• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

なにわのべんぞうのブログ一覧

2017年09月30日 イイね!

エンジンがかかりにくい…

数ヶ月前、足回りの修理が完了し、ちょっとは気分が良くなったのですが…。
そういえば、数年前から起こりはじめた症状がありました。
それは、しばらく走らせた後、エンジンが温かい時に再始動すると、セルスターターをかなり回さないとエンジンがかからないのです。
このままだとバッテリーやセルモーターにダメージがおよぶと考え、修理する事にしました。
修理屋さんによると、エンジンを停めたあとに燃圧が保持できていないのではないかとの事。
そこで、燃圧を保持するパーツである、フューエルアキュムレーターを交換する事にしました。


とりあえず上げてみる

普通なら、エンジンを停めていても燃圧が保たれているので、燃料ラインのねじをはずすと勢いよく燃料がふきだすのですが、あまり勢いがありませんでした。
で、注文していたパーツに交換します。


ボッシュOEM

元々付いていた純正品とちょっと形は違いましたが、定位置に取り付け完了。


今まで付いていたパーツ

こんなパーツ、新車当時から替えられた事はなかったでしょう。
30余年ご苦労様。


これから数十年頑張ってもらいます

で、肝心の温間時の再始動は…完全に治りました~。
これでエンジン一発始動ができるようになりました。
やっぱり我々世代の車は、燃圧が大事という事がわかりました。
いや~よかったよかった。

ついでにエンジンオイルの交換もお願いしました。
オイルは、以前と同じKendallにしました。
エンジンオイルを換えてから、大阪に行ったり白馬に行ったりしたので、それなりに少なくなっていました。
一緒に燃えているんだろうなあ。

最近は旧車にもやさしい気候になってきたので、これで気分よく見に行けると思います。
今年は見るだけじゃなくて、参加もしようかな。


Posted at 2017/09/30 23:42:59 | コメント(2) | トラックバック(0) | W126 | クルマ
2017年09月19日 イイね!

いつもの白馬へGO!&榛名で目の保養

9月は、毎年白馬へツーリングに行っておりますが、今年も行ってまいりました。
ツーリング日和のある日、関越自動車道上里S.Aに集合です。
ちょっと暑すぎて、日なただと汗がふきだすほど。


ドライバーは日陰に

高速を降りてから、山道をかなりの勢いで攻めていきます。
老体のべんぞう号でも、容赦はありません。
途中、展望台にて休憩中。


べんぞう号はどこでしょう?

いつものお宿で楽しく一夜を過ごし、翌日整列させて写真を撮りました。
これぐらい集まるのは、どれくらいぶりかしら。


18台集まりました

昨日けっこう走り回ったのですが、翌日も壊れずに問題なく走れました。
渋滞を避けて早めの解散になり、ちょっと混雑気味ではありましたが、概ね順調に帰ることができました。
それでも、3ヶ所で事故していましたけど。
うち1ヵ所では、最近のドライブアシスト付な車がオカマを掘っていました。
アシストされてこれかいなと。


次の週末は、キャンプに行く予定にしていたのですが、台風の影響で延期にしました。
たちどころに暇になってしまったので、以前も行った、スプレンドーレ榛名を見に行く事にしました。
旧車が参加するイベントは雨天中止が多い中、雨天でも決行する気合いの入ったイベントです。

出発が遅くなってしまったので、着いたら皆さんゴールして表彰中の様子。
そんな中、気になる車を何台か写真に撮りました。


宝石のようなマセラティ ギブリ


北海道から参加のW123

このベンツ、綺麗に乗られているなと周囲を見ていたら、羨ましいもの発見!


オーナー30年表彰バッジ

バッジが本当なら、この車が1人のオーナーによって30年走り続けてきた証です。
ナンバーは最近のものになっていたのが惜しいです。
わがべんぞう号も、あと7年ほどでもらえるかな。
それまで表彰制度があったらの話ですが。

ほかにも、雨にもかかわらずたくさんの旧車が停まっていましたが、やっぱり雨漏りとかするのでしょう、車内が曇っている車が多かったです。
しかし、こんな雨の中ひととおりのスケジュールをこなしてきた旧車たちにエールを贈りたい。
ちゃんと治せばまだまだ走るんです。
べんぞう号も頑張らないと。
Posted at 2017/09/19 23:01:54 | コメント(3) | トラックバック(0) | W126 | クルマ
2017年06月20日 イイね!

またまた重整備

確かに、今までにも予兆がありました。
まだ寒い時、ブレーキからシャリシャリ音がなっていたり、ブレーキを離して走り始めるときに、ブレーキを引きずっているような感覚もありました。
でも、ロックはしないし、ブレーキも普通に効くしということで、しばらくほったらかしにしておりました。

で、ある日。
とある高速を降り、信号が赤から青に変わった時に異常な音が出るようになりました。
なんというか、黒板を爪で引っかいたような音を低音にしたような音です。
とにかく、嫌な音でした。

幸いな事に、近くに昔お世話になった車屋さんがあったので、電話して修理してもらう事にしました。
でもずいぶん忙しいらしく、それから半月ほど待たされて、やっと先日修理する事ができました。
2週間もあったので、その間にパーツを入手しておきました。


パーツの一部

とりあえず、昔ローターを交換したかったけどはずれなくて断念した、リアブレーキローターから交換です。
フロントは、以前交換済みです(関連ブログ)。
まずは、キャリパーをはずします。


ブレーキ音の元凶

このローター、ひっぱたいてもこじっても挟んでも取れなかったのですが、フルスイングでトンカチをふり続け、やっと取れました。
で、念願の新品ローターに交換。


やっと換えれた

以前フロントのローターを交換した時、キャリパーも交換したのですが、そのメーカーと最初から付いているキャリパーのメーカーが違ったので、今回のキャリパー交換に伴って、メーカーをそろえる事ができました。


ATEからBENDIXへ

このキャリパー、クラブで解体車がでた時に、はずして大切に保管していたものです(関連ブログ)。
このたび、2回目の就職となりました。
これから数十年、頑張ってもらう予定です。
新品のブレーキパットに鳴き止めシートを加工して貼って交換し、完了。
次はフロントです。

フロントのボールジョイントを交換した時に、右フロントタイヤにガタがあることが判明しました。
停まっている状態からスタートするときに、微妙に車が左にずれてから走り始めるのも気になっていました。
そこで、まずブレーキサポートブッシュの交換から。


中央の棒のつけ根にあるパーツ

この部分、名前のとおり、ブレーキをサポートしているからか、ネジがすごく固い。
はずすのに一苦労です。
筋肉痛になる覚悟で、何とかはずしました。


マフラーが見えてます

はずしたパーツがこれ。


真ん中の棒の部分を交換

私がべんぞう号のオーナーになってからというもの、こんな部品を換えるのは初めてなので、20数年間使われ続けたせいか、グラグラになっていました。


新しいパーツを組み付け

金具なども新しくして、元の場所へ取り付けていきます。
アライメントを調整して、ずれないよう固定し、交換完了。


交換完了!

外していたホイールは、裏が真っ黒けになっていたので、できるだけ洗います。


洗う前

ホイール専用の洗剤を使ってゴシゴシ洗いましたが、途中で挫折しました。
以前よりは綺麗になりましたが(笑


洗った後

フロントのブレーキパットを交換した時に、鳴き止めのシートを貼るのを忘れていたので、今回キッチリ貼りました。
これで、ブレーキ鳴きがなくなってくれたらいいなあ。

あとはブレーキのエア抜きをして、ホイールを組み付けて、全ての修理が完了いたしました。
試走してみると、かなりいい感じ。
ブレはなくなっているし、ブレーキ鳴きはほぼないし、気分良く走れます。
修理してくれた人は、次も予定があるそうなので、お礼をいって早々に帰ることにしました。
Tさん有難うございました。

帰っている途中、重大な事を忘れた事に気付きました。
ホイールを止めているボルト、トルクレンチで締め忘れている…(驚
引き返す時間もなかったので、お知り合いに電話して、トルクレンチを借りに行きました。

お知り合いのご自宅に到着し、トルクレンチでボルトを締めていると、全体的に緩んでいました。
リアのボルトは、1本なくなっていました(怖
それがまた運の悪い事にロックボルト。
1本だけ作ってくれるのか、問い合わせしなければなりません。

かなり昔購入したボルト屋さんに確認したら、まだ商売していたので、同じボルトはありました。
ただ、4本1セットなので、1本だけ購入はできないとのこと。
仕方ないので、4本1台分を購入。


特注品です

最後に余分な出費はありましたが、ロックボルトを取り付け、規定のトルクで締めて、すべて元に戻りました。
これで気分よく走れますが、しばらくは節約してお金を貯めなおさないと。
もう当分修理はしたくないですね。
Posted at 2017/06/21 00:01:54 | コメント(3) | トラックバック(0) | W126 | クルマ
2017年05月02日 イイね!

生息してます、かろうじて。

もうね、満身創痍を通り越して、半死半生な状態が続いておりました。
何でこんなに忙しいんだろう。
普通なら、忙しいのは年度末までで、新年度からはゆっくりできると思ったのに…。

そんな中、べんぞう号のフロントタイヤの内減りが顕著になったので、交換する事にしました。
リアは相変わらずコンチネンタルなので、フロントも引き続きコンチネンタルに。


コンチネンタル スポコン5

今まではスポコン2だったのですが、それに比べてすごく静かになりました。
それ以外は、変化を感じませんでした。
まあ、攻める事もしないですし。


ロゴがデカイ

最近のタイヤって、ロゴが彫り文字みたくなっているのが多いですね。
いかにも最近のタイヤって感じです。

あと、もう一つ。
ピクちゃんが10万㌔を越えて4ヶ月が過ぎ、いよいよ1が並ぶ運びとなりました。


もうちょっと

ちょうど後楽園の辺りを走行中、キリ番になりました。
そんなときに限って、信号が全部青。
仕方ないので、隣のお客さんに撮ってもらいました。


祝111111㌔

今年の8月で2回目の車検なので、かなりの過走行車ですね。
今度、エンジンオイル交換でもしてあげましょう。

以上、最近のできごとでした。



上記のとおり、最近とても忙しく、ネット接続もままならないので、コメントを返せなかったり遅れたりがあります。
この場を借りて、お詫び申し上げます。
Posted at 2017/05/03 00:03:17 | コメント(3) | トラックバック(0) | W126 | クルマ
2017年03月27日 イイね!

独身貴族の所業

一部の方には連絡済みですが、先日の連休に、約15年ぶりに大阪へ帰ることができました。
思えば、絶対大阪を離れる事はないと思いながら赴任した東京での仕事。
3ヶ月で帰る予定がずるずると東京にとどまり、いつの間にやら所帯まで持ってしまいました。

両親と友人に結婚の報告をしてからというもの、いろいろあって帰ることができませんでした。
この度、組長と若頭がママ友の招待で箱根に遊びに行くという事で、久方ぶりの独身貴族です。
この自由な時間を利用して、つかの間の大阪帰省です。
しかも、今回はべんぞう号で帰ろうかと。
出発は18日ですが、前の晩はなかなか眠れませんでした。

早朝、東京をたち、首都高から東名高速へ。
新東名高速を全線走るのも、初めてです。
周りはかなりスピードを出していましたが、べんぞう号はのんびり行きます。
ゆっくり行くぶんには、東名高速のほうが運転しやすいかもと思いました。

新東名高速から伊勢湾岸自動車道を経由して、新名神高速へ。
この辺りはいつも混んでいるようで、設計ミスではないかと思います。
ここまで休憩無しで走ってきたので、新名神高速に入ってから、大きめのP.Aで休憩しました。


草津P.Aにて

しばらくべんぞう号を休ませてから、大阪へ。
7時間ほどかけて、到着いたしました。

まずは、大阪にいる時にべんぞう号がお世話になった車屋さんへ。
一番懇意にしていた人は、本店の店長になっていました。
べんぞう号の主治医だった人は、まだ現役バリバリで活躍されておりました。
よかったよかった。

その夜、中学の時の友人と集まって、懐かしい話に盛り上がりました。
夜遅くまで楽しく過ごす事ができました。

翌日、中学のときからよく遊んでいた山へ行ってみました。
とある神社横の道から、プチ登山です。


昔はもっと狭かった入口

昨今のハイキングブームなのか、昔はけもの道のような登山道だったのが、綺麗に手入れされていました。
登りやすくていいんですけどね。

その登山道から横へそれたところに、ちょっとした景色が見えるところがありました。
中学2年生の時、友人を連れてここまで登り、バカ話したなあ。
そこはまだ残っていました。


ちょっとした展望台

その時、隣の木にナイフで日付と名前を入れたんだっけ…。
その木を探すと、思い出深い木がありました。


この木何の木気になる木

この木の右側に私が、左側に友人がそれぞれ名前を彫ったのです。
よく痕跡を探してみましたが、30余年の年月は傷を消していました。
その時の友人は今何をしているんだろうか。

その後、また別のところへ。
某学校の横に車を停め、長い階段を登っていくとあります。


ここでべんぞう号はお留守番

昔はここも山があり、ため池でザリガニ捕りをしたり、スズメバチに追いかけられたりした思い出があります。
そういえば山道の別れたところに、エロ本があって興奮した事もあったなあ。
そんな事を考えながら階段を登ると、祠がありました。


ここまでかなり階段を登りました

何を祭ってあるかは知りませんが、来る度にお参りしていた祠です。
今回もお参りしました。実に20年ぶりくらいでしょう。
今、この辺りは山が削られ、新興住宅地に様変わりしております。
隔世の感がありますね。

この日の夜は、高校の友人と夕方から会って、やっぱり懐かしい話を夜遅くまでして過ごしました。
なんだか偉そうな身分になった人が多く、皆さん適度にオッサン化していましたね。
みんなに言わせると、私が一番変わったそうです(笑

翌日は、朝から小学校からの友人と会う予定だったのですが、私が寝坊してしまい、会えなくなりました。
そこで、またまた懐かしい箕面方面へ。
箕面スパーガーデンは、まだありました。


かなりお客さんがいます

写真の右側は、昔展望台のようになっていて夜景が綺麗に見えたのですが、今は改築して見えなくなっていました。
当時は、仕事が終わってからわざわざここまで来て、夜景と星を見てから帰ることが多かったです。
そういえば、流星群もここで見たなあ。
万感の思いが巡ります。

次はよく走りに行っていた五月山公園へ向かいます。
所々変わっていましたが、概ね昔と変わらない風景でした。
展望台の入口には、昔もあった公衆電話がありました。


深夜幽霊に遭遇するという公衆電話

展望台は、残念な事に工事中でした。
せっかくだし、上まで登りたかった…。


無念…

仕方ないので、箕面公園のほうへ向かいます。
しばらく山道を走り、箕面の駐車場まで20~30分ほど。


ちょっと綺麗になってました

ここから歩いて箕面の滝まで行きます。
実は私、高校生までサイクリングを趣味としてまして、自転車でここまできた事があります。
あの頃は若かったなあ。


滝は昔と変わっていませんでした

昔の思い出に浸っていたら、東京に帰る時間が近づいてきました。
せっかくなので、通った事のない第2京阪道路を使って帰ることにしました。
走ってみると、なかなか快適な道ですね。
もし大阪にまた帰ることがあったら、行きも帰りも使うんじゃないかと。

帰りは、新東名高速ではなく、東名高速で帰りました。
連休の終わりには必ず渋滞が発生するのですが、高速の渋滞なのでゆっくりでも動くだろうと思いながら渋滞にはまることに。
しかし、一つ誤算がありました。
渋滞が始まると、サンデードライバーが事故を起こし、渋滞をひどくすることです。
案の定、3ヶ所くらいで事故を起こし、60㌔渋滞を乗り越えることに。
帰りは9時間ぐらいかかって、くたくたになりながら帰宅しました。

帰ると、組長と若頭が鬼の形相に。
なんと、大阪のお土産を買ってくるのを忘れていたからでした。

次回の大阪帰省は、当分先になりそうです(泣
Posted at 2017/03/27 00:57:44 | コメント(3) | トラックバック(0) | W126 | クルマ

プロフィール

「最近の若いモンは… http://cvw.jp/b/446646/40653984/
何シテル?   11/01 22:52
大阪出身で東京在住してます。暑がりながら寒い所も苦手、基本は一匹狼ながら並んで走るのが大好きな男です。よろしくどーぞ。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/11 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

リンク・クリップ

お世話になってます。 
カテゴリ:ツーリング
2009/09/15 02:17:21
 

お友達

コメント等のやりとりが無い場合は、やむをえず削除させていただいております(ToT)
その時は、連絡等、一切致しません(ノ_・。)/~~~"

悪しからずご了承くださいm(_ _)m
20 人のお友達がいます
麺屋 魔裟維麺屋 魔裟維 * たこたろうたこたろう
マンネンマンネン 126R126R
koenig440koenig440 pro5.0pro5.0

ファン

15 人のファンがいます

愛車一覧

メルセデス・ベンツ Sクラス 辯蔵 (メルセデス・ベンツ Sクラス)
メインの車両ですが、イベントがあるとき位しか出陣しません。都内をころがすのは色んな面で不 ...
ダイハツ ハイゼットカーゴ HI!Z (ダイハツ ハイゼットカーゴ)
あまり走っていないハイゼットをめざしました。リミテッドでミストブルー、ラグビーナンバーは ...
BMW 7シリーズ BMW 7シリーズ
人生で初めてのマイカーでした。約3年乗ってとどめを刺してしまいました。
ポルシェ 911 (クーペ) ポルシェ 911 (クーペ)
昔ちょっとレースの真似事をしていた時、友人と共同所有していた車です。 今はどこにいるのや ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.