましたが、雨が降っていたためか、売り出されていませんでした・・・。


7月7日(金)の『北海道クラシックカーラリー』は休みをとって見に行く予定です。
7月16日(日)の『地域創生モーターショーin侍 士別』は晴れるといいですね。


昼食はそのまま札幌市白石区にあるバーガーキングに。


事前に、この写真を見て期待していましたが・・・。


箱をはみ出さんばかりのハンバーガーはどこに。それでも、炭焼き風の香りがするハンバーガーの味はロッテリアより好みです。
見本に比べると貧弱ですが、値段を考えると普通の方なら、そこそこ満足できるボリュームだと思います。


VARISさんがエボX用の新パーツを開発中とのことです。
もしかしたら海外からヘッドライトを輸入しなくても、自身でバンパーを作成しなくて済むかもと期待しています。




C-WESTのバンパーもプラモデルを見ていたらカッコ良く見えるんですよね。


先日、楽天ポイント消費のため、ミニカーを検索していましたら、エボXファイナルバージョンのラジコンが2千円であったので、購入してみました。
この青の色合いなら、なかなかカッコ良いと思います。


実物を確認してみると、プラモデルにしておけば良かったかなと・・・。


リアはまだ幾分マシです。ライトはブラックベゼルではなく、初期型のまま。
エンブレムもファイナルエディションの記載がありません・・・。


フロントはちょっとデザインが違うんじゃ・・・最初、マークX?と思ってしまいました。
逆スラントのライトの形状が鬼瓦みたいになって残念。
何がファイナルエディションなのかと言うと、このナンバープレートのみです。
ルーフは車体色のままですので。


走らせれば、フロント、テールのライトは付くと思います。
オブジェクト目的で購入したので、遠目で見れば全体のバランスは悪くなく、暫く展示したら、収納される運命かも。

ホンダ・新型シビックは非TYPE-Rでも年収4桁を想定しているそうです・・・。
年収4桁など全世帯の1割少々に過ぎません。
そのような人達が輸入車を買わずにホンダを買うと本気で考えているのでしょうか。

職場に入って数年ぐらいの当時でも、配管工事の若いあんちゃんに、それ冗談でしょ。俺らの半分もないじゃんと言われました。当時で手取り13万円、アルバイトした方がマシなレベルでした。
今でも収入は同世代に比べ2割ぐらい少なく、同年代の幼馴染がトヨタを退職して、石狩新港の企業に見習いとして働いていても、小生より遥かに高い給料でした。
給料が安くても、物を売りつけるのに比べ、人のためになる仕事であるならば、それは仕方のない事だと思います。例えばRPGにて、ゴールドを落とさないモンスターばかり倒し、それがクソゲーだとは言い切れません。モンスターを倒すことにより喜んでくれる町の人々がいる。それに似たようなものがあると思います。
うちの職場でもここ数年はやめる若い人が多く、いくら出世しても給料が低いというのはあると思います。自身を納得させられるだけのモチベーションがなければやめた方が自身のためだとも感じます。
話が飛びましたが、小生と同じように、若者にお金があるはずもありません。クルマが売れない、スポーツカーが売れないといっても、高過ぎて興味すら持てないのが実情なのでしょう。
全て込みで200万円以内でないと、型落ちの中古しか若者には手が届かないのです。

昨日は炊飯器を新調するためK's電気新琴似店に。
ドアパンチ避けるために、端に寄せたのに、横のクルマに寄せられるはめに。


やはり同じように端好きな方が多いようです。


その帰り道、息子の服を買うためにイオン麻生店の駐車場にドアパンチを避けるために、わざわざ離れた周囲にクルマがないところに停めて戻ってみると、横付けされています・・・。
ゾロ目ナンバーは○チが多いのに納得。嫌がらせにしか思えません。


4店程ハシゴして、結局、地元のしもむらで買うことに。


ロックマンは小生が薦めたのですが、100メガショック・ネオジオも捨てがたかったですね。


いつもの食の話題です。
札幌市内で豚丼を食べるとしたら『帯広豚丼いっぴん』が思い浮かびますが、ありきたりなので、近くにオープンした『銀の舞』さん(札幌市北区新琴似7条14丁目)に行ってきました。


駐車スペースの出口はやや馬の背で段差があり、またもやアンダーディフューザーを割ってしまいました・・・。純正の高さで割るぐらいですので、車高の低いクルマは建物に横付けした方が安全です。割れは通常、見えないところですので、冬期間に修復します。


Bランチにすると2種類の豚丼が選べます。
無難に、しょうゆと極み味噌を選択。


豚丼が運ばれてきました。単品では丼ぶりですが、2種類はプレートのようです。
このロコモコ風より、豚丼は丼ぶりで食べたいというのが心情です。


でも味は良いですね。嫁は辛味噌、息子はカレーを選択し、そちらも美味とのことでした。
どうやら、少し残して、ひつまぶしにできるようです。

店員さんが何も注文しなくても、出汁茶を出してくれました。
柚子胡椒と漬物を加えてみましたが、これも悪くありません。

食後にはデザートとドリンクも付きます。これで1,080円なら満足できます。


今度は元祖銀の舞豚丼を食べてみたいですね。


帰りに、日糧パンのチョコブリッコレモンとロバパンのわさびマヨツナを購入です。
チョコブリッコは北海道に昔からある菓子パンです。
このレモン味は期間限定で、千秋庵のレモンケーキぽい味がしてなかなか美味です。


最近、シュークリームを買うことが多いです。
ロマン亭は皮とクリームがいいですね。


フルーツファクトリーは時折98円セールをやります。


皮が少々固め。味は及第点ですね。


MAXON投稿用COMICPAD(漫画用原稿用紙)は士郎正宗のアップルシードの表紙でお気に入りでしたが、今ではもう発行されていないことが分かりました。

漫画を描く前にイラストですが、先にどんなストーリーにするか頭を悩ませます。
『頭文字D』の作者しげの秀一の新作は202X年自動運転が普及した日本が舞台でその全貌は見えません。

自分ならどんな設定にするかです。
やはり架空のクルマではなく、現存のクルマを活躍させたい。そうなれば、電気自動車、つまり電気が使えなくなる世界情勢にしてみればいい→『アキラ』のような近未来の荒廃した世界で、放置されたガソリンスタンドからガスを採取し、ガソリン車で日々の生きる糧を得るため、閉鎖された街を賞金のため爆走する若者達。色々展開を想像すると一本のSF小説が出来てしまいそうです。
でも遅筆ですので、漫画にするとえらく年数がかかってしまいそう・・・。
まずはイラストからですね。これだけ期間を開けてしまうとイラストが描けるかですが・・・。

ゆうちょ銀行の株主総会の案内が届きました。

取締役13名承認の内容ですが、経済産業省とゴールドマン・サックス出身者を認めるわけにはいきません。彼らを認めれば、ゆうちょに預けた日本人の貯蓄が海外勢の餌食になるのが明らかだからです。彼らはこの莫大な資金を手に入れたくてうずうずしているのです。政府がゆうちょ銀行株を売却するなど報道し、ウォール街の連中が株式を買い易くして、乗っ取りに手助けしているのも明らかなのですから。

日経平均が約2年ぶりに、何度か矯めつ眇めつの末、ようやく2万円台に乗りましたが、マーケットが終了したのに合わせて、為替が円高に急落です。


正に個人投資家を刈る動きです。2万円オーバーで噴き上げたため、チャート上のセオリーではこのまま上昇となります。そのため、またまだ騰がると見込んで購入し、高値で掴んだ人達は為替急落で休み明けの市場はチャート上ピークを打った形になることが想定され、暴落するのではと、この土日は阿鼻叫喚の心情で過ごしているのではないでしょうか…。

でも必ずしも為替と株価が連動するとは限りません。これはAI(人工知能)しだいなのです。

ゴールドマン・サックスのニューヨーク本社では2000年に600人抱えていた株式トレーダーを全てAIに切り替えたことから、現在ではAIの指示に従い売買する2人しかいません。世界全体での金融取引のうち半分はAIに置き換わっています。
株取引を完全自動化したヘッジファンドである香港Aidyia社のようなスタイルが主流になりつつあり、個人投資家の多くがこのAIによる自動売買に刈られることになります。
そんな複数あるAIもしだいに淘汰され、強いAIに集約されつつあります。どんなに優秀なAIでも莫大な資金で運用されるAIには勝てません。
チェスやオセロにて一般人がAIに敵わないのと同じく、アニメ『サイコパス』のようなAIが世界を支配する時代が到来するようなことはありません。

AIには必ず人の意思が働き、例えばウォーレンバフェットも属するあの集団が自身の資産価値を上げたいのであれば、その意思に基づいて、ファンド・ヘッジファンドの稼働させている同じ根幹を持つAI(各社独自運用していても、運用者の意思に関係なくネット接続によりほぼ同時に同じ処理がされてしまう)によって都合よく運用されることになります。それは従来もデータサイエンティスト(クオンツ)によって行われてきたことですが、彼らに言うことを聞かせるには多額の出費が必要であり、また希望どおりに運ばないこともありましたが、AIに切り替わることにより、彼らはより莫大な利益を得ることになってきているのです。
株価暴落等の大不況とは彼らが莫大な資産を得るために行われてきたことですが、米トランプ大統領の登場で勢力図は変わりつつあります。米トランプ大統領は地球温暖化を詐欺だと発言し、彼らの財源であった地球温暖化詐欺を白日の下に晒そうとしています。彼らに操られた娘夫婦イヴァンカ達の反対を押し切りパリ協定離脱を表明したのは記憶に新しいところです。トランプ大統領は彼らの勢力に完全には飲み込まれていないことが見えてきました。
Posted at 2017/06/04 15:55:18 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「今度の日曜は、シェラトン北海道キロロリゾートで開催の『20th North Japan Custom Festival 2017』に子供と一緒に行く予定です。」
何シテル?   06/22 20:16
北海道の寒い時期も洗車やDIYしています。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/6 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

お友達

ファン

72 人のファンがいます

愛車一覧

三菱 ランサーエボリューションX 三菱 ランサーエボリューションX
エボXSST終了となってからの購入です。 終わりからの始まりです。 車体色はダークブルー ...
三菱 ギャランフォルティス 三菱 ギャランフォルティス
エアロ作りが楽しかったですね。 とても思い入れの強いクルマでした。 エボXと外装が似てい ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.