• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+


クラゴン部屋は普通免許とマイカーがあれば誰でも参加OKのドラテク鍛錬場です。鈴鹿サーキットのフルコースからジムカーナ場の基礎鍛錬まで、ドライビングスキルやクルマに合った各種稽古を開催しています。

ドラテク鍛錬場 クラゴン部屋
http://kuragon.net/KURAGONBEYA.htm

クラゴン親方のブログ一覧

2014年06月29日 イイね!

ステアリングワークのコツの続き

ステアリングワークのコツの続きステアリングワークの続きです。

では送りハンドルはどうか、という話になると思うんですよ。ドラテク本にも出てくるじゃないですか。

個人的には、あんまり細かく持ち替えるとダメだと思うんですが、9時15分で固定する必要はないと思っています。両手が完全にクロスするのも窮屈だし。

なので持ち替えは最小限にしつつ、必要なら持ち替えもOKです。

前回の鈴鹿ヘアピンのちょっと手前ではこうです。



左手が上に行ってるべ。

ここから引き降ろしつつい、右手は9時位置のまま。

だから送りハンドルというよりは、むかえハンドルでしょうか。

オレの場合は足が太いというアレがありまして(笑)、ステアリングの下半分はあまり使わない傾向があります。でもあんまり下の方は、たぶんみなさん使いにくいでしょう。

そこからコーナリング中はこう。



というカンジですかね。

今のクルマにはパワステがついてるから、ステアリングを保舵するための力はそんなにいらないです。だから両手で常にしっかりと持つよりは、必要なら操作しやすいように持ち替える方がいいでしょう。

でも必要ないのに持ち替えたり、意味なく片手運転はもちろんよくないですよ。


大切なのは、場当たり的に操作をするのではなくて、ちょっとだけでいいので先を考えることです。

「このコーナーは浅いから持ち替えなくていいな」とか「このヘアピンは持ち替えよう」とか、そのくらいでもけっこう違うでしょう。

ブレーキングなんかは行き当たりバッタラーでは全くダメなわけで、ステアリングも同じことです。

ステアリングって手で動かせるから、いつでも好きに操作できるような気がしちゃうんだよね。そんなことはないんですよ。ふふふ。

ドラポジとも関係あるので、よく研究しておいてください。

というクラゴン部屋連絡(笑)。

関連情報URL : http://kuragon.net
Posted at 2014/06/29 20:00:18 | コメント(0) | トラックバック(0) | クラゴン部屋 | クルマ
2014年06月28日 イイね!

ステアリングワークのコツ

ステアリングワークのコツ最近クラゴン部屋で話題になっているステアリングワークをアレしませうかね。

持つところは9時15分とかヒジの角度とか、そんなつまらないことではないです(笑)。どっちも操作に不都合ないように、好きにやってください。

ステアリングワークのキモは、必要なときに、必要な舵角になっていることです。以上。


で、ここからが本題なんですが、クラゴン部屋で拝見する限り、リア駆動車で上手くいってない人が多いカンジです。

普通には走るぶんには問題ないのに、カウンターステアを上手く当てられない。だからジムカ場の基礎鍛錬なんかで限界で走ろうとすると、普通orスピンのどちらかになってしまって、ギリギリのところを攻められない。

理由のひとつとして、最大舵角でステアリングをホールドする位置にあるんではないかと。

で、自分のを見たらこうでした。



鈴鹿のヘアピンです。

右手がハンドルの左側に来てるべ。時計でいうと9時の位置です。

ここからアクセルを踏んで、もしリアが滑ったら、このホールド位置のまま右に回せばカウンターステアになるんですよ。

ニュルで乗った、雨のポルシェのときはこう。




ここで送りハンドルを使って、右手が3時の位置にあると、そのままのホールド位置ではカウンターを当てられません。ステアリングを離すしかないです。

そうするとカウンターの遅れや、不正確なアレになって、攻めるとすぐスピンしちゃうひとつの原因なんではないかと。

最大舵角はコーナーごとにある程度決まってるじゃないので、ある程度走れば、もうこれ以上切り込まない、という舵角がわかるべ。その舵角で、自分にとって最も切り込んだ位置を持っていればいいんですよ。

カウンターを当てるにしても、そのまま立ち上がるにしても、その先は戻すだけですから。

そうあるべき、というよりは、そっちの方が効率がイイ。意識してこうなったわけではなくて、自然とこうなってました。カウンターステアでお悩みの方はよろしければ参考にしてください。

続く。


関連情報URL : http://kuragon.net
Posted at 2014/06/28 20:56:02 | コメント(3) | トラックバック(0) | クラゴン部屋 | クルマ
2014年06月24日 イイね!

クラゴン部屋 バーチャル稽古集

クラゴン部屋 バーチャル稽古集みなさんバーチャル稽古は楽しんでいただけましたかね。

TC1000なら走ってる人がいっぱいいそうだと思ってたんだけど、意外とそうでもなかった(笑)。でもどこでもいいっちゃいいですけど。

その中で、TC1000の映像で参加していただいた方はどうもありがとうございました。もちろんTC1000以外のみなさんもありがとうございました。こういうのは参加していただくのが一番ありがたいです。

せっかくなので、公開プレイにしてしまいましょうか(笑)。

1996NEOGREENさん
よへFD2Rさん
kobadaiさん
ちゃんなが@EP3さん
キン@爺さん
達-BNR32さん

こういうのに参加される方ですから、ドライビングに対する意識は高いです。うわーこりゃダメだ(笑)、みたいな人はいませんでした。

もっとヘタでも大丈夫です。自信がなくて遠慮してしまった方は、次回は遠慮せずにだうぞ。言うことは言いますが(笑)。


「ここがダメだろうな」というところが正解なのは、自分の分析ができてるということでOKです。とてもいいことです。

そして同時に、予想外の指南があったところは、実は一番上達しやすいところなんですよ。

気付かないところは直しようがないですから。そういう部分がわかるのが、人の指南を受ける一番のメリットです。誰にでも聞けばいいわけじゃないけどね。リスクについても考えるのは難しいので。

クラゴン部屋はドライビング指南が本業ですから、バーチャル稽古はけっこうなサービスでもあるんですが、クラゴン部屋にお越しいただいいている弟子のみなさんからすると、「その先がオイシイところなのに!」と思われるんではないかと思います。

そりゃ映像と実践とでは情報量が違いますから。その先は敢えて具体的に書きませんが、そういうことで(笑)。

ご要望があればバーチャル稽古もまた検討しましょう。



関連情報URL : http://kuragon.net
Posted at 2014/06/24 14:57:00 | コメント(7) | トラックバック(0) | クラゴン部屋 | クルマ
2014年06月22日 イイね!

ニュルブルクリンク夜間スティント動画

ニュルブルクリンク夜間スティント動画まだバーチャル稽古の途中ですが、今週はニュルブルクリンク24時間レースですか。

最近は、お祭りの24時間から、本気勝負のVLNに絞ってしまって、出ていたのはずいぶん昔のような気がします。

最後の24時間のときは、まだポルシェにもアウディにも乗ってなくて、気持ちとしては10年以上も前かも。今年も話はあったんですが、事情がアレで断っちゃった(笑)。

もちろん楽しいし、出られれば出たいですがね。限られたリソースを投入するなら、VLNで本気勝負のスプリントの方が性に合っているようです。

そんなわけでちょっと昔の映像ですが、2011年のルノークリオの夜間走行の動画です。

本来はスポンサー限定なんですが、もう前の映像なのでね。たまにはいいべ。



ぜんぜん見えなくて笑えるでしょう(笑)。

ホントにこんなもんしか見えません。しかもこの年はなぜか補助ライトがひとつもなくて。



これで見えるかといえば見えないんですが、見えなくてもコースはある。

コースはあるんだからいつも通りに走ればいいだけです。

あまり見えないのを気にしすぎると、見えるもんも見えなくなってしまうので、あんまり気にするとよくないんですよ。そもそもニュルブルクリンクは、ブラインドコーナーばっかりで先が見えないので。

見えないと走れないなら、それはサーキットを覚えていないので、昼間だって遅いはずです。ドライビングも行き当たりバッタラーのはず。ちょっと大きいサーキットに行けば、立ち上がりが見えなくても、ちゃんとブレーキは踏むじゃないですか。

だから夜でも変わらない…と言い張っておりますが、そうでもないか(笑)。

まあ楽しんでください。


関連情報URL : http://kuragon.net
Posted at 2014/06/22 04:41:30 | コメント(0) | トラックバック(0) | ニュル24時間レース | クルマ
2014年06月19日 イイね!

クラゴン部屋バーチャル稽古 TC1000

クラゴン部屋バーチャル稽古 TC1000ちょっとISSを撮影しに行っていたら、時間がアレになってしまいました。

受付開始は1日送らせて、20日(金)の22時ちょうどにしましょうか。先着5名予定です

コースは予告通り筑波サーキットコース1000。TC1000です。「TC1000は走ったことないんだけど、どうしても!」という方は、TC1000以外でもOKですが、できたらTC1000がいいな。

■バーチャル稽古の手順です■
----------------------------------------------------------------------------
1、この記事のコメントに「バーチャル稽古希望」と書き込んでください。
時間は20日の22時です。ついでに決意表明も書いていただくと、クラゴンのモチベーションが上がります。

2、「バーチャル稽古当選」コメント返答します。
当選した方にはコメント返答でお知らせします。

3、ご自分のみんカラブログにTC1000の車載映像をアップしてください。
当選した方は、タイトル「クラゴン部屋バーチャル稽古」でブログを新規にアップしてください。いただいたコメントの、お名前のリンクから行きますので、昔の記事はNGです。タイム、クルマのデータ、上手く走れたコーナーと、反対に上手くいかないコーナーがあるかなどなど、いろいろ書いてもらうと指南の助けになります。

4、車載をアップしていただいた記事のコメントに指南を書き込みます。
指南はコメントのみで行います。メッセージは使いません。
----------------------------------------------------------------------------

要約すると、映像つきのブログをアップしてもらって、そこのコメントに指南を書き込むというカンジです。映像のアップは当選発表してからでOKです。

■基本ルール
・自分の映像を使うこと。
・車種は何でもOKです。
・上手くなくても大丈夫です(笑)。

■ご注意
・指南はコメント書き込みで行います。場合によっては恥ずかしいこと(爆)になります。
・あまり辛口じゃないようにしますが、どこかに刺さる可能性もあります。
・当然ですが悪いところを指摘します。ほめられるのは期待しないでください。
・「○○スクールではこう言われた」というのは、心の中だけでどうぞ。
・素直に指摘しますので、素直に読んでください。
・予想と違う指摘をされたら、それはいいことだと思ってください。

■レギュレーション違反
・コメント欄に直リンクアドレス記入
・フライング
・趣旨を理解してない
・ほめてもらえると思ってる(笑)

※参加表明をいただいたみなさんありがとうございました。定員になったので締め切ります。では指南をお楽しみに!!
関連情報URL : http://kuragon.net
Posted at 2014/06/19 23:20:06 | コメント(8) | トラックバック(0) | クラゴン部屋 | クルマ
みんカラセレクト

プロフィール

「夏場所動画2 親方ハンドルさばき http://cvw.jp/b/450001/40377060/
何シテル?   09/09 01:33
趣味はドライビング鍛練、特技はドライビング指南のクラゴン部屋親方です。 ※「クラゴン/KURAGON」はクラゴンの登録商標です。 主な実績 ■シビ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2014/6 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

リンク・クリップ

kuragonOYAKATA 
カテゴリ:twitter
2010/07/25 16:28:36
 
KURAGON RACING 
カテゴリ:KURAGON RACING
2008/11/01 18:22:32
 

お友達

クルマ好き、ドライビング好きな方は大歓迎です。
244 人のお友達がいます
オババオババ * トリプルH@USDMトリプルH@USDM *
ban chooban choo * ラルガラルガ *
carzucarzu * ミユっち☆ミユっち☆ *

ファン

2,896 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ インテグラ ホンダ インテグラ
ハンドリング、エンジン、最大積載量、全て最高の1台です。安全装備だけなんとかして、このま ...
ホンダ S2000 ホンダ S2000
S耐でもニュルでも大きな転機になったS2000。ここまでいい思いをして買わないのもアレだ ...
マツダ ユーノスロードスター マツダ ユーノスロードスター
クラゴン部屋デモカーです。親方走見、引っぱり稽古など大活躍! クラゴン部屋スペシャル仕様 ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
2009年ニュルブルクリンク24時間で乗ったマトールレーシングのユーロシビックタイプRで ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.