• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+


クラゴン部屋は普通免許とマイカーがあれば誰でも参加OKのドラテク鍛錬場です。鈴鹿サーキットのフルコースからジムカーナ場の基礎鍛錬まで、ドライビングスキルやクルマに合った各種稽古を開催しています。

ドラテク鍛錬場 クラゴン部屋
http://kuragon.net/KURAGONBEYA.htm

クラゴン親方のブログ一覧

2016年11月21日 イイね!

外れたタイヤは凶器

ホイール&ナットの話は楽しんでいただけたようで何よりでした。

みなさんご存知のことと思いますので敢えて書かないし詳しいことは一切知りませんが、結果として走行中のクルマから外れたタイヤは凶器です。

重量で20kgくらいのモノが、回転しながら、サーキットでは時速100km以上でブッ飛んで来ることもあるわけですよ。

そんなもん人間の力では一切抵抗できません。カートコースでバイトをしていたときに習ったのは、「絶対に止められないから逃げろ」です。

サーキットに長くいると、タイヤが外れるシーンもそこそこ見ます。F1だって年に1回はあるし、そんなに珍しいことではないです。

なんだけど、走行会に参加するみなさんの場合は、まさかマイカーのタイヤが外れるなんて、というのが正直なところでしょう。

だから安全性と、軽量化やドレスアップを天秤にかけちゃうんだよね。それは知らないから仕方ないことなんですが。

そんなもん比べるまでもなく安全性が最優先に決まっております。それも可能な限りの。

ちなみにクラゴン部屋ではタイヤがポロッと外れたのは過去に2回。

どちらのケースもスタッドボルトの破損ではなく、5本のナットが全て外れました。ナットの材質はアルミ。統計的に因果関係を証明できるデータではありませんが、とりあえず使わない理由としては十分だべ。

そういう事件が実際にあってルールを決めております。

プロのメカニックが管理できるわけではないから、サーキットでのマージンはいくらあってもいいんですよ。

タイヤ、ホイールに関するトラブルというのは本当に深刻な結果になる可能性が高いので、そんなふうに読んでいただけるといいと思います。
関連情報URL : http://kuragon.net
Posted at 2016/11/22 02:37:15 | コメント(6) | トラックバック(2) | メンテナンス | クルマ
2016年11月10日 イイね!

ホイールナットの注意点

ホイールナットの注意点ホイールの寿命の勢いで、ナットの話もしませかのう。

あまり詳しくないのであくまでもクラゴン部屋ルールです。参考程度にどうぞ。

ホイールナットは「鉄」のみ。

一択です。それ以外は使用禁止。アルミはもちろん禁止。ジュラルミンは種類があってよくわからないのでとりあえず禁止。

レーシングカーが鉄なので、大人しく鉄を使っておけば問題ナシです。めんどいのでいちいちチェックはしませんが。もちろんちゃんとしたメーカーのヤツ限定ですよ。


「軽量化が」→その腕だったら関係ないので安心してください。

「ドレスアップが」→安全よりも大切ならクラゴン部屋には来ないでください。

「この材質は大丈夫ですか?」→知らんがな。


クラゴン部屋のレギュレーションは、ほぼ全て実際にあった事件(笑)をベースに禁止にしております。そのへん全部含めて鉄だと言っているので、これ以上一切お答えしませんので。

チューニングに関しては自己責任でどうぞと言いたい部分もありつつ、サーキットでタイヤが外れたら人の走行時間を大量に奪うから、自己だけの責任では済まないんですよ。

その上で、クルマ遊びはオトナの遊び。クラゴン部屋は紳士の社交場ですから、弟子のみなさんご自身でご判断ください。


あとホイールナットも永久には使えませんので。必要ならサクッと交換してください。

ネジ山がカジッてるのはもちろんダメだし、ホイールと接触する座面がガリガリ君になってるのもダメです。

そうするとボルトもある程度で交換か。



締めすぎなければ、まず折れてるのは見たことありませんが。でも負荷がかかる部分ではあるはずだから、ホイールと同じく定期チェックしておくといいでしょう。

他にもボルトのネジ山に専用のグリスを塗るとか、けっこう知らない人がいそうです。車種によって違ったりすることはないと思うんだけどどうかな。マイカーのことなのでよく調べてください。

メンテナンスネタの難しいところは、すんごく細かく頻繁にチェックするメカ大好きな人が、自分の感覚で「ここまではOKだよ」と言ってしまうことですかね。

そうするとチェックの頻度が落ちるだけで破綻するところまで進んでしまう。とても詳しくて親切でも、参考にしてはいけない人はいます。自分のクルマだけ整備している人と、素人のお客さんを相手にするプロとでは、そこのマージンの取り方が違うはず。

オレはあまりというかぜんぜん気にしない方なので、タイヤホイール専門の某変態サービスにお願いしてしまっております。

ちょっと刺激が強すぎるところなので、興味のある方はクラゴン部屋でどうぞ(笑)。

関連情報URL : http://kuragon.net
Posted at 2016/11/10 19:47:20 | コメント(10) | トラックバック(1) | メンテナンス | クルマ
2016年11月09日 イイね!

ホイールにも寿命がある

ホイールにも寿命がある書こうとしてすっかり忘れてたヤツを行きませうか。

サーキットに行くべとなると、ブレーキパッド&フルード、車高調(クラゴン部屋は非推奨)、と並んで交換するのが、タイヤ&ホイールでしょう。

自分だけのクルマ的なドレスアップ効果もあるし、だいたい純正ホイールはカッコ悪い、という方も多いんじゃないですかね。

車種によってはありゃーというのもあるので否定はしませんが(笑)。

ただしホイール交換には注意が必要です。

ホイールは永久に使えるモノではありません。

そりゃクラッシュすれば壊れるし曲がる、ということではないんですよ。ぶつけなくても壊れます。

よくあるパターンがクラック。クラックは細いヒビみたいなヤツです。



このホイールのデザインだと赤いところ、スポークとリムの境界がチェックポイントです。

あと見逃しやすいのが裏側。表から見てOKにしないで、ホイールを外したときに必ずチェックしましょう。

青矢印は境界にRがついてクラックが入りにくいようなデザインです。さすがBBS。


でね、ホイールは消耗品です。タイヤはもちろん消耗品だし、ダンパーやスプリングだってヘタるし、ボディだって剛性が落ちます。ホイールだけはずっと使えるなんてことはないです。

なんだけど、みなさん意外とホイールの消耗は考えないんだよね。

タイヤからあれほどガンガン入力があるのに、消耗しないわけないべ。クルマ雑誌にどーんと広告を入れてるようなメーカーでも、そこそこクラックが入るという話はあります。

レースではホイールは完全に消耗品です。ぶつけて曲がれば交換。縁石に乗って曲がれば交換。剛性がなくなれば交換。定期的に交換もするかも。

高いモノではありますが、ホイールはそういうもんですから、機会を作ってよーくチェックしましょう。もちろん汚いホイールではクラックは見えません。

ほぼ唯一の例外が純正ホイール。



車種によるとは思いますが、基本的には純正ホイールはムダに(失礼)丈夫です。オレが純正ホイールを使うのは、丈夫で管理がラクチンだから。

デザインとか重さとかイロイロとアレですが、デザインを攻めても軽量化しても、つまるところ耐久性が落ちるともいえますので。そこはトレードオフでしょう。

ホイールが割れると本格的に危険です。空気が漏れるならまだマシですぜ。スポークが折れてタイヤがブッ飛んでいくから。

レーシングカーで壊れた経験のあるオレが言うことなので、マジメに参考にしてください。

安全に楽しくクルマ遊びをしましょう。
関連情報URL : http://kuragon.net
Posted at 2016/11/09 16:21:16 | コメント(13) | トラックバック(0) | メンテナンス | クルマ
2013年04月17日 イイね!

エンジン慣らしの都市伝説 後編

エンジン慣らしの都市伝説 後編こりゃぜんぜん収拾の気配がありませんな。はっはっは。

いやね、ナラシが必要だと言われてるモノってイロイロあるじゃないですか。エンジンだけじゃなくて、ダンパーとかタイヤとかさ。

でもレースでは、ダンパーや間違ってもタイヤのナラシをしてる人はいません。

そしてエンジンのナラシでいうと、距離や回転の上げ方はみんな気にするのに、負荷や時間は気にしないべ。

例えば高速道路で、同じ距離を5速4000回転の時速100キロで走るか、3速5000回転の時速80キロで走るかで、エンジンの仕事はぜんぜん違うでしょう。等速で5000回転を維持するのと、加速して5000回転まで使うのとでは、やっぱり違います。

アクセルワークと負荷の話なんかあってもいいはずなのに。

そこを気にしないでいいってことは、「すぐに全開にしなけりゃいい」くらいのニュアンスでいいような気がしませんか。

キッチリ回転を合わせて、長距離を走って、何回もオイル交換して、その労力、時間、金銭のコストに対してどこまで効果があるのか。誰かわかるエンジニアさんとかいないかなあ。

アクセルの踏み方からビシバシ指南してくれる人が。

それがないってことは、それほど気にしないでいい程度にはエンジンの信頼性が高いと思っていいんじゃないですかね。ハッキリとわからないところがまさに都市伝説。


自分の得意なクラゴン部屋に置き換えると、指南するドライビング上達の方法は、よほどの特例を除いて、誰にでも効果がないといけないわけです。

「効果や因果関係はよくわからないけど、とりあえずやっておきましょう」

なんてやってたら怒られますな(笑)。

都市伝説全編通してのアレは、科学的な見方をアレする鍛錬でもあります。
関連情報URL : http://kuragon.net
Posted at 2013/04/17 16:59:49 | コメント(2) | トラックバック(0) | メンテナンス | クルマ
2013年04月16日 イイね!

エンジン慣らしの都市伝説 中編

エンジン慣らしの都市伝説 中編次の写真はバイエルンエンジン工場さんちのにしますか。

M3の直列6気筒はハンパないパワーとスムースさですが、個人的にはエンジンのバルクヘッドへのメリ込みっぷりが印象深いです。


ナラシについては、やはりよくわからんということですかのう。

クラゴン部屋は弟子のみなさんのエンジンで検証できるところが強みです。ふふふ。

さんざん乗らせていただいてるカンジを思い出すと、「このエンジンはナラシに失敗してるな」と思うことはないな。

みなさんそれぞれの方法でやってきたか、あるいはナニも気にしないか、いろいろあるはずなのに、それが性能に影響しているかどうかと言われると、正直言ってないです。

インテRは全部速いし、ロードスターは全部遅いし(笑)、距離を走りすぎてちょっとくたびれてるとか、中古を買ったばかりでぜんぜん上が回らないことはあるけど、ナラシ運転の差とは違うカンジです。

なので丁寧に回転を上げて行くというよりも、日常的にちゃんと上まで回しているかどうかが効いているような気もします。エンジンに熱を入れてやるってカンジですかね。

そして面白いことに、レーシングカーではナラシでエンジンを良くするという発想はありません。

当たりエンジンは確かにあるけど、それは公差の範囲でたまたまピッタリ来たクランクやシリンダーのアレで、ナラシの仕方がって話になったことはないな。

「いい状態で長く乗りたいから、ナラシに5000キロかけました!」

というのはたぶん意味がないです。


ただし、オーバーホールに出して、専門的な人に組んでもらったエンジンは別です。

経験的に「これくらいの距離は全開で走らないでね」という数値をご存じのはずなので、そこは尊重してください。10万キロノートラブルのエンジンと、レースなら1年でオーバーホールのエンジンとでは、組み方にも差があるでしょうから。



関連情報URL : http://kuragon.net
Posted at 2013/04/16 15:34:24 | コメント(4) | トラックバック(0) | メンテナンス | クルマ
みんカラセレクト

プロフィール

「インテR vs シビックR vs S2000 http://cvw.jp/b/450001/40555296/
何シテル?   10/09 23:19
趣味はドライビング鍛練、特技はドライビング指南のクラゴン部屋親方です。 ※「クラゴン/KURAGON」はクラゴンの登録商標です。 主な実績 ■シビ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/10 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

リンク・クリップ

kuragonOYAKATA 
カテゴリ:twitter
2010/07/25 16:28:36
 
KURAGON RACING 
カテゴリ:KURAGON RACING
2008/11/01 18:22:32
 

お友達

クルマ好き、ドライビング好きな方は大歓迎です。
244 人のお友達がいます
macモフモフmacモフモフ * タイラップ しめしめタイラップ しめしめ *
さとし6号車さとし6号車 * おて~~く。(・∀・∩)おて~~く。(・∀・∩) *
裏yutaha裏yutaha * タケシ007タケシ007 *

ファン

2,900 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ インテグラ ホンダ インテグラ
ハンドリング、エンジン、最大積載量、全て最高の1台です。安全装備だけなんとかして、このま ...
ホンダ S2000 ホンダ S2000
S耐でもニュルでも大きな転機になったS2000。ここまでいい思いをして買わないのもアレだ ...
マツダ ユーノスロードスター マツダ ユーノスロードスター
クラゴン部屋デモカーです。親方走見、引っぱり稽古など大活躍! クラゴン部屋スペシャル仕様 ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
2009年ニュルブルクリンク24時間で乗ったマトールレーシングのユーロシビックタイプRで ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.