• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+


 1月28日(日) 筑波弐千稽古
 2月予定 薄い本執筆
 3月 6日(火) サーキットのために其之壱in筑波ジムカ場
 3月24日(土) SUGO幕内稽古
 4月20日(金)~22日(日) クラゴン部屋春場所
 6月20日(水) 筑波雨錬(ジムカーナ場)
 7月11日(水) 筑波夏之陣(AMジムカ場+午後コース1000)
 8月24日(日)~26日(日) クラゴン部屋夏場所
10月12日(金)~14日(日) クラゴン部屋アレ場所

もてぎASTP稽古など順次追加していきます。
エントリー、詳細⇒ドラテク鍛錬場クラゴン部屋

クラゴン親方のブログ一覧

2016年08月31日 イイね!

シビックタイプR 超辛口評価2

シビックタイプR 超辛口評価2第1回を読んでいない方はまずコチラからどうぞ。あの動画を見てもらわないとはじまらないので。

シビックタイプRといえばニュルブルクリンクで市販FF車最速(すでにゴルフが更新済み)というのがあるじゃないですか。

ニュルで最速といえば、オレもなかなかウルサイ方でしてね(笑)。

一部のみなさんはご存知の通り、ニュル最速の変態SP9クラスでメルセデスSLS GT3に乗っております。そして最速のFF車といえば、スバルを撃破しまくった、レーダーモータースポーツのアウディTT-RSでクラス優勝しておりますので。

たぶんあのアウディよりも速いFF車はないはずなので、文字通り世界最速のFF車です。

そこからすると、新型シビックタイプRの「速さ」はちょっと方向が違います。

ニュルで最速というのは、タイヤの接地性が良くて、コントロール性が高くて、先の挙動が読める。ちょっとくらい失敗してもリカバリーできる。だからアクセルを踏んでいけるということです。

先が読めないとジャンピングスポットなんかブッ飛んで行けませんぜ。



シビックタイプRはニュル最速を目指していたとは思うんですが、レーシングカーをそのサーキットに合わせるような、細かいセットアップで速くしていったような気がします。そうすると、他のサーキットではぜんぜん合わないことになる。良し悪しではなくて必然的にそうなります。

それは当然のことです。セットアップというのはそういうもんです。だからレーシングカーはサーキットごとにセットアップを変更するんだから。

市販車はレーシングカー的なセットアップではなくて、クルマの総合力で持って行かないと。「ニュル最速」というのは、対応する幅が広いことで、結果としてどんなコンディションでも速い=最速です。

コンディションがいいときの1周だけのタイムのような小さいことではないので、みなさんもこの機会に覚えておいてください。

そんなことわかっとるわーと言われそうですが、わかっていたらああいうセットアップにはならない。

そのあたりの読みのズレが、F1の結果に現れているんだと思いますよ。ニュル最速って大変なんですよ。


こういう話を書くと、「オレのクルマの悪口を言うな」「オレの好きなメーカーの悪口を言うな」という話になりがちじゃないですか。

それはもちろんわかる。気持ちはわかります。だけど物理的に良くないのは仕方ないんですよ。だって良くないんだから。

良くない部分を理解しつつ、いい部分を評価して許容するのが、成熟したホンモノのファンです。

まずい料理をうまいと言うのはファンではないよね。味がわからない人です。そういう人が集まるとその店は勘違いしてダメになる。いいお客さんは、料理の良し悪しを明確に伝えて、そのお店に通う人です。

ハッキリ言わないと、いつまでもまずい料理を食わされることになるし、大多数の人は何も言わないで店に行かなくなるから、お気に入りの店がなくなっちまいますぜ。

料理もクルマも作るのは人間ですから、たまに味付けを間違ったりすることもあります。

そういうときに怒らずに、こりゃひどいねー(笑)と言うくらいの余裕があると、自動車メーカーだってファンキーなことをできるようになると思いますよ。

悪口を言うなって、よく考えたら信者ですな。信者はよくない。

次はクルマの評価の話です。まだ続きます。
関連情報URL : http://kuragon.net
Posted at 2016/08/31 03:22:01 | コメント(9) | トラックバック(0) | クラゴン部屋 | クルマ
2016年08月30日 イイね!

シビックタイプR超辛口評価1

シビックタイプR超辛口評価1さーて問題のあるヤツ行きますか。

先に宣言しておきますが、ホンダ最高、シビック最高だと思っているみなさんは読まない方がいいです。読むみなさんも書くこちらも幸せになりませんので(笑)。

ご期待の新型シビックタイプRのインプレです。

せっかく買ったみなさんに悪いし、もう売ってないクルマだから。書かなくてもいいかと思ってましてね。

なんですが買った弟子本人から「ブッ込んでください」と言われたらそれは仕方ないんですよ。弟子と女の子には弱い親方ですので(笑)。


10年来の弟子との会話ですので、かなりくだけた調子なのと、走行中の車内につきけっこう声を張っております。この雰囲気をクルマの評価だと思わないでもらえるといいかな。

全部見ていただきたいのでロングVer.でどうぞ。



まず補足から。

・最初の方でザーザー言ってるのはクラゴン部屋無線です。

・ABSと姿勢制御の介入については、そもそもタイヤの接地性が悪い。そして制御も上手くない。介入するのが悪いということではないです。このクルマは制御しすぎ。

・そして最終コーナーで何度かひどいと言ってますが、コントロールしてしまっているので、映像ではそこまでひどくないように見えます(笑)。コントロールできなかったら飛び出してますぜ。

・7分40秒くらいの「こらひどいな」は、ブレーキングが難しいのがわかっていて手前でブレーキを踏んでいるのに、それでもダメな挙動が出ているということです。


その上でイロイロとアレしていくと、アクセル操作に対して正確に反応しない。ヨーレートが出ない。スポーツドライビング的なドライバーのコントロールをほぼ拒否しているクルマです。

「絶対にドライバーの自由にはさせない」というレベルのエンジニアの意思を感じる。

そのあたり最初チューニング禁止だったR35GT-Rに通じるところもありますかのう。それはある部分で正解で、ユーザーを守ることにもつながりつつ、メーカーの想定しているユーザーのレベルが低すぎるような気もします。

今タイプRを買うようなクルマ好きに対して、メーカーの人がクルマ好きとして勝っているかどうかというアレもあります。



そしてこのシビックタイプRの本格的によくないところは、加速もコーナリングも完全にクルマで制御しようとしているのに、ブレーキングに関してはそれが全くできていないところ。

ブレーキングでバシッと止めて、コーナリングと加速は好きにどうぞ、ならいいじゃないですか。速度さえ下げられていれば、ある程度のワガママは許容されます。

コーナリングも加速も好きにはさせません、でもブレーキはドライバーがよろしく、は無理だべ(笑)。

2分36秒くらいの「なんじゃこりゃ」のところは、姿勢をバッチリ電子制御されたまま、減速できなくて真っ直ぐコースアウトする寸前です。普通の人なら対応を間違えてコースアウトしている可能性が高いです。

そういう挙動がドライビングの少しの変化で急激に出るから、動きが読めない。

弟子が言う「怖い」はこの動きが読めない怖さですたぶん。

もちろんドライビングプレジャーはありません。ないな。タイムは速いんだけど。58秒2くらい出てますので、軽くチューニングしたS2000くらいの速さです。

タイプR、ニュルブルクリンク最速、で期待して買うわけじゃないですか。しかも限定車だから試乗もできないわけでしょ。コレはあんまりだべな。

なかなか厳しい話をしておりますが、こういうクルマをキッチリとコントロールして、全開で走らせてますので、ただの悪口だと思わないように。この挙動が出なければ、こんな話はしなくていいわけですから。

話はまーだまだ続きます。

関連情報URL : http://kuragon.net
Posted at 2016/08/30 19:38:48 | コメント(5) | トラックバック(1) | クラゴン部屋 | クルマ
2016年08月29日 イイね!

夏場所車載 シビックタイプR(FD)

夏場所車載 シビックタイプR(FD)EOS80Dはなかなかの写りですなってそうじゃなくて。

ローパスフィルターは入ってるのに、70Dよりもけっこう解像感があってシャープに写るような気がします。

オートフォーカスも連射速度もそんなでもありませんが、実用的には十分な性能で、しかもバッテリー満タンで4000枚くらい撮れてしまうという。400枚じゃないですよ。

FD型のシビックRです。

リンクサーキットではちょっと合わないかな。単純にコーナーの大きさが合わない。もてぎのロードコースあたりがちょうどいいかもです。でも合わないからといって、走れないというわけではないです。

クルマによって狙った速度域はあるはずなので。



メーカー純正でサーキットもバッチリOK、という意味ではタイプRですかね。

このシビックはクルマとしての素はいいので、大きくて重いということはあまり気にしないほうがいい(笑)。

注意としてはユーロシビックと同じで、電スロがよくない。

アクセルを踏む方もだけど、戻りが悪い。アクセルの戻りが悪いというのは、つまり減速しようとしてアクセルを戻しても反応が悪いということです。

理由がなくてやってるとは思いませんが、そこまでの理由かどうか、作る人はよく考えた方がいい。タイプRなんだから。

ちなみに悪いのは電スロではないです。セットアップです。S2000の電スロは許容範囲です。だから電スロそのものがダメだとか、ワイヤーに戻すという話ではないです。そこはお間違いなく。


もうひとつの注意は、硬いサス。

狙った速度域が高いんだろうな、とは思いつつ、ウエットで危ない。単純にサスが硬すぎてロードホールディングが悪い。

これだけ大きくてホイールベースの長いクルマなのに、リアの接地性が悪くてオーバーステアになるくらいです。フロントはそんなに悪くないんだけど。

サスを硬くしてロール剛性を上げて、グリップの高い専用タイヤを着けて、それでタイムが出るのは当然なんですよ。コンフォートはともかく、ウエット性能やコントロール性が落ちているのはダメです。

だからね、クルマとしての性能とタイムとは分けて考えないといけないんですよ。

普通のシビックはとてもいいので、タイプRとの中間くらいのに乗ってみたいな。

そのあたりでいえば、ユーロシビックのサスの硬さはなかなかいいバランスです。


関連情報URL : http://kuragon.net
Posted at 2016/08/30 00:15:38 | コメント(5) | トラックバック(1) | クラゴン部屋 | クルマ
2016年08月29日 イイね!

夏場所車載 NDロードスター

夏場所車載 NDロードスター今度はNDロードスターのウエット走行動画です。

ハイパワーFR代表のBMW M3に対して、ローパワーFR代表(笑)のロードスターです。

ズルズル路面にも関わらず、なかなか鋭いフロントの入りをしております。



フロントの入りの理由はといえば、たぶん一番はタイヤ。

RE-71Rはウエットグリップがすごい。ロードスターにここまでのグリップは不要ですが、パーティーレースでは指定タイヤなので一択です。

だからセットアップもドライビングもこのタイヤありき。

そこはレースとチューニングと違うところですかね。

フロントの入りのもうひとつの理由はボディの剛性とサスの剛性、そしてストロークしたときの対地アライメント変化がいいんでしょう。途中からフロントが抜ける雰囲気もないし。

そして忘れてはいけないのは、そのフロントの入りに対して、リアが追従しているところ。だから破綻しにくいです。

ちょっと前のクルマってゆーか歴代ロードスターは、コントロールは簡単なんだけど追従はしてなかったんですよ。

だからフロント軸でリアを振る挙動になって、ただヨーコントロールが簡単なもんだから、そこが「楽しいロードスター」だったわけです。で、そこは違うと。

なのでマイカーのNAロードスターはリアのスタビリティを上げてます。そしてNDロードスターではそういう方向になっております。さすがマツダ。でもNAから25年くらいかかってますが(笑)。

現時点ではパーティレース仕様に乗らせていただくことがほとんどなので、街乗り仕様で普通のタイヤだとどうか気になりますのう。そんなに違うことはないと思うけど。

NDは正直言ってちょっと高いとは思うんだけど、無理なく買える人は買った方がいいです。無理をするならNCの中古がいいでしょう。
関連情報URL : http://kuragon.net
Posted at 2016/08/29 21:37:14 | コメント(1) | トラックバック(0) | クラゴン部屋 | クルマ
2016年08月28日 イイね!

夏場所車載 BMW M3

夏場所車載 BMW M3続いてはE46のBMW M3です。

オレも以前E46の318iに乗ってまして、個人的には一番好きなM3だったりします。M3はどの型でも全てバッチリではあるんですが。

映像は2日目のウエット路面のときのです。

大パワーFRのトラクションのかけ方に注目ですかね。



いやーM3欲しくなるなーっていつも言ってますが。

最近ドイツ車成分が切れてきまして、S2000のローンも終わったしそろそろ危ないです(笑)。購入を押し止めているのは、「さすがに4台は多い」ということだけだったりします。全損上等です。

M3のクルマとしての良さは折り紙付きで、チューニングをしていてもバランスがおかしいとか、大きな問題のあるクルマに乗った記憶はあまりありません。

そのあたり純正のレベルが高いクルマは、アフターパーツのレベルも高い傾向にあると思います。

ハンパなパーツだと純正よりも悪くなってしまうから。

このクルマの場合はブレーキをまだ選定中だそうで、そこだけかな。

そうだブレーキの話を書こうと思ってたんだ。

結論としては利きすぎてもダメだし、利かなすぎてもダメです。当たり前ですが(笑)。


忘れないように書いておくと、M3みたいなハイパワーのリア駆動車は、2速の加速なんかは要注意だし、2→3速、3→4速のシフトアップも要注意です。

クラッチをバンとつないだ瞬間にツルッと滑ったりするのは、よくあることなので。

なのでシフトアップでも回転を合わせるとか、極端にいえば半クラを少し使って駆動のかかりをマッタリさせるとか、そういう小技を使うと、ウエット路でのリスクが減ります。

クラッチ操作は一般道でも鍛錬できますので、思い出したらやってみてください。
関連情報URL : http://kuragon.net
Posted at 2016/08/28 21:56:53 | コメント(0) | トラックバック(0) | クラゴン部屋 | クルマ
みんカラセレクト

プロフィール

「ドライビングと挙動変化の実演映像 http://cvw.jp/b/450001/41077523/
何シテル?   02/09 19:29
趣味はドライビング鍛練、特技はドライビング指南のクラゴン部屋親方です。 ※「クラゴン/KURAGON」はクラゴンの登録商標です。 主な実績 ■シビ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2016/8 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

リンク・クリップ

kuragonOYAKATA 
カテゴリ:twitter
2010/07/25 16:28:36
 
KURAGON RACING 
カテゴリ:KURAGON RACING
2008/11/01 18:22:32
 

お友達

クルマ好き、ドライビング好きな方は大歓迎です。
243 人のお友達がいます
ごー22ごー22 * hyper_yoshimhyper_yoshim *
おて~~く。(・∀・∩)おて~~く。(・∀・∩) * QBK a.k.a. ぷっちょ野郎QBK a.k.a. ぷっちょ野郎 *
車のある風景車のある風景 * kobo@REVkobo@REV *

ファン

2,919 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ インテグラ ホンダ インテグラ
ハンドリング、エンジン、最大積載量、全て最高の1台です。安全装備だけなんとかして、このま ...
ホンダ S2000 ホンダ S2000
S耐でもニュルでも大きな転機になったS2000。ここまでいい思いをして買わないのもアレだ ...
マツダ ユーノスロードスター マツダ ユーノスロードスター
クラゴン部屋デモカーです。親方走見、引っぱり稽古など大活躍! クラゴン部屋スペシャル仕様 ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
2009年ニュルブルクリンク24時間で乗ったマトールレーシングのユーロシビックタイプRで ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.