車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+


クラゴン部屋は普通免許とマイカーがあれば誰でも参加OKのドラテク鍛錬場です。鈴鹿サーキットのフルコースからジムカーナ場の基礎鍛錬まで、ドライビングスキルやクルマに合った各種稽古を開催しています。

ドラテク鍛錬場 クラゴン部屋
http://kuragon.net/KURAGONBEYA.htm
2017年05月25日 イイね!
インテR 18万キロ突破先日のクラゴン部屋もてぎASTP稽古オーバーステア編初級で、マイカーインテRが走行18万キロを突破しましたー!

2002年に走行6万キロくらいで買った中古車で、2017年に18万キロまで乗ってるとは思わなかったな。

オレはクルマは好きだけど、あくまでも道具だと思っていますので、不便だけど思い入れがあるから使い続けるということは、基本的にありません。その意味ではクルマ好きよりもドライビング好きともいえるかもしれません。

それでここまで乗り続けているんだから、インテRはドライビング的に最高だということですよ。





18万キロはいいけど、エンジンはもちろん、クラッチのオーバーホールなんか1回もしてないし、そろそろマズイかも。

インテRだから6万キロでクラッチがダメになるということはあまりないだろうし、オレが乗ってからは何もしてないから、それなりに高い確率で18万キロノーメンテです。ここまで乗ると、中身がどうなってるのかちょっと見たい気もしてきます(笑)。

あとはエンジンだな。

B18Cはけっこうエンジンオイルを消費する傾向にあるんだけど、最近ぜんぜん減らなくなりました。昔はそこそこ減ったのに。なぜだ。単純に距離を乗らなくなったからかな。

とりあえず乗れるうちは乗ります。

だけど旧車を維持するような、パーツがないから走れないというような状況になったら、そのときは手放します。壊れるかもしれないからクラゴン部屋のときに使えない、ということになると、ほぼ乗らないことになってしまうので。

次のクルマもマッタリと探してますよ。

バリバリ車はS2000があるから、ちょっと違う雰囲気がいいな。人格を疑われそうなクルマを探索中です(笑)。

関連情報URL : http://kuragon.net
Posted at 2017/05/25 00:40:30 | コメント(3) | トラックバック(0) | クラゴン号 | クルマ
2017年05月20日 イイね!
クラゴン部屋ASTPオーバー編準備日曜開催のもてぎASTPオーバーステア編の準備をしておりますよ。

ASTPオーバー編はまず教室で座学&映像指南から入ります。

オーバーステアは経験命。ただし闇雲にやってもダメです。傾向と対策を先に知った上で実践に入ることが肝要です。

オーバーステアは、ただスピンした、スピンしなかったという結果の話になりやすいのでね。

「よくわからないけど、一生懸命ハンドル操作してたらスピンしなかった!」ではあまり意味がないんですよ。なぜなら再現性がないから。

それよりも、最終的にスピンしても「今のはカウンターステアが足りなかったのかな」と、マイカーの挙動と操作を味わいながらスピンする方がいいです。





こんな経験を安全にしつつ、操作とマイカーの挙動という因果関係がわかるとよりナイスですかね。

例えば自分のクルマはすんごくスピンしやすいのがわかるとか、そういうことが非常に大切です。

で、そういう経験は本人にしかわかりません。

親方が「このクルマスピンしやすいね」と指南するのと、自分で「うわオレのクルマスピンしすぎやべえ!」という経験をするのはぜんぜん意味と言うか、理解の深さが違うじゃないですか。

まずそういう経験をしてもらって、その上でオーバーステアのコントロールがちょっとでもできるようになったらいいかなーくらいで大丈夫です。

あとは時間が解決します(笑)。対策がわかれば練習するだけだから。

では当日お越しのみなさんはよろすぐー。


関連情報URL : http://kuragon.net
Posted at 2017/05/20 02:37:11 | コメント(0) | トラックバック(0) | クラゴン部屋 | クルマ
2017年05月18日 イイね!
ニュルブルクリンク走行映像突然ですがニュルブルクリンクの走行映像です。

最近アレブロで昔のニュルの話を書いてましてね。

せっかくなので動画はこちらでもアップしましょう。

クルマはBMW Z4 Mクーペ。

ニュル専門のレンタカーで借りました。空港などで借りる普通のレンタカーでは保険などの問題があって、イロイロと危険がアブないそうですよ。よく知らないけど。助手席は写真を撮りに来てくれる訓練された弟子です。



サーキットの攻略としてはまあこんなもんかなーくらいですかね。

1年ぶりのニュルブルクリンクでこのラップは2周目かな。全てのコーナーが1年ぶり2回目だと思うと、なかなか変態的な攻めっぷりです。間違っても参考にしないように(笑)。

これでも体調は最悪だったので、本当はもっと上手いです。


オーバーテイクは左側からのみです。

コレはニュルブルクリンクのツーリストタイムのレギュレーションで決まっております。

クラゴン部屋でも本当に初心者向けのイベントでは、この方式を導入してもいいかも。コーナーの左右に一切関係なく左右どちらかに限定はアリだな。

あとは何かあったかな。聞きたいことがある方はコメントを好きに書いてってください(笑)。

レースをやる上で有用な現地情報など答えられないこともありますが。





ニュルブルクリンクのツーリストタイムはこの雰囲気も最高なんですよ。

ヨーロッパ各地からクルマ好きが大集合です。

イギリスから海を渡って来るヤツはいるし、モスクワから3日かけて自走で来たってロシア人もいたな(笑)。

危険すぎるので正式な手順を踏んだ鍛錬なしに走るのは一切すすめません。サーキット走ったことない人が、観光のついでに走ってみるとか危ない。行って雰囲気を味わうくらいが一番いいでしょう。

この世界最高のサーキットがライセンスなしで、1周あたりいくらで走れるんだから最高ですよ。

サーキット人口を増やすためにサーキットライセンスを撲滅したいくらい。

何回も走る常連さんが安くなるのはいいんだよね。ただ、割高でいいからライセンスなしで走れるようになるといいんだけど。走るまでのハードルを下げたいところです。

走っちゃえば楽しいのは間違いないんだから(笑)。
Posted at 2017/05/18 02:38:42 | コメント(4) | トラックバック(0) | ニュルブルクリンク | クルマ
2017年05月09日 イイね!
オルガン式ペダルのヒール&トウコメントでいただいて思い出したヤツ行きましょうか。

アクセル、ブレーキ、クラッチのペダル類のマウント方法の話です。

吊り下げ式はそのまま吊り下げタイプで、オルガン式は床からにょきっと出ているタイプです。天井にマウントするかフロアにマウントするかの差ともいえますかね。

昔の国産車では3つとも吊り下げ式が一般的でした。

今では代表的にはマツダロードスターとか、シビックタイプRとか、アクセルだけはオルガン式の車種がけっこうあります。

そういうペダルによって操作は変わるのか。ヒール&トウを見ましょうか。シビックタイプRのEK9とユーロシビックのFN2です。



ほとんどいっしょだけどちょっとだけ違う。

というのも支点が違うから。当然ですが。

かかとで操作する以上、マウント方式に関係なくペダルの下の方を踏むことになります。支点が下だとペダルが動く量は多く、反対に支点が上だとペダルが動く量は少なくなります。

だから単純に操作量が違う。

厳密にはブレーキと同じ軌道、つまり吊り下げ式の方がやりやすそうな気もするけど、そんな大した差ではないかな。

操作量にしてもそもそも車種によって違うので、オルガン式か吊り下げ式かは誤差の範囲ともいえます。「このクルマはこうなんだな」の範囲内。

細かい話をすると、オルガン式のアクセルの方が、レスポンスが過敏な傾向にある気がします。

吊り下げ支点の方が支点を遠くに(上に)、できるからストロークをとりやすいのかも。フロア支点よりも大きい円になるから。

あと電スロのセッティングもあるでしょう。

前にアレした気もしますが、最近のクルマ=だいたい電スロでしょ。だからペダルストロークが少なくても電スロのセッティングでどうにでもなる、と思ってる部分もあるのかな。聞いたことないのでわかりませんが。

クルマ遊びをする方としては、自動的にいいアクセル開度になるようにセットアップするよりも、いいアクセル開度をコントロールしやすい方向になるといいんですが。



メルセデスSLS GT3のペダル。

レーシングカーだからぜんぶ床から生えております。そしてオルガン式なのにアクセルペダルのストロークがすんごく長いです。

感覚的には、このユーロシビックの倍近くはあるかなー。

ストロークが長くないと500馬力オーバーのリア駆動車なんか乗れませんぜ(笑)。

なのでちょっと違和感があるくらい長かったけど、ちゃんと考えてこうしているんだなと思いました。

オマケですが、オルガン式でいいんだっけ? と思って検索したらとてもいいページを発見したのでご紹介しておきます。

【今さら聞けない】マツダやポルシェが採用するオルガンペダルの利点とは?
https://www.webcartop.jp/2016/10/51832

クラゴン部屋の四季場所や筑波之陣にお越しのみなさんはニヤリとしてください(笑)。

関連情報URL : http://kuragon.net
Posted at 2017/05/09 21:42:09 | コメント(1) | トラックバック(0) | クラゴン部屋 | クルマ
2017年05月08日 イイね!
訓練された弟子の間でドリ車だと評判の親方S2000です。

車載映像ではなくて外から撮影した映像です。雰囲気が違ってたまにはいいべ。



ドリフトというにはちょっと角度が浅いか(笑)。

でもS2000はドリフトするのには難しいクルマなのでまあこんなもんですよ。

どちらかというと加速、減速はちゃんといつも通りで、その中でほどよいヨーレートが発生しているというあたりご覧いただけるとよろしいと思います。

ドリフトといえば、昔TKくらぶさんの走行会でグリップクラスの講師をやらせていただいていましてね。

グリップクラスのみなさんに親方走見…ではなくて同乗走行をやる仕事です。

でもグリップのみなさんだけではなくて、「ライン取りがわからないから教えて」というドリフトの方もけっこういらっさいました。

まずドリフトから入るから、そのサーキットの走り方をつかみにくいらしいんですよ。

ドリフトでもラインとかコーナーごとの速度のアレとかはグリップと共通の部分もあるだろうし。グリップ走行だとまずそこだからビックラこいたわけですが、けっこう喜んでもらえたと思いますよ。

ある日、いつものようにドリフトクラスの方がいらっさいまして。

「ライン取りとかでいいですか?」

「○○コーナーから○○コーナーまでのつなぎ方を教えてください」

つなぎ方って(笑)。

ええやりましたよ。

「慣性ドリフトしかできないけどいい?」と聞いたけど。

ドリフトの作法は最初はサイド、次にシフトロック、そして慣性ドリフトらしいですよ。聞いた話だと。人によって違うかもしれませんが。

とりあえずアクセル踏んで飛距離を出せばつながるかなーと思ってやってみたら、何とかなりましたいえーい。

関連情報URL : http://kuragon.net
Posted at 2017/05/08 01:37:01 | コメント(1) | トラックバック(0) | クラゴン部屋 | クルマ
みんカラセレクト
プロフィール
「インテR 18万キロ突破 http://cvw.jp/b/450001/39824384/
何シテル?   05/25 00:40
趣味はドライビング鍛練、特技はドライビング指南のクラゴン部屋親方です。 ※「クラゴン/KURAGON」はクラゴンの登録商標です。 主な実績 ■シビ...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/5 >>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
リンク・クリップ
kuragonOYAKATA 
カテゴリ:twitter
2010/07/25 16:28:36
 
KURAGON RACING 
カテゴリ:KURAGON RACING
2008/11/01 18:22:32
 
お友達
クルマ好き、ドライビング好きな方は大歓迎です。
239 人のお友達がいます
Ashley☆Ashley☆ * しおしおしおしお *
olddenimeolddenime * yohei nishinoyohei nishino *
TOMOF56JCWTOMOF56JCW * タイラップ しめしめタイラップ しめしめ *
ファン
2,754 人のファンがいます
愛車一覧
ホンダ インテグラ ホンダ インテグラ
ハンドリング、エンジン、最大積載量、全て最高の1台です。安全装備だけなんとかして、このま ...
ホンダ S2000 ホンダ S2000
S耐でもニュルでも大きな転機になったS2000。ここまでいい思いをして買わないのもアレだ ...
マツダ ユーノスロードスター マツダ ユーノスロードスター
クラゴン部屋デモカーです。親方走見、引っぱり稽古など大活躍! クラゴン部屋スペシャル仕様 ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
2009年ニュルブルクリンク24時間で乗ったマトールレーシングのユーロシビックタイプRで ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.