• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+


クラゴン部屋は普通免許とマイカーがあれば誰でも参加OKのドラテク鍛錬場です。鈴鹿サーキットのフルコースからジムカーナ場の基礎鍛錬まで、ドライビングスキルやクルマに合った各種稽古を開催しています。

ドラテク鍛錬場 クラゴン部屋
http://kuragon.net/KURAGONBEYA.htm
イイね!
2015年09月17日

限界とコントロール性

限界とコントロール性 モビルスーツ、ではなくてマイカーの性能を引き出すには、それなりの腕がないとダメだというのが前回のあらすぢです。

だからね、「まだ腕がないけどサーキットを走りたいから、クルマをチューニングする」というのは、今は基本的に間違いです。

「腕がないけどタイムを出したい」なら、改造をしてクルマの性能を上げるのは正解です。レースではそういうセットアップをすることもあります。クルマがドライバーの腕というか、タイムをカバーするパターンです。ドライバーの代わりにクルマがタイムを出す。

なぜならレースは開催する時間が決まっているから。タイムリミットまでに結果を出すのがレースだから。

走行会を楽しむみなさんの場合は、クルマの限界はむしろ上げてはいけない。腕がないけど上手く走りたいなら、コントロール性がいいことが肝要です。


昔のアレだった時代のクルマは、限界が上がるのと同時にコントロール性も上がることが多かったと思うんですよ。

例えばでいえばMR2とか。

MR2を純正で乗るのはけっこう難しいです。特にリアの荷重変動が多くて。その荷重変動をおさえるチューニングをすることで、コントロール性もいいし、タイムも出るという方向になりました。

でもMR2あたりが最後かな。そうするとやはり20年くらい前です。

一方で人間はそんな進化したわけでもないですから、クルマが進化したことで、限界とコントロール性がトレードオフになってしまった状況です。

クルマはとっても面白いんですが、とっても難しいです。ちゃんと考えないと簡単に方向を間違えます。

例えば車体の前後重量配分は50:50がいいという話があるじゃないですか。

なのにフロント荷重の方がよく曲がると思ってる人はいまだに多いんだよね。フロント荷重がよく曲がるなら、前が重たい方がいいはずだべ。

コーナリングのどの部分とか、いろんな条件があるので、ここまで単純な話ではないですがね。考えるきっかけということで。詳しくはクラゴン部屋でアレしてください。


本当の続きはこの話じゃなかったんだけど、図を作るのがめんどくて(笑)。

そのうちちゃんと書きませう。
関連情報URL : http://kuragon.net

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

この記事へのコメント

2015/09/17 19:07:19
サーキット>とりあえず「走ってみたら♪」と言ってみるものの

「タイヤ替えなきゃ」「でっかいブレーキ入れなきゃ」「サス入れなきゃ」
んで
「アンダー出たんで羽付けなきゃ」・・・
etc

と言う方々の多いこと・・・

私はAE86、S13はノーマルS14も3年間はノーマルでした。
BNR32はDラー車検仕様(w

走らせる事自体が楽しい。
上手くいかないから発見が有り楽しい、長続きする。

そう思います。
コメントへの返答
2015/09/17 23:30:21
必要だと思うパーツを換えるのは別にいいんですが、本人がそう思ってないのに換えさせるのがよくないですね。

換えてはみるんだけど、そんなアシの硬いクルマに乗りたくなくて、つまらなくなるということはけっこうあります。

S13とS14で3年間ノーマルはなかなかのプレイだと思います。特にS13は(笑)。

2015/09/17 19:24:37
関係ないかもですが
サーキット行かないけど車高は下げたい、ナビとか快適装備も乗り心地も気にしないんですが、
新しいロードスターをベースグレード買ってオーリンズ車高調入れるか、
ビルシュタインの車高調つきグレードのNR-Aを買って下げるか、
おすすめってありますでしょうか?(^_^;)
コメントへの返答
2015/09/17 23:33:45
NCまでだったらアフターでオーリンズですかねー。NDはわかりませんけど。
2015/09/17 21:58:43
私にクルマのいろはを教えてくれた師匠は新車で購入した初代MR2を1か月で手放したと言っていました。理由は「あんなに疲れるクルマは通勤に使えなかった」のだと。残念ながら私は初代MR2のハンドルを握る機会はありませんでしたが、あの時代のクルマのデタラメさはなんとなく想像できます。そして、古き良き時代の古い常識をいつまでも引きずっているクルマ好きが多いことも・・・。
コメントへの返答
2015/09/17 23:35:28
初代MR2はなかなか勝負かかっていた感じがします(笑)。今では考えられない…けどクルマに魅力がある時代でした。

クルマの進化にあわせてドライバーも進化していきましょう。
2015/09/17 22:18:09
随分前のビデオ雑誌で「セーフティドライブというベースの上に、スポーツドライブが在り、その頂上がレーシングドライブである」というような事を、ガンさんがおっしゃっていたことを思い出しました。
コメントへの返答
2015/09/17 23:38:11
おっしゃってましたね。

ドライバーはスポーツドライブの段階なのにクルマをレーシングカー的にしてしまう部分もあると思いつつ、でもそのヒエラルキーがあるからこそ、すぐにタイムがーとなってしまうのやもしれません。

アレ場所あたりで某所長を交えてアレしたいですね。
2015/09/18 08:16:01
お初でコメント失礼します。大変同感なご意見でしたのでコメントさせていただきました。

ジムカーナをやっているのですが、以前はSWでやっていました。ノーマル然とした車の動かし方を知ることが大事というのはこの車に叩き込まれました。

挙動が分かってからタイヤのグリップを上げ、ブレーキを変え、足回り変更をしていくと、車がどうするとどんな動きになるかよく分かるようになってきますよね。

動かすのは人間ですから、人間の能力、技量以上のいじり方はかえって足かせなだけですよね。

そんな事をしっかり分かって楽しんでる人はどれだけいるんだろう?と改めて考えさせられました。

失礼いたしました!
コメントへの返答
2015/09/18 15:58:56
コメントありがとうございます。

SWはジムカーナで大活躍でしたね。なつかしい。

自分の能力以上のクルマで楽しめる人と、そうでない方が楽しめる人がいると思いますので、自分に合う方向をちゃんと選んで楽しんでもらえるといいと思っております。
2015/09/19 08:14:24
最初に乗った車がAW11でしたが、コントロールしなくちゃって気にさせてくれて楽しかったです。

購入した時からサスキット(F5キロR7キロ)は入ってましたし、エンジンは5バルブでしたし、TRDのヘリカルLSDも入ってましたが、初めてのサーキットデビューでフルノーマルの前期型AW11に負けた時は泣けました(笑)

今はコルトRですが、純正と社外サスキットとでは、特にウェットでオーバーステアが出た時の怖さがまるで違うなと思いました。
コメントへの返答
2015/09/19 19:34:16
AWは瀬戸アップが決まってると楽しいですが、なかなか難しいクルマでしたね。

ウエットで純正以上のサスキットはあまり多くないと思います。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 
みんカラセレクト

プロフィール

「インテR vs シビックR vs S2000 http://cvw.jp/b/450001/40555296/
何シテル?   10/09 23:19
趣味はドライビング鍛練、特技はドライビング指南のクラゴン部屋親方です。 ※「クラゴン/KURAGON」はクラゴンの登録商標です。 主な実績 ■シビ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/10 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

リンク・クリップ

kuragonOYAKATA 
カテゴリ:twitter
2010/07/25 16:28:36
 
KURAGON RACING 
カテゴリ:KURAGON RACING
2008/11/01 18:22:32
 

お友達

クルマ好き、ドライビング好きな方は大歓迎です。
244 人のお友達がいます
ゼロヨン兄ゼロヨン兄 * オババオババ *
okatatsuokatatsu * とっ様とっ様 *
Ashley☆Ashley☆ * タイラップ しめしめタイラップ しめしめ *

ファン

2,900 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ インテグラ ホンダ インテグラ
ハンドリング、エンジン、最大積載量、全て最高の1台です。安全装備だけなんとかして、このま ...
ホンダ S2000 ホンダ S2000
S耐でもニュルでも大きな転機になったS2000。ここまでいい思いをして買わないのもアレだ ...
マツダ ユーノスロードスター マツダ ユーノスロードスター
クラゴン部屋デモカーです。親方走見、引っぱり稽古など大活躍! クラゴン部屋スペシャル仕様 ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
2009年ニュルブルクリンク24時間で乗ったマトールレーシングのユーロシビックタイプRで ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.