車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年01月01日 イイね!
今年も吉田なるいるい共に年が明けました(笑)
今年も皆様よろしくお願いします!
Posted at 2017/01/01 00:36:07 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2016年12月26日 イイね!
先日エッセで通勤中に突っ込まれまして。
T字路で直進道路側から右折待ちで止まってたら後ろからトラックにどーんと。
一応40km/hの道路だし、ブレーキロックしながら突っ込んできたのでさほどの速度ではないけど、エッセはまぁそれなりにリア周りくっちゃり。
あと首が張って、ぴりっってなる感じで頸部捻挫、頸部筋肉痛で全治10日?とかなんとかって診断書。
一応あっちが全面悪いって言う話。

もう年末だし、ほかの雪事故やら年末休みやらで修理もいつまでかかることやら~って感じ。
ざっと見た感じ、ガラスは割れてないものの、とりあえずハッチとバンパーは当然アウト。
ルーフはぱっと見歪んではなさそうだけど、ハッチは浮いてるので最低ヒンジとそのあたりの板金は怪しい。
感じ的には若干右側のフレームが押されて歪んでるよーな気がする。

気になるし初めて出した板金屋だったから見に行ってきたけど、案の定板金待ちの車でいっぱいで、エッセはそのまま駐車場に。手をつけてないなら当然ながら話も特に聞けず。
というわけで、まぁ多分治るとは思ってるんだけど、それにしたって、くちゃったのは悲しいなぁ…
Posted at 2016/12/26 14:43:26 | コメント(5) | トラックバック(0) | 日記
2016年12月05日 イイね!
書こうとしている本人もラリーには全く詳しくはないのだけど(笑)

自分自身参加したどころか観戦した事もないラリー。
(アレンジしたクイズラリーは一回だけやったことあるけど)
参加するためにはいろいろと準備すべきものが多くて、ジムカーナと違っておいそれと簡単に手を出せる気がしない競技。
さらにジムカーナやサーキット走行よりもリスクの高い競技であることも二の足を踏む原因。
なもんで、ラリーに関してはルールすらもイマイチわからない謎に包まれた競技であります(個人的に)

というわけで、ラリーのルールを調べたり、聞きかじったりした内容を再編成して、簡易化されたルールで遊んでみたいな~なんて。
勝負というよりは、ルールを決めたドライブって感じっすね。
シーズンオフに入って暇なのでそんな事を考えております(笑)


ラリーって言うと、大体こうWRCのSS区間的なものを想像するかと思うわけですが、まぁあんなのは無理でしてw
いわゆるタイムコントロールラリーって奴ならアレンジすればなんとかなるかなと。

本来のルールを簡単に説明すると(本当にあってるかは不明)
コマ図っていわれる地図記号みたいな物をオフィシャルから渡されて、ナビはそれを読み解きながらドライバーに運転を指示する。
コマ図には何m先の交差点を曲がるだとか、何km/hで走るだとかが図で指示されていて、その通りに走ると突然チェックポイントが現れる。
チェックポイントでは到着時間が設定されていて、コマ図どおり正確に走るとその到着時間とぴったりあうようになっていて、つまりコマ図どおりに走れてないと到着時間がずれる事になる。
そして最終的にその時間のずれを積算して、一番ずれの小さかったチームの勝ち。


まぁコマ図書くのは無理だし、コマ図読んでもらうのも無理なので(笑)
コマ図を使わず、もっとお気楽に読めるようなのが良いかなと。
例えば

アルプラザ諸江スタート(金沢駅方向)
↓(5分)
広岡交差点右折
↓(3分)
信号交差点3個目左折
↓(3分)
つきあたり交差点左右折
↓(3分)
信号交差点6個目左折
↓(3分)
施設到着(CP)

みたいな。
みみっちいコースw
ちなみにたどり着けますか?
交差点数え間違えたりすると間違ったところについたり、道が変わって時間が変わります。

例にかいた括弧書きの時間は適当にgoogleマップで調べた時間なのでこの通りいけるかは謎w
とりあえずこれで所要時間は17分でこれより早くついても遅くてついてもペナルティ。
スタートは2分おきくらいにスタートしてなるべくかぶらないように(信号多いとかぶるだろうけど)
収拾つかなくなると大変なので参加台数は数台で、でもナビは何人居ても構わないので1台に数人乗って、わいわいとラリー風ドライブってのも面白いかな~と。


まぁ妄想です(笑)
Posted at 2016/12/05 14:52:43 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記
2016年11月28日 イイね!
たまに書こうとしては書くのが面倒になって中断してる割とどうでも良い記事。
出るほうと主催側のお話。
長いっす。


どうにも出たこともない人達や、ちょっと顔出した程度の人達には理解されにくい公式戦のシステム。
どっぷり?に近い立場から解説。
多少不正確な内容もあるかも。



そもそも何故「公式戦」と呼ぶのかというと、一般的な公式戦と同じく、競技を統率する団体がいて、そこが認定した試合だから「公式戦」と呼ぶわけ。
日本プロサッカーリーグでも日本バスケットボール協会でも日本陸上連盟でもなんでも良いけど、そこが認定した試合を普通は公式戦とか、そこでの結果を公式記録と呼ぶ。
だから、それ以外の試合は草試合、草大会になるわけです。
日本のモータースポーツの場合は統括団体がJAF。あのJAF。

ところで、管轄してるのはJAFなわけだけど、各大会を主催しているのはJAFでは無いわけです。
モータースポーツに限らず、普通スポーツの試合はプロモーター(実業家、営利団体など)か、任意団体(?)によって主催されます。
プロモーターが居るようなもので言うとプロ野球とかJリーグ、スーパーGTみたいな物で、試合そのものを営利活動として試合を主催します。
それ以外の試合は、そうでない団体が行うわけで、例えば大規模な例で言うと一般財団法人東京マラソン財団とかだし、小さな規模で言うと出場者でもあるクラブチームが主催者となって試合を主催するわけです。
モータースポーツの場合、ほとんどがクラブチーム主催です。
レース、ラリー、ジムカーナ、ダートラ、全てのイベントでよほどの大型イベントではない限りクラブチームが主催してます。


ここまでをまとめると、公式戦はJAFが主催を認めたクラブチームが主催する大会、というわけです。
次にクラブチーム、JAF的にはクラブとはなんぞや、っていう説明。
クラブにも規模で種類があるけど、どれも要するにライセンス保有者数が何人かいる団体、ってだけです。
大雑把にいうとJAFのライセンス保有者が何人かあつまってクラブを発足しますよ、JAFに申請すればクラブが作れます。
走り好きの仲間同士で集ったクラブだったり、ショップが主宰して作られたクラブだったり、生い立ちはいろいろです。
要するに物好きの集まりであって、怖いものでもなんでもないです(笑)


ところで、大会をやるにしても単発の大会だった場合、普通に考えてその主催してるクラブのメンバーが参加できないわけです。
主催が大好きなんだって物好きでなければ、普通は試合に出たい人間が集まってクラブになったわけだから、主催だけしたいなんてわけ無いですよね。
プロモーターのように主催した大会で金儲けしようって言うのであれば話は別ですけど。
というわけで、そんなことがないように複数の大会をシリーズ化して持ち回りで主催しようって話になるわけです。

で、シリーズを統括管理、主催者同士の話し合い、参加者への支援する必要があるよねってなります。
というわけでみんなで集まってまた団体を作りましょうって
それが各地にあるJMRCなんとか、って団体です。
中部ならJMRC中部っすね。
それで、各クラブはJMRCに所属するわけです。
JMRCに所属すると、参加者としてはJMRC管轄の大会で値引きをもらったり、シリーズポイント集計してもらったりするので、主催しないクラブもJMRCに所属します。
逆に言うと、所属してないクラブ(例えば地域外)やフリーの人は、参加してもシリーズポイントを集計してもらえません。
というわけで、公式戦に出る場合は各地域のクラブ員にならないとあまり意味がないわけです。

クラブ員になるとそれ以外にもモータースポーツやっていく上でいろいろ便利なことがるし、今はとりあえずやる、やらないに関わらず続けていくならどうせ必要なのでどっかのクラブ員になった方が良いっすよって話です。


ちなみに公式戦の構図としては
フレッシュマン<ミドル戦<地区戦<全日本
的な感じ。
右に行けばいくほどステップアップするので、左から順に始めれば良いのです。
フレッシュマンなんてもうほとんどないし、最近は参加者が少ないのでミドルどころかいきなり地区戦から始まってる地区も結構ありますけど。



さて、主催サイドのお話。
てきとーに書いていきますと。

公式戦の参加費がクソ高いのは会場費用とJAFへの上納金、保険等によって高くなっております。
また大会の継続開催のためには赤字を出すわけには行かないっていう事情もあります。
主催者ももちろん趣味でやっている人ばっかりなので、主催して疲れるわ、赤字でお金もとられるわじゃあボランティアも良いところで、あまりそればっかりだと継続してやってけないってわけです。
せめてちょっとは黒字にして、お疲れさんってみんなでうまい飯くらい食いたいって話です。l

また、例え、ある大会の会場代が安いからと言って、その特定の大会だけエントリー代を安くするわけにはいかないので、シリーズ全体でエントリー代が決められております。
草大会が安いのは、当然の事ながらJAFへの上納金が無い事や、会場運営者が主催するなどして会場代に柔軟性があるからです。


実際主催するまでの流れ。
大会を主催するためには前年からカレンダーに大して大会の申請というのをJAF等に行っていついつ開催しますよっていうのを決める必要があります。
つまり1年越しで開催してるわけですね、はい。

カレンダー申請が通って、カレンダーに大会が登録された後、大会についての書類を揃えます。
誰が競技長だ、誰がコース員長だ、誰が技術員長だうんぬん、と組織について申請したりするわけです。これが数ヶ月前の話。
続いて1ヶ月前からエントリー受付の開始。
エントラントにエントリー受付完了(受理)の返答。
そしてその裏でオフィシャルを集めて(例えば北陸シリーズで言うと25人くらい欲しい)、オフィシャルの配置決め。
事務手続きの最後として保険の処理やら、緊急時にために病院に事前に連絡とったり。
そして前日コース設置、コース走行して安全の確認、ポストの視認性の確認、等々。
諸々。
それで、やっと当日開催に至ります。
要するに結構な労力なんすよ、大会主催って。

当日は当日で審査員という人が他クラブから着ておりまして、大会前から大会終了まで、その大会について審査を常に行うわけです。
コースに安全上の問題はないか、大会運営上の問題はないか、などなど。
朝に1回、今日問題なく大会が行えるかの審査、大会終了前に今日の大会は問題なかったかどうかの審査。
結構細かいところまで突っ込まれまして、クソ真面目だなぁと毎度思っております。

なんやかんやといろいろあって、やっと大会が終了。
無事終わってよかったね、片付けて解散~
ってな感じです。

とまぁ、主催って結構大変なのでやりたくない人も本当は多いのです。
というわけで、主催が嫌な人はあえて主催をしなくて良い小さいクラブに入ったりする事もあるみたいっすね。
じゃあまぁなんで主催するのかっていうと、やっぱり結局は自分の走る場所を確保したいから、に尽きますね。



公式戦のレギュレーションの話。
勘違いしてる人もぼちぼち居ますが、別に特定の車種じゃないと出られないとかそんな事は滅多に無いです。
ただ、勝負をしにきてるのに勝負にならない車で出て楽しいかどうかっていう話にはなります。
ほんとは勝ち負け以外でも楽しいんですけどね。
でも勝負をしにきた人達からすると滑稽に見えるってもんでしょう。
そりゃ仕方ないと思います。

例えば中学校で超すごい成績を出した野球児が、甲子園の箸にも棒にも引っかからない高校に入学して野球やったとして、そいつが楽しいかどうかって話です。
野球自体が楽しけりゃ楽しいだろうし、でも勝負に勝てないと楽しくないのなら楽しくないんです。
勝ちたければ勝てるような準備をする、当たり前の話です。
それそのものを楽しむなら勝事は二の次にする。当然です。
自分が勝てるように変化するのは嫌、だから勝てるようなルールに変更してくれっていうのはワガママな話です。

公式戦のレギュレーションはいろいろ細かいわけですが、まぁいろいろと理由はあります。
まず、草大会と違って格式を保たないといけないっていうのがあります。
草大会であれば車高をガチガチに下げて車検が通らないような車だろうが、会場ルール内ではあるけど車検には通らないような爆音だろうが、タイヤの溝が無かろうが、それらは別にノーチェックでも良いのかもしれませんが、公式戦として格式を保つためにはそういうのを認めるわけにはいかないわけです。
だからナンバー付きの車両であれば一般保安車検が必ず通るような状態である事が前提だし、そうでないならナンバー無しの競技専用車両として扱わないといけないわけです。(もちろん現実はうっかり見逃しちゃったとかもありますけど)

次にコストの問題です。
公式戦に出る車はお金がかかるようなイメージだけど、ジムカーナなら公式戦に出るにはドノーマルでも良いので特別かかるわけではないんです。
改造を厳しく制限しているクラスが多いのは改造コストを抑えるためのルールです。
改造を制限しないのであれば、お金がある人がとんでもない車両を作り上げてしまえば断然に有利になるわけなので、貧乏人、プライベーターにはチャンスが無くなります。
まぁその結果勝負になる車がベースの車の性能にかなり依存する事になるので、車種が限られてしまうっていう側面もありますが、痛し痒しってところですね。


というわけで、鬱陶しいようで、でも参加者に優しくするためのレギュレーションなわけです。
現実はもちろん若干はずれてて、逆に余計にお金かかったりすることもあるわけですが、それはほんの少しの差が結果に出るベテランのハイレベルなドライバー同士の戦いの話であって、入門者レベルの戦いだとそんな車の差より腕の差で勝負がつくので気にしなくて良いのです。
(まぁ規制しなくても腕の差で勝負になるって話も無いではないんですが)



まぁそんなこんなで。
余談でいうと、公式戦っていうのは大義名分にもなるんです。
スキー場の夏場や跡地利用、門前のダートラ場のような市の施設等は、公式戦をやるよっていうのが役所の人にとっては施設を貸し出したり運用していくための大義名分となって便利なものです。
営利で運営されるサーキット等であれば比較的公式戦なんてどうでも良いものだと思いますが、手軽に借りられる施設を維持していくのであれば公式戦は大事にしたいところ、と思います、はい。
Posted at 2016/11/28 13:50:40 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2016年11月20日 イイね!
1週間ほどたったけどバーベキューした話ただ単に炭に火をつけて遊びたいだけの理由でバーベキューを敢行。
こんな酔狂な野郎になんと4人も付き合っていただけまして、合計5人でバーベキューをやってきました。

天気も良いし、気温も丁度いいし、もう言うことなし。
ただし、炭が火がつかない(重要)


巨大な肉は切るとこうなります。



赤いのが苦手な方はここから網で焼くとよろしいのです。
ちなみにオイルマリネで数日前から仕込んだ肉。

そしてヤカンを炭の上に投入してお湯を沸かしてコーヒーを。
安い簡易ドリップだけど。
ついでにソフトクッキーを炭火で温めて食す。




このような感じで平和に完了しました。

食った後適当に駐車場でダベってたら日が暮れたので解散(笑)
個人的にはオフ会とかいう感覚は全くなかったんだけど、これもオフ会なんだろうか?(笑)
暖かくなってきたら多分また火をおこしたいとか言いだすので、ひっそりとやろうかと(笑)
Posted at 2016/11/20 17:54:31 | コメント(4) | トラックバック(0) | 日記
プロフィール
「@ばんたん ジムカーナで外から見てる感じは速いですよー。下手したらスイスポより速い感じ。フィーリングはわかんないですがw」
何シテル?   12/30 12:54
現在、競技車としてインテグラR(DC2R96)でジムカーナ、通勤車としてビートに乗ってました(09年5月で後輩へ。その後10年4月で友人へ。次ぐらいに帰ってくる...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/1 >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
リンク・クリップ
25年ぶりのリメイク 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/03/05 23:37:18
ファン
61 人のファンがいます
愛車一覧
ホンダ インテグラ ホンダ インテグラ
一応競技車でございます。 エアコンあり、強化マウントなし、軽量化なしの軟弱仕様ですが。 ...
ダイハツ エッセ ダイハツ エッセ
ついに納車されました。 地震の影響もあるかと思いきや予定通り納車。
ホンダ ビート ホンダ ビート
超楽しいっす。 通勤車兼ドライブカー 09年春、知り合いのところへ旅立ち。 10年春、 ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.