• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+


クラゴン部屋は普通免許とマイカーがあれば誰でも参加OKのドラテク鍛錬場です。鈴鹿サーキットのフルコースからジムカーナ場の基礎鍛錬まで、ドライビングスキルやクルマに合った各種稽古を開催しています。

ドラテク鍛錬場 クラゴン部屋
http://kuragon.net/KURAGONBEYA.htm

クラゴン親方のブログ一覧

2009年08月29日 イイね!

親方オーリンズ 開発秘伝 其参

親方オーリンズ 開発秘伝 其参オーリンズにしてからは走りました。とにかく走った!

幸いにしてクラゴン部屋に乗って行けば行く先はみ~んなサーキット。ついでにテストし放題の恵まれた環境です。一般道が快適になったから移動もラクチンで、もうSUGOが遠くないんですよ。

「筑波は近いけどリンクサーキットは遠いからちょっと…」という人もいるけど、それはアシをサーキットに合わせすぎなんじゃないかと思うんだよなあ。サーキット以外が不快だから移動時間の短い近いところがいいってことはないでしょうか。

それもわかって割り切ってやってるならいいんだけどね。やれタイムがどうのという声が大きすぎて、本来楽しく乗れればいい人まで、タイムを出さなきゃいけない間違った方向に誘導してるフシはあるな。

それはいいとして、いろんなところで乗って気付いたのは「オーリンズは良すぎる」ってことでした。

タイヤはネオバのAD07で、高速テクニカルのSUGOだって減衰最弱で普通に走っちゃうほど。減衰を硬くしてロールスピードをほどよく規制すると荷重変動が減ってもっと乗りやすくなって、これは教育上良くないってことになって(笑)。

一般道快適仕様としてもちょっと硬いし、ドラテク鍛練場のクラゴン部屋としてはもうちょっとストロークさせて荷重のコントロールを鍛練できるほうがいいなと。

そこでオーリンズ標準仕様からロール剛性を下げる方向にしたんですよ。

オリジナルといえばスプリングも減衰力もアップして「○○サーキットで何秒」というのが定番の中で、もっと柔くするのはまず聞いたことがないでしょう。

実はオレも不安になってオーリンズにできるかどうか確認をしてたりして(笑)。


この仕様変更にあわせて実は前後のバランスも変更してあります。

ロードスターってみんなオーバーステアじゃない? オレは他のクルマと比べてオーバーが強いと思うんですよ。

このオーバーなところがロードスターらしいと思わないでもないんだけど、結局は低いリアの限界に合わせて低い速度にしなきゃいけないわけで、ドライビングの質を上げるのが難しいクルマになってしまいます。

オーリンズ標準はかなりいいとはいえ、その傾向はわずかにあります。それがちょっとアレなアシのクルマだったら、もうどっひゃーとケツからさやうならをしてしまうわけですよ。低速でケツが流れりゃ楽しいってレベル低いな。ロードスターはジオメトリー的にそうなりやすいってこともあるんですが。

そんなオーバーステアで「ロードスターは練習にいい」って言っても、初心者にはちょっと難しいじゃないですか。

だからリアのストロークはさせつつ、でもスパッと抜けないようにしてあります。抜ける前にロールの大きさで気付いてもらえるってところかな。

どれくらい落としたかはスプリングも減衰も数値はヒミツ。オレが集めたデータをタダで知らない人に教えるほどお人良しじゃありません。それにこっちは乗り味で勝負してるんだから、数字で判断されるのも違うしね。

そんなこんなで悩みつつオリジナルの数値決定までこぎつけました。

続く。



Posted at 2009/08/29 20:40:04 | コメント(0) | トラックバック(0) | クラゴン号 | クルマ
2009年08月24日 イイね!

親方オーリンズ 開発秘伝 其弐

親方オーリンズ 開発秘伝 其弐
悩むだけ悩みながら、それでもできるだけ安くしようと思ってて、そんなときにあるご縁から伺ったのがRSアイザワさんでした。

もうずいぶん行ってないけどみなさんお元気かなあ。

「一般道快適でサーキットもソコソコ、いいダンパーを使ってるので、車高は下げない」と希望を伝えたら「それが一番難しいんだよ」と言われたような記憶が(笑)。そしてオススメいただいたのがオーリンズでした。

値段は確か20万円ちょっと。ちょっと高くて考えたのは考えたんですが、もう考えるのに疲れててさ(笑)。オーリンズならご存じのようにレースでもお墨付きだし、どーでもいいのに10万円弱プラスしてオーリンズならそれってアリでしょ。

どうせ同じ時間乗るなら早くいい状態にして、いい状態で乗るのがいいに決まってる。例えばNB純正流用にして結局イマイチの出来だったら、いくら安いといってもお金も時間ももったいないよね。そこはレースをやってクルマ造りの難しさを知っている立場なので、すぐにあきらめがつきました。

オーリンズにした理由にはもうひとつあって、どんな車種でもハズレが少ないんですよ。

DC2でもDC5でもロードスターでもGT-Rでも、どんな車種でもある程度以上に仕上がっていて、そこから減衰1ノッチでもちゃんと変化が出る。それをクラゴン部屋やTKくらぶのインストラクターでさんざん見てきました。いい仕事だなあ(爆)。

レースでもステッカーは○○なのに実際使ってるのはオーリンズってところもあるしね。

それでまずはオーリンズのメーカー標準スペック、いわゆる「ツルシ」を装着してやったというわけです。

ツルシだとバネが8kg/6kgだからちょっと硬いのかなとか思ってたらぜんぜんそんなことはなくて、乗り心地はいいしロードホールディングはいいし、ロードスター必殺のリアの底付きもないし、もう天国みたいなもんですよ。オーリンズって安いと思ったね。

実はストロークの少ないところでのコツコツはダンパーが効くんですよ。バネでコントロールするのがロール量で、ダンパーでコントロールするのがロールスピード。だから動き出しのコツコツはダンパーの初期が硬いとかフリクションがあるとか組んだ人間にセンスがないとかの問題です。

それでもって最大ロール量を変えたいときはバネを換えるわけですよ。

その区別がついてない人が多いんだ。とはいえダンパーを硬くして、ロールし切る前にコーナーが終わっちゃえば最大ロールも減るからリンクはするわけですが。バネが硬い=乗り心地が硬いという簡単な話ではありません。

確か最初のテストで仙台ハイランドに行ったのかな。

減衰調整を端から端までやって、予想通りいい意味で万人向けなのは一発でわかりました。迷ってる人は一般道からサーキットのSタイヤまで、オーリンズのツルシでたぶん何も問題なく走れるでしょう。もちろんタイムを出すとなるとちゃんとしたセットアップをしないといけませんが。

ってことは、オレの使い道にあわせるとちょ~っと変えたら面白そうだったんだよね。

そしてオーリンズは仕様変更もできる! ということはオーバーホールにあわせてやれば一石二鳥だべ、というのがクラゴン部屋仕様オーリンズ(仮)の第一歩です。

その後は一般道から高速からサーキットから走りまくって、仕様変更のためのデータ集めに明け暮れました。

続く。




Posted at 2009/08/24 23:11:49 | コメント(0) | トラックバック(0) | クラゴン号 | クルマ
2009年08月21日 イイね!

親方オーリンズ 開発秘伝 其壱

親方オーリンズ 開発秘伝 其壱なぜ一介のクラゴン部屋親方兼たまにレーシングドライバーが、しかも自力でオリジナルのサスキットを開発したのか。

秘伝というほどでもありませんが、その一端をご紹介しましょう。

最初に言っておきますが、オレの場合は名前をつけて「クラゴンモデル」にすると死ぬほど売れてウハウハなんてことはないので、別にメーカーから商売を持ちかけられたわけではありません。しかもオーリンズと共同開発というわけでもなく、オレが好き勝手にやってるのを「まあ1セットでも売れるならいいか」としょうがなく付き合ってくれている、というのが正確かもしれません(笑)。

そしてオレの場合は特定のメーカーと組まないから、自分が使うモノにも、パーツの良し悪しを表現することについても誰の制約も受けません。唯一の制約があるとしたら、それはクラゴン部屋に来てくれる人にウソをつかないってことでしょう。

ダメなブレーキやダメなタイヤを知りたければ、聞いてくれればお答えします。コソッと。


さて、親方オーリンズ開発は2005年のロードスター購入にさかのぼります。

ロードスターを買ったのは、オレが大好きなあるドライバーさんと、あるライターさんっていうか某所長が乗っていたから。この2人が乗ってるならなんか理由あるんだべ、という極めて興味本位な動機です。

最初はオープンも楽しかったんだけど、付いてた純正ビルアシにだんだん我慢できなくなってきてさ。単純に純正だからダメだってことじゃなくて、もうヘタヘタだからってこともあるんだけどね。

そこで考えました。こりゃアシやるべ。

とはいえ39万のロードスターを買ったオレにうなるほどの金があるわけもなく、NB流用とか、10万円ちょいのCリング車高調とか、安い範囲でいろいろ探しました。コニとかビルシュタインクラブマンパックなんかはけっこうマジメに検討したなあ。買わなかったけど。

オレの使い方としてはクラゴン部屋の稽古の往復と現地での親方走見。だから一般道だけでもダメだし、サーキットだけでもダメです。もちろん雨の日も風の日も雪の日も走れないとNG。だいたい雪の日が一番楽しいじゃん、へっへっへ(笑)。あと段差で減速するのが嫌いだから車高が低すぎるのもダメ。

と、さんざん探した結論が


「ちょうどいいのがねえ」


なんですよ。

ロードスターのアシってストリート用かサーキット用ばっかりだと思わない? それでいいといえばいいのかもしれないけど、でもサーキット用にしたってサーキットに行く道って一般道じゃん。不快な一般道を長時間走って、サーキットで短時間だけ楽しいっていうのは、オレは好きじゃないな。

とはいえストリート用にしてサーキットであんまりさみしいことになるのもねえ。

サーキットもストリートも楽しいってそんなに難しいことじゃないんだけどな。だってインテRはそうなってるわけだし。

あとサーキット用とかストリート用とか抜きにして、良いダンパーということは考えました。ダンパーはクルマの姿勢を勝手に制御してくれるとっても大切なものだからねえ。ニュルじゃ乗りたくねえダンパーはいっぱいあります。

一般道向けのはサーキットはイマイチそうだしダンパーが安そうだし(というか安い)、といって良いダンパーを使ってるのはだいたいサーキット用でバネはカチカチ車高はペタペタ。そっちじゃねえんだよなあ。

結局は純正インテRテイストのロードスターが欲しいということだったのかもしれません。なんというナイモノネダリ。

オレが乗る以上はクラゴン部屋としての評価の基準車でもあるわけで、それがただのサーキット仕様車だったり、ただの街乗り車だったりしたら、みなさんのクルマの良し悪しを判断することはできんでしょう。そんなんじゃ乗る意味がないよね。

続く。


Posted at 2009/08/22 00:44:16 | コメント(0) | トラックバック(0) | クラゴン号 | クルマ
2009年08月20日 イイね!

2009夏場所 THE夏祭り

2009夏場所 THE夏祭りホームページで遊んでて遅くなってた夏場所の話です。

今回は暑かった! そしていっぱい走った! みんな上達したね。3日目にはもう別人です。おりゃーと走っておりゃーと悪いとこを修正していけば、それだけで上達するもんだと改めて思いました。

悪いところっていうのは、ただの突っ込みすぎだったりブレーキが雑だったりステアリングが雑だったりアクセルが遅くて雑だったり、完全無欠にその人次第なわけで、そこをひとつひとつ直していくのは大変なんだけどね。

でも結局はそれが一番の近道だとオレは思ってます。何かひとつのテクニックがあって、それを覚えれば誰でも上手く走れるなんてことはねーな。「ブレーキを残す」なんてのはその典型だよね。ニュルじゃそんなこと危なくてできないですよ。

上達にまわり道はあってもショートカット路はありません。せめて寄り道しないように心がけましょう。

夏場所はコーナー特訓に明け暮れたような気がするので、10月の秋場所は親方走見祭りにしよっかな。


あと今回はクラゴン部屋ロードスターが絶好調でさ。

気合いでやったアライメント変更とタイヤ選択が全てオレの予想通りにキマって、いい意味でロードスターらしい楽しいハンドリングに仕上がってました。世の中には悪い意味でロードスターらしいのが多いんだけどさ(笑)。

しかもホイールベースを測ってみたら左右差はなんと1ミリ。こりゃもう奇跡の範疇ですな。

アライメントとタイヤなんて通常整備の話なんだけどね。でもそこをキッチリやって、性能を引き出すのが正しい意味でのチューニング=調律でしょう。

弟子のみなさんにはその仕事っぷりを助手席で体感していただけたことでしょう。基本39万円(修復有)のロードスター+親方オーリンズだけなんだけどね。

完全にモトは取ってるな(笑)。

Posted at 2009/08/21 00:15:31 | コメント(1) | トラックバック(0) | クラゴン部屋 | クルマ
2009年08月20日 イイね!

ホームページ復活!

ドキッとしましたが無事に復活しました。

完全にたいしたことない理由でした(爆)。これでひと安心です。

改めまして、今後ともよろしくお願い致します。
関連情報URL : http://kuragon.net
Posted at 2009/08/20 14:39:06 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
みんカラセレクト

プロフィール

「鈴鹿フルコース MR2車載+足カメラ http://cvw.jp/b/450001/40601005/
何シテル?   10/20 22:20
趣味はドライビング鍛練、特技はドライビング指南のクラゴン部屋親方です。 ※「クラゴン/KURAGON」はクラゴンの登録商標です。 主な実績 ■シビ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2009/8 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

リンク・クリップ

kuragonOYAKATA 
カテゴリ:twitter
2010/07/25 16:28:36
 
KURAGON RACING 
カテゴリ:KURAGON RACING
2008/11/01 18:22:32
 

お友達

クルマ好き、ドライビング好きな方は大歓迎です。
244 人のお友達がいます
オババオババ * タイラップ しめしめタイラップ しめしめ *
olddenimeolddenime * おて~~く。(・∀・∩)おて~~く。(・∀・∩) *
macモフモフmacモフモフ * まる..まる.. *

ファン

2,903 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ インテグラ ホンダ インテグラ
ハンドリング、エンジン、最大積載量、全て最高の1台です。安全装備だけなんとかして、このま ...
ホンダ S2000 ホンダ S2000
S耐でもニュルでも大きな転機になったS2000。ここまでいい思いをして買わないのもアレだ ...
マツダ ユーノスロードスター マツダ ユーノスロードスター
クラゴン部屋デモカーです。親方走見、引っぱり稽古など大活躍! クラゴン部屋スペシャル仕様 ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
2009年ニュルブルクリンク24時間で乗ったマトールレーシングのユーロシビックタイプRで ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.